« 懐かしい情景 | トップページ | 米寿の旅 »

2012/05/07

料理用バナナ

先日、近所の人から料理用バナナなるものをいただきました。
黄色く熟せば、普通のバナナみたいに食べられる、と。
05062
何房もついている大きいのをいただいたので、
早速黄色く柔らかくなっているのをダンナが食べたら・・・

「・・・まずい(>_<)(>_<)」
犬達にあげてみたら・・・口から出した\(◎o◎)/
そこまで、まずいsign02

大量にあるのに、これはいかん!
05061 すぐにネット検索してみました。

すると、これは「プランテーンと呼ばれ、バナナとは異なる果物に分類される場合もあり、加熱調理する」と。
いくつか実際の料理例も出てきて、どれも加熱すれば食べられた、と。
加熱するとイモのようになる、と。

では早速やってみよう。
困った時のカレー頼み。
柔らかくなったのは森に捨てて、鳥にでも食べてもらい
固い緑のと、皮は黄色いけどまだ固いのを使う。
05063 輪切りにする感触は、太いきゅうりを切るのに似てます。
皮は固いので、包丁で切れ込みを入れて、バリバリとむく。
白い液体が出てきて、アクがありそうなので、水につけておきました。
(別でゆでたほうがよかったですね)
ジャガイモがわりにカレーに入れて、ぐつぐつ柔らかくなるまで煮込む。
固いので、ジャガイモぐらい時間かかりました。

05065 見た目はあまりよくない、というかジャガイモと変わりません。
そして、食べても、ジャガイモと変わりませんsign03
バナナの味は皆無。
皮が黄色かったのは、少し酸味が出て、チャツネみたいでgoodhappy01
そして緑だったのは、まるっと100%イモ、いも、芋。
不思議なぐらい芋。
味はほとんどないですが、食感は里芋に近いです。

これは里芋だと思えばいいんだflair

そこでダンナが作ったのが、こちら。
05066_2 バナナと大根とテビチの煮物。
黙って食べたら、絶対里芋か田芋だと思います。
バナナ自体に味がないので、こういう濃い味付けがいいみたい。

とてもおいしかったので、気を良くして挑んだのが、今夜の夕食。
05071 大鍋の中で、ぐつぐつと煮込まれるバナナ・・・

|

« 懐かしい情景 | トップページ | 米寿の旅 »

コメント

おでん~?

投稿: ぱんだんて | 2012/05/08 00:44

私もカレーに入れてみました。
少しだけやわらかくして、それも小さく刻んで入れたら・・・。
存在がわからなくなってしまいました・・・笑。

byのんちょ

投稿: ごんこ | 2012/05/08 12:22

>ぱんだんてさん
おでんでした!
バナナ丸々入ってるおでんって不気味ですよね。
 

  
>のんちょさん
小さくしちゃうとバナナ消えますか!?
それは残念(?)でした。

投稿: 藍mi-goro | 2012/05/08 21:43

みそ汁にいれたら、サトイモの味噌汁みたいになりましたよ~
おいしかった!
サトイモと思ったほうがいい~食用バナナですよね☆

投稿: youko | 2012/05/16 00:58

>youkoさん
そうそう。味噌汁もできるなあ、と思いました。
でも味噌汁する前に黄色くなっちゃった。

投稿: 藍mi-goro | 2012/05/16 13:21

philipine de saba banana to iimasu
fried banana que daigakuimo mitainishitetabetari coconut milk de nite oshirukonoyounishite tabemasu natukashidesu

投稿: lovely | 2012/06/19 21:55

>lovely-san
Thank you for your comment!
saba banana to iunodesuka.
coconut milk de nirunoga oishiso desu.
I will try it next time.

投稿: 藍mi-goro | 2012/06/20 09:33

はじめまして!
調理用バナナ(ash plantains)を日本で購入できる方法教えて頂ければありがたいです。

投稿: NISSIL | 2014/09/14 09:56

>NISSILさん
あいにく購入方法はわかりません。
これは隣人からもらったので。
呼び方がいろいろあるみたいなので
(フィリピンではサババナナとか)
それで検索してみられたらいかがでしょう?

投稿: 藍mi-goro | 2014/09/14 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしい情景 | トップページ | 米寿の旅 »