« 動物愛護うちわ | トップページ | 小夏日和 »

2017/11/02

ビーチが大変!

実は台風22号が離れても、強風がおさまりません。
海がずっと荒れていて、スーパーの棚もがらがらです。
今日は終日雨で、かわりに風が少しおさまったようです。

この10日以上続く強い北風で、うちのあたりの北向きビーチはいろいろ打ち寄せて大変。
10/21、風が強くなった最初の頃の米原
1102_1 ペットボトルなどが打ち寄せられ、大きな棒もありますが
まだ砂浜がよく見えます。

その十日後、10/31の米原
1102_2 棒を通り越す、大きな枝やら幹が、ビーチの端から端まで大量にうちあげられています。

1102_1_2 ゴミはもちろんのこと、それプラス大量の流木です。

翌日別のビーチに行ったら、もっと大変な事になってました。
木がまるごと何本も打ち寄せられてました。
いったいどこの木だったんだろう???

波間には、まだいくつもの木が浮かんで、じょじょに近寄ってきました。

もうビーチクリーンで、みんなで拾って片付けられる分量でも大きさでもない流木がそこら中にいっぱい。
どうやって片付けるんだろう・・・

そんな強風吹きすさぶ流木押し寄せるビーチで
目の前でシュノーケルしようとする人達がいたんですよshock!!!

さすがにこれ見逃したら、未必の故意になるんじゃないかsign02
死ぬ確率高いのに、多分この人達わかってないし
思わず「今、入ったら死にますよ」と声をかけてしまいました。
そしたら
「そうですか〜〜?(゚ー゚)ちょっとだけでもダメですか〜〜〜?」
と明るく聞かれたので
「もう夕方だし、流されても誰も見てないから助け来ませんよ」と言ったら
「じゃあ、やめておきます」とあきらめてもらえました。

観光で時間が限られて、連日強風で、天気もパッとしないから
どうにか海に入って、魚見たいという気持ちは
よ〜〜くわかるんですが、命かけるほどじゃない。
普段から海を見ている人じゃないと、それが命がけな状況であることが、わからないかもしれません。

実はその数日前に実際にこんな事故があったのです。

川平で二人行方不明
男性遺体発見
 
海での事故は、死に直結します。
思い出より命です。

|

« 動物愛護うちわ | トップページ | 小夏日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動物愛護うちわ | トップページ | 小夏日和 »