« パイン鶏 | トップページ | うりずんの白い花 »

2015/05/08

生き物観察

GWも終わり、梅雨入り梅雨入りと言われるだけで
雨も降りそうで降らず
夕方、すごく潮が引いていたので
ケンと海へ歩きに行きました。

05081
05082 潮だまりの生き物観察が楽しいhappy01

05083 伸ばしたら30cmぐらいありそうなアメフラシ

05084 シャコ貝もしっかりあちこちに。

05085ルリスズメダイの幼稚園

05086 ケンは何を観察してるのかな?

   

みなみも、連れてきたら大喜びですが
ビーチまでの足場が悪くて、ちょっと無理かな。
しばらくよかったのですが、最近、また後ろ脚のふんばりが弱くなりました。

 

ずっとこのブログをリンクしてくださっている
New Zealandのゆうさんのクロエちゃんが
お空へ旅立ってしまったそうです。
人生のパートナーだったクロエちゃんを失うのは
どれほど、筆舌に尽くしがたく辛いことでしょう。。。
まさに半身をもぎとられるような。。。
本当にお気の毒でたまりません。

誰もがいつかは通る道とか、時間薬とか、
まわりが一般論や経験をどれほど語っても
気持ちがすぐに救われることはないでしょう。
でも、やっぱり聞きたいし、そういう言葉にすがって日々をやり過ごすしかないと思います。
ナツが死んだ後、皆さんからのコメントやメールに、自分達はどれほど慰められたことか。

きっと回りにいる他の子達が
生き続けることを助けてくれると思います。
ただただ見守り、いつかゆうさんの喪失感が
少しでも癒されるのを祈りたいです。

|

« パイン鶏 | トップページ | うりずんの白い花 »

コメント

その日が来るのはわかっていてもつらいですね

ゆうさんのそばにいてくれる人がいるのかが実は一番心配なのです
何もできないけれど、慰めになるなら言葉をかけることにします

投稿: みん | 2015/05/09 13:03

>みんさん
誰か親しい人がかけつけて、ゆうさんといっしょにいてくださったらいいのに、と私も思います。
既に千近いコメントが集まっているようですが、
読みながら泣くだけだとしても、人と話すのと同じで慰めにはなると思うんですよ・・・
最近コメント欄をずっと閉じていたゆうさんが、コメント欄を開けた気持ちを考えると、やはり。

投稿: 藍mi-goro | 2015/05/09 13:36

うちの1代目のミュウちゃん、コロワン、ミジカ、クロ、シロちゃんみんな行っちゃいました。慰めの言葉は、見つかりません。

ただ、悲しんで、悲しんで、ないて、ないて、、、在りし日の姿を思い浮かべて、、、辛いですね。

ただ、言えるのは、悲しみ過ぎて、調子を崩したら、クロエちゃんが心配するってこと、、、、だけです。

投稿: kael | 2015/05/09 19:32

いつか別れがくることは、わかっていても、

つらいですよね・・・。

ゆうさん、心配ですね。


うちもちょうど1年前です。

いろんな人に支えてもらいました。

投稿: エルママ | 2015/05/10 11:39

>kaelさん
おっしゃるとおりですね。
とことん泣いて悲しんで、いつかそこから抜けていくしかないんですよねえ。。。
 


>エルママさん
ああ、1年ですか。。。
まだまだ泣かれることも多いでしょう。。。
私はナツがいなくなって4年目ぐらいから、ようやく泣くことが減りました。
それでも時に泣きます。
どれほど予感しても、何度も経験しても、絶対慣れることのないつらさだと思います。

投稿: 藍mi-goro | 2015/05/10 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイン鶏 | トップページ | うりずんの白い花 »