« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の投稿

2010/10/31

移動展in石垣

石垣島で暮らしてみて知ったことのひとつに
自然の美しさは、それはそれは素晴らしく心が満たされますが
人間というのは贅沢なもので、それだけでは満足できないのです。
(人間と一般論にせず、私は、と個別論にすべきか)

美というものは、自然の中にあるのだけでなく
人が造り出した「美」もすごく見たくなります。

絵画や手のこんだ職人技が生み出した工芸品とか
すごく美しい布地や刺繍とか
そういうものが組み合わさったオートクチュールの服とか。

地元新聞には時々「今年のパリコレ」特集が組まれたりします。
白黒だけど、写真も載って、きっと私と同じように感じている人がいるんだろうな、と思ったりします。

NHKの日曜美術館をけっこう見ます。

石垣島には八重山博物館はありますが、美術館はありません。

今、石垣で「沖縄県立博物館・美術館移動展」が開催されてます。
10311 芸術の秋でもありますし、早速行ってきました。

会場に入ると、いきなり
1031 サウロロフス全身骨格fromモンゴル
高さ5m、体長9m。
これまでにも内外の博物館で恐竜骨格は見たことありますが、
それ用の吹き抜けの展示室でした。
こういう普通の建物で見ると、その大きさを実感しますね。
テンションいきなり上がりますよ。happy02
足下に
10312        ・・・・・それはないと思うけど・・・複製だし・・・

だけど、確かにさわりたくなる
10313 このシッポつかんでみたい!!
そんな衝動を抑えるには、「噛まれる」は効くかも。
深夜来てみたいです。

別室で、沖縄県の画家「名渡山愛順」の作品20点が展示され
学芸員による解説が行われました。
それに合わせて鑑賞してきました。
琉装の女性や、琉舞を描いた作品が多かったです。
戦争で失われそうだった、紅型や琉装などの保存に協力した画家さんだったそうです。

他にも、古文書、発掘品、古民具などの展示もありました。
どれも大変興味深かったです。

     

「芸術の秋」とか「人の造り出した美」とか並べましたが
今回、結局私がいちばんうれしかったのは恐竜だったみたいです。coldsweats01

困ったな・・・・どうまとめりゃいいんだよ。


| | コメント (3)

2010/10/29

おいしい干物

ようやく天気が回復傾向の石垣島です。
台風14号の強風域にも入らなかったのに、先日の豪雨以来ずっと悪天候が続いていました。
船や飛行機も欠航続きでした。

さて、そんな石垣島では普段は刺身を始め、食べる度うれしい魚料理に恵まれています。
が、たまに「日本酒に合う干物が食べたい」なんて思っていたら
その日本酒と干物(+α)を贈っていただきました。

昔、小倉に行った時、居酒屋で「玄界灘の魚はおいしい」と言うと
決まって「海はどこでも同じ」みたいな答が、少し自慢気に返ってきました。
玄界灘で揚がってから、口に入るまでが、都会でありながら短時間という恵まれた所だから当然ですよね。

その玄界灘で漁をするご主人と、それを干物にする奥さん。
そんなぜいたくな”とれとれ”を、石垣島にいながら楽しみました。
1029_2 イカは上身は柔らかく、噛むほど味があり、当然ゲソもお酒まで喜ぶほど。
1029_3 鯛は高級感のある、横綱と言う感じで、思わずニッコリ。
かぼすと絶妙です。
1029_4 太刀魚は新鮮なので淡白な中にも味わいがあります。
1029_5 鯵は小振りなのがうれしいサイズ。
青魚は特に鮮度が勝負ですが、前述のようなことなので格別。
行儀悪いですが、小さい鯵は手で食べると、なぜ一層おいしいのでしょう。

そして極めつけは二種類のお酒。
1029_6 九州大吟醸と銘打ってあります。
「九州では焼酎」というイメージでした。
そういう土地柄だからでしょうか、青いボトルの薫酒は、お米の香りが強く、大吟醸ながら重量感のある印象に残るお酒です。
鯛を肴にしたら、もう何とも最高でした。
白いボトルの醇酒の方は、切れの良いすっきり感を楽しめる、キリッと辛口でとても爽やかでした。

手作り感の残るお酒を、数ではなく大切に造っているイメージ。
だから温かくなれて、美味しいです。
呑んでうれしくなる酒って少ないと思います。

このお酒を造っているのは、杉能舎(すぎのや)さんです。

                  by ゆうゆう


| | コメント (0)

2010/10/27

陽だまりひな太

ナツのことで凹んでいる私達に笑顔を、と
ひな太の里親さんがひな太の近況を送ってくださいました。

ひな太は2009年1月に青森へもらわれていきました。
思いっきり甘えん坊のひな太は、思いっきり甘えさせてもらえるお家へhappy02

里親さんにいただいた近況の一部をご紹介します。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
ひな太は河川敷でたくさん走り、元気です。
いつも通り、母と同じ布団でねています。
ひな太は母に甘えた声で鳴き、寝せてと要求します。(笑)
母もまんざらでもない様子で笑顔で一緒に寝てます。
4

先日、ひな太の餌を注文しにいったところ、
かわいい洋服があったので犬用を買ってあげたのですが、

人間用もあるとのことで、さっそく買いにいき、
初めてひな太とおそろいの服を買いました(笑)

ひな太は本当にかわいい、私の弟であり、友達です。
大切な家族です!
2

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ぐふふっ!なんてかわいいんでしょlovely
何があったって笑顔になっちゃいますよね。

ぜひ、ペアルックの写真プリーズ♪とお願いした所、送っていただきました。

1 お顔を隠すのがもったいないんですが、
モコモコふわふわでとっても可愛い姉弟です。heart04
寒くて長い青森の冬も、”ぬくぬくなでなで”、楽しく暮らしているひな太でした。

更に、こんなうれしいお話も。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

私はひな太が来たおかげで、

青森のイヌの保護団体の方と知り合えました。
たまたまひな太のブログを見てたみたいで知り合えた方です(笑)
青森と石垣島と、場所は違いますが、
私もボランティア始めました!
本当にお手伝い程度ですが。。。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

保護犬を引き取る事がきっかけで、
ボランティアを始めてくださるなんて、すばらしいですshine
無理せず、マイペースで続けてくださいませ。

近況を送ってくださってありがとうございました。
ひな太の幸せを感じて、こちらも幸せで暖かい気持ちになれました。

そして保護犬を引き取った事がきっかけで、と言えばこちらもご紹介。
10271_2
このおしゃれな雑誌に、アイドル犬の記事と並んで、
「保護犬と暮らそう!」という特集記事があります。
そこに、このブログではおなじみのぽん母さんがぽんぽんと登場しています。
10272 おおはばに出し惜しみbleah
だって、ふたりとも、とっても素敵に撮れているんです。
ぜひ実物をご覧ください&お読みください。

ぽん母さんは、現在「FreePets(フリペ)」というペット達の命を考える活動をしています。
フリペでは「動物愛護法」の改正に向けての署名活動をしています。
ぜひこちらをenterご一読いただき、ご賛同いただけたらご協力をお願いいたします。

いわゆる悪徳繁殖屋や飼い主の放置虐待をいかに防ぐか、ということに主眼が置かれています。


 
 

| | コメント (2)

2010/10/25

あちこちで次々と

久しぶりに昼間は晴れて蒸し暑かったので
夕方の散歩に、久しぶりに近くの海に行きました。
(海にいるうちに雨が降り始めて、夜はまたまた雨)

悪天候で吹き寄せられたナツ好みの棒がゴロゴロしてました。

10251 「ケン、かわりに取ってくるか?」

ケンが取れるように海の手前に投げました。
ケンは取りにいったけど、ちょっとケンには重すぎて持って来なかった。

「ナーーツ!」と叫んで海へ投げてやりました。

いつまでも波間に浮かんでました・・・

しんみりしそうな所にお仲間参上。
10252 海で会うのは久しぶりのランラン(左)&ラッキー。

ランランはナツが逝ったのと同じ頃に、ハブに噛まれて死線をさまよったのですが
必死の手当と看護の甲斐あり、九死に一生を得たのでした。
かわいいお顔に、傷跡が残ったけど、ランランの可愛さに変わりなし。
10253
最近、ご近所のみなみの昔なじみが、次々と病気になったり亡くなったりしています。
また実際に会った事はないけれど、ブログでずっと見てきたワンちゃん達も、続けざまにあちこちで病気で亡くなってしまいました。

それぞれの飼い主さんの気持ちがわかるだけに、よけいに悲しくてもらい泣きはするし、
ナツのことを思ってまた泣くし、ですが、
あまり続くので、ナツだけじゃないんだな、と悲しいながらも慰められるような(ちょっと変な言い方ですが)。
この世で友達の少なかったナツに、天国でたくさん同期の友達ができたようです。

 

そんな中で、病気を克服して、元気を取り戻したびりびり
ハブ毒にも負けず復活したランラン・・・

flairうちの子達の名前も「みなみな」と「ケンケン」にしたら生命力強い子になるのかもね。flairwink


| | コメント (2)

2010/10/24

画像整理

ものすごい雨でした。
5日間降り続けて、奄美大島に次ぐ降水量。
あちこちで道路冠水があり、通行止めになるところも出ました。
雨で流れ出した土で、道路が埋まったり、
根元の土がなくなって樹木が倒れたり。

そしてついには土砂崩れもあちこちで起きて、
家や人に直接被害はなかったようですが
うちより北にある野底地区では、水道管が土砂崩れに巻き込まれ断水。
修復には数ヶ月かかると新聞に書いてありました。
私の経験では、停電より何より断水がつらい。
蛇口をひねると水が出てくることが、あれほど有り難い事とは。

この石垣よりすさまじい雨で、多大なる被害を受けた奄美大島の方には
心からお見舞い申し上げます。

ブログで知り合ったpieちゃんさんのお宅は被害がなかったそうで何よりでした。
石垣もすごい雨だったので、もし奄美みたいな事態になったら・・・とシュミレーションすると、
改めて、動物と一緒に暮らしいてることの非常時における危うさを感じました。
車で避難しか想定していなかったので、車が使えない避難も考えないと。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、この数日、ナツの画像整理に熱中していました。
雨でADSLが繋がらなくなるわ、雷は一日中鳴るわ、
あまりパソコンを使えなかったのですが、少しずつ昔のCD−Rを引っぱりだして画像を取り込んでいきました。

ナツがいた6年間は最初からデジカメがあったから画像枚数が多い。
棒取り動画もいくつかある。でもたったの20ぐらい。
もっともっと動画を撮っておけばよかったです。
なんでもない場面でも動画を撮っておけばよかった。
やっぱり動画は写真とは違う良さがありますよね。
「いいや、今度撮ろ!」と思ってから、今度がないことに気付くのが悲しい。

102404 04年春、ナツ(黄色)がうちに来て2ヶ月ぐらい。
まだほとんど言葉を知らなかった時期。
102405 05年春、うちに来て1年。
オモチャで遊ぶ事を覚えて、うち中のオモチャをかかえこんで喜んでた。
102406 06年春、絶頂期かな。
棒を追いかけて、毎度毎度全力疾走を繰り返していた。
102407 07年春、ケンが来て半年後ぐらい。
ナツにとって、他の犬とくつろぐのは初めての経験。
10240808年春、相変わらずオモチャ大好き。
庭の一角を自分の陣地と定めて、オモチャをそこに集めてた。
102409 09年春、まったりパパに甘える。
さすがのナツも、海で走るスピードが落ちてきたと感じた。
102410 今年春、コナンとこんな遊びができるまでに成長したナツ。
ケンも最初の頃(06年)、こうやって庭でナツとオモチャの取り合いをしようとしたけど、当時のナツは怒った。
一度ガブッとやられて(怪我ナシ)以降は、二度とナツのオモチャに手出ししなかった。
でも、今年のナツは自分から誘うように取りあっこをして、
コナンは口の中にあるボールをもらうこともできた。

勢いが若干衰えたとは言え、まだまだ若かった。
8−9才だもん。
最後の冬から春、一番遊べる季節に、なんで私は半年も犬の相手ができないような病気にならなきゃいけなかったんだ。
もっともっとナツをかまってあげたかったのに・・・

でも、元気だとそれに気付かない。
ずっとずっと、同じ毎日が続くと思っている。

ナツはいつまでも海を走ってると思ってた。
だから9月に結果的に最後の海に行った時だって
ナツの写真がほとんどないんだ。
お別れの近づいたコナンばかり撮ってた。

私のバカ。。。



| | コメント (7)

2010/10/21

もてもてケン

ナツがいなくなってから、さびしくて落ち込んでいたケンですが
最近はようやく普通になってきました。
でも、家で大好きな追いかけっこをする相手がいなくなったので
近所のワンちゃん達に遊びにきてもらいます。

だんだん慣れてうまく遊べるのはごんこ&彩佳さん美人コンビ。

10211 ふたりともケンより体が大きいので、ケンはたじたじする面もありますが
最近は彩ちゃんと走ることが多いです。
10210 彩ちゃんは、強気で積極的。
ケンにラブラブheart04になってきました。
あまりせまられると、ケンは困って、わざとごんこちゃんにアプローチ。
1021 その間に、みなみから彩ちゃんに教育的指導も入ります。
10212
1021_2 穏便にすまそうとするケンですが、彩ちゃんはそれでは気がおさまりません。

10211_2
10212_2
10213
10214
10215
おさえこみにくる彩ちゃんから、必死で身を守るケンでした・・・coldsweats01

みなみが言う通り、正面から向き合ってみようよ。
そうじゃなかったら、いっそ身を任せてみたら?

それにしても、みなみも過保護過ぎじゃないかな?
ケンが心配で心配で黙って見てられないんだよね。

これまで年上のみなみやナツとの、親子のような、茶飲み友達のような、ぬるい関係しか経験してないケン。
自分より若い彩ちゃんからの熱烈ラブコールは初めての経験。
はてさて、どうなりますやら。
今後の展開が楽しみです。

帰るごんちゃん達を見送り(見張り?)ながら
みなみの心に去来する思いは・・・
1021_3

みなみもまだまだご隠居はしてられないみたいねwink

| | コメント (5)

2010/10/19

ナツからのメッセージ

ワクチンを打っていたけど、レプトスピラで死んだダックスの話を聞いた。
数日前の事だそうだ。
石垣島では大流行してるんじゃないか。。。
保健所が新聞に注意記事を出すぐらいだから、人間でも流行しているに違いない。

 

自分達の落ち度を悔いながらも
やっぱりこれもナツの運命だったと思ってる。
ナツはせいいっぱい生きたし、幸せだったし、とっても良い子だった。

 

ナツの病状がアッという間に悪化して重体になってから
アニマルコミュニケーションをりとさんにお願いしていました。

それによると、ナツはこの生で学ぶべき事は学んだので、次のレベルに上がるんだ、と言っていたそう。

最後数ヶ月のナツは、もう文句のつけようのない優等生で
まさに模範的だった。
10191 あまりキラキラと美しい笑顔をしているので
ちらっと不吉な予感がしていたのを思い出した。

ナツは地上で生きるには良い子になりすぎたようです。

 

 

亡くなって2週間してから、りとさんがナツのメッセージを伝えてくれた。
(どうやって亡くなった子と話すんだ?とか聞かれても私にはわかりませんが、アニマルコミュニケーションでは変わらずできるらしい)

 

 

dog「わたしにわたしでいいんだよと教えてくれてありがとう。
わたしの家族になってくれてありがとう。
わたしに人間をもう一度信頼出来るチャンスをくれてありがとう。
わたしに根気よく色んな事を教えてくれてありがとう。
いっぱいの幸せをくれてありがとう。
いっぱいの愛をくれてありがとう。

いっぱい学ぶ事があって、ひとつひとつクリアーしたのよね。
怒りだったり欲だったり、必要ないものを手放して
気持ちのいい事を気持ちいいと感じる心を手に入れて
大好きだと思う気持ちが外に向いて、色んな課題を合格出来たの。
そしたらね、身体が急に思うように動かなくなっちゃった。

心配かけて、悲しい思いをさせてしまってごめんなさい。
でもね、身体がなくたって、わたしはわたしで
いつだって自由にみんなの側に居れるのよ。

ふとした瞬間、わたしを思い出したり感じたりした時は
たいていわたしがそこにいる時なのよ。

わたしにごめんねの言葉は要らないわ。
ありがとうだけでいいわ。
ありがとうって、本当に気持ちのいい言葉で
いっぱい使うと幸せでいられる。

ありがとうって優しい言葉で、幸せになれる呪文なんだよ。

わたしはありがとうがいっぱい言えたし、だから幸せなんだよ。
そのありがとうを教えてくれた、パパとお母さんにありがとう^^
見失っていた愛を思い出させてくれてありがとう。
わたしを大切に大事に愛してくれた事、本当にありがとう。」


もうナツったら、すでに仏の境地じゃないか。。。
言ってる事が、ダライ・ラマみたいだよ。

      

こんなナツの言葉で、私達は悔恨のスパイラル地獄に入るのを救われた。
自分達もナツが我が家で幸せだった事には1mmの疑いも持ってない。
ナツを精一杯愛したことも。

            

だから、別れは予想以上に早くて悲しいけれど
これもナツの、いや私達の運命と思って、受け入れていく。
みなみとケンが、健康で天寿を全うできるように
1mmの隙もないように今度は気をつけて
みんなでナツの思い出を胸に生きて行くんだ。

ねっ!ナツ。それでいいよね。
10192
今は、こうしてナツの話をするたびに、涙があふれるけれど
いつか泣かずに話せる日が来るだろうから
ナツのこと、また話すね。
ナツが自慢だったと言う、ナツの笑顔をもっとみんなに見てもらおうね。

      
   

*(ナツからのメッセージは一部抜粋して引用しています。コミュニケーターのりとさんはこちら。とても優しいコミュニケーションです。)

 

| | コメント (10)

2010/10/18

これもポイ捨て?

草ぼうぼうの散歩道(車1台は通れる)を歩いていった先に
突然ぽつんとある駐車場奥に場違いなもの発見。
1 ここはいつもゴミだらけだから、この散歩道真ん中の駐車場の利用者はいるらしいけど、
ここでこれで遊ぶのは無理じゃないかと。。。
2スロットマシーンて言うの?

よくあるただの廃棄?
散歩道から放り投げたとおぼしきTVとかの粗大ゴミ散見するから。
でも、道から脇へ1mにせよ隠そうという意図は、
何となくではあるが感じられるのが普通だけど
これはあまりにも無造作に置いてあるなあ。すごい目立つ。

それとも、、、ひょっとして、、、犯罪?
ここでコイン(?)抜き取ったとか?そうなの?
(スロットに何が入っているのか知りません)

それにしても無造作に置いてあるなあ。。。
盗まれたって話も新聞で見ないし。
隠す意図は皆無だし。。。
やっぱりただのポイ捨てなんでしょうねぇ。sad




| | コメント (3)

2010/10/17

子犬の里親さん募集

コナンが卒業してナツがいなくなって、我が家が寂しがっているのにつけ込んだのか(?)
子犬の里親さん募集がドッと来てます。やれやれ。

お気に召したら、画像などお持ちいただき、リンク紹介などしていただけると助かります。
682ac220

241ac569
3a_2 ↑どれも生後3ヶ月になる女の子です。母親は16kgの中型。
絵に描いたようなコロコロ雑種のかわいい子達。heart04
私のイメージの子犬ってこれです!
詳しくはこちらで。わんわんclubさんが募集です。

次は近所で保護された美少女ちゃん。
Pa080003s1 Pa080012s2
Pa080017s2_2 犬種:ミックス
性別:メス
月齢:3か月
体重:3.4キログラム
診断:少し痩せ気味だが、病気は見受けられない
    混合ワクチンは投薬の効果後、1週間後に1回目を接種
    2回目のワクチン接種後、避妊手術の予定
投薬:フロントラインプラス(ノミ、ダニ)
    カルドメックチュアブル(駆虫、フィラリア)

保護の経緯
10月5日午後、米原キャンプ場前の県道で通行車両を追い掛け回していたのを保護。

保護犬の特徴
左後足の親指(狼爪)が2本ある。

この子も古い縄文犬の特徴(狼爪)を持っているんですね。
どっかで琉球犬がみんな混じっているんでしょう。
コナンもひな太もうちのケンも立派なのを持ってますから。

こちらも募集はわんわんclubさんです。

他にもすてきな成犬が何匹も募集中です。





| | コメント (2)

2010/10/16

レプトスピラ

先日(10/12)の地元紙朝刊に
「レプトスピラ症に注意」という記事が出た。
人間向け注意。
この地方では、風土病のようなもので多いらしく
秋に流行るので「秋疫(あきやみ)」と呼ぶ事もあるらしい。

でもこれは犬にも感染する病気で、
ナツもこれに罹った可能性が大きい。

後でわかった事だけど、今年はこれと疑わしい症状で、
大型犬が何匹か死んでいるそうだ。
これに罹ると、腎不全・肝不全となり数時間から数日で死んでしまうそうだ。
ナツの症状はピッタリこれだった。

レプトスピラは混合ワクチンに含まれている。
うちも毎年打っていたんだけど、
今年は私が前半動けなかった事もあって、ちょっと間があいていた。
7月に打ちにいったら、その日はなぜか営業日にもかかわらず、獣医が開いていなかったりした。
そんなこんなでズルズルと接種が遅れていた。
何をどう言った所で、100%私達の責任だ。

獣医によると、レプトスピラは10種類あって、
ワクチンにはそのうち2−3種しか入ってないから
ワクチンを打っていても、やられる時はやられるらしい。
それにしても、かえすがえすも悔やまれる。

ネット上で、「ワクチンは毎年打つ必要はない」なんて記事を散見していたから、遅れてもつい「大丈夫らしいよ」なんて、自分に都合良く解釈していた。

これまでみんな丈夫で、ほんと病気一つしたことがなかったから、完全に油断というか慢心していたのだ。

石垣島は都会とは違うのだ。
うちの子達は、きれいな道しか歩かない都会の小型犬とは違うのだ。
水たまりも歩けば、川にも入る。
近くのキビ畑は感染源の野ネズミだらけだ。
油断していい環境ではなかったのだ。

かえすがえすも悔やまれる。

同じ環境で、同じ条件で暮らしていて、ナツだけが感染したのも、この病気だと思わせる一因。

なぜならナツは水辺での棒取りが好きだから
海に行けない時は、川で棒取りをさせていた。
私は夕方の散歩は1匹ずつしていたから
ナツだけをキビ畑の横を流れる近くの川に連れて行って、棒取りをした。
ナツの喜ぶ顔が見たくて。
毎回2回ぐらいだったけど、キビ畑脇に落ちている棒を拾って、棒取りをした。
きっとこの棒に、ネズミの尿がかかっていたのではあるまいか。
それを噛み締めてしまったから感染したのではあるまいか。
その川に、他の子も行ったけど、感染してないから。

かえすがえすも悔やまれる。

でも、ナツは棒取りが好きだったから。。。。。

何度、どう考えても、最終的にはそこに考えが回ってくる。

ナツは棒が好きだったから。。。。。しかたないよ。。。

 

これも、自分の責任を軽くしたいが為の逃避だろう。

| | コメント (10)

2010/10/13

登野城結願祭

明るいめでたい話題を!

10月7日に、12年に一度行われる、登野城(とのしろ、石垣中心部の町内)の結願祭見物に行ってきました。

私達が石垣に来てから二度目の開催。
もう12年以上いるってことですね〜〜(しみじみ)。

12年前は、当時借りていたアパートが、この行列の順路にあたり
自分の部屋から見られたのでラッキーでした。
今回は、お客様を案内しつつ、順路の途中で見物しました。
1 12年に一度なので、次世代に継承していくことが一番の課題だそうです。
今回は準備段階から、すべて録画して記録したそうです。
2 街中なので、電線だらけcoldsweats02 でも見事に旗頭が立ちました。
3 音楽ももちろん生で演奏されています。師範級の人だらけだとか。
Photo そしてミルク(弥勒)様が行列の白眉でしょうか。
見物人に祝福を与えながら、ゆっくり進みます。
この面は、なんと二百数十年ぶりに新調されました。
ミルク様の役は、代々同じ家系で引き継がれるそうです。
後に続く少女達は艶やかな振り袖姿。

Photo_2 獅子も2匹。
4 私の大好きな棒術も。
5登野城自慢の中学生のマーチングバンド。
もちろん町内の学校はお休みでしょう。
だって、幼稚園から高校生まで、それぞれ出番がありますから。
祭に出場あるいは裏方の人達も、たぶん仕事は休み。(もしかしたら前後2−3日?wink

それぐらい気合いの入った祭。

Photo_3 婦人会(年上の方の人達)による蝶と花の踊り。
衣装がとってもかわいいんです。
6 12年間の豊作をお祝いする祭なので、豊作俵を引っぱる人達。

行列の最後は若い女性。
7 そろいの赤いビーチサンダルで。

町内を練り歩いて、数カ所でこうして演舞を披露するのですが
それはリハーサルのようなもので
この後、御嶽(おん)で神様の前で奉納演舞が行われます。
行列には加わってない子供達や高校生など、
おそらくこの2倍ぐらいの種類があったものと思われます。

12年前にこの行列を見た時
「なんてすばらしいんだろう!!」と思いました。
老若男女すべてが参加して、暑いのに、いざとなるとだらだらとすることもなく
踊ったり、歌ったりしているを目の当たりにして
「なんて良い所に引っ越してきたんだろう!」と。

今でも、祭を見るたびに、同じ感想を持ちます。

こうした昔からの祭が、昔からのように行われている限り
石垣島は大丈夫なんじゃないか、と思います。






| | コメント (4)

2010/10/12

平常モードへ

ナツのことで、いろいろお心配りいただきまして
ありがとうございました。
たくさんのコメントをいただき、心が随分と慰められました。

やはり自分達だけだと、悲しみにこもってしまいがちだと思いますが、
他の方からの気持ちに触れることで、目を開ける思いでした。

そして、みなみとケンがそれぞれのやり方で助けてくれました。

すでにアップした通り、
みなみはその態度を一切変えないことで。think
ケンは激しく落ち込んで、私達は慰める側になりました。coldsweats02

そうこうしているうちに、なんかいつものペースになっていったと言うか、
生活は続いていくもんです。

写真を見て泣いたり、散歩中に突然泣いたり、
ナツの不在にはまだまだ慣れません。
ナツの明るい笑顔がないと、とても静かな我が家。

 

でろり〜ん母さんから送っていただいた、この絵本


犬には犬の天国があって、そこがどんなに行き届いているか、という話。
「虹の橋」にも似てますけど、それより具体的かな。
もうすばらしくていきなり号泣しますが、
あまりに素敵な天国なので、「ここなら大丈夫」と安心しました。
みなみとケンにも読み聞かせようとしたのですが
天国が良い所すぎて、「早く行きたい」と思われると困るので
途中で止めました。

 

まさかこんなことになるとは思っていなかったのに、
youkoさんからこんな本を借りてました。


 

この本に「悲しみと向かい合うための提案」という項目があります。
(簡単にまとめるとこんな感じ)

1. 亡くなった動物にあてて手紙を書き、悲しみを心の内から外へ流す。

2. 思い出の品を納める場所を作る。

3. 亡くなった動物の誕生日や命日に、特別な儀式を考える。

4. 写真を貼付けたスクラップブックやスライドショーを編集する。

5. 思い出話を聞いてくれる人に話す。

6. その動物との別れの儀式をする。

 

 

なんか、わかる気がします。
ナツのこと、すごく話したいです。
あんなことがあった、こんなことがあった・・・

たぶん、そのうちにブログでやりそうな気がします。
その時は、おつきあいくださいませ。
聞き流していただけばいいので。

 

 

おいしいもの食べたり、見物に行ったり、
そんな普通のこと始めてます。

また普段のブログに基本的に戻しますね。

 

コナンブログ更新してます。

コナンの近況をご覧ください。shine

この記事はこのブログの888番目の記事だった!(だから何?ですが)

 

| | コメント (3)

2010/10/09

みなみの日だから

1090ナツのことで、みなさんにご心配かけちゃってごめんなさい。

でも、もうご心配なく。
ワタシ達、元気でやってますから。

 

今日は、ジョン・レノンの誕生日で(生きてたら70歳ですって)
うちのパパの誕生日でもあります。
そして、ワタシをお祝いする日なの♪shine

ワタシcrownが元気でいることを、思う存分にお祝いしてちょうだい。

ワタシも12才か13才になるから(覚えてないわね)
人間にしたら正真正銘のおばあちゃん。
でも、まだまだ散歩も欠かさない。
散歩から帰ったら、前庭で、しばらくひとりだけの時間を楽しむわ。
1093 思いっきり、グリングリンして、後はしばしたたずんで世の中を見つめているの。
気がすんだら、「迎えにきて(ワン!)」てシモベを呼ぶだけ。
シモベが「姫、お気がすみましたか」って迎えにくるわ。

1092 ナツがいなくなったからって、
最近、ケンのところに遊びにくる若い娘達も
しっかり躾けておかないとね。
年長者にはリスペクトよ!
残念ながら、もう追いかけ回すことはできないけど、
一度はガツンと言ってやることにしてるわ。

ワタシ、マンネリ生活はきらい。
やっぱり生きてるって、刺激が大切。
1091 だから車でお出かけは大好き。
まだまだ車にも乗れるしね。

 

ナツがいてもいなくても、ワタシはワタシ。
ジャマな子ねぇ、と思ってたことも昔はあるけど
ずっといっしょにいた子がいなくなれば、そりゃあさびしいわ。
しばらくは帰ってくるのを待ってたの。
でも、もうあの体で帰ってくることはないのよね。
わかったわ。
ワタシはもう待たない。

パパも、シモベも、ケンも、みんな聞きなさい。
ナツがいなくなっても、みんなはみんな、なんだから
これまで通りに生きていきましょう。
楽しいことや、おいしいことが増えるのは大歓迎。
(ナツがいなくなってから、オヤツが増えた気がするわ♪)

           

ナツのこともあるし、年も年だし、先はどうなるかわかんないけど
ワタシはワタシの生き方でやっていきます。
できたら、まだまだ元気で、みんなといっしょにいてあげたいわ。
ワタシがいないと、この家族は、本当に途方にくれるでしょうからね。
甘ったれのケンは、いつまでたっても甘ったれだし。。。

今回だって、ワタシがビシッとしてなかったら
みんな、めそめそでよれよれのままだったでしょう。

みんな、感謝して、今日はもっともっとお祝いしてちょうだいね。

(朝は石垣牛トッピングご飯だったの。オヤツはメロンパンだったわ。夕食は何か楽しみ〜〜heart04

 

ワタシへの賛美は本日のわんブログにも載ってるから見てくださいね。

 

 

| | コメント (11)

2010/10/06

もう1週間か・・・

106ナツがボク達の前からいなくなって、もう1週間たったってさー。
遊び相手のコナンも、その前に里親さんとこにいっちゃったから
ボクは、もう、つまんない。。。ぷーーだ!
9142 こんな顔してるの、ボクだけじゃないよ。
パパもかーさんも、時々こうやってどっかをぼんやり見つめてるんだ。

ボクがあんまりつまんなそうだから、
かーさんが近所の犬を、次々とごしょーたいしてくる。
1064 だからって、すぐに仲よく遊べるほど、ボクはタンジュンじゃないやい。
もちろん、ちょっとドキドキして、気が晴れるけどね。

ナツがいなくても、もちろんボク達は散歩に行く。
106_2 4匹乗ってキツキツだった車も、今はがらがらだ。
1062 散歩はいつだって楽しい!

みなみは、とっても元気。
106minami1               このとーり!

 

でもね。。。。海に散歩に行ったんだけど
ナツがいない海は、とっても静か。
(ボクがナツに吠えないからかな?)。

 

追いかけるものがないから、ボクは自分のシッポを追いかけてみたり
106sippo ナツのかわりに棒を取ったりしてみた。
106vow

でもねえ・・・どうしようもないんだ・・・

106umi ねえ、ナツ。。。帰ってきて。。。お願いだから。
ボク、さびしいよ。

 

 

 

| | コメント (8)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »