« 嵐の最中は | トップページ | 黄ラブ保護 »

2011/05/30

台風の後片付け

石垣の場合、台風の被害はほとんど風によるものです。
だから台風の去った翌日から、その後片付けが始まります。
まず家の周囲を見回って被害の確認。
0529 今回は時間が短かった割には、あちこちで、これまで何年も台風に耐えてきた木が倒れました。
うちの前の道にも大きいのが1本weep
これはうちで片付けないといけません。
大きな幹線道路に倒れていれば、県や市が片付けてくれますが
小さな脇道なんかは、自分で片付ける方が早い。
これだけ大きいと、ノコギリで切って解体しないと、重くて運べません。
053011 そんなわけで、電動ノコギリは常備しておかないといけないのだ。
いくつかに切り分けて運んで捨てる、というか移動させる。
05302 エネルギー持てあましているゴンゾー君に手伝ってもらいました。

今回村内で、一番すごかったのはここ。
05303 路上は無数の葉、小枝、大枝、そして木が数本倒れて完全に通行止め状態。
ここは犬の散歩以外は、観光バスしかほとんど通らない道で
逆に観光バスは、ここが通れないとすごく困るわけです。
翌日見たら、きれいに片付いて(道の脇に)バスが通行できるようになってました。さすが!

家周りの掃除が済んだら、潮水をかぶっている家と車を水洗いします。
このために自宅に高圧ホースを持っているところも多いです。
朝から数時間して、どの家もこの段階に進んだ頃
水道局の車が
「節水しましょう。断水のおそれがあります」と広報に回ります。coldsweats01
うちの村の場合は、上水道だけでなく農業用水もあるので
それを使う人も多く、断水の心配はありません。
いずれにしても何時間も出しっぱなしにするわけでなく、数十分で終わります。

本土では、雨の被害が多く出ているようです。
自然の力の脅威の前で、本当に人間はなすすべがありません。
でもひとつひとつ片付けていくしかないんですよね。

|

« 嵐の最中は | トップページ | 黄ラブ保護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐の最中は | トップページ | 黄ラブ保護 »