« 牛そば@あんぶれら | トップページ | 保護活動チャリティカレンダー »

2011/11/25

ゴンちゃんブログ

元捨て犬、現在外飼い番犬ゴン太郎のブログ
飯の為ならなんでもするズラ
大好きで愛読していたら、いつのまにか犬ブログランキング2位に!
しかも、本にもなったsign03

著者「ねぇやん」と言うのも笑えるhappy02
ねぇやんさんの愛情と才能の溢れるブログです。

 

流行りの純血小型犬でもなければ
おしゃれなカフェも、かわいい洋服も出てこない。
(と書いたら、昨日今日とゴンちゃん、かわいい服着てます!)
どちらかと言えば、真逆で、シモネタ続出のブログを本にした出版社もすごいなあ。

室内飼いでトイレを覚えない、無駄吠えが多いからと捨てる飼い主より、
室内でもケージに終日閉じ込めておく飼い主より
外飼いでも大事にしてくれる飼い主のほうがいいに決まってる。

長いブログの一部が本にされたわけですが
実は、保護活動についても多くが語られているブログなんです。
そして問題も多々あるゴンちゃんに対する、周りの人の寛容と愛情も感動的。
犬の問題は人間が愛情と知恵で解決する、
あるいはうまく共存する、
という当たり前なのに忘れがちのことを見せてくれます。
他の多くの犬ブログとは一線を画す内容に賛否両論かもしれませんが
私は好きなんですよ〜〜〜happy01

なんでも多様化がいいのだ。

幸せの形はそれぞれ。

そこに愛情と、おいしいご飯があればね。wink

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

それなのに、石垣島の迷子犬、まだ見つかっていません。weep

132132594548013112966_haibi2011 前脚のハイソックスが特長ですが、泥で汚れてくるとわかりません。
赤い首輪してます。

名前:ハイビ

特徴   琉球犬ミックス(黒×薄茶) 
     前足は半分くらいが白、後ろ足はつま先が白い。
     赤い首輪をしてました。 
     体重7~8キロくらい  女の子

飼い主さんブログと連絡先はこちら

島内の皆さん、リンク紹介など、今一度ご協力をお願いいたします。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

里親さん募集中sign03

Dscf0464 仮名:なっちゅ
2才、男の子

体重:11kgぐらい。飼いやすい大きさです。
人なつっこっくて、とても愛嬌あるかわいい子。

預かりブログはこちら
わんわんclub共同ブログなっちゅページはこちら

|

« 牛そば@あんぶれら | トップページ | 保護活動チャリティカレンダー »

コメント

私もゴンちゃんブログの大ファンです♪
いつのまにかあんなに有名になられて~~(笑)

私もぜったい室内飼い派ではないのでゴンちゃんの環境には
大賛成^^
そりゃ室内飼いに越した事は無いけどでもそれにこだわりすぎるとせっかくの出会いやチャンスを逃してしまう事もあるし。。。
結局は外で飼おうが家で飼おうがその子の事をどれだけ大事
に思っているかって方が重要だと思います。

投稿: ぶりぶり | 2011/11/25 22:29

読んだよぉ~♪
mi-goroさんに教えてもらってから私もファンだよ!
ゴン太郎の表情最高!

投稿: デロ母 | 2011/11/26 09:17

わたしも買った~(*´∇`*)

愛情溢れる下ネタブログだからね。
眉毛書かれようが
口むぎゅされようが
くすくす笑って楽しめる~(*^^*)

投稿: ぱんだんて | 2011/11/26 17:37

>ぶりぶりさん
「室内飼いに越した事は無いけどでもそれにこだわりすぎるとせっかくの出会いやチャンスを逃してしまう事もあるし」
そうなんですよねえ。
犬によって性格もあるし、外で飼う方が楽な状況ならそれもありだと思います。
もちろん外でも中でも愛情は不可欠ですけどねgood


>デロ母さん
ねえ!どうしてあんな表情豊かなんでしょうねsign02
やっぱり愛情いっぱい受けているからでしょうねwink

 

>ぱんだんてさん
ほんとに愛情溢れてますよねえ。
それに笑えるし!
気分が凹んでいる時は、ゴンちゃんに会いに行くと、笑って忘れられます。
いつも予想を超える(外す)オチで笑えますhappy01


投稿: 藍mi-goro | 2011/11/26 20:24

お買い上げ&書籍紹介ありがとうございます!
こんなに私のブログを理解してくれてるなんて・・・
ブログを続けてきた甲斐があります

先代の番犬を探していたときに、絶対に保護犬の里親になろうと決めたのに、番犬で飼いたいと正直に言ったら断られたことがあります
そんな可哀そうな飼い方をする人に譲れる犬は居ませんと言う人もいたのです
そんな飼い方って・・・もう説明する気になりませんでした

ありのままの番犬としての飼い方をブログに隠さず公開することで、犬の飼い方も様々だということを理解してもらいたい気持ちもありました
犬はバカではありませんが、人間と一緒で賢い犬ばかりじゃ~ありませんからね(笑)
人間だって、利口な人もいればバカも居て、金持ちも居れば貧乏人だって居る!
みんな支えあって生きていければ世の中ホント平和になれるのにね!

あ、偉そうなことを長々と書いてしまいましたが、ハイビちゃん見つかるように私のブログにも転載して写真UPしておきますね


投稿: ねぇやん | 2011/11/26 21:11

mi-goroさん

再度ハイビ情報掲載ありがとうございます。
本当にたくさんの方に励ましとご協力をいただいて、もう、ハイビが帰ってきた折には石垣全島お礼周りしなきゃ!って感じです。ホント、あとはハイビ待ちなんですよね・・・

ねぇやんさん

ブログ転載ありがとうございます。
ゴンちゃん、笑わせていただきました~。
久々に腹の底から・・・・そちらもありがとうございます!

投稿: わお | 2011/11/26 23:06

私もこのブログ好きです。
この下ネタブログが本に!?って、かなりびっくりしたけど(笑)

おっしゃるように、外飼いだから愛情がないとか
室内飼育だから愛情深いというのは
浅い見方だと思います。

愛情いっぱいになら・・・という思いもあるけど、
やっぱり私は募集するときは室内にしちゃうな。

でもその子には外のほうが合うというのなら、
それはその方向で考える必要があるとは思っています。

ゴンちゃんは、室内でトイレ失敗して叱られまくるより
外でおおらかに過ごさせてもらえるのが
合っているということですよね

投稿: ゆか | 2011/11/27 10:27

>ねぇやんさん
わざわざのコメントありがとうございます。
迷子犬のリンク協力もお忙しいのに感謝します。
室内で暮らすのが犬にも人にもストレスがかかるなら、外の方がいいと思います。
ましてやゴンちゃんのように、至れり尽くせり大事にしていただければすばらしいです!
ただ自分が保護した犬が室内生活に順応して、問題なく暮らしていれば、その里親さん捜しは室内飼い希望になりますが、留守番が長時間なら、むしろゴンちゃんのように長いリードで庭のほうがいいと私は思います。
だから、どこまでもケースバイケース。
人の都合だけでも、犬の都合だけでも決められないことで、ねぇやんさんの所のように、人の目的と犬の性質がうまくマッチして、両者になるべく負担がかからないように愛ある暮らしを模索するのがベストではないでしょうか。

石垣では大体が外飼いのほうが多いですし、雑種犬が大多数。
捨て犬もゴンちゃんみたいな雑種中型犬が90%ぐらいです。
だから環境を整えてもらうのを条件に、犬の性質を見ながら、外飼いでも(全国に)譲渡しています。
だから、あんなに人が努力して居心地良くしてもらっているゴンちゃんのブログは、貴重な教科書みたいで参考になります。happy01
これからもみんなを笑わせて、幸せを分けてくれるゴンちゃんブログを楽しみにしています。
またお時間ありましたら、石垣島の雑種犬達の様子も見てやってくださいませ。

投稿: 藍mi-goro | 2011/11/27 15:29

>わおさん
強力な応援が入りましたから、これで一気にハイビちゃん全国ネット!
ひょっこりどこかにいるのが見つかるといいですね。

>ゆかさん
「室内でトイレ失敗して叱られまくるより外でおおらかに過ごさせてもらえるのが合っている」
そうそう、そういう場合もあると思うんですよ。
だったら外飼いも一つの選択肢になりますよね。
既に室内で落ち着いている子を、また外にというのは抵抗がありますけど、
少しでも多くの子に家族を見つけるためには選択肢は多い方がいいと思うので、楽しいゴンちゃんブログはほんと貴重だと思ってます。

投稿: 藍mi-goro | 2011/11/27 15:47

こんにちは

ゴンちゃんブログで盛り上がっているようですね・・
ハイビちゃん、早く見つかるように願っています。

さて・・ちょっと一言よろしいですか?

ゴンちゃんブログ初めてのぞかせていただきました。
大変面白かったですよ~

保護犬を譲渡する場合、一度悲しい思いをしている子がほとんどですから、やっぱりそれなりの条件をつけますね。
番犬として飼うことを不可としているところが多いです。
それにはやはり、ちゃんとした理由があります。
外でも可、としていても、夜や天候の悪い時には、中に入れてください、としているところもあります。
譲渡する側としては、二度と悲しい思いをさせたくない、という切ないほどの思いがあるのです。
だから・・・保護犬を家族に迎える場合には、その思いをしっかり受け止めて欲しいのです。
普通にわんこを迎える以上の注意や気遣いが必要です。
そのことはご理解いただけると思います。

保護ボランテイアさんは本当に身を削って活動されています。
だから、少しでもその子の安全安心な終の住みかを必死に探すのです・・・・・・

なんで外飼いだめなの??
いいじゃん、愛情かけてやれば!

そうでしょうか???

投稿: ノエルママ | 2011/11/27 18:34

>ノエルママさん
お気持ちはよくわかります。
私も数少ないですが、自分で保護した犬達を里親さんの元に室内飼い条件で送り出しています。
理由はどの子も既に室内犬になっていたからです。(サイドバーの「卒業生達」をご覧ください)
他の方とのコメントのやり取りを見ていただけば、皆さん、ノエルママさん同様の意見を承知の上なのはおわかりいただけるかと思います。
だれも外飼いを奨励しているわけではありません。
頭ごなしに「室内しかダメ」と決めつけることはない、という趣旨です。
室内飼いならすべての飼い主さんが必要かつ十分に世話をして、犬も必要十分に幸せとは限らないこともご存じでしょう。
室内で放置・ネグレクトされている犬達だってたくさんいます。
ゴンちゃんは、過去に室内飼いで譲渡されて、失敗した子です。
保護主さんもよくよく考えて、ゴンちゃんのためによかれと思って現在の里親さんに譲渡されたはずです。
「なんで外飼いだめなの??
いいじゃん、愛情かけてやれば!」
そんな軽い気持ちではないですが、最も大切なのは犬の心に共感する愛情と手間暇かけての世話ではないですか?
番犬=愛情無し、とは限らないですよね。
そういうことが伝えたいだけなんです。
ゴンちゃんのように、いっぱい話しかけられて、いっぱい世話してもらって、立派な二重構造の家に住んで、そんな番犬もいるんです。
犬の幸せにはいろいろな形があるってこと。
というか、一つの幸せの形だけでは、あふれる犬達にとっては足りないcoldsweats02

記事本文にも書きましたが、この件は賛否両論あるのは承知。
ただ「私はこういうのもあり」と思います、ということです。

投稿: 藍mi-goro | 2011/11/27 20:26

こんにちは!

丁寧なお返事、説明をいただいて恐縮しています。
事情もわかりますし、たぶん数少ない例なのかな、と思います。
だからといって、一般的に当てはまるかといえば・・・・?・?
といったところでしょうか・・・・
私が?と思ったのは、このねえやさんは最初から番犬を探していた、という点です。
ゴンちゃんとベストマッチなのはわかります。
でも、もしそうでなくて別のわんこを番犬に迎えたかもしれませんね・・・
保護団体さん?に最初断られたということですが、保護犬を番犬として迎えたい、というご希望そのものがちょっと・・??
と思っただけです。
ゴンちゃんはたぶん特別なケースかなって思います。

いまだに本当にごく軽い気持ちで非常識なことを言う人が多いです。
だから、基本的な面でまだまだ基準を設けるのはしかたのないことだと思うのです。
日本はまだまだ信じられない飼い方をしている人が多すぎます。

私が懸念するのは(大げさですみません)、ゴンちゃんのことが有名になると、本質を見ないでただ外飼い番犬、何が悪い?
と短絡的に考える人がまた増えるのでは?ということです。
ボランテイアさんが苦労して啓蒙してきたものが、一瞬で崩れ去るかもしれません・・・・
おかしいですか?私のこの心配は?
でも日本人ってこんなものですからね・・・
流されるんですよね・・・・その時の流行?に・・・・

ですから、やっぱり本質は見極めていって欲しいですね。

すみません・・・・・本当によけいなおせっかいをしています。
わかっているのですが・・・・・・・
つい・・・ね・・・・

でも、ゴンちゃん一家のことはとっても素敵だと思っています。

とっても幸せに暮らしていると思います。


投稿: ノエルママ | 2011/11/27 21:27

>ノエルママさん
「ゴンちゃんのことが有名になると、本質を見ないでただ外飼い番犬、何が悪い?と短絡的に考える人がまた増えるのでは?ということです。」

おっしゃるとおりです。
そこは今後もしっかり押さえていかないといけないポイントだと思います。

ただひとつ?なのは、番犬が欲しかったら保護犬ではなくペットショップで買えば、とおっしゃりたいのですか?
まさかね。coldsweats01
家に迎える候補として、まず保護犬を考えてもらえるのはありがたいことです。
それこそ保護活動している人達が一番に啓蒙していることのはず。
後は、どういう飼い方をするかをよく話あえばいいじゃないですか。
時には、その家のライフスタイルに合った飼い方もあるでしょう。
人にも犬にもストレスの少ない飼い方でなければ、どちらにとっても不幸な結果になりましょう。
その場合はある程度の歩み寄りも必要かもしれません。
一番大事なのは、一生可愛がってくれる家族を見つけることです。
大前提は大前提として、保護主、預かりボラがケースバイケースで考えるべきことと私は思います。
ところで、うちの子達は家族ですけど、番犬でもありますよ。happy01
田舎では番犬するのも犬の重要な仕事です。

投稿: 藍mi-goro | 2011/11/27 22:30

何度もお返事いただいて大変に恐縮してます・・・(大汗)

こういうテーマって、なかなか正面きってお話する機会がないなって思いますので、再度おじゃまさせていただきました。

まず・・・保護犬を番犬として・・・ではペットショップで買えばと思っているのか、ということですが。
う~ん・・・私の中でペットショップという文字はまったくありませんでした。
実家のわんこも、もちろん我が家の子も、知人宅で生まれてしまった子供を(子犬)引き取ったものです。
我が家の二人目は保護犬出身ですが・・・

私の意識の中で、ショップで、という意識はまったく無く、その言葉が出てきたので逆にびっくりしています・・・・
そして、やっぱり田舎だろうが都会だろうが、それは飼う人の意識の問題ではないでしょうか?
田舎に住んでも、それこそ都会に住んでも、おっしゃるようにネグレクトってこともありますしね。
自分はやっぱりわんこと近くで寄り添って暮らしたいと思えば、互いのぬくもりを感じて眠りたいと思うだろうし、物騒だから、何か物音がしたら、わん!って吠えて欲しいと思えば、きっと家の中からだって吠えてくれると思います。
私だったら、外に置いてもし物騒な危険な目に我が子(愛犬)が会うんだったら、私のそばにいさせて一緒に逃げようと思います。
自分のために危険を冒して欲しいなんて思いません。
我が子のために自分が闘います。
たとえば、私が自然の中の一軒屋に住むことになったとして、泥棒が侵入しようとししたら・・・きっとるるはわわわお~んっと私のベッドから吠えるだろうし、そうしたら私は危険を感じてそれに対する対応をするでしょう。
まあ、どうするべきかは普段から考えておくと思いますから。

うまくいえませんが・・・
やっぱり意識の違い、としか考えられませんね・・・

田舎だから番犬・・・・
それがよくわかりませんが・・・・

私、福島で生まれて両親は栃木出身・・・
青森で育ち、東京に来て小学校に入学・・・
その頃、近所の方から子犬を譲られて飼い始めました。
親は子犬が育つと犬小屋に入れました。

親兄弟の考えと私のとは全く違うのです。
私だけが、わんこといっしょに同じ空間で暮らせるのです。
このように、家族の間だって考え方や意識がちがうことがあります。だから、思うにやっぱりその人の意識のじゃないでしょうか?
住んでいる場所じゃないと思います。



投稿: ノエルママ | 2011/11/28 00:33

横入り失礼します。

mi-goroさんは「うちの犬は番犬でもある」とおっしゃっていますが、
「番犬でもある」と「番犬である」とは、ちょっとニュアンスが違いますね。

番犬にする=つなぎっぱなし、ほったらかしというイメージがあるからだだと思います。
ですから、「番犬にします」とまっさきに言われてしまうと、保護しているほうからすると、それはもうすぐその時点で、お断りすることになるのは、仕方ないと思います。

言葉が足りなかったのではないでしょうか。

mi-goroさんご自身も、そちらの「畑番」というものにマユをしかめ、「そんなところには・・・・」とおっしゃっているではありませんか。

ただ、先のコメントにも書いたように、犬によると考えています。

私は自分で募集するときは、やはり室内を条件にしてしまいます。
大切にお世話し、室内での練習をクリアした子たちですから、あえて外にする必要がありませんし、できたら同じ空間で目の届くところで生活していけるようにと願うからです。

でも、犬がずっと外で過ごしてきた子で、室内での生活のほうがストレスだったり、どうしても室内になじめなかったりする場合は、それは外での生活スタイルのかたに受け入れていただくことを見当する必要があると思っています。

レスキューに関わるものが、「室内至上主義」みたいになっていますが、例外としてうまくいった例としてゴンちゃんのブログはあるのかなとも思っています。


投稿: ゆか | 2011/11/28 08:15

天気のせいか? 通信状況(Eモバイル)が悪く、
なかなか辿りつけませんでした。

なっちゅの「動きが分かる画像」でのご紹介
ありがとうございます。

今日のような雨降りの日は余計にハイビちゃんが
気がかりです。
早く見つかりますように。

↑に関してのコメをしたい所ですが
これから3匹の散歩の時間が迫ってます、
いずれまた。

投稿: 都わすれ | 2011/11/28 16:58

>皆様
この問題に関してはコメントで延々と続けるより、別記事をたてて改めてやりたいと思います。
まず前提条件・言葉の定義などをしてからにします。
それから、言い足りないこと、新たに提起したいことなどあれば、お寄せいただければと思います。
そんなわけで、しばし休憩paper

投稿: 藍mi-goro | 2011/11/28 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛そば@あんぶれら | トップページ | 保護活動チャリティカレンダー »