« その後の猫達 | トップページ | 今日も元気 »

2013/01/28

春の山

おいしい和菓子が来ました。
01281 毎度、両口屋の春のお菓子。
その名も「春の山」
お題をとった和歌が同封されています。

「おもふどち春の山辺にうちむれて、そこともいはぬ旅寝してしが」
      by 素性法師(そせいほうし)(古今集)
意味は、「 気の合った仲間同士で春の山辺に群れ遊んで、どことも宿を決めず、旅寝をしてみたい、という自由気ままな春の逍遥を願う歌である。 」だそうです。

そこで本物の葉を加工したお皿にのせてみました。

01282 ほろほろとした桃色の部分と、しっとりした餡の取り合わせ。

こういう季節感を表す和菓子文化は本当にすばらしいですね。
今年初のお抹茶でいただきました。



|

« その後の猫達 | トップページ | 今日も元気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後の猫達 | トップページ | 今日も元気 »