書籍・雑誌

2015/06/08

おしゃれ手帖

島生活も長くなると、どんどんカジュアルになり
いい年して、基本はTシャツにパンツ
スカートで外出するのは1年に1回あるかないか。
そんな私がファッション誌を購入することも滅多にないのですが
そんな私がファッション誌に出ちゃいました!


樋口可南子さんが表紙の「大人のおしゃれ手帖」7月号
ぽん母さんのお友達の一人としてご紹介いただきました。
(ちなみに使用されているのは十数年前の写真ですのでwink

11392856_10206797234834660_43964469 ありがたいことです。
石垣島の犬猫の家族募集中」も掲載していただきました。

年代が合うので、その他の記事も興味深いものばかり
また、おまけ(?)についてる
フランス生地のトートバッグがすばらしい!
色もシックで、ファスナー付きで、びっくりするぐらいすてき。

最近の雑誌って、どっちがメインかわからないぐらい
すごいオマケがついてますよね。
オマケ目当てで買うことも多いんでしょうか。

島では売ってないブランドのバッグ付き雑誌(雑誌付きバッグ?)など
あると、ついつい手が出そうになります。
グリコのオマケを思い出します。
オマケほしさに買う?coldsweats01



| | コメント (6)

2015/03/14

村上さんのところ

一昨日は、終日冷たい雨が降り、ほぼ終日灯油ストーブをつけてました。
今日は25度以上あるような、蒸し暑い日となり
冷房をつけた人も多かったようです。
アップダウン激しすぎ!wobbly
私は変温動物じゃないかと思うぐらい、急な温度差に弱いので
若干ダウン気味です。

作家の「村上春樹」氏は皆さんご存じと思います。
毎年ノーベル文学賞を取るのでは?!と騒がれてます。
しかし、当のご本人は、そんなことは意に介してない様子で
最初から、とてもマイペースな人ですよね。

そんな村上さんが、今年になって
村上さんのところ」というサイトを立ち上げました。
これは「村上さんに質問をすると、村上さんが答えてくれるかもしれない」という企画で
2週間質問を募集しました。
私もしようかと思いましたが、村上春樹にしたい質問、というのが思い浮かばず
いつのまにか締切。
なんと3万通も集まったそうです。

それに村上春樹氏本人が、お返事を書いているんです。(今も進行中)
そのQ&A集がこちら

これがおもしろい!happy01
実にたわいない質問から、深遠な話までいろいろ。
そんなに深く考えずに、質問すればよかったのね、という感じ。
村上さんは、時にユーモアを交え
時には辛辣なほどストレートに
簡潔な答を返していきます。

村上さんは猫cat好きなので
猫関連の質問というか、猫話も多く、
村上さんは、次に飼う猫の名前は「ペロンパー」にするそうです。
(どんな名前だ?!)

「それ私も聞きたかった!」みたいな質問がきっとありますから
お暇な時にどうぞ。



| | コメント (0)

2014/07/26

ドラマより本?

最近、朝ドラにつっこみまくりで、楽しいのかどうかわからなくなりました。
中学生の頃「赤毛のアン」シリーズに夢中だったので
とても楽しみにしていたんですけど、
なんか村岡花子女史像がぐだぐだに・・・bearing

ドラマが始まった時に、柳原白蓮のwikiを見てびっくり。
「ほんとにこんなことが??」とそのあまりにドラマチックな一生に驚愕しました。
その白蓮事件も、なんか卑小化されている感じで、もやもや。

それで図書館へ行って、関連本を読もうと捜したところ
これを見つけました。

永畑道子著「恋の華・白蓮事件」

小説でなく、残された資料や、関係者の子・孫本人に取材した話などで
白蓮さんの姿が描かれます。

読んで、すっきり!happy01
駆け落ち相手は、もっとちゃんとした人でした。

そして村岡さんに関しては、もちろんドラマの原案(原作じゃない)

村岡花子さんのお孫さんによる本です。
これを読むと、まさに求めていた世界が広がります。
ときめきます。

どうしてドラマは、もっとこの本にそわなかったのか不思議です。

でも、ドラマの伝助さんは、すばらしい役者(吉田鋼太郎)さんのおかげで
実在の人以上の魅力をはなち、悪役になるはずが人気者になったのは
おもしろいです。happy01

なんだかんだ言いながら、きっとドラマは最後まで見ると思います。


| | コメント (2)

2014/05/14

右巻き左巻き

(種名を追加しました)

皆さん、次の二枚のカタツムリの殻をご覧ください。
05141
05142 色と形以外に大きな違いがあります。

それは上は右巻き、下は左巻き、ということ。

???ですか?私もそうでした。

こうして置いてみて、開口部が右なら右巻き、左なら左巻きです。
言われてみたら簡単。happy01

で、この左巻きのカタツムリはそこら中にいるわけではないそうです。
日本のほとんどの地域には右巻きしかいません。
左巻きのカタツムリがいるのは八重山諸島近辺ぐらいとか。

どうしてそうなったか?

それはここに、カタツムリを主食とするイワサキセダカヘビがいるからだそうです。
そのヘビは右巻きのカタツムリを食べるので、
ヘビに食べられないように左巻きに進化したカタツムリが生まれたそうです。


この本「右利きのヘビ仮説」を読んで知りました。
石垣島と西表島でフィールド調査をされた研究者さん
この学説を証明するまでの経緯をおもしろくわかりやすく書いた物で
おもしろくて一気に読んでしまいました。

小学生の時から数年おきにカタツムリ飼育をしていた私です。
こんなわくわくする世界が、自分の家の周辺にあるとは!

05143向かって左の大きい(直径4cmほど)のはイッシキマイマイ
珍しい左巻きのはクロイワヒダリマキマイマイ
画像の左巻きのは空じゃなくて、生きてます。
雨続きの朝、うちの庭にいました。

幸い?くだんのヘビは目撃したことがありません。
この本にはカタツムリの写真だけでなく、ヘビの写真も盛り沢山です。
旅した石垣や西表の話も盛り沢山。
西表島の知人の写真も出てきてびっくり。

身近で地味なカタツムリにも、知れば興味の尽きない秘密があるんですね。
こういう話が好きな方には、この本は断然お薦めです。

この本が出版された後、更に興味深い事実も発見されました。
イワサキセダカヘビにムシャムシャ食べられる右巻きイッシキマイマイは
身を守るために、トカゲのようにしっぽを切って逃げる技を身につけたそうです。
深いぞ!カタツムリ!!



| | コメント (6)

2011/10/13

バレエファン

連日雨模様で、蒸し暑い石垣島です。
室内で湿度90%だから、外は水分飽和状態。
いくら軒下に洗濯を干したって乾くわけもなく、室内干し状態が早10日は続いています。
浴室衣類乾燥機能を使うより、1980円のガッチャン扇風機を使う方が、気持ちよく乾きますscissors

      

さて、そんな生活感あふれた私は、実はバレエが大好きです。
バレーボールじゃなくて、トウシューズはいて踊るほうのバレエです。
最近、TVでもネット上でも、そこら中に広告の出ているこちら。

久々にはまりそうですhappy01

この出版社が次々と出す趣味のコレクション雑誌は
時々そそられる内容で、創刊号は「安い!」と思って買うのですが、
後の続いた試し無し。
でもバレエDVDとなると、買うのも高いし、全曲CDはもっと高いし、
けっこう持ってません。
TVで放送されたのを録画した私的コレクションが膨大にありますが
(なんせ70年代放送のものからあるので)
画質や保存を考えると、ここらで新しくできるものは新しくしたいところ。

大ざっぱに2千円で全編収録DVDが入手できればうれしいです。

でも、私ほどファン歴が長いとなると(wink
誰が踊っているのでも、どこのバレエ団でもいいというわけにはいかない。
好きなバレリーナ、好きなバレエ団などこだわりがあります。
いらないものはいらない。

でも、今回のディアゴスティーニ、がんばってます。
2号は日本が誇る名プリマ「吉田都」さん!
Issue_2_1 正直、くるみ割り人形という作品自体のDVDはいらない。
だって、吉田さんの出番はたったの15分ぐらいshock
でも吉田都さんの若い時の映像は貴重。一度見たかった。

2千円出すかどうか、で悩みに悩みましたが購入。

あまりに素晴らしい踊りに、15分でも2千円の価値ありましたよ!
だって何度でも、そこだけ好きな時に好きなだけ見られるんですものlovely

でもこのコレクションを全刊買うと、何万円もかかるので
よ〜く吟味して取捨選択するように、自分にブレーキをかけつつ
楽しみにしたいと思います。

| | コメント (6)

2010/10/12

平常モードへ

ナツのことで、いろいろお心配りいただきまして
ありがとうございました。
たくさんのコメントをいただき、心が随分と慰められました。

やはり自分達だけだと、悲しみにこもってしまいがちだと思いますが、
他の方からの気持ちに触れることで、目を開ける思いでした。

そして、みなみとケンがそれぞれのやり方で助けてくれました。

すでにアップした通り、
みなみはその態度を一切変えないことで。think
ケンは激しく落ち込んで、私達は慰める側になりました。coldsweats02

そうこうしているうちに、なんかいつものペースになっていったと言うか、
生活は続いていくもんです。

写真を見て泣いたり、散歩中に突然泣いたり、
ナツの不在にはまだまだ慣れません。
ナツの明るい笑顔がないと、とても静かな我が家。

 

でろり〜ん母さんから送っていただいた、この絵本


犬には犬の天国があって、そこがどんなに行き届いているか、という話。
「虹の橋」にも似てますけど、それより具体的かな。
もうすばらしくていきなり号泣しますが、
あまりに素敵な天国なので、「ここなら大丈夫」と安心しました。
みなみとケンにも読み聞かせようとしたのですが
天国が良い所すぎて、「早く行きたい」と思われると困るので
途中で止めました。

 

まさかこんなことになるとは思っていなかったのに、
youkoさんからこんな本を借りてました。


 

この本に「悲しみと向かい合うための提案」という項目があります。
(簡単にまとめるとこんな感じ)

1. 亡くなった動物にあてて手紙を書き、悲しみを心の内から外へ流す。

2. 思い出の品を納める場所を作る。

3. 亡くなった動物の誕生日や命日に、特別な儀式を考える。

4. 写真を貼付けたスクラップブックやスライドショーを編集する。

5. 思い出話を聞いてくれる人に話す。

6. その動物との別れの儀式をする。

 

 

なんか、わかる気がします。
ナツのこと、すごく話したいです。
あんなことがあった、こんなことがあった・・・

たぶん、そのうちにブログでやりそうな気がします。
その時は、おつきあいくださいませ。
聞き流していただけばいいので。

 

 

おいしいもの食べたり、見物に行ったり、
そんな普通のこと始めてます。

また普段のブログに基本的に戻しますね。

 

コナンブログ更新してます。

コナンの近況をご覧ください。shine

この記事はこのブログの888番目の記事だった!(だから何?ですが)

 

| | コメント (3)

2010/08/10

読書の楽しみ(追加あり)

台風4号で、引き続き雨続きの石垣島。
きのうは霊験あらたかな白保で豊年祭だったので、雨も当然か。
でも暴風は無かったので、雷はひどかったものの停電もなくホッと一安心。
(念のため、昼過ぎまでパソコンやモデムの電源は抜いておきました)

   

さて、今年前半の寝たきり/入院していたとき
何もできなくて、唯一できたのは寝たまま読書でした。

本を持つのも疲れたので、ブックスタンドまで買いました。

もともと活字中毒と言ってもいいぐらい、何か読んでないと気がすまない私。
もう大量に読む物が必要でしたから
多くの方々から、大量にマンガや小説の差し入れをいただきました。
本当に助かりましたし、うれしかったです。

たくさん読みまくった中で、最も気に入ったのは


「聖☆おにいさん」(現在5巻まで発売中)

自分の心身は傷つき痛みにあえいでいるし
世の中は殺伐としているし、
どうしても凹む心を、まさに救い上げてくれた本。

なんてったって、イエス・キリストと仏陀の二人がかりですからscissors
今時、いい人しか出てこない話って貴重です。
読後感が清々しい。

作者の発想の妙(この二人でギャグマンガ)と、絵のきれいさ(毎巻凝った表紙が素敵。3巻の表紙が一番好き)が秀逸。

笑うと腰が痛くて苦しいけど、休み休み何度も何度も読みました。
今でも繰り返し読んでます。



次に、意外にはまったのが「もやしもん」

菌が主役(?)のマンガって初めてです。
しかも自分が脊椎を菌に侵されて入院中に読んだので、なんか親近感がありました。(変ですけど)
菌のキャラがすごくかわいいんですよね。
「私の背骨をかもしたのはどんな菌なんだろう?」って想像したりしてましたよ。


小説部門では、スウェーデン発のミステリー。

全3巻。長くて、ぎっしり中身も詰まっていて、読み応え有り。
「聖おにいさん」と真逆の世界。
これでもかっpunchてぐらい悪い人が出てくるcoldsweats02
だけど、すごくおもしろいです。息をもつかせぬって展開。
スウェーデンという国を良く知らないので、日常生活と言うか、人々の暮らしの様子がわかるのも興味深いです。
背の高い人ばかり、というイメージがあるけど、アパートなんか狭かったり
移民が多いとか、マックもたくさんあるとか。

 

そして、もちろん話題のこの作品も読了。

もともと村上春樹の作品はすべて読んでいるので
これもそれなりに楽しめました。
いや、近年の作品の中では一番良かったかも。

 

以前にも紹介したと思いますが、気持ちが暗くなってくると、またこれ読みました。

   

石垣島を舞台にしたファンタジー小説。
分厚いけど、あまりにおもしろい(爆笑)のでどんどん読めます。
実在の地名で、実在の行事・習慣と荒唐無稽な話をまぜているのですが
なにせ石垣島なので、どこからがフィクションなのかがはっきりしない。
全部本当の話に思えてくるのがこわいってぐらいおもしろい。
沖縄好きな方にはお勧めです。

 

    

今回初めてブログ小説も読みました。
なにせ、しばらくは携帯しか使えませんでしたから。
そこで見つけたのが
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
数年前から連載されているので、たっぷり読めました。
文句無くおもしろい。
これも笑うと痛い腰と戦いながら、夢中で読みました。
私と同世代の人が、自分の高校時代を中心にした青春ストーリーを
フィクションにして書いているので
もうわかる!わかる!
ギャグが多いようで、さまざまな問題提起もあり、涙することも。
過去分は読んでしまって、今は毎日更新されるのを楽しみにしています。
映画化も、書籍化もされてるんですよ。知らなかったけど。

 
   

お盆休みに、「暑いし家で本でも」という方も多いかと思いまして
最近の私の読書体験をご紹介してみました。

     

| | コメント (4)

2009/12/19

コミックレンタル

とっても寒い石垣島。
外にいる人はダウンとかフリースとかの厚いジャケット着用。
家がコンクリートだからよけい冷たい。
スーパーなんてものすごく寒い。
先週はまだ冷房入っているところがあったのに(それもちょっとあんまりでしたが)wobbly
今日は暖房必要です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

寒いけど、雨が降ってないので、ちょっとロング散歩。
歩いてあったまろう!作戦。

帰ってきて、新聞チラシを片付けようとしてふと目に入った。

1219


グオーーー!!!10円sign03sign03
チラシ手に吠えました。
借りるぞ!のだめnotes  10時開店に飛び込むぞ!!!

と思ったら、吠えた時間が既に10時。coldsweats01


できるだけ急いで、10時半に家を出る。

コミックレンタルは一足先にゲオでも始まってます。
開始当初は7泊8日40円/冊で、借りまくりましたが、2週間ほどで80円!と倍額に。

私の計算では、それは許容額にならず、私とゲオの蜜月は終わりました。

以来、「マンガ読みたい」発作に襲われつつも解消されず。
そして、ついに今日という日を迎えたわけです。

でも、1泊2日はきついなあ。
TSUTAYAまで往復30kmですから。
今日と明日借りるとなると、連続3日通うことになります。

TSUTAYAに着くと、レジの前は既に長蛇の列。
もう「のだめ」はないかな・・・と探しまわると、ありました!
22巻まで。読んでないのは19巻からなので、他にも借りられる。happy01
よく見ると、コミックはまだほとんどある。
みんなはDVDやCDレンタルで並んでいるみたい。

ゲオの時は、あっという間に借りたい本がなくなったのであせりました。


お気づきのように、今頃「のだめ」マイブームです。
ドラマを見たのが、ほんの数ヶ月前。(何回目の再放送か)
それから図書館にあった原作を読んで。
せっかく映画ができても、石垣島に映画館はないのでした、crying
無くなっちまったのです。cryingcryingcrying
きのう今日、TVでスペシャルが放送されてうれしいです。


読みたいマンガ10冊確保して、おいしいランチへ突撃!(その話はまた明日)

おなかいっぱいで帰ったら、いよいよ暖房を入れて、ぬくぬくに。
ソファでケンちゃんといっしょに読書三昧。
たまにはこんな日もいいよね。


はあ〜〜〜、幸せ!happy02


浦沢直樹「プルート」すごすぎ・・・1回読んだぐらいじゃだめですね。


| | コメント (6)

2008/05/06

文学全集

ある世代周辺の人に限られるのかもしれませんが
子供の頃、家に文学全集がありませんでしたか?
Photo 箱入りの立派な装丁で、何十巻もあるの。
昭和の一時期流行りだったそうです。
50巻ぐらいあるような百科事典とか、世界文学全集、日本文学全集などなど。
うちには全10巻の日本の歴史読み物と20巻余の現代日本文学全集がありました。
おかげで歴史好きになりました。
国語の授業で必要になった作家の作品を読むことができたので、日本文学全集も役に立ちました。(でもついに全巻は読まなかった)

先日、石垣市立図書館のリサイクルコーナー(読み終わった本などを置いて、ほしい人がもらっていくコーナー)で懐かしいものを見つけました。
箱入り世界文学全集の一部。「風と共に去りぬ 上下巻」。
中学の時に一度読んだのですが、見ていたら、まさにこれと同じ本を家庭教師の先生から借りて読んだのを思い出しました。
すごくおもしろくて、この分厚い本を学校に持っていって、休み時間に(多分授業中も)夢中で読んだのを覚えてます。
その翌年ぐらいに映画(リバイバル上映ね)を見て、もう完全にレット・バトラー=クラーク・ゲーブル=レット・バトラーにくらくら。
以来、映画は何回見たかわからないぐらい見ました。
でも、原作は人の本だったこともあってか、再読してなかったみたい。
今回、何十年ぶりに読み返して、あらためてそのおもしろさにハマリました。

1936年6月に出版されて空前の大ベストセラー。
1ヶ月後にはもう映画化決定。39年に映画公開だったそうです。
書かれたのは日本で言うと昭和初期ですが、今読むと結構大胆。
スピード感があって、中学生の自分にはわからなかったであろう大人の話もはっきり書いているし、何より主人公が良い人じゃない。
テーマがはっきりしていて、脇役も含めて「キャラがたってる」。
おもしろいsign03 まさに不朽の名作。

映画もいいけど、たまにはじっくり本を読むのもやはり楽しいですね。

| | コメント (5)

2007/07/31

続・HP最終巻

Photoびっくりしたことに、これで検索して来る方があるようなので、ちゃんと載せておきます。
この表紙は私が読んだイギリス版のadult版です。
adult版は表紙の絵が地味なだけで普通版と内容は変わりません(のはず)。
中に挿絵はなく、びっしりと細かな字で600ページ。
最終話ということで、とにかく前へ前へと読み進め、
自分でもびっくりの速さ。
一応ストーリーを追っただけですが。
欧米の新聞の書評もそのレベルと大して変わらなかったので、
これからもう一度じっくりと読んで、あーだこーだと話が尽きないことでしょう。

この本がこれだけの世界的ブームを巻き起こしたのは、おもしろさもさることながら、インターネットの存在も欠かせなかったと思います。
特に謎の多い話だったので、「あーだこーだ」と世界同時に情報を交換できるのですから、読者としては盛り上がります。
世界版井戸端会議みたいな。
この数年、ハリー・ポッターのおかげで、ワクワクするすばらしい読書体験のできたことが、本当にうれしかったです。
本の結末については「言ってはいけない」ことになっているので、読んでのお楽しみ。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧