« 今年もシークワーサー | トップページ | ナナシカフェ@西表 »

2021/11/25

カンムリワシのために

トンネルすぐの公園にカンムリワシ幼鳥が住み着きました。
ほぼ毎日ここへ散歩に行っていたケンと入れ替わるように。
Img20210924091321
(幼鳥は白メインに黒や茶色がまざってケンみたいだ。今気付いた)

道路ギリギリを滑空したりするので、いつ交通事故に遭うかわからない。
道路のすぐ脇の歩道に降りて、落ち葉下の虫などを捜していることがわかったので、
誰も掃除しないので、たまりにたまっている落ち葉を掃除することにしました。

1125-1

ケンと来てた頃もけっこうたまっていて、「誰かそうじしてくれないかな?」と思ってたら
結局するのは自分達だった。
先週、環境省スタッフと、カンムリワシリサーチメンバー夫婦5名でがんばりました。

1125-2

1125-3

翌日朝には、走行中の車へのアピール活動

1125-1-1

村の中学生も来てくれました。

トンネル出て直後なので、スピードでやすいというか、目視しずらい場所
少しでもスピードを抑えてくれる車が増えますように。

毎日のようにいたのに、この数日幼鳥が見えないので、ちょっと心配。

 

|

« 今年もシークワーサー | トップページ | ナナシカフェ@西表 »

コメント

安直に生まれ変わりって言っていいんですよ。。分子レベルでは、間違いありません。
あこうの森で休憩中、ふと飲んでたカルピスをガラステーブルに一滴こぼしたったら、ち~さなありんこが等間隔で並んで呑んでイマシタ。
なんであれ、いとおしいものです。

投稿: oga | 2021/11/26 22:50

>ogaさん
そこまでは思ってませんでしたが、分子レベルではそうですか!
アリでもなんでもじっと見ていると、生きてる様がよくわかりいとおしくなりますよね。

投稿: 藍mi-goro | 2021/11/27 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もシークワーサー | トップページ | ナナシカフェ@西表 »