« 製糖工場 | トップページ | ありがたいオヤツ »

2015/03/09

お母さん子カイ

Dscn5022
このカワイイ子は、1才ぐらいの若犬男子、カイ君です。
ずっと母犬と一緒に暮らしていて、母犬と一緒に捨てられました。
幸い母犬と一緒に保健所に収容されて、
処分前に希望してくださる方があり、母犬と一緒にレスキューされました。
今まで、ずっと母犬といっしょだったので、
ちょっとの間も離れていることができませんでした。

でも、これからは別の別のお家で、別の別の未来を生きるんです。

母犬と別れた最初の日、
カイは、出されたご飯もひっくり返して、
母犬を捜して鳴き続け、吠え続けました。遠吠えもしました。
幸運なことに、カイの預かりさんは、経験も勇気もある方で
鳴き叫ぶカイに負けず、きちんと放置しました。
私なら、何とか鳴き止ませようと、抱っこしたり、話しかけたり
かまい続けたでしょう。
(徹夜で吠え続けたO次郎につきあってしまったからね)
本当は、相手をせず、無視しないといけないんです。
自分であきらめさせないと。
しかし、大声で叫ぶ犬を放置するのは、普通の住宅環境では、絶対無理。
うちの近所という田舎なのが幸いでした。

そして、カイは夜半には静かになり、
初めてのひとりぼっちの夜を過ごしました。
翌朝、カイは新しいカイに生まれ変わってました。
一転、全くムダ吠えしない、超お利口さん!

0309203093 人も犬も大好きheart04
すっかり表情も明るくなって、無邪気な若犬になりました。

03091大きなナオの誘いにのって、オニゴッコもします。
03094 小さい分は背伸びしてがんばります。
03095
母犬の方は、別れてもケロリとしているそうです。
子犬が2ヶ月過ぎてれば、ほとんどの母犬は気持ち的には子離れしてますね。
もちろん、いっしょにいれば世話はするけど、
いなくなっても、平気というか。
むしろせいせいする、というか。

うちのみなみは、生後2ヶ月過ぎぐらいの子犬連れで放浪していて、
子犬を隣の人が連れて行くと
キャンキャン鳴きながら、隣の家をグルグルと走り回っていました。
これは、やはり放浪中という極限状態だったせいでしょう。
うちでみなみを引き取って、1週間ぐらいは隣を見て、時々クンクン鳴いてましたが、
1ヶ月もすると、まったく無視。
どころか姿を見ると、「おまえ誰だ」状態で吠えてましたcoldsweats02
その時に、母犬とは、案外早くドライだな、と思いました。

Dscn5084 カイも、ご支援フードを食べて
このまま上手に大人になって
新しいお家に行けるようがんばって!!


|
|

« 製糖工場 | トップページ | ありがたいオヤツ »

コメント

がんばれカイ君!

みなみちゃん、けんちゃんたのみます。heart

投稿: アンナ本犬 | 2015/03/10 09:09

dogアンナ本犬さん
応援ありがとです!
がんばりまっす。

投稿: カイ | 2015/03/10 19:18

多分子犬О次郎は、放置しても喉が破れるまで鳴いてんじゃないのかな(笑)。彼の進歩は普通の犬の何倍も時間がかかるから。今鳴かないからいいの。しかし、可愛かったなぁ。今も可愛いオッサンだけど。

投稿: cuora | 2015/03/11 09:00

>cuoraさん
あの時のOちゃんは確かにそうだったかも。
でも鳴かなくなったんだからエライ!
そうだ!今が良ければいいのだ!
そしてOちゃんはあの時も今もとってもかわいい。happy01
まだオッサンじゃないよ。

投稿: 藍mi-goro | 2015/03/11 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 製糖工場 | トップページ | ありがたいオヤツ »