« チョッキンチョッキン | トップページ | 危険要注意! »

2011/11/02

敬老会2011

3年ぶりに行われた村の敬老会。
隣村と合同で学校の体育館で開催。

今回は校長先生が打ち合わせ(実行委員会という立派な名前)を仕切ったので
随分早くから各係責任者なんか決まってしまい、
いつもの「当日になりゃ何とかなるさ」的取り組みとは勝手が違いました(いいんだけどcoldsweats01)。

で、私は「買わずにつくる」飾り花担当と,記念品担当。
記念品は「せっかくなら良いものを」と高級毛布に決まりました。
島のスーパーで買ったのですが、「敬老会の記念品」と言うだけで
お祝い用包装紙に「祝敬老」の熨斗をつけて、更に1個毎にお祝い手提げ袋に入れるようにしてくれます。
数が多い(12個だけど)ので、配送をお願いしたら
無料でしたがお店ではなくクロネコさんが配達してくれました。
(どんだけ遠隔地だと思われてんだ?)

今回は80歳以上の人をお祝いします。
戦後にジャングルだったこの辺を開拓した1世にあたります。
大変なご苦労の末に、今の平和で静かな美しい村があります。
だから誰もが感謝の気持ちを持っています。

1101 いちばんの高齢者から「あやかりの盃」が与えられます。
ご長寿にあやかるように、という儀式。

そして挨拶などをはさみながら、もちろん歌って踊る宴会となります。
石垣島での座開き(最初の余興)は「鷲ぬ鳥節」(カンムリワシの歌)と決まってます。
1101_2 服の上にすっぽりかぶるだけの簡易衣装。
でも、雰囲気が出ますよね。
踊っているのは校長・教頭先生や公民館館長さん達。

11011 児童生徒に先生も加わって,エイサー。
今回はお料理はオードブルとおにぎりだけで、手作り暖かい汁物がなかったので、ちょっとさびしかったです。(前回2008年度の様子
11021
お祝いされる皆さんは、これではなく、お持ち帰りできるように上等折詰めです。

さて、余興は子供の歌、大人の民謡と続き
1102 ぶっつけ本番の「キジムナー踊り」も出ました。
100円ショップで買った仮面やメガネなどをつけて、アドリブで滑稽踊り。
喜んだ子供達もどんどん舞台にあがってきて、大騒ぎになりました。happy01

そうかと思えば、なんと、3歳児の余興デビューsign01
11023 BEGINの「三線の花」というしっとりしたスローな曲に合わせてエイサー披露。
1101_3 お兄ちゃん、お姉ちゃん達が手踊りで応援します。

それを見ている出演しない小学生も後ろでいっしょに踊ってました。
1101_4
こういうところが、たまらなくいいんだよなぁ〜〜〜村の子供達!happy01

そして宴もたけなわ、お酒も入って気分が良くなってくれば
校長先生がきっちりと決めたプログラムなんかへのかっぱ
「ボクもやりたい」と飛び入り組参入!
既に時間がおしてましたが、イヤとは言えない言わせない。
歌うのだ,踊るのだsign03
1101_5 そして、そのままプログラム最後のみんなでカチャーシーに突入notes
飛び入り組がむしろ雰囲気盛り上げてよかったみたい。
1101_6敬老者も足腰達者な人はみんなといっしょに踊ります。
立って踊るのが無理な人も、じっとしてなんかいられません。
11012 上半身だけでも踊ります。
カチャーシーはどっちを向いて、どういうふうに踊ってもいいのですが、
時に二人あるいは数人で向き合って踊ります。
だから座って踊るおばあちゃん達の前にも、すぐに飛んできていっしょに顔見合わせて踊ります。happy01

こういうところが、いいんだよなぁ〜〜〜村の人達!happy01

こうして宴も終わり。
みんなそれぞれニコニコしながら、敬老者を見送り、全員で後片付け。
飲みたい人は、そのまま二次会(その場で)になだれこみます。
もちろん男性がほとんどで、彼らがすべての後片付けを最終的にやってくれます。

石垣ではあちこちの村単位で
このような敬老会が9月から10月に行われたようです。

|

« チョッキンチョッキン | トップページ | 危険要注意! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョッキンチョッキン | トップページ | 危険要注意! »