« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の投稿

2018/04/27

新入りさん

いよいよGWですね。
みなみのことで、ずっとお休みしてましたが、

いよいよ仕事モードに切り替わります。
 
その前に、我が家の新入りさん紹介。
0427_1この前からいるお転婆娘「ラム」です。
事情があって、引き続き我が家で預かることになりました。
 
0427_1_4先天性と思われる後肢の奇形があり、後ろ足がXみたいになって曲がってます。
病名としては膝蓋骨脱臼(パテラ) 
0427_1_2しかし、他の犬とやることは全く変わりません。
ケンと激しい鬼ごっこをして、庭を縦横無尽に駆け回ります。
海に行けば泳ぐし。
 
0427_1_1散歩大好きで、ケンを追い抜く勢いで、滑るように走り歩き。
前肢が後肢の2倍ぐらい太くて、ほとんど前足だけで進みます。
後ろ足はオットセイみたいになってます。
0427_1_5
できるだけ筋力をつけたら、後肢もある程度は立つようになるらしいので
飛び降りなどはさせないようにしつつ、特別な運動制限はせずに、様子を見ています。
ただ、散歩中後肢はブラブラして、地面にするので
いつも汚れているし、すりむき傷がついていました。
 
そこで犬用靴下発注。
みなみが残した大量の靴下はサイズが合わず残念。
 
合うかどうかわからないので、まずは色柄選べない安い福袋で。
0427_1_3いきなり、全然ラムに合わないドクロ柄来ました。coldsweats01
サイズはLでピッタリでした(どんなけ小型犬用なんだ?!)
左が新品、右が散歩4回はいたもの。
既にドクロがもうわからないぐらいにほつれてます。
これだけ激しく摩擦があるんですね。
そりゃ、傷もできる。
暑いから、ずっとはかせておくわけにもいきませんが
散歩に出る時は、必ずはかせようと思います。
 
みなみのためにエンヤコラした、段差スロープ各種が再び役に立って、うれしい。happy01
 
ラムがいるようになって、ようやく夜、眠れるようになりました。


 

| | コメント (4)

2018/04/23

JAまつり

0423_1_2

ゆらてぃく市場で毎年行われる特売・抽選会
(抽選会3等がマグロfish1本!)
今年は特に買い物に走らないでパスするつもりでした。
だが、しかし、
0423_2_1なんですって?!
SAKISHIMA meetingsign03sign03lovely

最近、彼らのライブが島でいくつかあったのですが
夜8時開始で、そうするとダラダラと終わるのは11時過ぎになり
それから夜道を運転して帰るのがこわいのであきらめてました。
でも、これは夜7時からで8時に終了!行ける!
 
何年ぶりかで夫婦で出かけることに。
この数年、みなみがいたから、夫婦で夜の外出はほとんどありませんでしたから。
 
0423_1少し早めに行って、駐車場確保し、野菜を買って(安かった!)
座席も確保。
 
0423_2最初の出演者の「山田みつる」さん、うまかった。
オリジナルソングに加えて、アコースティックギター2本でのジミヘン!「エンジェル」
まさかの展開。感激。
その後もなつかしい友達の十八番の歌も出てきたりして
半袖で少しひんやりしてくる夕方の空気の中
ちょっと大学の学園祭にタイムスリップしたみたいでした。
 
0423_3そして、待ってました!SAKISHIMA meetingsign03の登場
 
日暮れの空に、ぽーんと抜けていく新良幸人の艶声が最高
下地勇の渋い声とギターが最高
ギターと三線だけで、すごいビートとグルーブ。
ほんとにすごいデュオ。
 
雨の天気予報にもかかわらず
0423_1_3曇りだけど半月が出て、すてきなライブ日和
 
久しぶりのライブ堪能しました。
ケン達を留守番させてるので、終わったらそそくさ急いで帰宅。

みなみがいなくなって、できるようになったこともあります。
それでも、みなみに縛られて不自由だった時に戻りたいなあ。
 
 

| | コメント (4)

2018/04/22

浜おり

旧暦3月3日に海にいく「浜おり」という年中行事
今年は4月18日にあたりました。

0422_1天気はあいにく曇りですが、すごく潮がひいてます。
 
0422_2今年はちっちゃいトリオで。
 
去年は、みなみも一緒だったけどねえ・・・
 
0422_1_1
0422_3わちゃわちゃにぎやかに、走って、泳いで、バシャバシャ
Dscn0528
 
そのあげくに、濡れた体で
0422_1_2砂遊びかいsign02sign02
 
全員、帰ったらシャンプーですよ。
もう砂まるけ。
 
楽しい大騒ぎの浜下りでした。
 
 

| | コメント (0)

2018/04/18

ニンガチカジマーイ

タイトルでは何の事やら?ですが

午前中は穏やかに晴れ、TシャツOKぐらいだったのに
お昼から突然強い北風になり、悪天候となり、海は大荒れ、気温は下がり
一気に冬に戻るような天候です。
旧暦2月で、新暦では春休み頃にあたり、海開きもしちゃうので
海難事故に要注意danger
 
0418_1_2水田はすっかり苗ものびて、雨の中美しい。
 
さて、先日、まさにそんなニンガチカジマーイの日を待って
バンナ公園に行って来ました。
その前晴天が続き、暑くて、たくさん歩けなかったので
「今度涼しくなったらバンナへ連れてくから」とケンに約束したのでした。
 
0418_1お昼頃から雨が降り出し、体感温度はどんどん下がり
フリースにカッパを着て出かけました。
みなみと一緒だと行けなかった、初めてのコースへ。
 
0418_2すてきな名前の橋
 
0418_4小雨で木陰なので、あまり雨には濡れないけど
天気の悪い山の中の散歩道は誰もいません。
あちこちで道が分かれるのを、適当に進んでいきましたが、ちょっと不安。
 
0418_3ケンはごきげんで、どんどん進んでいきます。happy01
 
駐車場のほうに、そろそろ戻らないとと
二人で「こっちだろ」「いや、こっちだ」と言いながら歩いて行くと
突然、天まで届くような階段が目の前に現れました!coldsweats02
 
0418_1_1そんなに下ってきた覚えはありません。
ほんとにこの方向でいいのだろうか?(=この階段登らないとダメ?)
まわりを見回して、他にルートはないだろうかと捜しましたが
残念ながら、ここを登らないと戻れそうもありません。
 
はあ〜〜〜〜〜bearing
 
90段ぐらいありました。
上がった先は、元の駐車場方向へ続いていたので、ルートとしては正しかったです。
でも、二度と行きたくないかも。。。
 
濡れて、冷えて、やっぱりニンガチカジマーイの日は
おうちにいるほうが良さそうです。
 

| | コメント (0)

2018/04/15

またにぎやかに

P4130012かわいい2匹が短期滞在(1週間)にきてくれました。

お友達のワンちゃんを旅行中預かってます。
犬が3匹!
うれしい!なんか、この感じ!だよ。
0411_1_4とっても甘えん坊で、2匹ともべたべたとひっついてくるタイプ。
実はうちの子達は、意外とベタベタ度が低くて
甘えっ子のケンでも、5分もすると、自分のベッドに戻ってしまいます。
なので、ちょっとうれしい。(でも慣れないのですぐめんどくさくなるcoldsweats01
 
0415_1
大きさは、なんと、ケンがいちばん大きい!
うちは大きい犬が多かったので、これが新鮮。
 
マルプー?的なラムは、後ろ足がパテラ(膝蓋骨脱臼)で不自由ですが
3匹の中でいちばん早く走ります。
0415_1_2_3前足の力だけで、うちの急斜面の庭を走り回ってます。
散歩も大好きで、がんがん前に進みます。
 
0415_1_3ぬいぐるみのような見た目にだまされてはいけない。
 
ほんとに、1匹1匹個性があって、おもしろいです。
 

| | コメント (0)

2018/04/11

タコあります

1月のことです。
普段あまりいかない東海岸伊野田を走っていたら

0411_1古い商店の張り紙を見つけました。
ここは時々鮮魚があるので、スピードを落として張り紙チェックするのですが、
「タコ」!!!
イカタコエビ貝は見るのも食べるのも大好きな私として見逃せません。
 
早速「タコくださ〜い」とお店へ。
でも、大きさ、状態、値段は聞くまでわかりません。coldsweats01
案の定予想通り、1匹丸ごと売りでした。
冷凍されてて、1匹千円前後。
処理は内臓だしただけとのこと。
まずは味などわからないので、千円以下の小さめのを2匹購入。
 
あとはシェフにおまかせ。wink
 
0411_1_1まず、砂やらなんやらでネチョネチョと汚れています。 
これをきれいにするところから開始。
 
0411_2何度も水を替え、まさに洗濯する要領で繰り返しもみ洗います。
 
0411_3_2このように、だんだんきれいになっていきます。
 
すっかりきれいになったら、少し生の刺身用にとって
後はゆでます。
0411_1_2 
この日は二種類のお刺身で
0411_1_3生はなんともいえない歯ごたえと甘さ
ゆでたても、これまたたまらない美味しさで
もうパクパクバクバクやめられないとまらない。
 
ああ、いい買い物した。
 
タコが売り切れる前に、もう一度買いに行きました。
やはり新鮮さは何よりありがたいですね。
漁師さん、お店のおばさん、
そしておうちシェフのおかげで、ゆでたてが食べられるのが更に更にありがたい。
ごちそうさまでした。
 
そうそう、次の次に買いに行った時は
丸でなく、ゆでて刺身にスライスしてパック(500円)で売ってました。
シェフが「500円出すと、ここまでやってもらえるのかあ〜。500円で買う方がいいなあ」と嘆息してましたとさ。bleah

| | コメント (2)

2018/04/06

高畑勲氏逝く

アニメ監督の高畑勲さん(リンク先良いまとめ)が逝去された。
宮崎駿監督と両巨頭として、肩を並べて作品を生み出していた。

ジブリでは「火垂るの墓」など、宮崎監督と交代で発表していたけれど
ファンタジー色の強い爽快感のある宮崎監督の作品と比べると
問題意識が高いがゆえに、暗くなりがちな作風の多い高畑さんの作品は人気の点では見劣りしたかもしれない。
しかし、そのテーマはまっすぐに見る者の心に突き刺さってくる。
(「となりの山田くん」はちょっと勘弁してほしいだったけどcatface
最後の作品で、アカデミー賞にもノミネートされた「かぐや姫の物語」はすばらしいとの噂だけで未見なのが残念。
映画館で見た夫が「すべてが美しい」と言ってた。
 
ジブリ以前に数々のTVアニメをてがけ
「未来少年コナン」「アルプスの少女ハイジ」など夢中で見た。
多分、それらがどんなにおもしろいかをよほど話したのだろうか
私→ハイジらしい
2年前に名古屋へ行った時に、友達がぜひに!と
連れて行ってくれたのは
0406_2
0406_3 0406_4 0406_5プロジェクションマッピングでなく、巨大な巨大なイルミネーション
あのテーマソングに合わせて、刻々と変わる。
この画像を撮るためには、3上映ぐらい待って、前の方に出ないとダメだった。
これで全画面の多分2/3ぐらい。
両横にもっと長い。とにかく圧倒的にデカイ。
そしてハイジを愛する人々が、こんなにたくさんいるんだ!と感動。
寒い寒い2月の夜に大盛況で
この会場まで歩く道も、人がびっちりで満員電車のような人口密度。
 
0406_1
 
そして売店では、ハイジグッズが山盛り。
うわあ、目の毒目の毒。
さんざん見て迷って、荷物を増やしてはいかんと、涙をのんで買わずに帰ってきましたよ。
  
そんな私に、去年の12月
0406_1_1こんな贈り物が東京から届きました!
ハイジグッズ各種ですよcrying•うれし泣き
 
ハイジ展が開催されていて、
それを見たら私を思い出してくださって、プレゼントいただきました。
0406_2_1かわいい!
そしてエコバッグ
0406_1_3
 
0406_1_2ええ、ええ、行きました!
おじいさんの小屋まで行ってきました!
1991年のこと。
 
制作前に高畑さんと宮崎さんが、二人で現地へロケハンに行かれたそうです。
それは綿密なものだったそうです。
そして行ってみてわかったのですが、
ほぼ現実の風景どおりでした。
私達が行った1991年当時、まだ日本人観光客もそれほど多くはなく
駅でもらう大雑把な地図しかありませんでした。
麓の村で、パンとチーズとミルクをお弁当に買って歩いて山へ。
道にそって、村を抜けて、ペーターの小屋へ。
更にそのまま道にそって歩いて行きます。 
道は車も十分通れる広さで、山の外周をぐるりとまわっていく感じ。
山の景色を見ながら、そろそろおじいさんの小屋だ!と思うのですが
もちろん標識も看板もありません。
道は目指す場所から離れていく気がする。。。
「おじいさんの小屋は、あの山の下にある!大きな木の下に!」と
私は意を決して、道を外れて、丘をがむしゃらに上がっていきました。
ハイジだって、斜面を登っていったじゃないか?
そしたら、突然目の前に、アニメのままの位置取りで
この小屋が現れました。
あとは、「おじーいーさーーーーん!」と叫んで走っていくだけです。
高畑さん達が、現地を正確にアニメに登場させてくれたおかげ。
記憶をたどって行き着きました。
 
彼らの作品は、どれもアニメが現実を凌駕していくのです。
 
後から来た人が、小屋の中に入っていくので
片言で聞いたら、山小屋のようなもので、誰でも入っていいとのこと。
まさか中まで見られるとは!!
屋根裏には干し草のベッドじゃなくて、普通のベッドマットがたくさん並べてありました。
小屋の前にはベンチとテーブルがあって、
そこで持参のパンとチーズのお弁当食べました。
チーズを火であぶれなかったのは残念ですが
まさに幸福の瞬間でした。
 
現在、この小屋は日本人が買い取ってレストランになっているという噂も聞きました。
きっと今は誰でも行き着けるように、日本語の標識や看板があって
「あぶったチーズトーストとしぼりたてヤギミルク」なんてメニューがあるに違いない。
 
何十年も前に制作された一つのアニメが
遠くスイスまで訪ねていくファンを、今も生み出しているなんて
すごいですよね。
そういう力ある作品を生み出した高畑監督
ご冥福をお祈りします。
 

| | コメント (4)

2018/04/05

乾いてます

3月下旬からずっと2週間快晴&低湿度が続いています。
これは沖縄では記録破りのこと。

普段室内湿度は80%以上の我が家で
60%前後が続いているので、爽やか、洗濯物が乾く。
0405_4しかし、こうなると、ずっと夏日。
もう日射しガンガン
外はサングラスなしではつらいぐらい眩しいです。
室内は湿度が低いので、窓から涼やかな風が入って来ます。
 
夏日になると困るのは夕方の散歩
うちは6時前にはすませたいのですが
0405_35時でも、まだ西日は高く、ギンギンギラギラ
 こうして日陰からじゃないと見ることもできません。
 
0405_1
0405_2
お散歩コースにある森をご親切な方が冬の間に
みんなが歩けるようにと、繁茂した草や木を抜いたり切ったりして
こんなふうに道を作ってくださいました。
大変な重労働ですから、驚きました。
おかげさまで、ありがたいことに100mぐらい木陰を歩けます。
せっかくなので、通らせていただくことに。
 
これから来島される方は
暑さと日射し対策お忘れ無く。
日焼け止め、サングラス、帽子の3点セットです。
 
  
*週末は石垣島も寒の戻りだそうです。
 

| | コメント (0)

2018/04/01

乗馬

みなみのことがあって、いくつかブログに書こうとして書けてない事があります。
そのひとつが1/28に生まれて初めての乗馬をしたこと!

島で初めての、馬と動物達のイベントが開催されました。

牧場主の方が、しっぽの会に譲渡会とフリマを開いてくださいとお招きを。
しかも、乗馬体験の収益を寄付して下さると!
その様子はしっぽの会ブログに。
「うまっこ市」
 
イベントでは特別に500円で乗馬体験ができるというスペシャル。
絶対にやってみようと決めてました。
 
0401_1_1当然子供達に大人気。
2匹の馬で、次々とお客さんが。
往復100mほどを引いてもらえます。

天気が悪くなって、寒くなって、子供連れの人がほとんど帰ってから
お願いしました。
どうせなら白馬に!
 
0128_1_4そんなに大きな馬じゃないけど、やはり視線が高くなって爽快。
左右にリズミカルに揺れるのも意外。上下かと思ってました。
この状態なので、怖いことはないし
2ー3分ですが、最高の気分でした。
乗馬いいですね。
 
乗る前には、ちゃんと「今から乗せてね」と鼻面をさわって挨拶すると
スタッフさんが馬の様子を見て「乗ってもいいですよ」とタイミングを教えてもらいます。
降りる時は「乗せてくれてありがとう」と首筋をぽんぽんとして挨拶。
それから降りました。
 
馬の交代のタイミングなど、馬の気持ちや体調を考慮して
運営されているのがよくわかりました。
暖かい気持ちになりました。
 

| | コメント (3)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »