« 苦節10年 | トップページ | 優しさとむごさとせつなさと »

2011/09/11

終わりの季節

今年は最初から天候不順で
寒さがいつまでも残ったり、雨が多すぎたり少なすぎたりで
石垣島名産品である、パインもマンゴーも今年は不作でした。
出回るのも例年より2週間以上遅れ、
マンゴーは全体に品薄で、甘みも例年以下という声も。
それでもすごく美味しいですが。
パインも例年は9月中旬までは、あちこちで見かけますが、
今年は上旬で姿を消しました。
なくなる時は、いっせいに消えてしまうのが島の掟coldsweats02

09111 8月25日にいただいた最後のマンゴ−。とても大きくて立派。
(大きさがわかるように写真撮れよ、とオジサンに言われた)

できが悪いからダメ、と自分に厳しい近所のオジサンに今年は売ってもらえなかったのですが、
朝の散歩で出会うと「今、取ってきた」とたまにいただくことも。happy01
傷ついたり色づきが悪かったり、
「味は保証せんよ!送ったらダメ」とオジサンはのたまうのですが、
十分しびれるぐらい美味しいです。

この最後のマンゴーは、さすがに傷みが中まであって、一部食べられない所もありましたが、あとは美味しくいただきました。
少し冷凍もしました。

 

*震災から6ヶ月。
あえてお気楽な記事をアップする私。
本当は被災地の動物達がどうなったのか、
今も変わらない現実の中で奮闘するボランティアの方達とか
まとめてアップすべきだと思うのですが
自分の気持ちがうまくまとまりません。

絶望と希望、軽蔑と敬意
あきらめちゃう私、あきらめない人達・・・

福島の梨を今年も買いました。美味しいです。

 

|

« 苦節10年 | トップページ | 優しさとむごさとせつなさと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦節10年 | トップページ | 優しさとむごさとせつなさと »