« 台風7号出現 | トップページ | 一喜一憂 »

2013/07/10

大変だ!

07101 ほぼ無風状態で、猛烈な台風が来るとは思えないピーカン晴れsun

その台風7号が事件になっています。

<12日09時の予報>
強さ 猛烈な
存在地域 宮古島の南約190km
予報円の中心 北緯 23度05分(23.1度)
東経 125度30分(125.5度)
進行方向、速さ 西 20km/h(12kt)
中心気圧 915hPa 
中心付近の最大風速 55m/s(105kt)
最大瞬間風速 75m/s(150kt)
予報円の半径 240km(130NM)
暴風警戒域 全域 480km(260NM)

<13日09時の予報>
強さ 非常に強い
存在地域 台湾
予報円の中心 北緯 25度50分(25.8度)
東経 120度40分(120.7度)
進行方向、速さ 西北西 25km/h(13kt)
中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 45m/s(90kt)
最大瞬間風速 65m/s(130kt)
予報円の半径 330km(180NM)
暴風警戒域 全域 600km(325NM)

   

この間、つまり12日から13日にかけて、
石垣島は暴風圏。
注目すべきは、12日の中心気圧915hPa 
最大瞬間風速:75m/scrying

これは今や島の伝説となっている2006年の台風13号と同じ。
その時はまだブログがなかったので、ご存じない読者さんもいらっしゃるでしょう。

     

flag恐怖の13号伝説
impact足が遅く、長時間(1日半)猛烈な風が吹き続けて、
あまりにたくさんの電柱が倒れ、電柱のストックが島から消えた。
停電復旧は電柱がないとできない。
電柱を沖縄本島から取り寄せねば!
海が荒れて、すぐには船が動かない。
かくして、我が家の停電が復旧したのは5日後。shock

impact暴風雨の真っ最中、風が強すぎて、プロパンガスタンクが揺れ
タンクはそれを地震だと思い、自動的にガスが止まる。
停電&ガス停止では、何も料理できないので、暴風雨の中、外へ走ってリセットボタンを押す。
しかし、またすぐ切れる。
かくして、我が家では台風前に大量のガスボンベを常備するように。

impact風で車が動く(ひっくり返る)。
うちの車も少し動いて、駐車場の柱にぶつかり、ドアとガラスが大破。
島中の車や家のガラスが割れたので、島からガラスの在庫がなくなり
ビニールや段ボールを貼って、走る車そこかしこに。
我が家の車にガラスが入ったのは、数ヶ月後。。。

impactコンクリートブロックが飛ぶ。。。
重しに置いたブロックがことごとく飛んだ。

島全体では、屋上のプレハブが飛んだり
給水ポンプが壊れて断水7日間になった村があったり
あちこちの農道などが崖崩れで通行不能(その後数ヶ月)になるなど
島中の機能がめちゃくちゃになりました。

今回は、それより進行速度が速いので、被害は減ると思います。
またそれ以来、電柱の強度など、いろいろ補強されたので
被害は減ると思いたい!bearing

こんなことばかり書いて
「なんだ、それほどでもなかったよ〜happy01
となることを祈りつつ。

明日、もう一度更新できると思います。

 

|

« 台風7号出現 | トップページ | 一喜一憂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風7号出現 | トップページ | 一喜一憂 »