« お花見とか | トップページ | 九州へ祈り »

2016/04/11

ナツに捧ぐ

どうしても、行っておきたい所に
連れて行っていただきました。

Image

箱根のポーラ美術館

ガラスの入口から中へ入っていくと
左手の大きなガラス窓の外に

04112

Image_2

巨大黒犬2匹が、躍動している像が‼️

Image_3

ぽん母さんの渾身の傑作!
ナツとぽんぽんが遊んでいるのをモデルにした「しあわせな犬」像
ナツに捧げられています………号泣crying
ほんとにその場でおいおい泣いた。
今も書きながら涙で、キーボードが見えない。

少し小さい方がナツです。

04116

外の遊歩道からも見られます。
ガラス越しより、躍動感がより伝わるような。

04111 ここまでは無料で入れます。

鳥の声を聞きながら歩く、森の散歩道もとても気持ち良く、

04113
そこここに、自然にとけ込んだ彫刻作品が置いてあるのも格調高い。
お行儀良くリードで歩くワンちゃんは、こちらOKです!
04115

04114 足下にいる小さな犬の像

有料のメイン展示も、本格的で、印象派絵画を中心に
ガレなどのガラス作品
中国朝鮮などの素晴らしい陶磁器など
見応えのある内容。
島暮らしでは、どうしてもそういう面に飢えているので
夢中で見ているうちに、二時間もたってしまいました。

幸せそうなナツに会えて、名品鑑賞して
箱根の森を散策して
言葉では尽くしきれない感謝の気持ちでいっぱいです。
(あっ、また涙で前が見えない…)

ぽん母さん、本当に本当にありがとうございます。

ナツから発散される至福感は
そこに一緒にいる人も犬もまきこんでしまうようでした。
そんなナツを、形にして、残してくださってありがとう。

Image_5

何度もナツにバイバイして帰ります。

新緑の季節になれば
もっともっと光輝くことでしょう。
どうか、ナツ達に会いに、ポーラ美術館にお立ち寄りください。

 

 

|
|

« お花見とか | トップページ | 九州へ祈り »

コメント

ほんとに、なんてしあわせそう。
わんこたるもの、こうでなくっちゃというのを
見事に具現化されていて、
涙目で笑ってしまいました。

おびえて震えるコや、閉じ込められていた様子のわかるコに
接していると、
ふつふつと怒りがこみあげると共にどうしたらいいのかと思い悩むばかり。

目標がひとつできました。この像のようなわんこになれたらいいんだと。

投稿: SHIMACO | 2016/04/11 15:15

なっったん、なっちゃん、
どうして、どうして、いっちゃたのよう!
もう一度、棒投げしたいよう、
ざっぶーんって、飛び込んで、棒、持って来てよう!

ウチのお母さん、棒を投げる度に、元気になったのにー。
なっったん、なっちゃん、有難うねえ!

投稿: KAEl | 2016/04/11 19:58

しあわせな犬は見る人をシアワセにする

すごいね
時間も場所も越えて人に影響を与えるなんて
ぽん母さんさんもなつさんもすごいね

投稿: みん | 2016/04/11 21:48

dogSHIMACOさん
たくさんの犬達の縁繋ぎありがとうございます。
ナツも最初は全く感情が死んでしまっている犬でした。
無表情で散歩の意味もわからない犬でした。
でも、そのナツが喜びに溢れる犬に変わったので
どんな犬でも変われると信じています。


catKAELさん
ほんとに、なんであんな早く死んでしまったんでしょう。crying
でもナツは力いっぱい生きて、生きる喜びをみんなに教えてくれました。
こうして、今も、みんなの心の中で、箱根の森で生きています!!


cherryblossomみんさん
見てるだけで、みんなを幸せにしてくれる犬でした。
この作品が、ほんとにすばらしくて、
2匹の犬の喜びが満ちているのです。
ぽん母さんの願いが、一人でも多くの人に伝わりますよう。

投稿: 藍mi-goro | 2016/04/12 12:15

まるで、絵本の1ページのようです。U^エ^U
ナッちゃんは、永遠の命を得たのですね。★

投稿: May2♪ | 2016/04/17 22:54

>May2♪さん
ほんとに、永遠の命って私も思いました。
絵本もできるかもしれないらしい・・・

投稿: 藍mi-goro | 2016/04/18 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お花見とか | トップページ | 九州へ祈り »