« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の投稿

2018/06/29

スイカ豊作

突然ですが、私の最後の晩餐はスイカと決めてます。
なので、今年はスイカが豊作で例年よりちょっと安いので

ものすごくうれしい!ヽ(´▽`)/

0629_10629_2今年は普通のシマシマスイカに加えて、白スイカと黒スイカもあります(正式名称知らない)
 
0629_1_2迷った末に、6kg以上あるのに800円と超安かった黒スイカを買ってみました。
シマシマの半額ぐらい。
 
0629_1_2_2スイカって切るまで当たりかどうかわかりませんが、
見事に当たり!でした。happy02
種が多いけど、気になりません。スイカ好きだから。
ほんとに今年はうれしい。
 
先日もお友達から「スイカ出来過ぎて困る〜」と3個もらってきました!ムッキャーhappy02
 
きっぱりきっかりと夏が来て、ものすごく暑いので
0629_1_3スイカ主食で生きていきます!
 

| | コメント (2)

2018/06/25

今年の運動会

気を取り直して今年の運動会

0625_1_3 0625_1_4小学1年から中学3年まで、同じ振付でがんばるエイサー
今年もお見事
 
0625_1_7 0625_1_8二人三脚や一輪車などの運動会種目もこなす
 
0625_1_2縄ない
0625_1_1一般種目をこなして席に戻る人々
 
赤い一団がいますよね。
これは赤い誕生日を迎えた卒業生の皆さん
 
還暦記念に、内地に住んでいる人も里帰りして参加したり
今より遙かに生徒数が多かった時代(といっても何十人)
そこから十数名が集まりました。
 
実は私も生まれ年が同じなので
なんちゃって同級生ということで、仲間にいれてもらいました。
 
お弁当も特別あつらえで
0625_1_5島にしては高級です。
 
0625_2なんとなくヘルシー志向になっています。野菜多め。
 
担任の先生など思い出話には加われませんが
赤い集団でリレーに出たり、楽しかったです。
村中の人に、自分の年齢を宣伝してまわっているみたいではありましたが・・・coldsweats01
 
0625_1_6獲得賞品はこれだけ。
「前より減ったねえ」と罰当たりなことを言いながらも
新しく雑誌付録があって、ムーミン5点セットがありました!
うれしい。
 
 

| | コメント (2)

2018/06/24

まさかのBigNews!

今日は毎年恒例の「炎天下運動会」

0624_1雲があったので、少しましでしたが、すごく蒸し暑い
 
みんなで走ったり、踊ったり、転んだり
0624_1_1 
0624_1_2輪になってお弁当食べたりしている間に
 
Ab63de9a719a48948930dd6a68a9bd91768街中ではこんなビッグニュースが進行してて
運動会終了後に知った時には、既にチケット完売でした。
  
昨日どこかで発表されて、チケットが買えるのは今日だけ。
昨夜から人が並んで、午前中で売り切れ。
ちょっと逃がした魚が大きすぎて、運動会詳報までいきつけない・・・
また明日。
 
 

| | コメント (0)

2018/06/23

慰霊の日

今年も沖縄中が喪に服すような「慰霊の日」です。

0623_2毎年、悲しいほどお天気、という青空とやりきれない暑さ

毎年応募作の中から選ばれた詩が朗読されます。

【平和の詩 全文】

 23日の沖縄全戦没者追悼式で、沖縄県浦添市立港川中3年の相良倫子(さがらりんこ)さん(14)朗読の「平和の詩」全文は次の通り。(原文のまま)

生きる

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕(はら)んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶(いなな)き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線(さんしん)の響き、

照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟(とどろき)に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面(みなも)は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜(むこ)の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

摩文仁(まぶに)の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、

宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭(いと)わないことを。

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

今を一緒に、生きているのだ。

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

| | コメント (2)

2018/06/20

お見舞い

大阪北部を中心とした大きな地震に遭われた皆様に

心からお見舞い申し上げます。
これ以上大きな揺れがないよう、雨による被害が増えないよう
心から祈ってます。
 
0620_1
大阪、京都、兵庫、滋賀など、今回大きく揺れた地域には
助けていただいた石垣出身の犬達(猫も!)が、たくさん住んでいます。
どうか、避難所に行くような事態にならず
家族といっしょにおうちで暮らせますように。
ライフラインが保たれますように。
怪我をする人がいませんように。
早く落ち着いた日々が戻りますように。

| | コメント (2)

2018/06/18

ユッカヌヒーから彗星

6/17は旧暦5/4で、「ハーリー」でした。

0618_1今年は日曜日にあたった「サンデーユッカヌヒー(四日の日)」で
心配された台風6号の影響も無く、晴天に恵まれ
各地大変な人出だったようです。
 とても暑くて、ネットで生中継があったので
それを見てお友達の応援をしてました。coldsweats01
  
ちょうどハーリーが終わる頃、私が行ったのは
0618_1_2彗星会議」 !なんだかJポップのアルバムタイトルみたいな響きですが
真面目な天文学の集まりだそうです。(新聞記事)
 
当日の朝までこの会議のこともまったく知りませんでしたが
会議終了後に、二つの天文学に関する講演が無料で聞けると知り
急遽出かけた次第。
 
NHKの宇宙関連番組にもよく出演される専門家による講演を聞けるチャンスは島では滅多にありません。
0618_1_3まずは「宇宙の謎〜私達はなぜここにいるのか?」
いきなり壮大です。
0618_1_5私達の太陽系がある天の川銀河を、もし上から見るとこう見えるそうです。
そして宇宙にはたくさんの銀河があるのは、もう常識かもしれませんが
なんと、そういう宇宙自体が、たくさんあるそうです!\(◎o◎)/!
ものすごくいろいろな条件が重なって、奇跡のように現在の銀河、太陽系、地球、そこに住む生物が存在しているわけです。
人類は、もっと地球を大切にしないと!
 
0618_1_4次は彗星・小惑星などの謎
いかに動きを推測するのが難しいか、なぜ小天体を観測するのか?
など彗星会議にふさわしい内容。
(主に、いかにこれまで彗星予測が外れたかという話が中心coldsweats01
 
次に絶対間違いなく、すばらしい天体ショーとなる大彗星が現れるのは
0618_1_6とある8月始めの夕方。すごく明るくて長い尾が見えるハレー彗星
それは・・・
 
2061年!!!!
  
「皆さんの半分はお星様になってるかもしれませんね」と講師。
  
天文学の人の時間の単位って億年が普通だから。happy02
  
谷口先生も渡部先生も、TV出演始め素人相手の講演は手慣れていらっしゃるので、
内容のわかりやすいスライド・テンポ
そして、私は落語を聴きに行ったのか?と思うほど
何度爆笑したことか。笑い頻度が高いこと高いこと。
  
とても楽しいので、お近くでお二人の講演があったら
ぜひ聴きに行かれるのをお薦めします。
 

| | コメント (0)

2018/06/13

雨と長靴

先日台風5号の強風域端っこに入った時は

0613_1_3あれ?!と思うぐらい、何事もなく、相変わらずの空梅雨
真夏の暑さが続き、真剣に少々の台風ならカモーンwinkという島人の願いもむなしく、雨は大して降りませんでした。
 
0613_1_1(庭を走り回るかわいこちゃん達heart04
 
それが一昨日頃から、ちゃんとした雨が降るようになり
それと共に気温も少しだけ下がり、朝はエアコンつけなくてもいい時も
今日は夕方から、半袖では寒いぐらいです。
それはとてもありがたいのですが
雨が降ると、問題になるのはオットセイ歩きのラムの足
靴下履かせても履かせなくても、泥泥になります。
 
ぽん母さんからいいものいただきました。
シリコン製の靴(ソックス?)
0613_1_2
少し大きいけど、足の裏をつけて歩くわけじゃないので、フィット感はあまり関係ありません。
ぬげないように靴下をはかせて、その上に履かせてみました。
 
アトムの足音みたいな不思議な音を立てながら走り回って、
最後の方で片方脱げたけど、上々の効果です。
散歩から帰って、この青い靴を脱がせたらOK
靴は水洗いすればOK 
  
泥泥の靴下を洗ったりする手間がはぶけます。
 
しかし、朝夕の散歩2回で、初日だけで
0613_1ここまで真っ黒になりました!coldsweats02 (水洗いした後です)
どれだけ足を引きずっているか、どれほど足の上の方まで汚れるか
よくわかりますよね。
ひえええ〜〜〜〜〜
  
履かせないと、足がこれぐらい汚れるわけです。
ヘタしたら傷も。
 
なかなかやっかいです。
 

| | コメント (0)

2018/06/10

会えて良かった

前の記事できしめん・うなぎ・みたらしと名古屋丸だしだったわけですが
実は東京にも足を伸ばしました。
会いたい人いたから。

Img_20180601_155425じゃなくてcoldsweats01
 
0610_1ぽんぽん!
 
2005年に撮った黒犬4匹の中で、今も生きているのは
ぽんぽん(一番後ろ)だけcrying
0610_1_3  
15才になるぽんぽんは、まだまだ散歩もOK
0610_1_1東京にこんなすてきな散歩道があるとは知らなかった・・・lovely
 
もちろん、ぽんぽんにも加齢による問題も不自由もあるけれど
ぽん母さんが、それはもう愛情深く、手を尽くしてお世話されてるので
あいからわずフサフサつやつやでした。
寝ているぽんぽんの首筋をなでているだけで泣けます。
それは、よく似ているみなみを思い出させるからだけでなく
やはりまだ生きているぽんぽんが尊いから。
生きてるってすばらしい・・・ありがたい・・・
  
どうして、みなみは、ナツは、もう生きてないのかなあ・・・ 
  
なんてあらためて悲しくなるのはおいといて
こんなぽんぽんにもう一度会えて良かったです。
0610_1_2子犬の時から知っているぽんぽんが
これからも健やかに暮らせますように!clover
ぽん母さん、いろいろお世話になりありがとうございました。
 
 

| | コメント (2)

2018/06/05

美食の日々

実は、ひとりで1週間ちょっと、出かけてました。

Img_2942collage 0605_1
0605_1_2 0605_1_1
0605_1_3決して暴飲暴食でなく、規則的に1日3食+オヤツだったんですけど
友達と会ってはお茶して、甘い物多めなのはイナメナイ
写真撮ってないおいしいものが他にもあった。。。
 
1日一万歩以上歩く日がほとんどなんで
大丈夫かなあと思ったのですが、もろもろ疲れたようです。
しばらくおとなしく控えめに生きたいと思います。
 
さて、私はどこへ行ってたのでしょうか?
食べ物でわかる方いますか?wink

| | コメント (6)

2018/06/01

犬というかたちの愛

<犬っていうものの正体は、犬というカタチをした「愛」なんです。>
 
と言ったのは糸井重里氏

げにその通りの名言
 
1年前に、子犬を譲渡した家の近所に行ったので
様子を見に寄ってみました。
 
すっかり大きく育った犬が、車庫の隅に、短いリードで繋がれ
周りは届く限りウンチだらけでした。
水の器はからっぽ。
犬は、人が近くに来てくれたので、ニコニコしっぽふりふり大喜び。
 
ええ、わたくし、久々にキレました。
声が震えるぐらい怒りました。

ウンチを全部片付けたら電話ください!と言い残して犬を連れ帰りました。
 
リードも犬も臭くて、すぐにシャンプーして、首輪から全部交換。
1_3
庭に放してやったら、20分ぐらい走り続けました。
2_2 3_2 
でも、きっと少し前までは可愛がられていたと思います。
1_1_2ずっと陽気でニコニコしてます。まったく影がない。
人が大好き!
 
3_1長毛なので、シャンプー後ブラシをかけると、ごっそりと毛が固まりで抜けます。
まだ冬毛がついてる。
もう固く毛布状になってる巨大毛玉もあちこちに。
ハサミで切るしかない。
 
犬も毛質に応じて、ちゃんと手入れしないととんでもないことになります。

ラムの足がX型になったのも、毛を放置されて、毛布状に固まり、ギブスのように後ろ足を固定してしまったせいです。
 
1_2_2突然、うちに連れてこられてとまどったことでしょう。
だって、ほんとは家族が大好きだから。
それでも、こうしてウヒャウヒャ遊んでくれます。
世話をする(はずの)子供はずっと泣いていたそうです。
ほんとごめんなさい。
でも、子供は犬の世話をきちんとはできません。
親がチェックしてフォローしなければなりません。
子供任せにしていたは、言い訳になりません。
 
話を聞くと、4月から親の仕事が忙しくて、いわゆるブラック仕事環境になってしまい、子供の世話すらできないような状況。
犬の世話まで手が回らなかったということです。
 
ほんとに、日本はどうなってしまったのでしょう。
残業前提の仕事っておかしいです。
ちゃんと必要数雇って、ちゃんと給料払いましょう。
子供と遊んで、犬や猫の世話ができるぐらいの余裕が誰にもあるような社会になるといいです。
みんなが忙しくて、キリキリして、ギスギスして、眠かったらつらいです。
 
犬は、そんな人間の都合は関係なく
忙しくてかまってくれなくても、飼主さん家族を愛し、愛されるのを待っています。
ほんとに、犬の形をした愛の固まりなんです。
その愛に応えてあげてほしい。
でも、睡眠時間すらちゃんと確保できない状況の人に、
それでも犬の散歩に行ってください、と云う気はありません。
つらすぎる。無理です。
 
この犬は、預かりボラさんのところで大事にしてもらって
陽気に暮らしています。
今後のことは、まだ未定。
 
 
 

| | コメント (3)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »