« うたの日緊急ライブ | トップページ | 本マグロの季節 »

2011/06/28

うたの日後日談

06282昨日の地元新聞一面トップです。
そして一面下部には大きな広告欄。
06283個人名から店名、企業名、小中高校、さまざまな協力者の名前がズラリsign01
大勢の人の力を結集してできたコンサートだったことをあらためて思います。
本当はどこでやるどんなコンサートでも、大勢の人が関わって初めてできるのですが、それが目に見えないだけなんでしょうね。
小さな島では、すぐに誰が動いたかが見えるから感謝もしやすいです。
関係者・協力者の皆様、本当にありがとうございました。

実は26日は、他にも地元ミュージシャンのコンサートがあったんです。
きいやま農園ライブ
これも地元人気ミュージシャンが集まり前人気が高かったのですが
うたの日コンサートが26日になったので、時間的にもずっぽりとかぶってしまいました。
気の毒だけど、やっぱりうたの日にみんな行くよねえ。
いっしょにやればいいのにね。呼んであげればいいのにね。
などと話していたら、ちゃんと呼んであげてたんですよ。
THE BOOMの演奏にまじって、楽しいセッションを繰り広げました。
そしてMCで
「きいやま農園ライブは今夜10時までやってるんで、これ終わったら来てください!」としっかり宣伝。

うたの日コンサートが7時に終わり、そこから大勢の人が流れたようです。
だって、↓こうなること予想できますもんね。wink
06281すばらしい「うたの日」満喫の一日だったでしょうね。いいなあ。

当日会場では、そこら中で知人の顔を見つけ、挨拶したり手を振ったり。
きのうもランチに行ったら、お店の人に「昨日会場で見かけましたよ♪」と言われたり、あちこちで「楽しかったねえhappy01」と余韻にひたってました。

 

今日になって、このコンサートの報道をネットで見て驚きました。
大したことじゃないけど、事実と違う事があちこち書いてあるcoldsweats02

たとえば
台風一過の晴天となったこの日、急きょ会場を変更し、開催を決定した。」ーここ
実際は、どんよりずっと曇って、何度も雨が降りましたが・・・
それに当日開催決定で会場変更してたら絶対間に合いませんよ。
ちゃんと前日から準備が始まってました。

こんなのもありました。
26日正午にネットで告知しただけでファン2万人が詰めかけた」ーここ
全くの嘘。
このブログで逐一お知らせした通り、前日25日に既にオフィシャルHPで公式発表がありました。
それ以前から、島内では口コミでどんどん噂が広まっていたし(私まで知ってるぐらい)
26日朝に地元新聞一面トップに「本日開催」の大きな記事が出ました。
06271 島ではネットより、この地元新聞記事が一番効力のある広報です。
もちろん内地から来るファンが、当日正午の告知で集まれるわけがありません。
噂を聞いて25日が中止になっても残っていた人々や、
前日に知って、急遽当日午前中に駆けつけた方もあったようです。
あらゆる意味で、当日正午告知の意味不明。

なんかそういうことにしておかないといけない大人の事情でもあるのでしょうか?
まあ、別にどうでもいいことなんでしょうけど
こんな小さな記事の中にも、適当な嘘が書かれているんだな、と知ってしまいました。
大きな記事にはどれぐらいの嘘がちりばめられているんだろう・・・

メディア取材を受けた人が、実際の記事や番組を見て「全然違う!」と怒っていると聞くことがありますが、きっとこういうのが極端になった場合なんでしょうか。
記者が都合のいいように、書きたいように、事実をねじまげて書く。
以前は、それに対して声をあげようと思っても手段がなかったわけですが
今は、こうしてブログやtwitterですぐ現地の声が聞けるし
Ustreamなどで、実際の映像が見れたりしちゃうわけですから
マスコミも、そういう不遜な態度をそろそろあらためて、
真摯に取材したり、ちゃんと裏を取ったり、情報ソースを確認するとか、
きちんとした報道をしてほしいです。

特に震災以降の報道で、うんざりするほどそう感じてませんか?



|

« うたの日緊急ライブ | トップページ | 本マグロの季節 »

コメント

なんでついてもしかたの無い・・・だれも得をしないウソをつくんだろう?
ウソを書いたり言うくらいなら何もしなきゃいいのに。

投稿: ぶりぶり | 2011/06/29 14:26

>ぶりぶりさん
この記事の場合は、離島のコンサートなんて、おそらくどうでもいいこと過ぎて、流れ作業的に適当に書いたんでしょうね。
これ自体は、実際目くじら立てるほどのことじゃないのですが、
ここから、そもそも昨今の報道のいい加減さに思いが行ってしまいました。sad

投稿: 藍mi-goro | 2011/06/29 22:12

〈報道のわなについて〉
 ほんの数秒のニュース映像なので,自ずから限られているとは言え,テレビ・メディアがあらかじめ結論を先に持ち,都合のいいところだけ切り取っているのを感じ取れるときがあります。
 在京キー局が被災地に所在する高等学校の野球部を取材し,震災後の初戦を予告した際,対戦相手校がやはり被災地であることに触れなかったそうです。相手校は,試合後の勝利インタビューで,かえって奮起した旨応えていました。
 もちろん両校に罪はありません。われわれ庶民はメディアの恩恵に預かっておりますが,本件は彼らの意図が透けて見えますね。

投稿: やたがらす | 2011/06/30 10:43

>やたがらすさん
「テレビ・メディアがあらかじめ結論を先に持ち,都合のいいところだけ切り取っている」
これも耳にしますよね。
あらかじめストーリーがあって、そこにあてはめていくって。
現場で取材する人と、局にいるエライ人との思惑が違う事があるかもしれません。
私達は既存メディアに対しては受け身ですから、報道が一方的であっても、それに気づかず、いとも簡単にその価値観を受け入れてしまいがちです。
意識的に違う見方を取り入れていかないといけない時代でしょうか。

投稿: 藍mi-goro | 2011/06/30 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うたの日緊急ライブ | トップページ | 本マグロの季節 »