« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の投稿

2019/02/28

バンナ散歩

相変わらず雨が多い石垣島
私もイベントがあったりで、あまりゆっくり散歩もできなかったので

久々に、みんなでのんびりバンナ公園へ。
お天気は晴れたり曇ったりのちょうどいい感じ。
 
0228_1島ではあちこちでツツジが咲いてます。
ケンちゃん、ごきげん!
 
みなみがいなくなった時期を埋めてくれた老犬「もみじ」も
この日の午後、飼主さんがお迎え。
それぞれのペースで歩けるよう若い2匹とは別コースで
 
0228_1_1誰もいない広場で待ち合わせ。
 
お水を飲んだり、オヤツを食べたりして休憩。
0228_1_5
 
0228_2ケンのこんな笑顔が見られてうれしいです。
幸せあふれまくるケンは
0228_1_3喜びのおすそわけか、すずをペロペロしまくり
すずは「もぅ〜やめてよ〜〜」て感じでしたけどね。
 
そしたら、そこへララちゃん登場。
0228_1_2偶然、よく会うなあ〜〜
ケンとすずも、さすがにもう覚えてるね。
 
0228_1_4老犬は巻き込まれないように、そっと通り過ぎる。
みなみと同じ。
 
「もみじ」は2週間ぐらいしたら、またうちに来る予定です。
  

| | コメント (2)

2019/02/23

結猫まつり

ゆいロードシアターでの「島猫映画ニャハ!」の上映を機に

猫グッズ販売と猫だけの譲渡会を開催した初めての猫フェス。
 
0223_1とても広いスペースをいただきました。
チャリティ物販の皆様 
0223_2  0223_3
0223_4この日のためにと猫柄グッズをたくさん製作してくださったとか。
売上げからたくさんのご寄付をいただきました。
  
会場で3時からの販売を大勢が待っていて、
あっと言う間に連日売り切れの川平の「ピナコラーダ」さんのパン
午前中から出店している皆さんのありがたいオヤツにもなりました。
そしてやはり売上げからご寄付いただきました。
  
52120169_558334918004080_4964647852メインイベントである映画も、とてもすてきな作品です。
交代で見たのですが、ただの「猫かわいい〜」映画でなく
TNR(野良猫を捕獲・手術して元の場所に返す)について、じっくりと紹介。
また野良猫の厳しい生息状況についても。
それでいてユーモアと美しい映像に満ちた作品。
沖縄本島・石垣島・竹富島の猫達がたくさん出演。
猫ボラさんは「あれは○○だ」と特定してました。
宮沢和史さんの音楽が、すごく心がこもっていて沁みました。
もし、お近くで上映されたら、ぜひご覧ください。
  
0223_7映画監督でもある仲程さんの写真も展示させてもらいました。
また監督さんとプロデューサーさんからも ご挨拶いただき
これを機にご縁が繋がりました。
 
この映画をきっかけに、猫好きの皆さんに
TNRという対応について、その影響について
猫との暮らしについて、いろいろ考えていただけたらうれしいです。
 
本当に大勢の皆さんに応援いただいて
ありがたいことでした。
 

| | コメント (2)

2019/02/20

すぐおいしい〜♪

朝ドラで、いよいよ完成したので
0220_1やはり参加?したくなり買ってきました。

実は、これは食べたこと無いかもしれません。
子供の頃はインスタントラーメンはあまり我が家では見ませんでした。
母親が料理好きだからじゃなくて、多分ぜいたく品だったんでしょう。
「出前一丁」ぐらいから、よく食べるようになりました。
 
0220_2丼に入れて、熱湯をそそぎフタをする。
萬平さんのようにタイマーできっちり3分計る。
 
0220_3ネギを足して、いただきま〜す!
 
お湯を注ぐ前から香ばしいにおいがしてました。
本当に普通においしい。
確かに、これはすごい発明だ
当時の人達が、信じられないのも無理はない。
丼にいれてお湯をそそぐだけで、しっかり味のついたラーメンができるなんて!
ほとんど魔法みたい。
 
おかげで、今は数多くのラーメン、そば、うどんなどなど
あらゆる麺類がどこにいても食べられるわけです。
石垣島で味噌煮込みうどんも食べられる。
ありがたいことです。 
  
さらに3時頃、お誕生日ケーキのご相伴させてもらいました。
0220_1_1フルーツ山盛り!
クリームとフルーツが減るから、メッセージもロウソクもいらないって作ってもらったそうです。すばらしいね。
白保の「パピル」製。
生クリームじゃなくて、キャラメルクリーム。
ほんのりベージュ色。
甘味をおさえ、ほろ苦い、大人味のケーキでした。
ごちそうさまでした。
 

| | コメント (0)

2019/02/17

映画館できてた!

長らく映画館がなかった石垣島に

小さな映画館ができました。
ゆいロードシアター
0216_3タウンパル山田(書店)の3Fになります。入口は本屋さんの隣。
0216_2なかなか明るくて広々しています。

 

映画館自体は、90席ほどで、スクリーンもそれほど大きくないです。
上映映画も、いわゆるロードショー作品でなく、マイナー系作品が多い。
それだけに、良い作品との思わぬ出会いがあるかも。

私もつい最近まで常設館だと知らず
毎日3ー4作品を上映していると知って驚きました。

 

0216_1今日は、「岡本太郎の沖縄」というドキュメンタリー作品を観てきました。
岡本太郎が沖縄訪問して、衝撃をうけて撮影しまくった写真・動画と
その場所の現在の状況とを並べて
変わったのか?変わってないのか?
沖縄の人はいかに生きていくべきか?
大変興味深い内容でした。
 
それ以外にも、沖縄の人が作った映画、沖縄が題材の映画も多く
最近の雨続きで、行く場所がなくなってしまった観光客の方にもおすすめです。
ローカルな小さな映画館で、内地では観る機会が少ないであろう、沖縄の映画を見るのも楽しいと思いますよ。
もちろん、それ以外に外国や日本の作品も上映されてます。
ライブコンサートの日もあるみたい。
せっかく意欲的な場所を作っていただいたので
応援して、長続きするようにしてもらいたいです。
 
ちなみに来週は、島猫映画が上映されるので
しっぽの会も協力して
猫グッズ物販、猫だけの譲渡会を開催します。
51311728_550546265449612_2826525008

 

 

| | コメント (0)

2019/02/15

カンムリワシ受難

0215_1
石垣島は、海はもちろん美しいですが

緑深い山や森も本当に美しいです。
0215_2ダムまわりは森が深いので、カンムリワシの大事な生息地。
 
なので、このダム前の道路にカンムリワシが出てくることも多く
交通事故死が多い
現在、カンムリワシの一番の天敵は車=人間です。
先日のカンムリワシ観察会でも一羽も見られませんでした。
数年前までは3−4羽は見られた場所なのに。
 
人間以外にも敵が増えました。
外来種であるキジとクジャクです。
どちらも雑食性で繁殖力が高く、
カンムリワシの餌であるヘビやカエルをどんどん食べてしまいます。
農作物も荒らす。
 
キジもクジャクも、普段は草むらの中にいるので
ヘビやカエルを捕まえやすいです。
なので、遠くの畑を歩いているか
犬の散歩で知らずに近づいて、突然草むらから飛びだしてくる(犬大騒ぎ)のを目にすることが多いです。 
  
しかし、たまに、ごくたまに、樹上にいることがあります。
0215_1_1
この島の草むらにいると、驚いたことに、
派手なクジャクもほとんど保護色ですが
枯れ木の枝にいるので、さすがに目立ちます。
   
0215_1_2くやしいけど、やっぱりきれい。
そしてデカイ。
尾羽の先までで3mぐらいありますよ。
 
カンムリワシも現在繁殖期ですが
きっとクジャクもそうなんでしょうか。
それで目立つところにいるのかも。
尾羽を広げているところはなかなか見えません。
野生なので、ちょっとした気配や音で、すぐ森の奥へ入ってしまいます。
だから、交通事故にも遭いません。
 
クジャクやキジが繁殖し続ける限り
カンムリワシに勝ち目はなさそうです。。。。
  
だから、外来種はこわい。
島に導入した人はわかっているのに、責任はないのかな?
 

| | コメント (4)

2019/02/12

オールインワン

また雨続きの日々に戻りました。
犬達の散歩も、雨足が弱まるタイミングを見計らって出るしかない。

まあ、日がな在宅なので、こういう時は助かります。
 
さて、小雨で出ても、途中でまた雨足が強まることも頻繁。
犬にレインコートと思いますが、ちょっと暑いかなあ。
降る雨と、お腹への泥はねをよけたいので   
Tシャツを着せるぐらいで用は足りる感じです。
すずの場合は、指のない足に靴下をはかせないといけませんが
雨で濡れると、重くなって、普段よりいっそう脱げやすい。
そこで考えたのが、オールインワン。
 
0212_1長袖Tシャツの片方の袖を切って、もう片方の先を縫い付けて、靴下代わりにしただけなんですけど。
これは元々重ね着風になっているので簡単!
意気揚々と雨上がりの散歩に。
 
袖口のリブを重ねて縫ったので
分厚くてクッションとしてはいいけれど、
濡れると、すごく重くなったようです。
袖丈もちょっと短すぎましたね。
 
結果、下に引っぱられた安物の首はどんどん伸びて。。。
 
0212_1_12回目に着せた時には、すずが足を曲げた時に、
伸びた首元から足が出て、
片肌脱いだ遠山の金さんに・・・(古い)
 
良いアイディアだと思ったのに・・・
  
改良すべきは、
*なるべく軽い生地
*袖丈をもう少し長く
*詰まった首もと
 
そうしたら、ぴったりのを見つけました。
300円ぐらいで。
0212_1_2ポリエステル100%のフリース風生地なので軽い、乾きやすい。
首元はつまって、ボタン留めになってます。
袖丈に気をつけて先を縫い合わせ。
   
0212_2今度は大成功!!
3回目も無事金さんにならずに歩けました。
  
まあ、安物なので、じょじょに首は伸びてきてますが
あと数回はいけそうです。
基本的に散歩は大好きで、うれしそうに歩きますが
どうしても恐いポイントがいくつかあって
そこは抱っこしないと通れません。
もう少しなんだけどなあ〜〜〜
 

| | コメント (2)

2019/02/08

カンムリワシ観察会

今年になって、交通事故で命を落とすカンムリワシが激増。
1日に2羽(別の場所で)死ぬことも。

 
とにかく車がスピード出し過ぎ!
レンタカーの交通量が増えているだけでなく
お客さんが多ければ、地元人の車もタクシーも忙しい。
みんながスピード出してる。
  
いつまで続けられるかわからないカンムリワシ観察会・・・
 
ただ、うちの周りには、現在2ー3羽が連日現れます。
家の真上を周回してたり、近くの電柱にいたり。
 
0208_1

2/10(日)
8:30 石垣やいま村駐車場集合(当日受付)
   参加費100円(保険料として)

9:00には観察地点に向けて出発します(徒歩)
2時間ほどカンムリワシを探して観察します。
※双眼鏡をお持ちの方はご持参ください。
貸し出し用の双眼鏡も用意しています。
※暑くなる場合もあるので、飲み物、帽子等は各自ご用意ください。念のため雨具もご用意ください。

11時頃観察地点から戻り、やいま村に入村します。
大浜邸にてカンムリワシ展を見学します。
※観察会参加者のやいま村入村料は主催者が負担します。
※参加者にはカンムリワシクリアファイルを差し上げます。

11時30分頃解散予定です。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

| | コメント (4)

2019/02/07

今日はとくるくる変わる天気。
天気予報は雨がちでしたが、昼頃すごく晴れたので

急ぎ洗濯。
洗濯が終わる頃には雨が降ってくるというお決まりのコース。
しばらくすると、また晴れたり曇ったり。
  
雨が降り出す前にお散歩しておこうと出かけると
強い西日の中、小雨がぱらついてきました。
 
「これは虹がでるぞ」と出ていそうな方向に向かうと
Img_20190207_161413_1やっぱり!大きな虹がダム湖にかかっていました。
  
日が長くなりましたよね。
晴れていると、夕方6時半頃まで明るい。
朝もついこの間まで、7時でも真っ暗だったのに
もう7時なら朝らしく明るい。(6時はまだ暗い)
 
ぐっすり眠っていても、老犬の足音で目を覚ましてしまう。
いそいでトイレに出さないといけないから。
ちゃんと教えてくれるようになったというか
犬のサインを見逃さないようになったから
最近はほぼ失敗ありません。
 

| | コメント (0)

2019/02/04

立春

昨日のことですが、
「Google+が終了するので必要なデータの保存・・・」という意味がよくわからないメールが来ました。
Google+のアカウントを使用した覚えはまったくなかったのですが
念のため見に行ったら、この動画だけがアップしてありました。

  
みーちゃん、ありがとう

命日に、まだ元気で笑顔で遊んでいる動画を送ってくれるなんて・・・
あまりに意表をつかれ、泣くより、うれしくて笑えてきました。
画面に映るみなみの体を何度もなでました。
  
きっと悲しい姿の記憶より、こんな元気な姿を記憶しておいてほしいんでしょうね。
 
そうするよ、みーちゃん。
   
今日の立春は、天気が悪くて、だんだん冷たい風が吹いてきてますが、妙に蒸し蒸し。
去年の立春は、手がかじかむほど寒い日でした。
   
火葬場から焼きたて?のみなみの骨を入れた骨壺が暖かくて
かじかんだ手を温めてくれました。
みーちゃんは死んでも私を守ってくれるんだなあ、と思いました。
「老犬は 指もかじかむ 立春に
あたたかな 骨となりて帰る」
 
その時、ふとできた短歌。
多分一世一代のでき。(自分がそう思ってるだけ) 
 
みーちゃん、またね。

| | コメント (3)

2019/02/02

もう1年

去年の今頃の記事を見返すと

1/31夜に、もう立てないと思っていたみなみが
月明かりの中、突然歩きだして歓喜
0202_1 
もしやのミラクル復活かと、わくわく眠りについたが
深夜2時半頃から、突然これまでに見たことない
すさまじい痙攣発作が起こり、もう止まらない。
朝の6時頃までほぼノンストップ
今にも死ぬかと思うけど、死なない。
9時を待って、獣医さんに電話して相談しても
「もうできることはない」
無理な延命をするつもりはないけれど
目の前の激烈な痙攣が止まらないと、みなみはもちろん自分達も全く休めない。
てんかん発作をおさえるお薬だけもらいに。
 
結局薬の効果で、激烈さはやわらいだが、痙攣は翌2日になっても続き
獣医さんが「薬の効果でそのまま眠って逝きますから」に反し
眠らずに痙攣続行。
 
0202_1_1今年同様、ぽかぽか日和だったので、庭にだしてやって
それを横で見守ることしかできなかった。
もう食べることも飲むこともできない。
せめてお日さまの下で。。。
  
と思ったけど、この日もみなみは生き延びた。
 
それから丸1年。
いよいよ明日はみなみの最期の日だ。
 
0202_1_2これが生前の最後の写真
死ぬ5時間前。
この日は、昼前ぐらいから、体の中に残ったものを上から下から出し始めた。
なので、この日がラストになるだろうと心を決められた。
  
まだ思い出すとつらいことが多いのですが、
0202_1_3老犬の穴は老犬が埋める。
前にも書きましたが
まだ元気だった頃のみなみと同様の散歩ができます。
バクバク食べます。
室内で歩きながらウンチしちゃうけど、それもみなみと同じ。
ハンカチ(ウンチ)落としゲーム!
あと2ー3週間はいてくれるみたい。
飼主さんの都合ですが、私には「ここしかない!」というタイミングで預かれて、本当に救われてます。
生きてるってすばらしい!
だから、明日も明後日も、あまりくよくよせず眠れると思います。
 

| | コメント (2)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »