« 広島被災地ペット救済 | トップページ | 夏の終わり? »

2014/08/24

ケン登場感想文

今年も世界一のケンちゃんファンのルルちゃんが来てくれました。
8241
シニアになり、散歩引っぱりもなくなったケンと
ケンが少々引っぱっても平気に成長したルルちゃん。
いつのまにか力が逆転していくんですね。

そして去年来てくれた時に、読書感想文を書くために読んでいた本。

今年はその感想文をプレゼントしてもらいました。

ご本人の許可を得て、全文ご紹介します。
長くなりますが、ぜひぜひご一読ください。

  

dogdogribbon...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。dogdogribbon

「犬を責任をもって飼うことについて」

 私が「犬たちをおくる日」を読んだきっかけは二つあります。一つは犬が大好きだからです。毎年、夏は石垣島のペンションにいる「ケン」という犬に会うのを楽しみにしています。ケンは好奇心おうせいの元気な犬ですが、もともとは捨て犬でした。二つ目は本の題名を見て、「犬をおくる」ってなんだろう。「おくる」とは何だろうと疑問に思ったからです。
この本は捨てられた犬たちが、センターの人によって集められ、処分機で殺されてしまう話です。
私はこの本を読み、捨て犬たちを人の手で殺すことを初めて知りました。「おくる」とは、捨て犬を殺して、犬の命を天国に送ることだったのです。
  本の中に、野良犬が増え、野良犬をつかまえてセンターにわたすと、お金がもらえる話がありました。子供たちはこづかいかせぎに子犬を集めてお金をもらい、そのお金でプラモデルと買いたいと、書いてありました。
「殺されてしまうのだよ」とセンターの人が言っても、早くお金がほしいのか、舌打ちをする子どももいました。「子犬の命より、プラモデルのほうが大切なんだ」ととても悲しいなと思いました。
このほかにも、ひどい場面がありました。捨てられた犬は「どうせゴミといっしょだ」と言う人がいるのです。それなら、私も親に捨てられたらゴミなのだろうかと思いました。
 悲しい場面が多い中で、うれしい言葉がありました。「犬が悪いわけじゃない」というセンターの人の言葉です。犬がほえたりかんだりするのは悪さをしようと思ってやっているのではなく、伝えたいことがあるのです。
 この本を読んで、考えたことや学んだことがあります。
まず、考えたことは、犬は、殺されるために生きてきたわけじゃない。人と同じで「楽しく生きるために生まれてきた」ということです。
学んだことは、犬に対して自分勝手で、ひどい人がいることです。自分の都合に合わせて犬たちの命をうばってしまったり、自分の犬をたった今捨てたのに、新しい犬をほしいという人がいることです。
 犬を山などに捨てたら、自分で食料を見つけて、かってに生きる、と考える人がいます。しかし、飼い犬は捨てられると自分で生きてはいけません。石垣島にもたくさんの捨て犬がいます。ペンションのオーナーの方は、捨て犬の新しい里親をさがす仕事もしています。
 もしも、犬を飼うことがあったら、犬を自分の都合で、飼うのをやめたりしないで、最後まで、責任をもって飼ってもらいたいと思います。 

dogdogribbon...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。dogdogribbon

本当にうれしくて、うれしくて・・・weep
ルルちゃん、ケンを好きになってくれてありがとう。
ずっと好きでいてくれてありがとう。
捨て犬達への愛をありがとう。

8242
この作文で、感想文の学校代表に選ばれたそうです!
おめでとうございました!


|

« 広島被災地ペット救済 | トップページ | 夏の終わり? »

コメント

物事をよーく考えるルルちゃんの感想文は、全国の保護活動をなさっている方がたへの励みであり、道しるべです。
そして、みんなが、かんがえるようになっていったら、うれしいです。
ケンちゃんが一役かってますよね。up

藍さんも、影で素敵な刺激をあたえたのですね。(o^-^o)

ルルちゃんありがとう。そして、おめでとうございますhappy01

投稿: アンナのママ | 2014/08/24 19:45

まったく正論です。元行政の方の話を聞く機会があり、「いっそ自分に噛みついてくるような犬ならまだしも心の整理がつくけど、自分にはなんの害もなしていない犬を処分したのは辛かった」とおっしゃってました。正論が通る世の中になるように、努力しなくては。

投稿: cuora | 2014/08/24 19:56

こんばんわ ケンチャン好きな ルルチャンすばらしい 感想文ですね ご紹介うれしいです

投稿: ミルタママ | 2014/08/25 03:11

>アンナのママさん
ほんとに保護活動しているものにはうれしいことです。
この感想文がきっかけで、こういう問題を知った人もいるに違いありません。
少しでも多くの人が考えてくれますように。

 
>cuoraさん
「正論が通る世の中」
これほど難しいことはない、のが今の日本ですよね・・・shock


>ミルタママさん
すばらしいでしょ!ほんとうにうれしかったです。

投稿: 藍mi-goro | 2014/08/25 14:52

  ルルちゃんへ

最後の最後迄責任をもって犬を飼うからね。

こちらでも、悲しい現実があります。老犬になって面倒を看るのが大変だからとセンターに持ち込む大人がいるようです。
最後まで責任をもって飼ってほしいものですね。

投稿: はな | 2014/08/26 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島被災地ペット救済 | トップページ | 夏の終わり? »