« 赤身にはワイン | トップページ | 美食の日々 »

2018/06/01

犬というかたちの愛

<犬っていうものの正体は、犬というカタチをした「愛」なんです。>
 
と言ったのは糸井重里氏

げにその通りの名言
 
1年前に、子犬を譲渡した家の近所に行ったので
様子を見に寄ってみました。
 
すっかり大きく育った犬が、車庫の隅に、短いリードで繋がれ
周りは届く限りウンチだらけでした。
水の器はからっぽ。
犬は、人が近くに来てくれたので、ニコニコしっぽふりふり大喜び。
 
ええ、わたくし、久々にキレました。
声が震えるぐらい怒りました。

ウンチを全部片付けたら電話ください!と言い残して犬を連れ帰りました。
 
リードも犬も臭くて、すぐにシャンプーして、首輪から全部交換。
1_3
庭に放してやったら、20分ぐらい走り続けました。
2_2 3_2 
でも、きっと少し前までは可愛がられていたと思います。
1_1_2ずっと陽気でニコニコしてます。まったく影がない。
人が大好き!
 
3_1長毛なので、シャンプー後ブラシをかけると、ごっそりと毛が固まりで抜けます。
まだ冬毛がついてる。
もう固く毛布状になってる巨大毛玉もあちこちに。
ハサミで切るしかない。
 
犬も毛質に応じて、ちゃんと手入れしないととんでもないことになります。

ラムの足がX型になったのも、毛を放置されて、毛布状に固まり、ギブスのように後ろ足を固定してしまったせいです。
 
1_2_2突然、うちに連れてこられてとまどったことでしょう。
だって、ほんとは家族が大好きだから。
それでも、こうしてウヒャウヒャ遊んでくれます。
世話をする(はずの)子供はずっと泣いていたそうです。
ほんとごめんなさい。
でも、子供は犬の世話をきちんとはできません。
親がチェックしてフォローしなければなりません。
子供任せにしていたは、言い訳になりません。
 
話を聞くと、4月から親の仕事が忙しくて、いわゆるブラック仕事環境になってしまい、子供の世話すらできないような状況。
犬の世話まで手が回らなかったということです。
 
ほんとに、日本はどうなってしまったのでしょう。
残業前提の仕事っておかしいです。
ちゃんと必要数雇って、ちゃんと給料払いましょう。
子供と遊んで、犬や猫の世話ができるぐらいの余裕が誰にもあるような社会になるといいです。
みんなが忙しくて、キリキリして、ギスギスして、眠かったらつらいです。
 
犬は、そんな人間の都合は関係なく
忙しくてかまってくれなくても、飼主さん家族を愛し、愛されるのを待っています。
ほんとに、犬の形をした愛の固まりなんです。
その愛に応えてあげてほしい。
でも、睡眠時間すらちゃんと確保できない状況の人に、
それでも犬の散歩に行ってください、と云う気はありません。
つらすぎる。無理です。
 
この犬は、預かりボラさんのところで大事にしてもらって
陽気に暮らしています。
今後のことは、まだ未定。
 
 
 

|

« 赤身にはワイン | トップページ | 美食の日々 »

コメント

仕事のためとはいえ、そういう事ー飼い主が、世話できないときはどうするかまで考えないといけませんね。口きけないいきものです。

私もアンナの、譲渡会の時、我々の年齢が15年たったら世話できるか
厳しく問われ涙目になりましたが、息子夫婦がきてくれてて
幸い大丈夫、家も犬オーケの中古マンションでした。<おまけに広い、ルーフバルコニーもあり>

藍さん、キレテくれて、やはり虫しのしらせでしたか

ボラさん達は幸せに暮らしている報告をうけるのを励みにやっているといつも言っています。

投稿: アンナのママ | 2018/06/02 10:36

呼ばれたね!

悪いけど譲渡した元ウチの子の方が大切だもんね。
怒って正解。

もお、「拾う神」としてなんでもしてあげちゃってください!

投稿: みん | 2018/06/03 22:22

>アンナのママさん
アフターフォローまでしっかりできるといいのですが、なかなかそこまで手が回らなくて。。。
でも保護犬が少なくなったので、順番に見ていきたいと思っています。
今回は、なぜかすごく気になって行って見たら・・・crying
ボラとしては幸せになってくれるのが一番の喜びなんですよねえ。
 

>みんさん
里親さん側の事情もありますが、やはり私としては犬の生活第一で考えるしかないですね。
何でもしてあげる、というわけには行きませんがcoldsweats01、できるだけ幸せになれるよう考えてやりたいです。

投稿: 藍mi-goro | 2018/06/04 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤身にはワイン | トップページ | 美食の日々 »