« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の投稿

2012/01/31

季節の花

常夏の島と言われたりしますが、
沖縄にもそれなりの四季があります。
もちろん冬は寒いですし。

ただ、季節の移ろいを感じにくいのには、
目立つハイビスカスやブーゲンビリアが通年咲いているのも一因かも。

でも季節で咲く花もいくつかはあります。
真冬に咲くのが
01312 避寒桜じゃなくて緋寒桜。寒緋桜とも言われます。
島が一番寒い時期に咲きます。
01311 ソメイヨシノのように、びっしり咲くわけではないし
寒いので、お花見という習慣はありません。

もう一つ、この時期に咲くのが
01313 路傍のスミレです。

「さくらとすみれ」って、昭和の少女マンガの主人公みたい。

 

ちなみに、地元TVによると、現在沖縄本島で見頃になって人を集めているのは
桜とヒマワリとコスモスだそうです・・・・

やっぱり季節がよくわかりませんね。coldsweats01

| | コメント (4)

2012/01/30

石巻の動物救護活動

土曜日に、石垣市で、石巻「あべ動物病院」の院長さんを招いての
「東日本大震災における石巻の動物救護活動」という講演会がありました。

その日と翌日はカンムリワシ関連イベントが続いて、
よりによって、ってぐらい忙しい週末だったので、
夜の講演会は、途中で帰ろうかな、と思っていました。
しかし、あまりにも貴重で、深刻で、感動的で、意義深いお話が続いたので
とても途中で席を立つことなどできず、最後まで拝聴しました。

貴重なお話をここでまとめておきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

        
宮城県石巻は震度6強の揺れと、その後の大津波で、すべてのライフラインが絶たれ、市街地の73%が浸水し、壊滅状態となりました。
海岸線から6km離れたあべ病院も1階は浸水し、入院動物をすべて2階に移動して10日間そのまま。
フードはあったものの、水の確保が難しかった。
水が引くまで1週間、その後もヘドロが道路を覆い、散歩もできない状態が続き、
大型犬はベランダで排泄させました。

石巻ではすべての港が水没。
1m前後地盤沈下。
震災による死者の1/3が石巻地区。

そんな甚大な被害を受けた石巻地区ですが
ペット犬の被災(死亡または移転)は3割程度。

幸い、石巻ではすべての避難所で動物との同行避難が認められたため
獣医さん達は、避難所を巡回して、聞き取り・無料診療などをされました。

同行避難所で大切なのは、

*ペット連れの人達と、そうじゃない人達を別々にすること。お互い気兼ねが減る。
*ペットのしつけができていること。

印象的だったのは、ペットといっしょの避難者の部屋には笑いがあるけど、人だけの部屋では皆さん沈みがちになること、だったそうです。
やはり動物には癒し効果があるのを実感されたとか。
中には「着るものも何一つ持ち出せなかった。私にはこの子だけ」と犬を抱いてにっこりされた人もいらっしゃったそうです。
また、あるご夫婦と黒ラブ1匹が、津波に巻き込まれたにも関わらず、奇跡的にそれぞれ助かって、翌日に再会。
三日間、どこへも行けず、救助もなく、流れてくる食べられそうなもの(未開封のポテチとか)を「全部3人でわけて食べました」と話されている動画もありました。
やはりTVを通してでなく、実際に被災者のかたのお話をうかがうのは全然違いました。

一次避難所はすべて同行避難が可能だったものの
二次避難所は動物不可が多く、仮設住宅入居までの間、動物を預かる施設が必要になりました。

石巻獣医師会は「石巻で育った動物達は石巻で命を繋いでいく」をコンセプトに、石巻動物救護センターを開設されました。

10月までの半年間、多くのボランティアさんの力を借りて
多くの企業協賛の援助を受けながら、センターは運営されました。
(既に役割を終え閉鎖されました)

100頭以上の犬・猫を預かりました。
石巻は飼い主さんが、放棄することは少なく、70%がまた飼い主さんの元に戻れたそうです。

今回の経験から、被災前(平常時)に飼い主がしておくべき準備は

*基本的しつけ・社会化(トイレ、クレートトレーニングなど)

*狂犬病及びレプトスピラが入っているワクチン接種
(津波の後など、ネズミが家の中にも入ってきたりするため)

*避妊去勢をしておく。

*マイクロチップ(迷子札は無くなってしまう)

*地域で同行避難ができるかどうか確認しておく

*動物用非常持ち出し袋を用意しておく。

非常用持ち出し袋に入れるべきもの

*フード  *水  *ペットシーツ、おむつ  *器
*クレート (私はこれに、タオル・ビニール袋を足します)

地震・津波後はクギやガラスなど瓦礫が散乱しているため
動物は足などに怪我します。
そのため、人間が外出する時に、犬を連れて行けないことが多く、そのため避難所でクレートに入って留守番できると助かるそうです。

多くの愛護団体が、犬猫を助けるために現地で活動していましたが
どこへ連れて行かれたかわからないこともあり
保護する場合は、どこでどんな動物を保護したかの資料を、請求があれば提出してほしい。
もちろん、ちゃんとしていた団体が多いのですが
何度頼んでも、まったくデータを出さなかった団体がある、と保護団体への苦言も呈しておられました。
そういう問題が、現在も続く福島での保護活動に影を投げかけているのですね。

10月にセンターを閉鎖してからは、仮設住宅の約1割にいる動物の
医療・しつけなどの支援を引き続き行っているそうです。

 

阿部先生による、ペットと共に生き抜くために必要なこと。

*家族の一員であるという認識。
*同行避難がベスト(室内避難)=避難所がペット入室可
*仮設住宅が条件(種類とか大きさとか)なしでペット可であること。
*仮設住宅に住む動物への支援があること。

コンセプト「その土地で育った動物が家族とともに生きる!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

講演の最後に

「私はこれだけは伝えたいと思って石垣島に来ました。
(津波の時は)とにかく逃げてください。高台へ逃げてください。」

沿岸部にほとんどの公共施設や住宅などが密集しているところが
石巻と石垣は似ているそうです。(字面も似ている!)

石垣でも電柱に海抜○mとつけたりしてますが、
ほとんどの基幹施設が低い所に集まっているのは、そう簡単に解決できません。
自分達は市街地から遠く、やはり海に近いところに住んでいます。
だから、より救援は届きにくい可能性が高い。
自助努力というか、自分でどこまで準備できるかにかかっていると思っています。

離島だから、いざとなると孤立しちゃいますからね。

 

翌日の地元新聞には、この講演会が
「動物を心の支えに」「同行避難がベスト」などの見出しをつけて、
大きく掲載されました。(その記事

この講演会自体にも行政関係者も出席していたので
ぜひ石垣市で、そして日本全国で、同行避難の方針をたて、
そのための対策などを決めてもらえたら、と願います。

 

 

cuteよそのブログの関連記事をご紹介します。
原発避難地域に取り残された動物達のことが海外でどう報道されているか。

動物と人間を一緒に救出する方法があったはずなのに

 

| | コメント (4)

2012/01/29

カンムリワシ観察会’12

ずっと寒く雨だったのですが
きのうから突然晴れ間が多くなり、途端に暖かくなりました。
なんか明るくてまぶしいshine\(^O^)/
日焼け止めを塗るのも久しぶりで、うれしいです。
なるべく外でお日様にあたっていたい。

でも、昨日の午後はずっと講演会で屋内。
今日は朝から、カンムリワシ観察会に出かけました。
01291 「石垣やいま村」集合で、そこから徒歩で付近を散策しながら
カンムリワシ中心に野鳥観察。
晴れているだけでもうれしいので、みんなニコニコhappy01

01292 水田の間の道を、ちょっと奥へ奥へと入っていくと
01293 山間の谷のようなところになります。

この頃はもう暑くてcoldsweats01、日陰に入ると、気持ちいい!

こういう山、谷、河、海、平地がそろっている場所が
カンムリワシをはじめとする野鳥が生息しやすい環境だそうです。
でも、そういう場所は沖縄本島でもあまり残っていないとか。

途中、水田に色鮮やかなビーズのような、砂糖菓子のようなものを発見。
0129pi2 これは何?
0129pi1 こんなふうに枝にからまってると、何かの飾りみたい。

これは外来種「ジャンボタニシ」の卵です。
80年代に食用として輸入されたものの、需要が無く、
廃棄されたものが例に漏れず大繁殖して、田んぼの稲を食べる大問題に。
この卵はこの後、産まれないようにつぶしました。
(水の中に落としても孵化しないらしい)
人間の勝手で持ち込まれて、つぶされるのもかわいそうですが、
農家の損失も大変らしいので、いたしかたないbearing

この後、やいま村に入って、中で八重山民謡「鷲ぬ鳥節」の鑑賞。
移築された民家で見ます。
0129ya1
0129ya2
0129ya3 最後は、みんなでカチャーシー教室。

飼育されているカンムリワシや動物達を見て解散でした。

今年も、最後まで好天に恵まれ、気持ちの良い半日でした。

  

そして、個人的に一番うれしかったのは、
いっしょに歩いた参加者の中に
なんと、このブログの愛読者さんがいらっしゃいました!!happy02
話していたら、ブログの文章と重なったとか・・・

「犬の話と、カンムリワシの話も出てくるブログで・・・」
「うちかなあ・・・(両方出るブログは他にもある)」
「米原で・・・」
「多分、うちです。(まだ若干他にもある)」
「ナツちゃんの?」
「うちです!!ナツはうちです!!」

ほんと、うれしいです。
書き続けてきてよかったな、と思えます。
もう死んで1年以上経つのに、こうしてナツが生きている。
思いがけないタイミングで、ナツの名前が聞ける喜び。

声かけていただいてありがとうございました

 




| | コメント (2)

2012/01/27

カンムリワシ週間’12

毎年、旧正月から1週間を「カンムリワシ週間」と位置づけ、
カンムリワシリサーチがイベントを開催しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カンムリワシ講演会「カンムリワシ~調査と保護の最前線」 
日時  1/28(土) 午後3時~5時
場所  環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター(石垣市八島町)
講師  佐野清貴 カンムリワシ・リサーチ代表

内容
*ヒナから幼鳥、そして若鳥へ。カンムリワシの成長
*いぶし銀のオスはもてるのか? カンムリワシのオスメスの羽色の違い
*コミュニケーションは鳴き声で。 カンムリワシ語講座
*電柱に突っ立っているのはわけがある? カウント数変動の不思議
*「ぱいーぐる」もビックリ!ほんとうはつらい。カンムリワシ保護の現状

カンムリワシ観察会
日時 1/29(日) 午前8:30~正午ごろ
集合場所 石垣やいま村駐車場
参加費 100円(保険料として)

やいま村から近くの水田地帯まで歩きながら、カンムリワシや野鳥、その他の生き物を探します。
その後やいま村に戻り、本イベントの基となる八重山の古謡「鷲の鳥節」の鑑賞を行います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自然観察と石垣島の民謡が鑑賞でき、やいま村内散策もできる
とってもお得な観察会です。
01271 冬はカンムリワシが頻繁に、電柱や電線上で見られます。
雨の止み間がチャンス。

島内にお住まいの皆さん、
ぜひ石垣市の鳥、カンムリワシを知るチャンスにお出かけください!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日28日夜には次の講演会もあります。

と き  : 平成24年1月28日(土) 午後6時30分

ところ  : 大浜信泉記念館  2階(無  料)

講 師 : あべ動物病院・院長阿部俊範先生

演 題 : 「東日本大震災における石巻の動物救護活動」

主 催 : 八重山獣医師会



| | コメント (0)

2012/01/26

生写真の真実

きのうアップした、美智子様の生写真ですが、
撮ったの私じゃありませんでした。coldsweats02
ダンナが一眼レフで撮ったのを、スキャナー読み込みしたものでした。
当日データに入っていたので、てっきり自分が撮ったものと思い込んでましたが
当時のことをいろいろ思い出してたら
川平湾で撮影したのは、ダンナだったのを思い出しました。

故意ではありませんが、嘘でした。ごめんなさい。m(__)m

私が撮ったのはこちら。
01261
2004年1月26日、我が人生の輝かしき一日でした。

素敵な生写真を撮るための、ミーハーの極意をこの機にご披露しましょう。
(そんなの聞きたくないですか?まあ、そんなことおっしゃらず。)
これまで写真を出すことも、話すことも、一応、なんとなく自粛していたのですが、
もう8年も前だから、そろそろいいかな、と思います。

私はなぜか小学生の頃から、皇室ミーハーだったので、TVで関連番組があれば必ず見てました。
ビデオ録画できるようになってからは、録画保存。
ですから、両陛下が地方へ行幸される際のおおよそのパターンは熟知。

何としても近くでお逢いしたかった私は、持てる知識、コネ、情報を駆使して作戦を立てました。

1)両陛下が視察される場所を知る。
2)そこでお出迎えをする人々を知る。
  幼稚園児と老人会が主力である。
3)そこに仲間入りする方法を考える。
4)あるいは報道陣用スペースが確保されている撮影場所を見つける。
5)そこに仲間入りする方法を考える。

市長さんとか議員さんとか、有力者にコネがあればもっと確かな方法があるかもしれませんが、
まったく一般人なので、厚かましさと想像力がものを言います。

幸い、両陛下が川平においでになることになったので、
市街地より人も少ないし、ねらいは川平に。
こっから先は、ちょっと内緒ですがwink
知人を介して、いろいろお願いして
堂々と視察場所内に入ることに成功。

おいでになるのは10時半頃なのに、確か9時頃には集合してたと思います。
道路封鎖が始まる前に川平入りして、
もう一つのご視察先である川平湾で、ロープ張りして台が並んでいる場所を発見。
そこにダンナを配しました。
重要なのは、複数の場所でチャンスに賭けること。

ダンナは9時から、両陛下がおいでになる11時半頃までそこで待機。
おかげで最前列は確保できたものの、あまりに早くからいたからか
警備についている高知から来た婦警さんに、話しかけられたそうです。

一方、その頃私は、富山から来た警官さんと話してました。

全国から警備要員が集められていたそうです。

あの年も寒い冬でした。
でも両陛下がおいでになる日は、少し薄日も差して
ちょっとだけ寒さがゆるんだ日でした。
それでも薄いウィンドブレーカーの警官さんが寒そうで
「寒くないですか?」と声をかけたら
「寒いです。沖縄って、冬でも暑いと思ってました」と気さくに返事してくれて。

まあ、悪漢が入ってくるわけでもないから、みんなひたすらヒマな待ち時間。

沖縄本島では、天皇家には複雑な感情もありますから
ピリピリした場面も多々ありますが
石垣島ではほとんどなかったようです

01264_2
そうこうして、ワクワクドキドキ待つうちに、ついにご到着!!

お迎えして、すぐに両陛下は施設内に入られて
またまたみんな待ちぼうけ。1時間近く外で待って
視察後、ようやく、お迎えする園児と老人会の皆さんの方に
お二人が近づいてこられました。
01262優しく、最前列の園児にお声をかけられたお二人ですが
園児達は誰もお返事しない・・・・coldsweats02
ああ、もう、私に話しかけてくださったら、どれだけでもお返事するのに!
などと思いながらも、徐々に近づいていらっしゃるのにドキドキ。
私は最後列(4−5列目)端っこだったので、もちろんお声かけはありませんでした。

自分達の正面にいらしている時に、カメラを向けるのは失礼なので
(それぐらい近かった!)
正面からの写真は一枚もありません。

でも、一生に一度のチャンスを逃すわけにはいかないミーハー道。
正面にいらした時に、がまんできずに
「美智子様〜〜〜heart04heart04heart04」と呼びかけてしまいました。

そしたら、美智子様が、あの美智子様が
「あらぁ〜」という表情でにっこりこちらを見られて、お手を振ってくださったのでしたhappy02!!!!

あぁーーー、美智子様が、私に、私のために、手を振ってくださった!!

我が人生に悔いなし。

そしてお二人は、またお車で次の視察先である川平湾へ向かわれました。
01265
ダンナのカメラが最前列で待ち受ける川平湾へhappy01

そして、きのうアップしたあの写真へと結実するわけです。
01266_2 (これは遠いのでトリミングしたもの。画質荒いです)

私も両陛下が施設を出られた後、すぐに川平湾へ向かいましたが
当然ながら既にものすごい人で、とても見られません。
川平湾特派員のダンナにまかせて、
お帰りの道路沿いへ回りました。
そこで、川平湾から出ていらっしゃるのを待ち受け。

でも、そこはいくら徐行でも、やはり車。
あっという間に通り過ぎられました。
動画で撮りましたが、あっという間。

こうして興奮と感動に満ちた半日が終わりました。

ちなみに、美智子様が襟元につけていらっしゃるのは
沖縄の花、デイゴのコサージュです。
そういう地元への心配りを、いつもなさっていらっしゃいます。

両陛下のお優しさ、お心配り、いつどこで拝見しても裏切られることがなくて
心からご尊敬申し上げます。

そろそろご公務を減らすか、引退してお二人でゆっくりしていただきたいとも思いますが、
やはり少しでも長くたくさん拝見したいと思ってしまうのも事実。
どうかお元気で長生きしていただきたいです。





 

| | コメント (4)

2012/01/25

和菓子の美

都会の良いところのひとつに、人間の手が作り出す美があります。
もちろん都会で作られているとは限らないですが
そういうものが集まっている、という意味です。

その一つに美しい和菓子があります。
01252 春らしい色、美しいデザイン。
こちらは両口屋謹製「岸辺の春」
01251この絵を和菓子にしたものなんですねえ。。。
なんと繊細で美しいのでしょう。
中には栗も入っていて、味もほっこりまろやかで美味しいです。

これは宮中歌会始のお題をイメージした季節限定ものだそうです。

        

 

歌会始と言えば、今年のお題は「岸」。
美智子様の御歌がすばらしかったです。

      「帰り来るを立ちて待てるに季(とき)のなく
          岸とふ文字を歳時記に見ず」

下句は「岸という言葉は歳時記にない」という意味です。

上句のより深い意味は、私も解説を聞いて初めてわかったのですが
「季節が決まってない」ということを「時が限られない」意味として

「津波で愛する人を失った人が、もしやの思いで
帰りを待ってたたずむ岸(思い)には、終わりの時はない。」

   

被災者の方の心に、深く、静かに寄り添う御歌です。

美智子様がいつもおっしゃる「心を寄せる」ということでしょうか。

もう本当に人間として、心から尊敬しています。

01253 これは2004年、川平湾での美智子様heart04
私が撮った生写真です。

一生に一度でいいからお逢いしたかったので、本当に感激しました。
もちろん群衆の一人としてその場にいただけですけど、それで十分happy02
これは都会でなく、競争相手?の少ない島にいたからこそ!の一枚ですね。

 

今、取り込んで気づいたのですが、
撮影したのは2004年1月26日。

すごい!!偶然ほぼきっかり8年前じゃないですか!
なんか、これをアップしたのは必然だったのかしら・・・・


| | コメント (3)

2012/01/24

最後のいたずら

まだ4匹いた先週のことです。
庭を見たら、なんか白いモノが点々と!
01241 何?何なの?と外に出てみたら
01242 軍手でした。
新品の軍手が、庭にばらまかれてました。
こんなことするのは、この子だけ。
01243
まったく、もう、何がどうなってこうなったやら???

棚の上に束で置いてあったのですが、
他のものを取った時に、落ちたのかな?
それを見つけて、ふりまわしたのか?

6月に1ヶ月預かった時は、サンダル類を3−4足破壊したけど
今回はサンダル2足だけ。
それも以前は3枚おろしにしてたのを、今回は囓るだけでした。

去年買って、忘れてた冬用のつかっけを見つけて
履こうと出しといたら、その日のうちにつま先に穴あけられましたけどpout
なぜ、よりによってそれ??みたいな。

見つけて「アアアーーーーー!!!」と叫ぶと、すぐシッポ丸めて小さくなるんですよ。
犯人バレバレ。

かわいいから、許すhappy01

新しいお家ではどうかな?
まだイタズラはしてないかな?
もう少し後にしたほうがいいと思うよ。

我が家は、みなみとケンだけで、
何のイタズラもしないし、平和で静かで、
ケンはつまんなそうです。
みなみは、「ようやく静かになったわ」みたいです。


| | コメント (0)

2012/01/22

めでたい別れ−2

きのうに続き、今日もお別れ。
3月の震災後から我が家に長期疎開していたぽんぽんが
今日、飼い主さんといっしょに帰って行きました。
01223 3月に来たばかりの頃は、
ものすごく強い絆で結ばれた飼い主さんと別れているのがかわいそうで、
とても気を遣いました。

でも、ものすごくお利口に躾けられているので、まったく手がかかりませんでした。
ある意味、安心して預かれるというか。
脱走とかの怖れ皆無。お散歩完璧。
01224 フレキシの5mいっぱい伸ばして、右往左往しているうちの子達と違って
いわゆる左に「つけ」状態で、リードたるませて歩くぽんぽん。
そういう歩き方にこっちが慣れないので、最後までリード踏んだりしてました。coldsweats01

躾というのは、こういう非常時にこそ大切なものだなあ、と感じました。
うちの子達なんか、とても他所に預けたりできません。coldsweats02

ナツがいなくなった穴を埋めてくれたぽんぽん。
ナツと同じ黒くて大きい子がいてくれるうれしさ。
01229 もちろんぽんぽんが我が家に来るのは、今回が初めてではなかったので
みなみもケンもすぐに受け入れて、仲良く過ごしました。
でも、ぽんぽんは自分の立場がわかっているのか
「遠慮しなくていいよ」といくら言っても、ずっと遠慮してました。
自分よりはるかに小さい年下のケンに、決して逆らいませんでした。
どこまでもケンをたててました。
実際には、ぽんぽんが来てから気が大きくなって、よその犬にギャンギャン吠えるケンの後ろで
ケンの用心棒のように、にらみをきかせていたのでした。

01225 夏バテしそうだったので、マルガリータにして、飼い主さんショック!
でも、ふさふさ時とは別の魅力を見せてくれましたよhappy01

01226 最後まで、みなみやケンと同じ部屋で寝ませんでした。
いくらベッドを用意しても、リビングのソファで寝てました。
ぽんぽんなりの、ケジメというか、「この家の子にはならないぞ」という意思表示だと思いました。

いろいろな事情があって、お迎えがちょっと遅くなったけど、
10ヶ月ぶりに飼い主さんに会えたぽんぽんは、驚くほど素直に喜びました。

また、いっしょに散歩できるうれしさ。
01222
01227 優しい、かわいい顔のぽんぽん。
心優しきぽんぽん。
この10ヶ月間、私達の心の隙間を埋めてくれてありがとう。

01228 空港で、テンションあがってはしゃいだぽんぽん。
その後、ケージに入るのがイヤで、大暴れしたぽんぽん。

無事に東京に帰ったぽんぽん。

慣れない団体生活に文句も言わずがんばったぽんぽん。
また愛するお母さんとの二人暮らしが始まるね!

きっと、前以上に幸せになれるね。
あなたの健康と幸福を心から祈ってます。。。。



| | コメント (3)

2012/01/21

めでたい別れ−1

今朝のお散歩風景。
01211 にぎやかな、あっちこっちわちゃわちゃな散歩も今日で終わり。

わんわんclubさんからの預かり犬ゴンゾー
明日、里親さんの元に旅立ちます。

明朝出発が早いので、今日のうちにわんわんclubさんへ移動で
01214 朝のお散歩から帰って、いつものように庭で3匹で走りまわってから
送っていきました。

01215 01212_2 ケンと上手に遊んでくれて、ありがとう。
ケンはゴンゾーのことが大好きだったよ。

01213 01216 ぽんぽんとも上手に遊んでくれてありがとう。
おかげで、ぽんぽんの我が家滞在がぐっと楽しいものになったよ。

01210そんなお利口で、かわいいゴンゾーだから、
きっと新しいお家でも大切にしてもらえるに間違いない!

幸せを心から祈ってます。。。。

 

| | コメント (4)

2012/01/20

呪文タルト

私はタルトが好きです。
プリンも大好きです。
(いきなり何を宣言しているんだか)

島には予想以上にたくさんケーキ屋さんがあります。
どこもなかなか美味しいです。happy01

しかし、ちょっと前から、私の脳裏から離れない呪文がありました。
「キルフェボンノタルト」

初めて聞いた時は、意味がわかりませんでした。
そしてキルフェボンがお店の名前だと知りました。
今は名古屋にもあるそうですが、私が居た頃はありませんでした。

今回、東京からある人がやってくることが決まり
私は早速検索しました。
そして「キルフェボン」なるお店が東京には幾店かあることがわかり
図々しくも「キルフェボンノタルト」と呪文を繰り返したのでした。coldsweats02

通販ではチーズタルトしかなく、私は生フルーツのが食べたいので
出発の前日に、無理してお店に買いにいっていただきました。
(どんだけ厚かましいんだ、私punch

そして旅すること2000km。
私の元にあこがれの呪文スイーツがやってきたのでしたlovely
01201 一番右端の、白いイチゴ。
熟してないイチゴじゃなくて、白いイチゴだそうです。
初めて見ました。
しかも、これ、1ピースが、なんと¥1575sign03\(◎o◎)/!
(他のは5〜800円ぐらい)

もう絶叫しました。信じられない。
どんなスイーツが千五百円????
もう申し訳なくて、恐縮どころか、小さい体がシュルシュル縮んだじゃないかってぐらい驚きました。

左から、ベリー、リンゴ、白イチゴのタルトです。
それぞれフルーツの下の味もすべて違います。
いっしょにいただいた「メニュー」を大きな声で音読したいぐらいステキなんですhappy01
一番短いリンゴのを書いてみます。

「リンゴ風味のコクのあるアーモンドクリームに甘酸っぱい紅玉リンゴをたっぷりとのせたタルトです。パイとカシューナッツの歯触りが絶妙です」

いかがです?読んだだけでうっとりするじゃないですか?
そしてこの通りのタルトなんです。
もう美味しいです!!!happy02

白イチゴは、イチゴだけで練乳かけたイチゴみたいに甘いです。

購入当日食べるべき所を翌日いただいたわけですが
(ひとりで全部じゃないです。二人で半分こしました)
もう、十分、十二分に美味しかったです。

はあ〜〜〜、幸せheart04
もう思い残すことはないです。
しばらくメニューを音読したり黙読したりして、にまにま暮らします。

 

| | コメント (2)

2012/01/16

八重山駅伝12

きのうは毎年恒例の八重山毎日駅伝でした。
たいていの島のイベントは、うちの辺りは音も聞こえないぐらい無関係ですが
これだけは、うちの前の県道もコースなので応援します。
01161
応援の人達が、通過1時間ぐらい前からどんどん車を止めて待ってます。
そして広報車が「まもなく選手が来ます」みたいなことを言っていきます。
そして選手と監督車が次々とやってきます。

でもこの2-3年は、与那国の選手が独走。
二番手までは10分ぐらい間があります。
01162 その後の展開はけっこう抜きつ抜かれつがありました。
監督車も超接近して、自分の選手に声をかけています。
「ホイサ、ホイサ、ホイサ、ホイサ」と調子の良いかけ声。
もちろん、それ以外にも「腕振って」とか「いいペースだよ」とか。

たいていの監督車はルーフから乗り出してますが
今年はかっこいいオープンカーもありました。さすが白保。happy01
01163_2
結果は与那国の優勝。
詳しいニュースはこちら




| | コメント (2)

2012/01/15

カンムリワシが生きる

01153村の学校の前を通りかかったら、丸い遊具のてっぺんにカンムリワシ!

車を止め、そっと降りて撮影。
01154 ちょっとこの画像ではわからないですが
左足に、銀色の足輪がついています。
これは2006年に、交通事故に遭い、保護治療の後
この学校校庭から放鳥された「やしみ」です。
当時の児童達が命名しました。
以来、やしみはずっとこの学校近辺で生息しています。

カンムリワシにとっては、生息地不足、餌不足、長雨など
厳しい状況が続いていますが、こうして学校をまさにホームグラウンドとして、
ずっと生きていてくれるのがうれしいです。

さて、国の天然記念物、絶滅危惧種カンムリワシの調査のために
今期産まれた幼鳥の、フォト調査を行っています。
詳しくはカンムリワシリサーチのブログをご覧ください。

2月いっぱいの募集なんですが、
私はまだ一羽しか見つけてません。weep

なんとか、もう一羽ぐらい撮影したいと思っています。



| | コメント (2)

2012/01/13

まか不思議な謎

今は4匹いるので、組み合わせや順番を変えながら、犬の散歩を2匹ずつ2回行ってます。
今朝は、ぽんぽんとゴンゾーの組み合わせ。
ゴンゾーはひっぱりが強いので、引っ張り防止首輪をしてます。
それでOK。
01131_2
ナツやケンもひっぱりが強かったので、これを使ってみましたが、
どちらも後ろ足で立ってでも引っ張る、という強者で、効き目がありませんでしたcoldsweats02
だからゴンゾーがとてもお利口に見えます。

さて、2匹の位置関係をずっと見ながら、歩いていたので
最初はなんともなかったと断言できるのですが、
途中で、ぽんぽんのウンチを拾うためにしゃがんで、ウンチを拾って
再び歩き出したら(その間10秒ぐらい)
ゴンゾーのリードがこんなことになってました。
01132 わかりますか?
途中でこま結びに!!
01133 私が拾っている間に、2匹が上へ下への大騒ぎをしていたわけでもなく
おとなしく待ってました。なのに、なぜ??
まるでわかりません。
ほどこうと思ったら、リードを外さないといけないので、家までそのままで帰ってきました。
もちろん私はリードから手を放してません。
だって、2匹のリードはこんなふうに繋がれていたんです。
P1320136
今日はカメラを持っていなかったので、最初は結び目がなかったという証拠写真がなくて残念。
帰ってから、↑の写真は撮りました。

私が最初からあったのを見落とした以外に何かこうなる方法はないでしょうか?
それにしても、リードのこんなところで結び目ができること自体、そもそも不思議じゃないですか?

犬を飼っていらっしゃる方で、こういう経験ってありますか?



| | コメント (4)

2012/01/11

仲良しトリオ

今うちにいるボーイズトリオ。
とっても仲がいいです。happy01
01112 どの組み合わせでも仲がいい。
01113 0111501117 不思議なぐらいスムーズにトリオになりました。
いちばんやんちゃなのはケンで、
犬の礼儀知らずのワガママ放題ですが
多分「このうちの子だから」と遠慮しているのか、
年上で体が大きいぽんぽんも大目に見逃してくれてます。
わんわんclubさんからの預かり犬ゴンゾーは、
どちらともケンカせずに、うまく立ち回り、
ぽんぽんからもケンからも気に入られました。

01111 雨が降ってない時は、3匹で飽きもせずに鬼ごっこをしています。
01118 うれしそうに夢中で走っているこの子達を見ていると
「時よ止まれ!」って思います。

犬同士で遊んでいるのを見るのは至福の時間です。happy01


| | コメント (3)

2012/01/10

むむむな店名

まったく通りすがりなんですけど、
思い切ったネーミングのお店を見つけたので・・・
01101 車から撮って、ガラス越しで見にくいですが
「美容室すねーく」
かわいいイラストの明るい看板ですけど

「すねーく」って、やっぱり「スネーク」?=snake?=ヘビ?

何か他に「すねーく」ってこういう意味じゃない?
というのをご存じの方は教えてください。

島言葉で何か別の意味があるのだろうか?

| | コメント (2)

2012/01/09

おいしい瓶詰め

年末に、高校時代の友人からいただきものをしました。
新潟加島屋の瓶詰めです。(↓イメージ画像)
29312_1_l私は知らなかったのですが、ダンナが見た瞬間
「世界一美味しい鮭茶漬けだ!!」と叫びました。
それは楽しみheart04、と思ったのですが
瓶詰めなのに賞味期限がとても短いんです。wobbly
冷凍してもいいと書いてあったので、鮭茶漬けは冷凍庫へ。

ぎっちり入っているので、少々お茶漬けにしてもなかなか無くなりません。
ものすごく美味しいので、なんか熱いお茶をかけるのももったいないようで
ちらし寿司にすることにしました。flair
12291 鮭といっしょに入っていたイクラとホタテ貝柱ほぐしを惜しげもなく散らし、
同じく別の高校時代の友人からいただいたシラスも。
思った通り、ものすご〜〜〜〜く美味しいちらし寿司になりました。happy02
多分、丼一杯分ぐらい食べたと思います。
ごちそうさまでした。m(__)m

こんどお取り寄せしちゃおうかなあ・・・・

 

| | コメント (2)

2012/01/08

島の成人式

年越しにやっていたEテレの「0655・2355」スペシャルで
01080 こんなくじを引いたので、直感を信じて、突然成人式に行ってきましたcatface

島には高校までしかないので、ほとんどの若人は卒業と同時に島を出てしまいます。
20代の人口がきわめて少ないのです。
なので成人式はお正月の帰省に合わせて1/4に開催されます。
同窓会も兼ねるので、大勢の新成人がそれを楽しみに帰ってきます。
今年は石垣市だけで600人余りの新成人誕生。
01081 私は自分の成人式にも行ってないので、成人式会場に行くのは初めて。
とりどりの色鮮やかな振り袖の女子達。
しかし、派手ですねshine
着物より髪飾りの花が目立ちます。ティアラcrownをつけた子もいました。
派手なのは女子ばかりではありません。
01082 紋付き袴姿の男子も多いです。
出身校でおそろいにしていたり。
01083 01084 この華やかな髪は、全部地毛だそうです。かっこいい!
派手だからといって、不良じゃないですよ(当然かcoldsweats01)。
「ステキだから撮らせて」とこの後ろ姿の写真を撮ったら
「今日後ろ姿褒められたの初めてです。ありがとうございます!」と礼儀正しいご挨拶。
他の子達も、みんな写真を撮った後「ありがとうございました。」と言ってくれました。

わざわざ出かけていったのは、村の中学出身者の晴れ姿を見に行ったのでした。
毎年1〜2名しかいないのですが、この年は4名いて
けっこういっしょに遊びました(遊んでもらったとも言う)。
マンガを回し読みしたりして。happy01
もうバラバラの進路に進んだ4人なので、一堂に会すのは今後滅多にないかもしれません。
01085 今の人は、写真撮る時、必ずVサインなんですね。
もう絶対しますね。びっくりしました。

新成人はだれもとてもうれしそうで
取材のカメラの前で、数名が
「オレ、ものすごい幸せです!」「私の方がもっと幸せです!!」とか
押し合いへし合いしながら、幸せ自慢してました。
家族や後輩達が花束を持って迎えに出ていて、あちこちで写真を撮ったり、
久々の再会に話の花が咲いたり。

そしてこの後は、自宅で家族や親戚とのお祝いへ。
「今日はうちで主役やらないと」だそうです。
その後、友人達と深夜の飲み会にくりだすパターンとか。
女子は夜までずっと着物でいるそうです。

やっぱりお祝い事っていいですね。happy01

こんな不安な時代に乗り出していく
若者達に幸多かれ!!

 

| | コメント (3)

2012/01/07

お年玉結果発表

応募していただいた皆様、大変お待たせいたしました。
公正なるくじ引きの結果、当選者が決まりました!
01070
前回のプレゼント企画の時は、オヤツを載せて選ばせたところ
それぞれの犬の引きクセがわかってしまったので
今回は違うやり方にしました。
オヤツを使わず、皆さんの名前(敬称略で失礼します)を書いた紙を折りたたんで、バラッとまいて、どれか1つをひいてもらう。

01074 オヤツも何もないので、犬達がわらわらと来たところで
「誰か、ひとつ取って!ひとつ取って!」と連呼。
そのうちにケンがひとつくわえてくれました。
01075 おぉー、でかした!goodありがとう。
ちょうだい。
01078 01079 これはラー油当選者です。
当選者は・・・
01077 May2♪さんでしたsign03

続いて、泡盛の抽選です。
同様に応募者の皆さんの名前を書いた紙をバラッとまいたら
今度はぽんぽんが選んでくれました。
01071 01072 はい。ありがとう。ちょうだい。
01071_2 ガシッと手をかけられて、掌に置いてくれました。
泡盛当選者は・・・
01073 梅さんでしたsign03

おめでとうございますsign03happy01

お二人にはそれぞれの賞品をお送りしたいと思います。
プロフィール欄にこちらのメルアドがありますので、
ご連絡くださいませ。

残念ながら外れてしまった皆様、申し訳ありません。m(__)m
また企画しますね。
結果をふまえまして、遅くなりましたが、ご応募いただいた皆様へのコメント返しをさせていただきます。



| | コメント (13)

2012/01/05

今年のお正月は

今年の、我が家のおせちはこんな感じでした。
01051 おせちと言っても、和風・沖縄風などを取り入れた毎年変わる藍オリジナルですね。
今年は正面から、ゴーヤのかき揚げ、時計回りにぐるくん&なます、大好きな金城かまぼこのカステラと紅白かまぼこ。
特にカステラかまぼこの豪華な味わいは、我が家の正月には欠かせません。
次が昆布と桂むき大根で巻いた豚角煮、木耳・人参・卵を鶏肉で巻き蒸し、こんにゃく煮、中央がソーキと大根の煮物でした。
健康の象徴、長命草をちらして。

お吸い物は沖縄風に中身汁(世界三大珍味;キャビア、フォアグラ、中身汁)
01051_2 豚の内臓と薄切りの椎茸とこんにゃくのお吸い物。
ショウガをのせます。
でも臭みはまるでない上品な味のお吸い物です。
これは島の商店で大晦日に購入します。
二日には、これに八重山そばを入れてもOKgood

沖縄ではお雑煮を食べる習慣はないようです。
我が家は名古屋流で、もち菜と鰹節を入れるだけのすまし汁のお雑煮です。

お屠蘇にはいただきものの日本酒を。
01052
またまたお正月食べ過ぎで、そろそろお粥にして調節しないといけない感じです。
七草粥とか、昔からの風習には、ちゃんと意味があることを
年を取ってくると実感します。

               by ゆうゆう

| | コメント (2)

2012/01/04

プレゼント応募締切

病気と闘ってきたびりびりがとうとうお空にいっちゃいました。

私はびりびりが島に来た日から、たまたま知ってます。
かわいい仔犬でした。
犬の時間は、本当に速いですね。
見送ることしかできない。

Romance_novel1 これからは、お空の海でナツとまたラブラブ追いかけっこしてね。
(この写真撮ってから、まだたったの5年も経ってないのに、もうふたりともいないなんて・・・crying

     

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

      

さて、新春お年玉大会にご応募いただいた皆様
誠にありがとうございました。
A賞に7名、B賞に6名のご応募をいただきました。
厳正なる抽選で当選者を選びますので(方法考え中)、
結果発表までしばらく(数日)お待ちくださいませ。

01041
石垣は、晴れ間ものぞいた穏やかなお正月でした。
でも今日4日は、また雨空に戻り、冷たい北風で今期一番の寒さになってます。

 

| | コメント (5)

2012/01/01

新年あけて

01011
01012
01013
石垣は年末の降り続いた雨がようやく止んだ元旦です。

本当に本当に、一人でも多くの人にとって
幸せな年になってほしいです。

このブログも6年目に入ります。
ご愛顧に感謝して、
お年玉プレゼント大会sign03パフパフ

プレゼント賞品はこの二つ。
01014 八重山が誇る、ふたつのレア特産品をご用意しました。

Aはいただきものですが、プレミア過ぎて開ける勇気がなくcoldsweats01
いっそ、ぜひ!という方に飲んでいただいたらいいのではと思いまして。
Bはご存じ、ラー油ブーム元祖。

ご応募はコメント欄にハンドルネームと共にお願いします。

1.ご希望賞品 A または B
2.このブログのお好きなカテゴリー(サイドバーにあります)
3.合い言葉「日本の進路は私次第」

応募期間は本日より1/3深夜0時までです。
お正月にこのブログに訪問してくださる方は少ないでしょうし
きっと競争率低いと思いますので、ぜひご応募ください。
もし複数のご希望がありましたら抽選になります。

ご応募お待ちしてます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。





| | コメント (17)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »