2020/02/25

第二回結猫祭り

石垣島の大切な映画館「ゆいロードシアター」さんが
2月22日の猫の日に、今年も猫祭りを開催!

0225-1

しっぽの会も譲渡会と物販で参加しました。

 

0225-2

成猫4匹が参加して、2匹トライアル!!

ありがたいです。

0225-3

0225-4

猫フォトコンテストもありました。

0225-1-1

0225-1-3

猫グッズに加えて、手作りマスク販売も!
売上げからしっぽの会にご寄付いただきました。

0225-1-2
街中の野良猫のTNRを進めている「ふくぎの会」さんにも声をかけて
街猫の実情も紹介してもらいました。

人出も多く、にぎやかな猫猫猫の半日でした。

ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0)

2020/02/20

チョコレート

今年もバレンタイン前後にチョコレートの贈り物いただきました。

Img_4740
マチス包装のロールチョコ、6種類の味が楽しめる箱根のポーラ美術館限定
 

Img_4746
いろいろな味が楽しめる一粒タイプの高級チョコ
贅沢に一口で食べると、思わずうなるおいしさです
 
0220-1
近所の方が届けてくださった、島のおいしいケーキ屋さんの濃厚なチョコケーキ
間にはいったオレンジが効いてます。

0220-1-1
そして、ジャン・ポール・エヴァンの「ケーク・オ・ショコラ」
フルーツとスパイスの混ざり具合が絶妙な完璧な味

チョコレート好きシェフのために、
すばらしいチョコレートの数々ありがとうございました。

しばらくチョコ三昧で楽しむと思います。

 

| | コメント (1)

2020/02/17

キビ収穫

数日夏日が続いたかと思ったら、ストーーーンと寒くなりました。
今日は朝からストーブつけてます。


0217-1_20200217190601

冬の風物詩、サトウキビの穂も出そろって
いよいよハーベスター登場

0217-1

轟音をたてて、ハーベスターが村内を移動します。

なんかワクワクします。

0217-1-1

ハーベスターがキビを刈っていく後ろには
0217-2
カラスやサギが飛び出してくる虫などを食べようとついてまわります。

この畑から、道路をはさんだ電柱の上に

0217-1-2
カンムリワシ

まあ、こんな遠くにいては、獲物は全部カラス達にとられてしまいます。

残念。
 
あちこちの畑で収穫が続いた2〜3日の間、
カンムリワシの鳴き声がよく聞こえてきました。

餌にありつけたかな〜〜〜

 

| | コメント (0)

2020/02/12

名古屋化?!

去年だったか、石垣島にドンキホーテができました。
インバウンド狙いで、ありとあらゆる物がおいてあり、
目当てのものが見つけにくいし、あまり行くことはなかったのですが

二ヶ月程前に

0212-1

これ見つけました!
我がソウルフード!
愛され続けてますとも!
 
この時は1袋しかなく、私以外にも買う人がいるんだ!という発見。
その後、時々チェックしてましたが、
どうも無くなると補充してもらえることが判明。
ついに、我が家に、味噌煮込み常備可能になりました。

これまで友人に頼んだり、スガキヤから箱買いしたりしましたが
やった〜〜〜〜!
 
0212-2
こんなご当地カップ麺特集も。
 
いいじゃん、ドンキホーテ。
これで「スガキヤラーメンがあれば完璧だね」と話していたら
今日発見!

0212-1-1

いや〜〜〜〜NNNNN!!
ありがとう❗
 
名古屋出身のバイヤーさんでもいらっしゃるのでしょうか?
これは見つけたら、どんどん買って
需要があることを知らせねばいけません。
 
残っていた四袋全部お買い上げ。

私以外にも見つけたら買ってる人がいる減り方なので
在島名古屋出身の皆さん!
スガキヤ見つけたら買いましょう!
常備してもらいましょう。

石垣島名古屋化計画発進😃

あとは赤だし味噌だな。

 

| | コメント (0)

2020/02/06

ハチミツ

我が家のハチミツはずっと徳島にある「野田養蜂場」から買っています。

TVCMをしているところでなく、
未だに!ウェブサイトもない小さなお店です。
電話・ファクス・郵便で注文します。

沖縄向け送料がどこのお店でもあがっていますが
ここも1万円以上買っても北海道・沖縄は千円の送料がかかります。
 
なので、買うときはまとめて2年分ぐらい購入。

0206-1

1万円以上になるよう、生姜湯とゆず蜜の素を合わせて5本。
すだち酢は、生で、本当に本当においしいです。
香りが消えないうちに、せっせと使わないといけないですが。
 
これだけ買っておけば、安心して、かぜ気味の時は生姜湯をたっぷり飲めます。
 
インフルエンザもコロナも、手洗い・うがいが一番だそうです。
そして、体調悪くなったら休む。

お仕事などで、どうしても人混みに出る必要がある方は、気が気じゃないと思いますが
どうぞお大事に。
 

| | コメント (0)

2020/02/03

今日は・・・

0203-1-1

みなみの二度目の命日です。

この数日、湿度が低くてカラリと晴れた好天が続きました。
空気はひやりと冷たいけど。

0203-1
夕方4時半過ぎに散歩したビーチ

こういうの見てると、なんかもういいよなあ〜って・・・

0203-2
ここはもう天国だから
生きてる犬も、死んでる犬もいっしょにいるよね。
 
そして、目の前にいる生きている犬のこと考えないと!
 
0203-1-2
お天気がいいから、やたら外でひなたぼっこしている。

ケンも老いがだんだん出てきてるし、
隣の未だに散歩できない犬はどうするんだ?!
 
すずはうちの子にするのか?(まだ決めてない)

生きてる犬の問題が山積み。
 
みなみは自分で産んでないのに、私のDNAを持つ娘だったので
何者(物)にも代え難い。
喪失感で、目の前の犬達を見落とさないように
多分、みなみがいなくなって、
人生の別の話が始まったと思うことにした。
あるいはパラレルワールドに移動した。
 
0203-1-3
でも、こんな日には、ここにみなみが見える気がします。

 

 

| | コメント (3)

2020/01/31

そば処「うふた」

近所に立っているこの看板が気になる〜

0131-1-1

うふた」
(現在は水曜定休。時間は売り切れたら閉店)

うちから車で5分ぐらい。
0131-4
お店の前はこの小さな看板だけ。
ちょうどカーブのところなので見逃しやすいのでご注意。
広い駐車場があります。
 
0131-1
そば類メニューはこれだけ。(かき氷などもある)
店主さんがお一人で切り盛りされているので、時間がかかります。
お急ぎでないときに。

0131-2

こんなすごい厚切りボリュームの三枚肉そばはめったにお目にかかれません。

0131-3
八重山そば(サイズ中)に、こんな味付けの濃い肉が乗っていることもない。
ゆで卵がのっているのは初めて。

いろいろ初めて尽くしで、お味はというと
お汁は、最初はご覧の通り透き通るような薄い色でお出汁がきいた上品な感じ。
 
しかし、このしっかり煮込まれたお肉を食べているうちに
煮汁が汁にしみだしていきます。
そして、食べ終わる頃には、汁は濃茶色!

つまり、食べているうちに、どんどん味が変わっていくのです!

これは新しい食感。

もちろんお肉は申し分なく柔らかくおいしい。

なんかクセになるというか、もう普通に戻れない感じ。

うちから近いし、また行く。

| | コメント (0)

2020/01/27

カンムリワシ観察会

0127-1
すばらしいお天気(曇りがちの晴れなので暑すぎず、寒すぎず)に恵まれた25日に
カンムリワシ観察会が名蔵湾近くの水田地帯で開催されました。

以前は3ー4羽見られた地域ですが、去年一昨年と連続で現れず。😖
今年は場所を変えようとかという話もあったのですが
諸条件を考えると、やはりここしかないと。
もし3年連続見られないようなら、その原因を考えるのもひとつの観察会のありかたではないかという意見もありました。
 
そして、ようやく一羽が姿を現して、ず〜〜〜とそこにいてくれました。
0127-1-1

0127-2
参加者全員が望遠鏡で観るだけでなく
さらに、スマホで望遠鏡画像を撮るというチャレンジをしたり
存分に観察できました。
0127-1-3
(望遠鏡にスマホをつけて撮った図。すごく難しい)

観察後は「やいま村」に移動して、
旧正月にちなんだ「鷲ぬ鳥節」鑑賞。
0127-1-2
 
0127-2-1
カンムリワシの頭をかぶって、羽をつけて芝生広場を走ろう!という魅惑的な企画も!
かぶり物好きなので、もちろんトライ。

Img_0113

おりからの強風に羽があおられて、フワッと揚力を感じるステキ体験でした。

0127-3

終了後は、これまた恒例のやいま村食堂で「牛汁そば」

ここの牛汁そばは島で一二を争う美味しさです。
牛肉の量もはんぱない。
 
無事に終わってよかった。

 

 

| | コメント (0)

2020/01/25

カンムリワシ週間

今日は旧正月でおめでとうございます。

カンムリワシ週間です。

週間にさきがけて、先日事故防止アピールをしてきました。

0124-1-1

0124-1

事故の多いトンネル近くの交差点で、
カンムリワシリサーチ、警察、環境省、地元住民などなど20名ぐらいで
交通量少ない中、安全運転を呼びかけました。

0124-1-3
警察の方が一人いると強力です。

ピピッと笛を吹いて、車を止めてもらえます。
そしてチラシを渡して、呼びかけ。

0124-1-2
うれしいことに、こんなきれいなゴールデンボーイも
参加してくれました。
 

こうして交差点の歩道にみんなでいたら、
ブオーーー!てすごい音がせまってくるので、びっくりしてみたら
車2台が並んでこちらに向かって走ってくるのです!
片側一車線しかない道なので一台は逆走ということ。
(追い越し禁止区域)
 
おまわりさん、ピピピピピ===!!!❗
道路に飛び出しました。

そしたら、その2台、並んでだいぶ手前で歩道の切れ目でのりあげ
さらに驚いたことに、1台はそのままUターンして逃げた😵
もう1台はかんねんしたのか、おまわりさんのところまで来ました。

「トロトロ走ってたから追い抜こうとしていた」というのが言い分。
どう見ても、2台でレースしているぐらいの勢いでしたけどね。
交通検問していたわけではないので、

「今日は点数引くかわりにこのチラシをもらっていきなさい」

と気の効いたおまわりさん。

「あの逃げたほうを捕まえたかったなあ〜」

ですよね。多分飲酒運転じゃないかとみんなで噂。

沖縄では朝の検問で、飲酒運転で捕まる人多いです。
深酒で、アルコールが残ってるようです。

そういう運転で、カンムリワシを轢かないでほしい。
カンムリワシが事故に遭うのは、早朝が一番多いから。

| | コメント (0)

2020/01/20

沖縄手帳

皆さん、いまでも手帳を使いますか?
近年めっぽう忘れやすくて、約束をすっぽかしてしまうことが増えて
これではいかん!と思うのですが、

「23日午前10時歯医者」とかメモを大きく書いて貼っておいても、
その日が23日であることに気付かないとかね。

「えっ、今日23日?22日じゃなくて?」
みたいなありさま。

もちろんカレンダーにも記入は欠かせません。

なので、今はスマホにとにかく予定は入れて
1時間前に音がなるようにしています。

最悪、それで思い出して、急いで向かえば間に合う。

それでも、やはり手帳も一応持っておこうかと思うのですが、
そんな具合で、あまりスケジュール管理には使わないので、100円ショップのを愛用。

それが、今年は何を血迷ったか900円もするのを買ってしまいました。

0115-1
たまたま書店で見つけたおしゃれな沖縄手帳。

紅型のアカショウビンがすてき

私は100円のノートに日記代わりにその日にしたことや、食事を書き留めているのですが
これは女性向け手帳で、数行のメモ欄と共にその日の食事と体重の記入欄があるのです。
なので、ついつい、「私のために?!」感で購入。

後ろの方の便利メモのところを見ると沖縄風が満載

0115-3
忌日表って初めて見ました。
親戚づきあいの大切な沖縄らしい。

0115-2
更に沖縄らしい「もあい飲み会スケジュール」

もあい=模合:複数の個人がグループを組織して一定額の金銭を払い込み、定期的に1人ずつ順番に金銭の給付を受け取る金融の一形態である。 

会費1万円で10人メンバーだと、全員が1万円支払うと10万円になり、メンバーのうち誰か一人がその10万円をもらえる
個人どうしてお金を融通するシステム

沖縄では非常に大勢の人が、近所、会社、同級生などさまざまな繋がりでこの「模合」メンバーとなっているようです。
1月1回集まるのが、模合の飲み会になります。
女性ももちろん参加しています。
模合の開催場所(居酒屋とかレストランなど)捜しはけっこう大事。
 
残念ながら、私は模合には参加してないし、お酒を飲まないので飲み会も無い。

沖縄らしいスケジュール欄を使うことがないです。

 

| | コメント (0)

2020/01/15

年越しそば

今さら年末の話です。

こちらの年越しそばは、普段と同じ八重山そばが主流です。

でも、数年前から、近所の方から手打ちの日本蕎麦をいただくようになったので
ありがたく、こちらでは滅多に食べられない手打ち蕎麦で。

0115-1-1
薬味をたっぷり用意して
ピンクのはこちらの紫山芋のとろろ

0115-2-1
つややかな蕎麦をつるつると。
なめらかにのどごしも良く、噛む程に味わいがあっておいしいです。
 
ご近所の方のお友達が、亡くなったご主人の跡を継いでお蕎麦屋さんを続けられているというお話でした。
正直、数年前の最初の頃は、おそばがボツボツとすることもありました。
でも、年を追う毎に、というか、まず続いている!のがすごい!!です。
そして、どんどんおいしくなっているのです。

多分、私達と同年輩であろう人が、
このように日々継続して進化していらっしゃることの裏にある努力や忍耐を思うと、
ほんとに頭が下がります。
おいしいお蕎麦をごちそうさまでした。 
 


| | コメント (0)

2020/01/11

新春の海

キャンプ場が閉鎖され、海が荒れた日も続きましたが
ようよう、晴れて穏やかになってきたので
夕方の散歩に米原ビーチへ。

だ〜〜れもいませんでした。
君達、走っていいよ〜

0111-1-3

0111-1

0111-2
砂浜だと、すずは普通に走れます。
靴下をはかせておいても、すぐ脱げてしまうし
いっそ脱がした方が動きやすそう。

0111-1-1

ケンはやっぱりビーチが好きだなあ。
生き生きとするね。

0111-1-2

0111-2-1

かわいくて、キュンキュンするよ。

 

| | コメント (0)

2020/01/06

お正月のお菓子

0106-1
ようやくそれらしく撮れた(初?)日の出
晴天が続いて、夏日にもなって、
外は半袖OKになってますが
室内はちょっと肌寒いし、朝夜は寒いです。

年末にあちこちからお菓子をたくさんいただいて
食べ放題になっていますが
いわゆるお正月のお菓子もありました。

0106-1-1

0106-2
見にくいですが、親子ネズミ(こげ茶と赤)が立ってます。
羊羹は苦手なのですが、これは甘さ控えめで、さすが両口屋という感じ。

お正月気分があがって、数年ぶりにお抹茶をたてることに。
0106-3
お茶も道具もすっかり湿気てました。(ダメジャン)
なんども洗ったりして、お茶は冷凍庫の新しいのをだして
ストーブでわいたヤカンのお湯でたてたら
温度がちょうどよかったのかどうか、久しぶりの割にはきれいな泡で
うれしくてパチリ。📷
 
のんびりしてる上にもノンビリしてしまうのがお正月の魔力ですね。


 

| | コメント (0)

2020/01/02

迎春2020

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、雨が数日続いた大晦日から、元旦は

0102-1
初日の出をみたくても、太陽はどっちだ??状態
冷たい北風が吹き、雨も断続的にパラパラ

寒くて寒くて
0102-1-5
灯油ストーブ開始です。

せめてやはりお正月らしく

0102-1_20200102210601
今年は(も)煮物中心です。
カマボコもおいしい。
これに恒例中身汁も。
 

そして二日になってようやく晴れました。

0102-1-1
うれしい日射し!
洗濯物いっぱい。
 
ずっとあまり外に出られなかった犬達も

0102-1-3

0102-1-6
0102-1-4
お友達犬が遊びに来てくれて、気分も晴れて
人もお菓子を食べながらおしゃべりおしゃべり。
 
0102-1-2
陽気に浮かれて、アゲハも出てきました。
やっぱり雨続きで飛べなかったから、ちょっとふらふらしてました。


年末の観光は、強風吹き荒れて海も大時化
ダイビング船も、釣り船も、グラスボートも出られなかったとか。
今日は皆さん、楽しめてたらいいですが。

こんな調子で、今年も、島の生活あれこれや、犬達のことなどつづっていければと思います。



| | コメント (2)

2019/12/31

2019年終わりに

🎶by 井上陽水奥田民生
「ありがとう ありがとう 感謝しよう

微笑んでくれて どうも ありがとう
プレゼントくれて どうも ありがとう
楽しんでくれて どうも ありがとう
手を振ってくれて いつも ありがとう
気づかってくれて 本当に ありがとう
つながってくれて 毎度 ありがとう」🎶

まさにこんな気持ちでおります。
本当にありがとうございました。

1231-1-1

これはクリスマスの晴天だった米原。

残念ながら今日は、悪天候の寒い大晦日です。

今年は保健所犬引き出しは私ともう一人のボラさんで10匹!
たったの10匹です。
それ以外の50匹以上の犬が、飼い主返還、または一般の人に譲渡されました。
ついに、ここまで来たか・・・と感無量です。
本当にありがたいことです。

宮古島からの犬3匹が、譲渡されず残っていますが。。。
これはちょっと問題。
でも、それぞれの預かりさんががんばっています。

譲渡会に出られないのは、うちにいるタイだけです。😖
首輪・リードを異常に嫌がる以外は、とても賢くて可愛い家庭犬になってますが。

1231-1-2
そんなわけで、今年はこの3匹で年越し!
時々、様子がおかしくなるケンも
来年も元気でいられますように。

1231-1

どうか、皆様、良いお年をお迎えください。
今年一年、公私にわたり、本当にありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2019/12/28

巨星墜つ

今年はかつての保護犬「マミー」「ひな太」と相次いで訃報が入りました。
ほんとに犬の寿命は短いなあ。
そして、最後の最後に、黒犬界の巨星の訃報が。。。

20052

2005年に撮った、4匹の黒犬。
最後に生き残ったぽんぽん(最後列)がついに亡くなりました。

ぽんぽんは当ブログに何度も登場してくれているので、読者の皆さんにはおなじみですよね。
 

20041

これがうちに残る最初のぽんぽん。
まだぽん母さんの元に迎えられる前。
生後7ー8ヶ月という感じでしょうか。
2003年末。
キャンプ場の捨て犬でした。
ここから、この子がいかにして「ぽんぽん」になったかのドラマチックストーリーは、
ぽん母さんによるこちらの記事👀をご覧ください。
(終了したブログ記事が消えていく中で、まだ残っていてよかった!)
 
その後、不思議な縁で、ぽんぽんは我が家の親戚犬のような存在になっていきます。

翌年里帰り旅行に連れて来てもらったぽんぽんは
別犬のようにフサフサの大型犬になってました。
みなみより小さかったのが、みなみより大きくなってた。
22049

栄養状態で、犬の毛並みや長さはすごく変わります。

200521

よその犬にはあたりが厳しいみなみ&ナツも
ぽんぽんのことはすんなり受け入れ。
以来、ぽんぽんは東京のイトコ犬になりました。

200822

その後も何度も里帰り。
棒取り遊びも慣れたもの
 

そして2011年の震災の直後、原発が爆発して、東京辺りも流通が止まって、ガソリンがなかったりで
大型犬を連れて避難できる目処もなく
飼主さんとぽんぽん自身の安全と命のためにも、疎開を勧めました。
そして数日後に、ぽんぽんだけやってきました。
短い時間で決断して、あの大混乱の中でその手配をするのもどれほど大変だったでしょう。
一時的とはいえ、愛するわが子を手放す大きな愛。
逆の立場だったら、犬だけを送って別れるという選択が、自分にできたかどうか疑問です。

そんな強い絆で結ばれた飼主さんと別れたぽんぽんは、毎日、外を眺めて飼主さんが来るのを待ってました。
その後ろ姿を見ているのも切なかったです。
 

20113

Photo_20191228203901

だからって、一日中沈んでわけじゃないですよ。犬だからね。
ぽんぽんが来てくれたおかげで
ナツがいなくなった後の、私達の心の穴は少しふさがりました。
また黒大x2になったから。
そういう意味で、私達もまた救われました。
 
201110

賢くてお行儀もよくて、本当に楽な犬でした。
もう、うちの子になるか?なんて思いましたけど
ぽんぽんは、日々、楽しく暮らしながらも
「ここの子にはならない」という意思表示を続けました。
それは、決して、みなみやケンと同じベッドでは寝ない。
私達の寝室では寝ない。
夜は必ず、ひとりで、ソファの上か、ダイニングで眠っていました。
Image
そして2012年1月にお迎えに来たぽん母さんと一緒に帰っていきました。(その時の記事
 
その後もぽんぽんとの繋がりは消えず、
長くなるので、ちょっと飛ばしますが
私が東京に行ったときも逢いましたよ。

20164

2016年には箱根のぽんぽんとナツの像を、直々に案内してもらいました。
(美しきぽん母さんは、顔出ししてらっしゃるので、あえて修正せずに)
 

20186
2018年6月。(まだ去年じゃん!)
みなみが死んでしまった後、一人旅に出て
15才で、まだいっぱいお散歩してたぽんぽんと会いました。
うれしかったなあ。
 
この後、ぽんぽんはあちこちがひどく悪くなって、ぽん母さんは持てる限りの力を尽くしました。

あまり歩けなくなったぽんぽんのために、彼女は車も買いました。
大きなカートといっしょに、ぽんぽんを公園やカフェに連れて行きました。

大型犬の介助、そして介護は本当に大変。
体力も、筋力も、財力も、家族の協力も必要です。
 
みなみの時に私達がしたのとは比べものにならないぐらい全てをかけてました。

それは、もう、端で見てる方が心配になるぐらい献身的に。

更新されるインスタグラムの写真を見ながら
「まだ瞳が生き生きしている」
みなみは真っ白だったなあ。。。

「首がしっかり上がってる」
みなみは死ぬ1年以上前から、首をあげられなかったなあ。。。

みなみの晩年と比較しながら、まだまだピカピカのぽんぽんを見ていました。

これなら年を越せる、と確信していました。
 
それだけに、突然の訃報はショックでした。
でも、さっきまで元気だったのに、ご飯食べたのに、
突然容体の変わったぽんぽんに一番の衝撃を受けたのはぽん母さん。
言葉にならないほどの悲痛さは想像できます。
本当にお気の毒です。
直後にもらった電話を聞きながら、彼女が受けた激しいショックを思うと
「かわいそうに。。。かわいそうに。。。」と言うしかできませんでした。
   
ぽんぽんは、痛みもない世界に旅立ちました。
よくがんばったね。
幸せな、これ以上ない愛に包まれた幸せな一生だった。
 
そして、ぽん母さんの喪失感は、
手をかければかけただけ、大きいことでしょう。
また予期せぬ時に、最期を迎えてしまった悔しさも並大抵ではありません。
誰にも癒せない。
ただ、時間だけが頼りです。
  
20082

箱根の「しあわせな犬」像は、こんなナツとぽんぽんです。
ふたりとも、まちがいなく幸せな犬だ。
そしてあなた達に巡り会えた私達それぞれも
まちがいなく幸せな犬飼いです。

ぽんぽん、すてきな一生を見せてくれてありがとう。
ぽん母さん、お疲れ様でした。


| | コメント (4)

2019/12/24

クリスマス気分

今年は我が家ではまったくクリスマス気というものがない。
たくさんのお菓子をクリスマス用、年末用、お正月用にいただいたので
ケーキもチキンも無しです。

でも、今日はたっぷりとよそでクリスマス気分にひたってきました。

1224-1

午前中から、村の学校の図書室のお手伝いを少しして、
名高いクリスマス給食をおよばれしました。

1224-5
ランチルームは先生方心づくしのディスプレイがそこかしこにあります。
入口に立てられたメニュー看板

1224-2
1224-4
なんという幸せな子供達でしょう。
自分が小学生の時の、まずくて食べるのがつらかった給食とは大違い。

クリスマスソングの定番をと、数名で「きよしこの夜」を英語で歌ったのですが
中学生は「ほとんど聞いたこと無いし、日本語の歌詞も知らない」  だそうです。
「じゃあ、クリスマスソングと言えば何?」と聞くと
「マライア・キャリー」が答でした。

給食が変わっているように
世の中は変わり
クリスマスソングも変わる。
歌は世につれ、というのですね。

なにはともあれ、皆様、楽しい時間をお過ごしください。
1224-1-1

 

| | コメント (0)

2019/12/20

ANAホテルのランチ

先日、ANAインターコンチネンタルホテルのランチビュッフェにご招待いただきました。
今年1年のご褒美をいただいた気分。

土日のビュッフェは2900円です。
悲しいかな、自力ではちょっと選択肢に入らないですなあ。。。

1220-1

1220-1-1

島では数少ないクリスマス気分が味わえる場所です。

気分が華やぎますね。
1220-2
窓から見える海は、ものすごい荒れてましたが。

1220-3
何年ぶりかのサンコーストカフェ。

わくわく!

お料理の写真は照明のかげんであまりきれいに取れませんでした。
洋食ばかりでした。
ポトフ、パンプキンスープ、アラビアータ、ミートグラタン、チキンの香草焼き、ローストポークなどなど
どれも文句なくおいしかったです。
しかし、ANAといえば、やはりデザート
1220-1-3

1220-1-2

ケーキ、ゼリー、プリン、ムースなど10種類以上あります。

デザートメインで考えるべきビュッフェ。

でも、この日はお料理がとてもおいしくて、ついついデザートの余力があまりなくて残念。
というか年のせいで、以前ほど食べられないというわけです。

食後はホテルのお庭を散歩して
しばし、ゴージャスな気分にひたりました。

| | コメント (0)

2019/12/15

雪国のひな太

2008年12月10日から我が家で預かって

2009年1月28日に青森の里親さんへ飛んでいったひな太

Pc120005
わんわんclubさんからスカウトしてきて、
我が家としては、初めての本格的預かり&募集をかけた犬

かわいかった!
預かりブログがあるんですが、なぜか本文が出てこないので残念。
Pc130014

 4_20191215213601

1ヶ月もしないうちに里親さんが決まって、(用がないのに)青森まで連れて行ってくださる搬送ボラさんがみつかり、とんとん拍子に飛んでいきました。
当日の石垣島と青森の気温差は25度以上
石垣でボアベストを着せて、羽田乗り換え時に、更にフリーストレーナーを着せる大作戦。
 
その後は、里親さんご家族に溺愛していただいて幸せに暮らしていました。
里親さんからいただい画像↓

Pa0_0003

Pa0_0018

Pa0_0018-2
いつも、ぬくぬくと満ち足りた表情。
わんわんclubカレンダーにも常連で、新しい姿をみせてくれてました。

そして、幸せな一生を全うして、先日12月11日に天にのぼったそうです。

悲しみと喪失感の中、わざわざお知らせいただいてありがとうございました。
 
遠く、石垣島から青森までひな太を迎えていただき
最後までかわいがっていただき
心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

| | コメント (5)

2019/12/13

ジャーキー革新

ジャーキーメーカーを買ったのですが、いまいち活用できてませんでした。

しかし、スーパーでこれを見つけて一変。

1213-1
ジャーキーにピッタリの胸肉が、ジャーキーにピッタリの薄切りになっているのです!
そのまま使えます。

1213-2
まずオープントースターで3分程。汁気がたれないように。
この時点で、犬達はもう催促がはげしいです。

1213-3
ほんとは、このままのほうが好きみたい。

でも、ジャーキーにしますよ。

1213-4
薄いから、ジャーキぽくなるのも4時間で十分。
1213-5
随分小さくなっちゃいますよね。

計ってみると、500gの生肉が、150gほどのジャーキーになります。
半分以下!厳しい!
 
市販のジャーキーが高いのもわかります。

このジャーキーを使って、1ヶ月以上首輪が取れていたタイに
また首輪がつけられました。
1213-1-1

首輪をつけてもつけても、びっくりするようなことになって取れたり、取ったりになってます。 
根気よく、繰り返すのみ。

いつ、リードつけて散歩にいけるんだろう・・・

 

 

| | コメント (2)

2019/12/09

Cacao Market

京都と銀座と石垣島にしかないチョコレート店
CACAO MARKET
前の場所(裏通り)から表に移転しました。
撤退かと思ったら、より大きなお店になりました。

1209-1

730交差点から市役所通りを市役所に向かっていくとあります。
1209-2
以前は通路も狭くて、バッグなどぶつかって品物を落とすのでは、とヒヤヒヤでしたが
今度は広々しています。
 
1Fが売場で、2Fがカフェスペースです。
 
「絶対おいしいケーキが食べたい」とうちのシェフがいうので
間違いが無い、と言えばここではないかと
新しいショップへ。

いわゆるクリームついてるケーキではなく、焼き菓子という感じですが

1209-1-1
迷って、3種類も買ってしまった。😃
手前のバナナブレッドケーキが、もう絶品!
他のも、食べる度にうなるほどおいしかった。
どっしり重いケーキが3つで1400円だから、安くはないけど、すごく高いということもない。
二人で2回分になりましたから。
 
カフェでケーキと飲み物にしてもいいなあ。
 
なんとか、もう1回食べたいものです。

 

| | コメント (0)

2019/12/05

細野さんの映画

以前にもご紹介しましたが、島にもミニシアターができました。

ゆいロードシアター」

おかげで、ネット上の評判などで見たいなあ、と思う作品が見られます。

1205-2

シニアになると、いいこともありますね。

1205-1

フランス制作のアニメ作品「ロング・ウェイ・ノース」
日本のアニメとは全く違う絵柄。
シンプルで動きも少ない。
それなのに、すごく説得力があって、北極のシーンは恐いぐらいでした。
私は平日の昼間しかいかないので、お客さん少なめですが
この時は、二人。
終了後、「おもしろかったですね〜」と語り合っちゃいました。

次に見に行ったのは、村上春樹の作品をデンマーク語に訳す翻訳者さんのドキュメンタリー。
地味だけど、翻訳という作業についての興味もあり、なかなかでした。
この時は5人。
 
そして先日、全国公開されたばかりの

Img_20191128_130811

音楽家・細野晴臣のドキュメンタリー「No Smoking」上映

まさか島で見られるとは!
40年来の大ファンなので、ものすごくものすごくうれしい!

細野さんの半生と共に、これまで音楽のライブ映像、MVなどがいっぱい。
 
最近のアメリカ公演やイギリス公演の映像もあり
最初から最後まで、細野さんの音楽にあふれた
見てるだけ、聴いてるだけで幸せになりました。
 
平日昼で、10人もお客さんいました。自分達より若い人ばかりで、細野さんの人気の幅広さを実感。

何年ぶりか分からないぐらい久しぶりに夫婦で映画見てきました。
 
東京で開催された、細野さんの展覧会?の分厚いイベントカタログも閲覧できるようになっていて
いたれりつくせりの映画館。
カタログを全部見られなかったから、もう1回行かないと!

やはり文化は生活の必需品だと思います。

 

| | コメント (0)

2019/11/30

いっこく堂講演会

1130-1

先日、村の学校でこのような催しがありました。
児童生徒だけでなく、村の人達にもお誘いがあり
大喜びで出かけました。

TVで見ていてもすごい腹話術の技を、ぜひ生で見たかったです。

聴衆は0歳児から90代まで。

1130-2

この舞台からもわかるとおり、中学生相手の将来を考えるトークが本来の形であったようです。

しかし、幅広いにもほどがある年齢層のお客さんを見て

「聞いてないよ〜」と笑いながら、いっこく堂さんは「講演会」でなく「公演」にしてくれました。

おなじみの人形を使った腹話術から始まりました。
うそみたいに本物。

そして、高齢者向けに、演歌の腹話術によるモノマネ披露。

これ、目の前で見ていても信じられません。
口が開いてないのに、歌っているだけでなくて、モノマネになっているんですから。
会場の一番後ろまで、聴衆に見せつけるように、目の前でやってくれました。
途中、おばあちゃんと握手したり、小さい子をあやしたりしながら。

驚いたのは、いっこく堂は、歌がすごくうまい!

途中、中学生向けの「夢をあきらめない」「挫折と思っても、あとで繋がる」みたいなトークも途中にはさみながら

1時間以上、たっぷりとその神業としか思えない芸を見せてくれました。

ほんとにすごかったです。

お近くで、いっこく堂の公演があったら、ぜひお出かけください。
間違いなく楽しめます。

 

| | コメント (0)

2019/11/26

オジサン料理

伊野田の商店で「魚あります」の貼り紙を見て、飛び込みました。
取れたての魚を100g100円程度で袋売り。

1126-1

立派なカタカシ(別名オジサン)3尾とブダイ1尾、合計1kgちょっとで¥1,150セットにしました。
お買い得です。

豪華にオジサン2尾を夕食に。

しょうが煮は大根・生姜と。

 Img_3581

大根は色で煮具合を教え、魚もおいしくしてくれる煮魚の定番。

ムニエルは、島産レモン、オリーブ油、庭のミント、塩胡椒で簡単ミントソース。

1126-2

新鮮で肉厚な魚でご飯。幸せです。

オジサンによるオジサン料理でした。

 

             by藍ゆうゆう

 

| | コメント (3)

2019/11/21

ありがたい贈り物

先に店主からごあいさつしたとおり、20年やってきたペンションを閉じることにしました。

最後のお客様から

1114-1

このようなお花をいただきました。
Pa250024

もう、お礼を言わなくてはいけないのはこちらです。

うれしいやら、ありがたいやら、申し訳ないやらで涙がでました。

その前の、おそらく最も回数多くご利用いただいたお客様からは
今後増えるであろう(?!)犬の散歩用にと

1114-1-1
これまた、上等なアウトドア用軽量帽子を夫婦それぞれにいただきました。

島の暮らしには、ものすごく重宝です。さっそく使っております。
こちらの状況をよくわかっていらっしゃるだけに、本当にありがたいです。

お客様方から、過分なお言葉をいただき恐縮しております。

よき出会いに恵まれた20年でした。


また「お疲れ様」とぽん母さんから大好きなレモンケーキが届きました。

Img_4550

箱根のポーラ美術館の「しあわせな犬像」もお正月に向けて
また楽しい趣向があるようですよ。

箱根も台風被害を受けたところもあるようですが、美術館は無事です。
年末年始にどうぞおでかけください。

ナツ達に会ってきてください。


他にも写真が撮れてないいただきものがいくつもありました。
(おいしいお菓子はつい先に食べてしまう・・・)

皆様、本当に本当に、ありがとうございました。

 

 

| | コメント (4)

2019/11/17

エコライフ19

74797336_2844666145565839_65459824749948

土曜日に環境について考えるイベントがありました。

1117-2
自然環境保護ジャンルでカンムリワシについてのブース参加

1117-1

そして、しっぽの会でフリマ参加

総合体育館のメインアリーナとサブアリーナを一日中行ったり来たり。

Img_20191116_105823-1
お天気もよく、どちらも子供連れを中心にたくさんの人出がありました。

前日の準備から始まって、けっこう大変でしたが
当日のお楽しみもたくさん!

Img_3458
グリーンアノールという外来種トカゲの着ぐるみをきせてもらってテンションあがる。

しかし、なぜ外来種の着ぐるみ?

そして、疲れもつのって、めげそうになる午後

1117-1-1
来た======!

マブヤーショー!!

ずっといるから、2回も見ちゃった。

あぁ、元気でるわー😃

なんとか撤収までがんばりました。

温暖化、自然保護、外来種などなど
かんたんに解決はできない問題ばかりですが
それについて考える機会があるのはいいです。

例年は沖縄本島で開催されているイベントで
石垣島では初めての開催。
これからも規模は小さくても、隔年ぐらいでやってほしいです。

 

 

| | コメント (0)

2019/11/14

営業終了のごあいさつ

去った10月27日、「小さなペンション藍」の最後のお客様をお見送りしました。

今の場所に移転して15年間、その前のところで5年間
無事に過ごすことができました。
於茂登山と東シナ海にはさまれた場所、米原で。

天国じゃないけど、楽園ではないけど、
私達には、年を重ねる程、それに近いところです。

とはいえ、お客様には、スーパーもコンビニもない不便なところ
ご利用いただいたことに、心よりお礼申し上げます。

私達の思い出は話せば尽きないのですが
「もう、あれはできない」と言うことが増えました。
皆様とお会いできなくなるのは、とても淋しいことですが
次の楽しみをさがして過ごしたいと思います。

最後になりましたが、皆様のご健康とますますのご繁栄を願って
お礼の挨拶といたします。

永い間、何度もご利用いただいた皆様
本当にありがとうございました。

              藍ゆうゆう

 

| | コメント (4)

2019/11/10

秋のイベント

朝夕めっきり涼しくなって、湿度も下がり
実に気持ちのよい日々になった石垣島

そうなると、毎週末イベント続き。
先週の石垣島まつりの疲れも取れぬうちに、
今日は保健所主催の「動物愛護週間」イベントで、譲渡会参加
 
保健所収容犬が譲渡会に出るので、
まず午前中は参加犬のシャンプー

1110-1
現在は、15kgはあるような大きめのオジサン犬が数匹
ちゃんときれいにしないとね。
最初はいやがっても、そのうちに観念して、おとなしく。
ボラさん達が手早くやってくれます。

3匹シャンプーして、譲渡会に参加したのは2匹

1110-2

1110-1-1
人慣れもしており、子供も平気で、おだやかに触られていました。
シャンプー仕立てだから、サラサラでいいよね。

オス犬は甘えんぼうなので、今日は大勢の人になでなでされてご機嫌。
希望者が現れてくれるといいのですが。
 
猫も10匹出て、数匹にトライアルが決まりました。

譲渡会にはキャットフードなどをたくさんいただくことが多いのですが
今日はドッグフードもたくさん。

1110-4
1110-6
そろそろ保護犬用フードを購入しないと、と思っていましたが
これでしばらくセーフ。

ありがたいことです。
 
お手伝いしてくれるボラさんも増えたので
私の仕事は段取り・監督ぐらいになってきました。
だんだん、引き継いでいけるといいです。

来週末もイベントです。
それもふたつかけもち!
果たして、私はもつのか?!

 

 

| | コメント (0)

2019/11/06

石垣島まつり譲渡会

まつり2日目は、「しっぽの会」でブースを出しました。

メインは譲渡会ですが

1106-2

今年は「猫だけ譲渡会」
猫だけで15匹以上いたのです。

保健所に犬が増えてますが、来週保健所主催譲渡会があるので。
途中で雨がひどく降ったので、犬がいなくてよかったです。逃げ場がない。

今回に合わせて、スタッフがわかるように、ビブスというのを用意しました。
まつり前に、新しいボラさんを募集したところ、中学生から大人の方まで応募していただき
今回も無事に設営・撤収できました。

1106-1
新しい掲示物も増やしました。

雨で、ダメになっちゃったんですけど😖
ただ、これはただの紙ではなく、壁紙を使用しているので、乾けばまた使えます。😃

ボラさんが増えたし、犬がいないので、私も少し楽になるかなあと思いましたが、
相変わらず1万2千歩ぐらい歩いてた。
 
途中、ランチを買いに道路むこうの本会場に行き

1106-3
ちょうどリハーサルしてたBEGINの比嘉栄昇。
 
産業まつり会場もササッと見て、ぱぱっと買い物もしました。

以前に離島へ譲渡した犬の近況を知らせに来てくださる里親さんもいました。

譲渡会の詳しい様子はこちら

それにしても、毎度のことながら、市役所や商工会の多大なるご協力で、こうしてまつり参加ができています。

今月はイベント続きで
来週の日曜は動物愛護週間の譲渡会。
その次の土曜はカンムリワシリサーチで展示出展&しっぽの会でフリマ

私、みんなできるのかなあ・・・
若いボランティアさん達に期待です。

 

 

| | コメント (0)

2019/11/04

石垣島まつり’19

1104-1

今年も石垣島まつり初日に買い物に出かけました。
すごく良い天気。

1104-2

1104-4

お目当ては、友好都市などの出店。

1104-3
まずは岡崎市に直行!味噌煮込みうどんゲット!!
今年はたくさんあるから、4個。

1104-1-1

岩手の野菜も種類が多くて、きれいだから幾つも買いました。
生椎茸をさっそく夜、バター焼きで食べたら、ものすごくおいしかった😃

全部何百円のものなのに、ほいほい買ってると、あっという間に何千円。

アブナイアブナイ。

翌日にそなえて、体力温存のために、この日はこれで退散。

  〜〜〜〜〜〜〜続く〜〜〜〜〜〜〜

 

 

| | コメント (0)

«首里城焼失