« 手作りおやつ | トップページ | もはや虐殺 »

2010/05/18

牛受難

宮崎県で始まった口蹄疫が大変なことになっています。
これは畜産をしているすべての農家にとって大変な問題。
もちろん、ここ石垣島でもピリピリしています。
どこで発生しても、港や空港から大勢の人や荷物の出入りがありますから
どこから入ってくるかわからない。
国内だけでなく、台湾で発生したりすると、もう厳戒態勢。

今回も宮崎県での発生以来、石垣島や黒島での牛の競り市が中止されています。
人間は口蹄疫にはかからないけれど、ウィルスを運んでしまう恐れがあります。
伝染病の鉄則ですね。
とにかく集まらない。

牛を売って現金収入を得ている農家には大変な打撃。
子牛として売る予定なのに(厳密に月齢が決められている)
競り市がないせいで、子牛として売れる月齢をこえてしまうと
値段が下がるそうです。
直接口蹄疫に感染しなくても、島の畜産農家には深刻な事態に。

5181
そして何よりも深刻なのは、もちろん宮崎県の畜産農家と
そこで生きる牛や豚達。

もともと食肉用に育てられてるとは言え、
役目を果たし、育てた農家の収入になれば、まだ浮かばれますが
病気になったから、病気になるといけないから
という理由で、11万匹(どんどん増える)以上の生き物が無駄に殺されているのです。

これまで口蹄疫が発生しても、これほどの被害になることはなかったそうです。
なぜ、今回はこんな事態になってしまったのか??

国を含めた行政の対応の遅れ、それに尽きるか・・・
感染症は一斉に大規模な対策をしなければなりません。

畜産農家の生きるすべが根こそぎ奪われています。
そして無数の動物達の命も。

今は、マスコミも含め、犯人探しや、無益な風評を流すのではなく
とにかく感染を食い止めることに全力を尽くしてもらいたいと思います。

 

◇感染力が強く、空気感染も
口 蹄疫とは - NEWS ZERO「櫻井翔イチメン」(5月17日)
な ぜここまで拡大したのか?口蹄疫 - All About(5月19日)

 

◇農家は処分や補償に戸惑い
「農家の 補償どうなる」殺処分、地元に戸惑い - 読売新聞(5月19日)
▽街は「激甚災害」の様相
口蹄疫  「わが子を殺され…」伝説の種牛育てた農家も悲鳴 - 産経新聞(5月19日)
▽行政の対応に憤る農家も
<口 蹄疫>半世紀の営み、一瞬で無に 非常事態宣言の宮崎 - 毎日新聞(5月19日)
▽「殺されるのを待つだけの牛たちを見るのはもう耐えられん」
殺処分、 埋める場所ない…ワクチンは時間稼ぎ - 読売新聞(5月19日)

◇対応の遅れに批判も
口蹄疫  「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏 - 産経新聞(5月19日)
▽首相の反論
口蹄疫、責 任追及より対策強化が先決…首相 - 読売新聞(5月19日)

◇宮崎県では
口 蹄疫 知事が非常事態宣言 - Yahoo!トピックス バックナンバー(5月18日)
口 蹄疫被害に対する義援金を募集します - 宮崎県庁(5月18日)

◇支援の窓口
口 蹄疫対策 緊急支援・募金情報 - All About(5月18日)
※募金、義援金等を装った詐欺行為には注意してください


|

« 手作りおやつ | トップページ | もはや虐殺 »

コメント

これ、石垣に上陸したらと思うと・・・
知り合いの畜産農家の方もピリピリしてました。
5月のセリは中止になったけど、6月はとりあえず
開催される見通しなのでよかったですが~(ーー;)

投稿: だい | 2010/05/18 23:24

>だいさん
本当に怖いですよね。
今月中に終わっているといいですけど、それにしても宮崎の動物達が哀れです。そして農家の人の窮状を思うとね・・・

投稿: 藍mi-goro | 2010/05/19 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手作りおやつ | トップページ | もはや虐殺 »