うちの子(犬)達

2018/05/05

鯉のぼり

今年のGWは3日以外は、まあまあのお天気に恵まれ

大勢の人出があちこちにあるようです。
 
うちはGWはお仕事ですが、買い物ついでにちょっと寄り道
0505_1_1大浜の崎原公園が、数え切れないミニ鯉のぼりで飾られていました。
 
一組のご夫婦がおふたりですべて飾られたとのこと。
色とりどりでそれはそれは華やか。ありがたいことです。
 
0505_2うちの辺りは雨で散歩できなかったので、二匹を車に乗せて出かけました。
なぜか、いつもここは雨が降ってない。。。
おかげできれいな公園を散歩できます。
 
0505_1_3
お花も咲きそろって、曇り空でも気分があがります。
ケン達を座らせて、写真を撮ろうとするのですが
落ち着かない落ち着かないcoldsweats01
オスワリ!と言っても、この有り様。正面向いてよ!
それでも「可愛い!」「あ〜かわいい!」と連呼して
写真撮りまくってました。
0505_1_4
ふと気付くと、少し離れて、小さな子供連れのお母さん達が
後ろを通るのを遠慮して待っておられました。
ごめんなさいm(_ _)m
つい夢中に。
 
 

| | コメント (0)

2018/04/27

新入りさん

いよいよGWですね。
みなみのことで、ずっとお休みしてましたが、

いよいよ仕事モードに切り替わります。
 
その前に、我が家の新入りさん紹介。
0427_1この前からいるお転婆娘「ラム」です。
事情があって、引き続き我が家で預かることになりました。
 
0427_1_4先天性と思われる後肢の奇形があり、後ろ足がXみたいになって曲がってます。
病名としては膝蓋骨脱臼(パテラ) 
0427_1_2しかし、他の犬とやることは全く変わりません。
ケンと激しい鬼ごっこをして、庭を縦横無尽に駆け回ります。
海に行けば泳ぐし。
 
0427_1_1散歩大好きで、ケンを追い抜く勢いで、滑るように走り歩き。
前肢が後肢の2倍ぐらい太くて、ほとんど前足だけで進みます。
後ろ足はオットセイみたいになってます。
0427_1_5
できるだけ筋力をつけたら、後肢もある程度は立つようになるらしいので
飛び降りなどはさせないようにしつつ、特別な運動制限はせずに、様子を見ています。
ただ、散歩中後肢はブラブラして、地面にするので
いつも汚れているし、すりむき傷がついていました。
 
そこで犬用靴下発注。
みなみが残した大量の靴下はサイズが合わず残念。
 
合うかどうかわからないので、まずは色柄選べない安い福袋で。
0427_1_3いきなり、全然ラムに合わないドクロ柄来ました。coldsweats01
サイズはLでピッタリでした(どんなけ小型犬用なんだ?!)
左が新品、右が散歩4回はいたもの。
既にドクロがもうわからないぐらいにほつれてます。
これだけ激しく摩擦があるんですね。
そりゃ、傷もできる。
暑いから、ずっとはかせておくわけにもいきませんが
散歩に出る時は、必ずはかせようと思います。
 
みなみのためにエンヤコラした、段差スロープ各種が再び役に立って、うれしい。happy01
 
ラムがいるようになって、ようやく夜、眠れるようになりました。


 

| | コメント (4)

2018/04/15

またにぎやかに

P4130012かわいい2匹が短期滞在(1週間)にきてくれました。

お友達のワンちゃんを旅行中預かってます。
犬が3匹!
うれしい!なんか、この感じ!だよ。
0411_1_4とっても甘えん坊で、2匹ともべたべたとひっついてくるタイプ。
実はうちの子達は、意外とベタベタ度が低くて
甘えっ子のケンでも、5分もすると、自分のベッドに戻ってしまいます。
なので、ちょっとうれしい。(でも慣れないのですぐめんどくさくなるcoldsweats01
 
0415_1
大きさは、なんと、ケンがいちばん大きい!
うちは大きい犬が多かったので、これが新鮮。
 
マルプー?的なラムは、後ろ足がパテラ(膝蓋骨脱臼)で不自由ですが
3匹の中でいちばん早く走ります。
0415_1_2_3前足の力だけで、うちの急斜面の庭を走り回ってます。
散歩も大好きで、がんがん前に進みます。
 
0415_1_3ぬいぐるみのような見た目にだまされてはいけない。
 
ほんとに、1匹1匹個性があって、おもしろいです。
 

| | コメント (0)

2018/03/23

四十九日

今日がみなみの四十九日にあたる。
とても天気が良くて、2月2日に最後のひなたぼっこをさせた時を思い出す。

0323_1_5 痙攣するだけのみなみを、何もできず、ただみんなで見守っていた。
 
0323_1火葬したみなみの骨は大きくて、人と変わらない大きな骨壺
骨でも、形になって残っていると、やはり執着が残ります。
みなみの場合、頭蓋骨がけっこう残っていて
死ぬ前に痩せたみなみの頭をなでながら
「もう頭蓋骨に皮がついてるだけになっちゃったなあ・・・」と泣いてたのを思い出してつらい。
 
でも、やはりどこかであきらめないといけない。
みなみの骨を三つにわけました。
庭に埋める分、海にまく分、手元に残す分
今日、庭に頭蓋骨を含めた、脚の骨や大きな骨を中心に埋めました。
ここはみなみの家だから。
みなみが大好きな家だから。
 
海はまた大潮の時に、みんなで行くつもり。
 
手元に残す分は少しですが
この際、みなみの骨と、ナツの毛といっしょにして缶にいれることに。
 
0323_1_2何年か前にいただいたキャンディの入っていた缶
あまりかわいいからとっておいた。
 
本当は「私の犬を世話してくれてありがとう」と書いてあって
きっとペットシッターさんへのプレゼント用ですが
大きく書いてあるのが「Thank you Dog!」なので、いいなと思いまして。
でも、これに直接骨を入れると、ガシャガシャして、骨がすぐボロボロになりそう。
何かで骨をつつまないと・・・・ハンカチ?・・・そうだ!flair
 
0323_1_6
額装した物を、作者のぽん母さんからいただきました。
なので、それ以前にお客様からいただいのは使用可。
 
ためしに手拭いを置いて、そこに骨をおいて
まずは適当にたたんでみたら
0323_1_1なんとまあ、こうなりました!
びっくりして、思わず涙ボロボロweep
みなみとナツが出てきたみたい。
まるで、このためにあつらえたように。。。
 
もう、文句なく、このまま缶に入れました。
 
こうして、少しずつ物理的にお別れしていくんだなあ。

| | コメント (2)

2018/02/27

ひとりっこ終了

ケンの気晴らしに、なつかしい子が遊びに来てくれました。
0227_1 12月に新しい家にもらわれていったアミが、同居犬のシューちゃんといっしょに来てくれました。

アミは大喜びで庭を走り回り、いつもの場所で草食べて
以前通り自由気ままにしてましたが
0227_1_1 ケンがアミにペロペロしだしたのは、もう帰りがけ。
それまでは割と知らん顔。
いっしょにお散歩に行った時はうれしそうだったけど。

でも、そんな一人っ子暮らしも終わり。
0227_1_2 準備完了で迎えたのは

0227_2 新しい預かりッ子!
しかも黒犬!
でも超ビビリ!!未経験のビビリ度bearing
今のところ、まったくケージから出てこないし
ケンにとってはいないも同然になってます。。。

まあ、時間をかければそのうちにね。

 

| | コメント (2)

2018/02/21

みなみ十首(増える)

この2週間ばかりの想いを
なぜか短歌風につぶやいてました。
自分の覚え書きとして残そうかと。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

つやつやと ふさふさの毛のまま逝くか
18の春に旅立つ君は

0221_1          (1/29撮影、まだ生きてるよ)

老犬は 指もかじかむ立春に
あたたかな骨となりて帰る

君がいない この家のどこにも 君がいない
不在の虚無に 我は吠えかかる

君がため 建てたこの家に 君はなく
心棒が抜けたような世界

「天国に 嫁にやったと あきらめろ」
そういう夫は花嫁の父

知る人が りっぱな犬生 めでたいと
色あざやかな花 君に贈る

しょんぼりと庭を眺める犬ひとり
元気にできず なにが飼い主

順番にかたづけていく マット・タオル
君のにおいが なごりが消える

若き日の動画で笑い 
先月の 在りし姿に 涙止まらず

今はまだ 自由な時間より 
君にあのまま拘束されていたい

海、森に 光まばゆく 命満つ
想いも満ちて 君を呼び込む

0221_1_3 0221_1_2

| | コメント (4)

2018/02/15

海がきれい

内地は大雪でいろいろ大変なようですね。
早く流通などが戻りますように。
島はようやく少し寒さがゆるんできました。
お天気も良くなって、きれいに晴れたから
チャンス!とみんなで海に。
P2130187 ケンを喜ばせたくて、ですが
あまり海がきれいだったので、私達もほ〜〜としました。

P2130189 みなみがうちに来た頃から、散歩に来ていたビーチですから
感傷的にもなるけれど、
青い空と碧い海と白い砂、喜ぶケンhappy01

P2130196
私は、だいぶ、ふっきれた気がしました。
ケンの後ろに、みなみやナツが遊んでいる姿が見えるようで。。。

海に来れば、みんないるのかなあ
海の想い出が多すぎるから、勝手に黒い姿を投影してしまいます。

Img_4448 きっと私達の人生で、最も幸福な時代でした。
たわいない日々、繰り返される日々
毎日が同じようで、でも二度と帰らない日々

犬は「今」を生きるといいますが
この時、私達も、犬達といっしょにその瞬間瞬間を存分に味わい楽しみました。
Img_4354
3匹揃っていたのは、4年もなかったけど
その前も、その後も、みなみはずっと一緒にいて
自分達と一緒に年を取っていたはずが
いつのまにか、みなみはずっと先まで行っちゃって
堂々と老いて、命の燃え尽きる様を見せてくれました。

ケンといっしょに、また私達も更に老いていくんだけど
いつかケンにも追い越されるのか、今度はけっこう一緒かなcoldsweats01

ケンもみなみのように長寿まっとうできるように
自分達も丈夫でがんばらないといけません。

みーちゃん、見守ってね。

ご心配いただいた皆様
ありがとうございます。

| | コメント (2)

2018/02/12

初めてのひとりっこ

日に何度も「みなみがいな〜〜い」とつぶやいたり叫んだり
ですが、確実に日常が戻りつつあります。

0212_1 遠方からのお花はご辞退させてもらいましたが
島の仲間達から、大往生みなみは華やかに!と
ご覧のようにめでたそうなことになりました。
島では90才を越えた長寿のお葬式では
紅白饅頭がわりに、白とピンクの丸めたタオルが配られたりします。
そんな雰囲気のお花を真っ先に贈ってくださったデロ母さん
ありがとうございました。

初めてひとりぼっちになったケンが
ひきこもりになってしまい
とりあえず寝室で脇に寄せたみなみのマットで、ずっと丸まってました。
0212_1_3 
これままずい!と島のボラ仲間さん達に「犬を連れて遊びに来て!」とSOSdanger

Photo にぎやかになって、ケンも久しぶりにあっちこっちして遊びました。

0212_1_2 棒を投げたら、得意気に何度も取りに行きましたよhappy01

今日はみなみを最後にひなたぼっこさせた2日から
十日ぶりに晴れました。
0212_1_1 空気は冷たいけれど、晴れた庭に、みなみの不在が心に痛い。

でも、ケンも、だんだんひとりに慣れてきました。
0212_1_4もう、ひきこもりじゃないし
私達二人からチヤホヤされるのも気分いいし
ケンが心配しないように、まず私達が元気しないとね。

私達の元気のために、チョコレート、お菓子、ナッツなど
いろいろ贈ってくださった皆様
どうもありがとうございました。
甘い物たくさん食べて、お散歩はケンひとりだから
ちょっと心しないとまずいですね。
寒い日が続くうちに、ケンの散歩をたくさんしてあげようと思います。

| | コメント (3)

2018/02/07

後悔なし

島も記録的な寒い日が続いています。
0207_1_1 寒い時に咲く寒緋桜も咲きました。

さすがにみなみの喪失はつらくて、なかなか更新できませんでした。
でも、みなみのことで後悔はありません。
ナツの時は、死んだこと自体に後悔や罪悪感の固まりで、辛くて悲しかったです。
でも、みなみは年齢的にも天寿越えてるぐらいだったし
お互いにやるべきこと、できることは精一杯やりました。
だから、あの時ああすれば、みたいなことは、ひとつもない。
多分、みなみも。

だって、みなみったら
0207_1_2 ペット火葬場が開業するのを待って逝ったんですから。
ほんの数日前に開業しました。本格的ペット用施設。

ほんとによかった。

とにかくずっと寒くて雨続きだったのに
2日の午前中晴れました。
みなみを大好きな庭に出してやることができました。
つかのまのお日さま
0207_1
この時も、5ー10分おきに痙攣が来て手足を動かしてました。
みなみもどれほど意識があったかわかりません。

もう水を飲み込むこともほぼできなくなりました。
ただ最後がくるのを待つだけの時間。
でも止まらない心臓。温かい手足。
私達は、みなみが水も受け付けなくなったら
それ以上の延命措置はしないことに決めてました。
みなみの意志のままに。
痙攣が弱まる薬だけ投与しました。
やがて痙攣は動きが小さくなり、夜は眠ったように見えました。
おかげで私達も眠れました。

三日目は、もう大きく動くこともできなくなったのか、
ピクピクするだけになり、白目半目でただ息をしていました。
お昼前ぐらいから夕方にかけて、
上から下から体内にあるものを出し始めました。
話に聞いていたとおり。
体を内側からきれいにするのね。
そして手足が冷たくなり始めました。

みなみだけに、もしや大逆転はあるのか?
という望みがなかなか捨てきれませんでしたが、
これで今日なんだ、と覚悟しました。

三日前から、何度も「これが最後か?!」という瞬間があり
私達は何度も何度もお別れの言葉を投げかけてました。
あらゆる感謝をし、愛を告げ、
みなみがいなくなってもがんばると約束し、
それはもう何度も何度も。。。
いったい、これ以上何を待っているのだろう?
正直不思議なぐらいでした。

実は私、今年は赤い誕生日で
特別なケーキを用意しました。
0207_1_3 キルフェボンの赤いフルーツのタルト
これがまさに2/1に冷凍で届きました。
その時、みなみは手足を上下にバッタバッタと打ち付けるような凄まじい痙攣に襲われていました。
もちろんケーキどころでなく、そのまま冷凍庫に入れました。
落ち着いてから食べようと。

そして2/3の朝、6時前にみなみの様子を見ながら
「何がどうなるにせよ、今日食べよう」とふと思いました。
なぜかはわかりません。
解凍に12時間かかるとあったので、夕食の後に食べようと。

夜7時、いよいよケーキを出して来て紅茶を入れていると
みなみの呼吸が急にゆっくり大きくなりました。
10秒に1回ぐらい
あわててかけより、息が止まったかと「みなみ!みなみ!」と呼びかけると
「ハァーーー」と息を始める。
そんなことが何回か続き、私達は笑い出してしまいました。
「もう、みなみったら〜〜」
終わりが近いことはわかっていたけど
「よし食べよ食べよ」と、みなみから離れてケーキを。
そしてケーキを食べながら、みなみを見ると
さっきまで半目だったのに、丸く大きな黒目でこちらを見ています。
えっ?!「みなみが見てる!」

みなみにかけよると、ついに最後の息を吐いたところでした。
心臓はまだ動いていました。
すぐにパパを呼んで、抱いて二人で「ありがとう!」と言い続けました。
やがて心臓が止まりました。

みなみが待ってたのは、私がケーキを食べることだったのかな。
とても楽しみにしてたケーキ。
この日に食べることにしてよかった。
みなみの苦しみをこれ以上長引かせずに。

そして最後は二人でしっかり見送れました。

どこまでも、どこまでもすごい子でした。
ミラクルみーちゃん
本当にありがとう。
0207_1_4  

| | コメント (8)

2018/02/03

急変

現在、みなみは昏睡状態です。
三日前に、おそらく脳梗塞だろうということで
激しい痙攣発作に襲われ、
獣医さんの話では、痙攣止めの薬で眠ってそのまま・・・
という話でしたが、一向にそうはならず
間断無い痙攣にも負けず、眠らず、
ミラクル心臓は動き続けました。
昨夜遅く、ようやく痙攣との戦いを止め、眠りました。
意識もなくなりました(多分)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
そして、午後8時5分、大往生しました。

とても安らかな最期でした。
最期まで、みなみとして、みなみらしく逝きました。
 

今はそうやって、みなみを送り出せて
悲しいけれど、少しほっとしたような気持ちです。

| | コメント (12)

より以前の記事一覧