« 新空港 | トップページ | 猫公園のその後 »

2013/03/03

節句に美しいもの

朝刊に今日までと書いてあって、あわてて出かけてきました。
03031 川平織からん工房さんの展示会です。

伝統的に綿麻の織物が多い八重山地方ですが、
深石さんは早くから絹の染織りを手がけています。
とても光沢があり、凝った織物で、それは美しいのです。
03032 03035 03036 貝殻染めの紫が先生のブームとかで、紫のグラデーションの着物が数枚。
夏用の絽の織物。
03033 こうしてみると、絽とは思えないのですが
アップで見ると、
03034 ものすごく複雑な織物!
刺繍のように見えるのは花織りという織り方で、それが流れるように配されています。
そしてストライプのように見えるところは透けてます。
織り方を変えることで、立体感が出ています。
お弟子さんが色々説明してくださったので、こういうことに気づけたのですが
説明されるほど複雑過ぎて、「なんかすごいhappy02!」という感じ。

この美しい織物は間もなく東京でもご覧いただけます。

*3/21〜24 銀座もとじにて
詳しくはこちらの催事情報に載っています。

今HPを見たら、お店もすてきです。
東京方面の皆様、ぜひ足をお運びくださいませ。眼福眼福happy01

 

で、我が家にも女子が2匹いるので、紫のグラデーションでつくってみた。
03037飾りはブルーベリーとビスケットで。
いつものおからに、鶏と豚のゆで汁に紅芋粉をとかしてまぜました。
なので肉味のケーキ。

03038 作っているときから、みんな離れません。
食べ終わった後も、お皿までペロペロなめまくってました。scissors

|

« 新空港 | トップページ | 猫公園のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新空港 | トップページ | 猫公園のその後 »