« 相次ぐ捨て犬 | トップページ | 急展開 »

2014/10/19

沖縄そばの日

10月17日は「沖縄そばの日」でした。
これはどういう事情かと言うと(引用先

「公正競争取引規約によると、そば粉を30%以上混合していないものはそばとは表示してはならないとあり、そば粉を使わない小麦粉100%の沖縄そばは、違反であると、復帰して4年後の1976年に公正取引委員会から指摘があったそうだ。 が、前年の1975年に設立された沖縄製麺協同組合が各方面に交渉した結果、1978年に「本場沖縄そば」として認可されたのがこの日なのだ。」

というわけで、そば粉は全く入ってないけど、
そばと呼んでもいいよ、とお墨付きが出た日ということです。

石垣では八重山そば、宮古では宮古そば
それぞれ麺が丸麺だったり、出汁が違ったり、トッピングが違ったり、沖縄の中でも地域差があります。
今や、沖縄県民の主食というか、ソウルフードであるのはまちがいない。

この日は、沖縄そばの麺が安売りされたりするので
お昼をそばにした人も多いはず。
10191 うちも翌日八重山そば麺で、トッピングは石垣牛すじ肉の煮込み。
あっさりスープと良く合って、おいしかったです。

新空港以来、観光客数が記録的に伸びている石垣島ですが
そば屋(もちろん沖縄そば屋)で、ソーキそばを注文し、
出てきた品を見て、
「これは蕎麦じゃない!」と激怒した観光客がいたとか。

似たような話で、宮古島で、伝統行事に「パーントゥ」という奇祭があります。
厄除けに泥を塗りたくる祭ですが
泥を塗られた観光客がクレームを申し立てたそうです。
その記事
似たようなことは、沖縄各地で起こっています。
観光客でなく、移住者が同様の騒ぎを起こすこともあります。

地域の伝統食、伝統行事、特産品については
外部の者は、否定しない、という一択しかないと私は思っています。
嫌いなら食べなきゃいい。
イヤなら参加しなきゃいいだけ。
地元の人が食べたり、行事を行うのに文句は言わない。

未知の物と出会うのが、旅の醍醐味じゃないでしょうか。
旅=異文化との遭遇
沖縄には、たくさんの「見たこともないもの」があります。
ぜひ、それを楽しんでいただきたいと思います。

|

« 相次ぐ捨て犬 | トップページ | 急展開 »

コメント

 情けない話ですね。
 最初の沖縄旅行は,宮古島でトライアスロンに出場した後,5日間ほど離島でボウッとしていました。観光名所にもイベントにも興味がありませんが,分刻みであくせくしている本土時間の方がヒト本来の生活からかけ離れているのではないかと感じた次第です。
 やはり,よそ者は郷に従うべきですね。

投稿: やたがらす | 2014/10/19 18:05

旅行にしても移住するにしても事前に少しは調べておくもんじゃないでしょかね。
国内外問わず訪れる先の文化風習調べてるだけでも楽しみUPするしトラブルも
少しは回避出来ると思うんだけど、、
以前、何処だったか忘れましたがカツ丼食べた時にソースカツ丼で自分の予想してたのと違ったけど新しい発見で楽しかったけどなぁ。。

投稿: 梅さん | 2014/10/20 07:24

 私が未だ沖縄本島を旅してた頃ですから10年以上前になりますが、そばに文句を(お店の方に迄は直接言ってなかったように記憶していますが)言ってる関西のおやじ見ました。

私なんてその場から消えたかったですよ。関西の人間の言葉は付け焼刃で標準語を話しても思いっきり関西弁ですからね。消えたくても私の注文したのはきたばかりでしたし・・・

私の場合は自分が興味なり、美味しそうと思えば注文する。もし、それが口に合わなくてもおう吐しないようであればできるだけ食べる。そして、次からは注文しない。です~

投稿: はな | 2014/10/20 13:18

>やたがらすさん
観光やイベントでなく、ただ海を眺めてぼーっとするのも、
最高の沖縄の楽しみ方ですよね。
あるがままに楽しむ、のが秘訣かと。
 

>梅さん
私もソースカツ丼食べた時驚きました。
そういうのもあるんか、と。
名物ぐらい、普通調べますよね?
旅慣れた人と、そうじゃない人の違いかもしれません。
 

>はなさん
そうですよね。
とりあえず食べてみて、口に合わなければ二度と注文しなければいいだけです。
まずいならともかく、予想と違うという理由で怒鳴られたんじゃ、たまりませんよね。
それもその人の無知が原因で。


投稿: 藍mi-goro | 2014/10/20 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相次ぐ捨て犬 | トップページ | 急展開 »