« 恐ろしい大地震 | トップページ | 晴れの日 »

2011/03/12

備えあれば、の準備リスト

きのうは念のため避難した方も多かったですが
石垣島の津波警報も、今日の午後には注意報となり、
きのうから目立った潮位の変化もなく、もちろん揺れることもなく
日常の生活に戻っています。

ただ警報が出ていた関係で、離島航路などは止まっていましたし
航空便も一部欠航があります。

 

津波警報で逃げる時に、前から作ってあった(放置してあった)持ち出し荷物の点検と、犬用のを新しく作りました。
今回のような大災害では、「備えあれば憂いなし」とはいきませんが
ないよりあったほうがいいのは確か。
と思っていたら、知人がこういうリストをアップしてくれました。
なるべく多くの方に知っていただきたい、と。

ぜひ参考にしてください。
私もこれ見て、もう一度荷物を作り直そうと思います。

 

info02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 danger

被災対策 広めてください。お願いします。

落ち着いて、冷静に。電話は控え、節電に心がける。

【持ち物】
・現金
・身分証明書
・印鑑・預金通帳・保険証
・飲料水(1人1日3リットルが目安)
・非常食(缶詰.お菓子等)
・携帯電話と非常用充電器
・ティッシュ
・トイレットペーパー
・生理用品(ナプキン)
・タオル(5枚くらい)
・懐中電灯
・カイロ
・サランラップ
・毛布
・家族の写真(はぐれた時の確認用)
・ホイッスル(生存率が格段に上がる)
・メガネ
・いつもの薬

【緊急行動パターン】
・窓、ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
*長靴は条件(水位が上がった時等)によっては長靴の中に水が入って
足をとられ歩けなくなる事もありますので注意して下さい

・ヘルメットを被る、赤ちゃんの頭をタオルなどで覆う
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる (可能なら毎日水を取り替える)
・米を炊く
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・とりあえず落ち着く
・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】
・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラス窓、看板や塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける (ストッキング脱ぐ)
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・女性は一人で行動しない、トイレに一人で行かない
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停まれ、キーは付けたまま

【地震が起こる前なら】
・ヘルメットはあるか
・非常食の蓄えはあるか
・水の蓄えはあるか
・応急処置セットはあるか
・寝袋はあるか
・非難所・非難所までのルートを確認

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。

●無料公衆電話のかけ方。
・緑色のアナログ公衆電話
 緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
 通話が終わると10円玉は戻ります。
・デジタル公衆電話
 テレホンカードや10円玉を使わず、
 受話器を取るだけで通話できるようになります。

【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方
 1.伝言ダイヤル「171」を押す。
 2.「1」を押す
 3.自宅の電話番号を押す。
 4.伝言を録音する。
◆安否を確認したい方
 1.伝言ダイヤル「171」を押す。
 2.「2」を押す
 3.安否を確認したい方の電話番号を押す。
 4.録音された伝言を再生する。

【Google Person Finder】
Google安否確認サイト
http://japan.person-finder.appspot. com/?lang=ja
http://goo.gl/rlR07

【災害用伝言掲示板】
au     http://dengon.ezweb.ne.jp/service.d o
docomo http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
softbank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ウィルコム http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/
[TwitterSOSタグ】
GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpme

【救急処置】
意識がなく倒れている人がいたら
 仰向けにし顎を上げて気道確保
 呼吸・脈拍があるか確認
 確認されなければゆっくり二回肺が膨らむのを確認しながら人工呼吸
※この時あごをあげ気道確保→人工呼吸後心臓マッサージ
※AEDがあればAEDをすぐに使用すること

【骨折かどうか】
 腫れている
 変形している
 自分で動かせない、または微動でも激しい痛みがある
 変色している

【骨折処置】
 用意:タオル、副木(硬い棒・板状のもの)、縛るもの
 目的:固定し、骨折箇所の負担を減らす
 方法:骨折場所を中心に、タオルでくるんだ副木を縛りつける

【物に挟まれたときの処置】
体の一部を長時間強く挟まれた状態の被災者の方は、 無闇に救助したりせずに救急車を呼んで下さい。 クラッシュシンドロームに陥り、最悪の場合死に至る恐れがあります。 逆に、挟まれてすぐなら躊躇なく助けてください。

【簡易トイレの作り方】
便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。
ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。
必要に応じてビニール袋を替える。

【全国避難場所一覧】
http://animal-navi.com/navi/map/map.html

【地震に遭遇したときの対応マニュアル】
http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401

【NHK各放送局災害情報】
各地域の災害情報確認のときに。
http://www3.nhk.or.jp/saigai/jishin/index.html

【地震対策まとめサイト】
http://i.2chblog.jp/archives/2389640.html

【その他】
・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
 絶対に見物などには行かないようにしてください。
・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
 瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり役立ちます
・ヒール履いてる人は折る!
・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも簡易ヘルメットになります。 おなじように足に巻けば、履物になります。
・倒れたタンスは背面の薄い板を割って引き出しを出せば簡単にどかせます。
・X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
不安な夜を過ごされている方、眠れなくても楽な姿勢で身体を休めてください。
一人でも多くの方が助かるよう、祈っています。

これを読んだ方、可能な限りコピーペーストで広めて下さい

info02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 dangerinfo02 danger

犬猫などの動物といっしょの避難は
あらかじめ避難場所方法などを調べておいてください。

予備首輪・リード、水・フード、器、ウンチ袋などを持ち出しリストに加えてください。

 

|

« 恐ろしい大地震 | トップページ | 晴れの日 »

コメント

今回は影響はありませんでしたがもはや他人事では無い話しですね。
いつどこに大地震がきてもおかしくない状況なので我が家も今日飲料水を確保しとりあえずの準備をしました。
実は私はヒトは命があれば不便はあるがどうにかなると思っているのでぶんぶんの避難グッズをしっかり準備しました。

それと最近は断水した時の為に洗濯機にお水をためています。お風呂は毎日になるとちょっと不便なので洗濯機なら翌日洗濯にも使えるし無いよりはマシかなと思っています。

投稿: ぶりぶり | 2011/03/12 22:52

情報ありがとうございました
早速コピペしましたが
【緊急行動パターン】 の 
・底の厚い靴をはく (長靴尚可)については
注意事項を独自に追加しました
伊勢湾台風の時は、それが原因でかなりの方が亡くなったそうです
参考までに、、、

投稿: 梅さん | 2011/03/12 23:18

>梅さん
確かに長靴はそのリスクがありますね。
「長靴尚可」は削除しました。
で、梅さんの注意書きをコピペさせてもらいました。
こうしている間も、次々と余震が起こり、信じられないような惨いニュースが入ってきます。。。


>ぶりぶりさん
「ヒトは命があれば不便はあるがどうにかなると思っている」
その通りです。電気がなくてもガスがなくても、50年前の石垣島の人も、江戸時代の人も古代エジプトの人も生きてました。
知恵と力です。
できることはやっておきたいですね。

投稿: 藍mi-goro | 2011/03/12 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐ろしい大地震 | トップページ | 晴れの日 »