« 石巻の動物救護活動 | トップページ | カジマヤー »

2012/01/31

季節の花

常夏の島と言われたりしますが、
沖縄にもそれなりの四季があります。
もちろん冬は寒いですし。

ただ、季節の移ろいを感じにくいのには、
目立つハイビスカスやブーゲンビリアが通年咲いているのも一因かも。

でも季節で咲く花もいくつかはあります。
真冬に咲くのが
01312 避寒桜じゃなくて緋寒桜。寒緋桜とも言われます。
島が一番寒い時期に咲きます。
01311 ソメイヨシノのように、びっしり咲くわけではないし
寒いので、お花見という習慣はありません。

もう一つ、この時期に咲くのが
01313 路傍のスミレです。

「さくらとすみれ」って、昭和の少女マンガの主人公みたい。

 

ちなみに、地元TVによると、現在沖縄本島で見頃になって人を集めているのは
桜とヒマワリとコスモスだそうです・・・・

やっぱり季節がよくわかりませんね。coldsweats01

|

« 石巻の動物救護活動 | トップページ | カジマヤー »

コメント

こんにちは!

当方のブログに暖かいコメントをいただきまして誠に有難うございました。
PCの調子が悪く、お返事がうまく入らないので(文字の変換がうまくいかない・・・・)
こちらに書かせていただきました。

ノエルは気持ちは前向きですが、出来ないことがどんどん増えてきていて、なんだか悲しさと愛しさ両方の気持ちが混ざっているような思いになりますね・・・
でも、いまだにるるがおもちゃで遊んでいると、自分も追いかけようとします・・・
でもるるには負けてしまいます。
気力だけは無くしてないようです。

またこちらに訪問させていただきますね。
その時はどうかよろしくおねがいします。

以前、外飼いか室内飼いか、ということで何度もコメントさせていただきましたね。
懐かしく思います。
さて、ここで蒸し返すのもなんですが・・
もし外飼いの子が、目の離せないような体調になった時、やっぱり外に置くのは不憫です・・
それに、外にいると体調の変化も気づきにくいと思います。
それに暑さ寒さの影響も大きいですよね。
いろいろなことを考えて、やっぱりわんこは室内で、常に人と一緒の空間で暮らした方が幸せだと思います。
先進国では、外で鎖につなぐことは虐待だと認識されている国もあります。
国によってこれだけ意識が違うのです。
我が家はマンションで、外というものはありませんが、一戸建てであっても当然一緒の部屋で暮らします。
たとえどんなわんこでもです。
ノエルの状態を見ていると、よけいそう思います。
私はやっぱり・・・考え方は人それぞれではなくて、わんこは飼い主によって幸せにも不幸
にもなる、だからこそ基本的な飼い方を統一して作っておかなければいけないな、と思います。
まだまだ酷い飼い方をされているわんこがたくさんいますよね・・・・・
なんとかしたいな、とやきもきしてます。

でも今はノエルのことに全力を尽くします。
こちらは毎日寒いです・・・・
今日は一日お休みを取ってしまいました。
ノエルはやっと静かに眠っています。
るるもぴったりくっついてます。

ではどうかお体に気をつけて!

投稿: ノエルママ | 2012/01/31 21:34

>ノエルママさん
ノエル君の体力気力が問題ですね。
きっとママさんやるるちゃんの存在が何よりの支えですから、気力は大丈夫ですよね。

私は外飼いを奨励したことは一度もありませんよ。
室内でいっしょに暮らせればそれが一番に決まってます。
ただ、保健所で殺されるより、外飼いでも愛情をかけてもらえればましだと思います。
室内で飼えないから保護できない、というのはおかしいでしょう?
だったら外でも保護してもらえたら死ぬよりましだという話です。
病気なのに外に放置とかは、犬の問題ではなく人間の心の問題です。
私は一度も外に放置しておけ、なんて言ってません。
動物を命としてみれば、繋ぎっぱなしとか病気で放置とかできるはずがありません。
だからノエルママさんのおっしゃることが、100%正しいと思います。

投稿: 藍mi-goro | 2012/01/31 22:18

こんにちは!

今日もノエルは無事に一日を終えられました。
今やっと眠り始めたので、ちょっとおじゃまさせていただきます。

MI-GOROさんのお考えはもっともです。
殺処分か外飼いか・・・・
こんな選択なら当然外でも!と思います。
実は関東圏で活動されている個人ボラさんと協力預かりボラさんのことですが・・・
真夏の厳しい暑さの中、外の犬小屋に置いていて、とうとう死なせてしまったのです。
なぜ病気の預かりわんこを部屋の中に入れてあげなかったのか????
獣医さんに通って治療をしていたのですが、部屋の中で看病するという考えにはとうとういたらなかったのです。
いったいなぜなんでしょう・・・・
私にはそのわんこが不憫でなりません。
決して粗末に扱ったわけではないのでしょうが、やっぱりわんこは外、という考えは根強くあるのでしょうね。
だから、やっぱり、根本的な意識改革が必要なのではないでしょうか・・・・・

私の職場の人もいろいろな考えをしています。
私が我が子を可愛がっている様子を知って、からかうようなことを言う人もいます。
「あなたはいい人だね~」なんてわけのわからないことを言う人もいます。

とにかく今の現状では、どんな飼い方をするかはすべて飼い主さんの一存で決まってしまいます。
なんとか一つの基準を作っていって欲しいな、と切に願っているところです。

投稿: ノエルママ | 2012/02/01 22:09

>ノエルママさん
御意。
どこまでいっても人の心の問題ですね。

投稿: 藍mi-goro | 2012/02/03 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石巻の動物救護活動 | トップページ | カジマヤー »