« アスパラ二種 | トップページ | もう1週間か・・・ »

2010/09/30

ナツ、ありがとう。

雨にも負けず    風にも負けず    雪にも夏の暑さにも負けず

Photo_2

丈夫な体を持ち  食欲以外の欲はなく いつも静かに笑っている

9302_2

1日にドッグフード3合と パンのミミと少しのおやつを食べ
あらゆるものを 食ベたがり

Photo_4

よく見聞きしてもわからず  そして忘れる

Photo_5

野原のガジュマルの蔭の 小さなコンクリートの家にいて

東に長い棒あれば  行って投げてくれと言い

Photo_6

西に流木の束あれば  行ってそれを次々と取り

93031

みなみにイヤな顔をされれば  気づかないでやり過ごし

Photo_8

北にケンが遊んでいれば  つまらないから入れろと割り込み

Photo_9

日照りの時はバシャバシャ泳ぎ  寒さの冬もバシャバシャ泳ぎ

Photo_12

みんなに「ナツのボウ好き」と呼ばれ

Photo_11

ホメラレタリ  ナデラレタリ
サウイフイヌニ  ワタシハナリタイ

             (2008.1.28記事一部変更再掲)

 

この通りの生き方をして、そういう犬のナツが

9月29日午前2時58分頃、逝きました。

その瞬間、いっしょにいてあげられたことが、せめてもの慰めでした。

急病で腎不全・肝不全となり、発病からわずか1週間のことでした。

詳しいことはいずれまた書きます。

 

ぽん母さんが、ナツのためにすばらしい追悼記事を書いてくださいました。

私からそれに足すことも引くことも何もありません。

今は、そちらを読んでいただければうれしいです。

こうして、このブログに載せることで、既成事実となることが

今はただ悲しくて・・・

9301 大好きなナツ。

もっといっしょにいたかったよ。

まさか、こんな早く別れの日が来るとは思わなかった。

でも、この6年、ほんと楽しかったね。

私達みんな、いい家族だよね。

これからもそうだよ。ずっとね。

 

 

 

ひょっとしてひょっとするといけないので追記します。
こういうことをこちらから書くのは、なんなんですが・・・

 

お花などナツのために送っていただきませんように。

お気持ちだけで感謝します。
ナツへのコメントや、ナツという棒好きの犬がいたことを一瞬想っていただければ。

 

 

 

|

« アスパラ二種 | トップページ | もう1週間か・・・ »

コメント

絶句です。
具合が悪いと知ってから、あまりに突然で、早すぎます。まさか、まさかです。さぞかしショックを受けていらっしゃることとお察しします。

色々書いたらキリがないので。
とにかく、ナツちゃんが、無事に虹の橋を渡って行けますように、心からご冥福をお祈り致します。

投稿: UliUli | 2010/09/30 16:48

まだ会社ですが、今姉から連絡がありナツちゃんの事を知りました。
信じられない。の一言です。
mi-goroさん達の心情を考えると胸がいっぱいになります。
ナツちゃん安らかに。

投稿: しゅう | 2010/09/30 17:55

ナツちゃんの病状を初めて聞いた時、何で??ナツちゃん?って思った。
(だからって他の誰かと言う訳ではないのだけど)

穏やかで、優しくて、のほほ〜んとしたナツちゃんが大好きです。
藍さんご一家のみんなはホントにいい子達ばかりで、我が子に爪のアカを頂きたいと思っている位。

その一員のナツちゃんが.....
言葉が出ませんでした。

きっと今は苦しかった身体を抜け出し、藍さんご一家の近くで様子を見守っている事と思います。
ご冥福をお祈り致します。

投稿: りと | 2010/09/30 18:03

ナツの分も、
人間もわんも、みんな~で、
笑顔で楽しく元気に過ごしていきましょう!!!
ナツもそれを望んでいるはず、ね。

投稿: (^.^)のんちょ | 2010/09/30 18:26

最近、ツイッターへのツイートがなかったので、何かあったのかなぁと思っていましたが、まさかの訃報に驚くばかりです。

7月に宿泊させていただいた際には、お庭でも、浜辺でも一緒にナツと遊ばせていただき、ヒモの引っ張りあいっこや、海に投げた棒をいちばんに拾い上げるナツの力強さに感心していました。

本当に突然のことで、言葉がありません…
突然過ぎて、ショックだし、まだ信じられません。

今はただ、ナツの冥福を祈ります。

投稿: 釧路マナブ | 2010/09/30 19:24

はじめて、コメントいたします。
ペンション藍さんに泊まりたい!と思った昨年から、毎日楽しみにブログ拝見させていただいています。
魅力満載のブログですが、その中でもいつのころからか、
無垢でまっすぐで明るいナツちゃんの魅力に引き寄せられていきました。
キラキラ目を輝かせながら遊ぶナツちゃん!
たぶんぶっきらぼうなんだろうけど、とても心やさしいナツちゃん!

石垣島に行ったら、絶対にナツちゃんたちに会いに行くんだ!と決めておりました。

昨日ぽん母さんのブログで知りました。
「ウソだろうー、そんなことないよー」となかなか受け入れられませんでした。

でも、あのナツちゃんです。
藍さん家で、愛されて、愛されて、いっぱい遊んで、
幸せいっぱいだった、あのナツちゃんです。
きっと今も、藍家の庭を駆け回り、海にザッボンと飛び込んで、棒とりやっていますよね!

ナツちゃん、ありがとう!
ブログでしか会ったことのない、おばさんまでとっても
幸せでしたよ!

ナツちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: ゴンタ | 2010/09/30 20:12

ちょっと久しぶりに覗いてみたら・・・でした。うちの初代犬がナツやみなみにそっくりな黒犬で、その共通点からお気に入りブログ&わんわんクラブと進展致しました。やがてうちのも旅立つ日が来るのかと改めて思いをめぐらせました。その日は必ず訪れる、ならば、全ての一瞬を大切に慈しみながら送る事こそお互いにとって何よりの贈り物になるのかもしれない・・・みたいなことを思いました。ナツの冥福を祈ります。が、心配は要りません!ナツはチョッと先に向こうに行って、ちゃんと待っててくれてますから!

投稿: harryK | 2010/09/30 20:50

mi-goroさん

驚いて言葉が出てこない
涙ばっかり出てくる
ナツちゃん
みなみちゃんもケンちゃんも
会った事ないけど
大好きです。
mi-goroさん素敵な素敵な家族です。
ブログが毎日楽しみでした。ナツちゃん!お話たくさんありがとう。ご冥福をお祈り致します。

投稿: デロ母 | 2010/09/30 21:00

余りに突然で、驚いています。
ブログでしか知らないナツちゃんですが、もし私が
mi-goroさんの家のワンコだったら間違いなくナツ
ちゃんについて棒拾いをしていたと思います。
棒を前にしたナツちゃんのお顔はとても生き生きとして
ブログで見ても羨ましい程輝いて見えました。ナツちゃんの
保護当時のお話も含めて改めてワンコの犬生って人次第で
mi-goroさん家族に出会えたことがナツちゃんにとって本当に
幸運だったのだのではないかと思いました。

とても幸せな時を過ごせてナツちゃん、きっと満足して
お空に逝ったと思います。ご冥福をお祈り致します。

投稿: オト母 | 2010/09/30 21:25

待っててくれたんですね
ご冥福をお祈りします

投稿: 梅さん | 2010/09/30 22:41

何と言っていいやら・・・・
ビーチで何度も棒投げを急かされた、あの光景が次々に浮かんできます。 ナツちゃん、安らかに・・・

投稿: ランランぱぱ | 2010/10/01 09:11

・・・・・・・虹の橋 (Rainbow Bridge)・・・・・・・

天国の ほんの少し手前に虹の橋と呼ばれるところがあります
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は死ぬとそこへ行くのです
そこには草地や丘があり 彼らはみんなで走り回って遊ぶのです
食べ物も水もたっぷりあって お日さまはふりそそぎ みんな暖かくて幸せなのです。
病気だった子も年老いていた子も みんな元気を取り戻し
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も 元のからだを取り戻すのです

まるで過ぎた日の夢のように
みんな幸せで満ち足りているけれど ひとつだけ不満があるのです
それは自分にとっての特別な誰かを 残してきてしまった誰かが
ここにいない寂しさです

動物たちは みんな一緒に走り回って遊んでいます
でもある日 その中の1匹が突然立ち止まり遠くを見つめます
その瞳はきらきら輝き からだは喜びに震えはじめます
突然その子はみんなから離れ 緑の草の上を走りはじめます
速く それは速く 飛ぶように
あなたを見つけたのです

あなたとあなたの友は 再会の喜びに固く抱きあいます
そしてもう二度と離れたりはしないのです
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します

そしてあなたは 信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を
それからあなたたちは 一緒に虹の橋を渡っていくのです

けれど動物たちの中には 様子の違う子もいます
打ちのめされ 飢え 苦しみ
誰にも愛されることのなかった子たちです

仲間たちが1匹また1匹と それぞれの特別な誰かと再会し
橋を渡っていくのを うらやましげに眺めているのです
この子たちには 特別な誰かさんなどいないのです
地上にある間 そんな人は現れなかったのです

でもある日 彼らが遊んでいると 橋へと続く道の傍らに
誰かが立っているのに気づきます
その人は そこに繰り広げられる再会を
うらやましげに眺めているのです

生きている間 彼は動物と暮したことがありませんでした
そして彼は 打ちのめされ 飢え 苦しみ
誰にも愛されなかったのです

ぽつんとたたずむ彼に 愛されたことのない動物が近づいていきます
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと不思議に思って

そうして愛されたことのない者同士が近づくと
そこに奇跡が生まれるのです

そう彼らは一緒になるべくして生まれたのでした
地上では巡りあうことができなかった
特別な誰かと その愛する友として

今ついに この虹の橋のたもとで ふたつの魂は出会い
苦痛も悲しみも消えて 友は一緒になるのです

author unknown.

ナツちゃん、幸せでいてね。

故ブレードのママ

投稿: | 2010/10/01 10:13

ナツちゃん。。。
びっくりしました。。。
ぽん母さんの記事も読んできました。。
涙。。です。。。

みなみちゃん・ケンちゃん
しばらく寂しいね。。
ナツちゃんを探すかな。。。

mi-goroさん~~。。。。
泣きましょう。。。。


投稿: りんご | 2010/10/01 14:13

たいへん驚きました。

今は静かにナツちゃんのために祈ろうと思います。

mi-goroさんと過ごしたナツちゃんの時間は幸せであったし、
きっとこれからもまた幸せであると信じています。

この世では会えなかったけどいつかどこかで会えたらいいねナツちゃん。

投稿: KKZ | 2010/10/01 14:45

今年の3月中旬に、親子3人でペンション藍にお世話になったものです。下の娘と、このブログを読みました。
ナツちゃんの愛らしい姿を思い出しています。
また会える日を楽しみにしていたのに、あまりにも急な話で、ただただ驚いています。
(お譲りいただいたカレンダー、大切に使わせていただいております。)

ナツちゃんのご冥福をお祈りします。

投稿: さいたまmama | 2010/10/01 15:58

ナツちゃん・・・突然すぎて言葉にならない。
ただただご冥福をお祈りします。

投稿: pieちゃん | 2010/10/01 17:21

石垣島をとても大切な場所にしてくれたナツ、いつも優しく迎えてくれたナツ、たくさんの人や犬との出会いがあったね。どうぞゆっくりやすんでください。
ご家族の皆さん、おつかれさまでした・・・。

投稿: デルフィ | 2010/10/01 18:18

なんと、言えばいいのか・・・

あまりにも突然で、びっくりしました。

いつか、ペンションにお邪魔して、ワンコたちにも会いたい!と思っていたのです。
残念です。

ナツちゃんのご冥福をお祈りします。

投稿: エルママ | 2010/10/02 20:33

タイトルから・・・まさか・・・
ビックリしました。


ナツちゃんのご冥福をお祈りします。

投稿: さわママ | 2010/10/02 21:20

>皆様

皆様、ナツへのコメント、本当にありがとうございます。
ひとつひとつ、何度も何度も読ませていただいています。
皆様のコメントにナツという名前がでるのを読むだけで、どこか悲しさや寂しさが癒されるのを感じています。
ナツの姿見たさに、自分達のブログはもちろん、追悼記事を載せていただいたところに何度も見に行きます。

ナツという大きな存在の不在は、どうしようもない空白で、私達夫婦も、みなみとケンも、それに耐えていくのでいっぱいです。
ただ生活は日々続いていくので、みんな日常生活をこれまで同様に送っています。
きっとその中で、ナツの不在の悲しさも薄れていくのかもしれません。
Life must go on.

投稿: 藍一同 | 2010/10/02 21:39

びっくりしました・・・。
ほんとにビックリしました・・・

かける言葉がみつかりません・・・。

ナツちゃん、きっとすぐに戻ってきますよ。
虹の橋を渡って、ちゃんと挨拶したら
きっと急いで家に戻ってくるはずですよ。

で・・・
ナツちゃんの存在が感じられる不思議な事もきっとおきるはずで。
「あれ?ナツのにおいした」とか・・・
「あれ、今いた?」とか・・・


なんて言って良いのかわからないけど・・・
ご冥福をお祈りします・・・


それから・・・

「ナツちゃん!早くおうちに戻ってきてあげてね」

投稿: み~すけ | 2010/10/02 22:02

突然のことで驚きました。
ペンション藍でワンちゃんたちと少しだけ遊ばせていただきましたが、ナツは本当に元気にはしゃいで、嬉しそうな顔して接してくれました。
ナツちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: MTST | 2010/10/03 01:07

何とも言いようがありません。
突然のナツちゃんの訃報。。。

先日、沖縄本土に旅行へ行って、今度は石垣島へ!と思っていた矢先。
沖縄への想いが続いているのは、どこかにナツちゃんの青い海で楽しそうに遊んでいる姿が心の中に染みこんでいたこともあるのかもしれません。

ナツちゃん、安らかに。
ご冥福をお祈りします。

投稿: でぴょん | 2010/10/03 14:01

絶句
ただただ絶句。

ご冥福をお祈りします。

投稿: 満月 | 2010/10/03 18:24

突然のナツちゃんの訃報に驚きを隠せません。

藍さんやご家族のお気持ちを思うと、
胸が苦しくなってしまいます。

ご冥福をお祈りいたします。

カレンダー、無理なさらずに、お手伝い出来ることがあれば
おっしゃってくださいね。

投稿: ビート | 2010/10/04 14:41

ナツちゃんにあったことない私でさえ・・・絶句で会社で涙があふれてきました。
ブログ上でしかみれませんでしたが あたしもありがとういいたいです。
mi-goroさん、ご主人様 ミナミちゃん けんくんの事を思うと言葉がみつかりません。。
ナツちゃんも虹の橋を渡り、きっとジョイや凛ちゃんたちと
棒拾いなどして 絶対に楽しくやってると思います。
ただただご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: しゅうねえ | 2010/10/04 20:02

藍一同さんのコメントを見て、
私もコメントをさせて頂こうと思いました。

blogの中でのナツちゃんしか知らない私ですが、
記事を見て涙しました。
コメントを書くことはないけど、
きっと多くの方が涙を流していることと思います。
ナツちゃんをはじめ、みなみちゃん、ケンちゃん、
今までの保護わんちゃんは多くの方に元気を与えてくれている存在だと思います。

たくさんたくさんナツちゃんのために悲しんであげてください。
それからまた藍一同さんが笑顔になることを願ってます。

投稿: 愛子 | 2010/10/06 00:50

>皆々様

ナツと私達へのコメントをありがとうございます。
本当に感謝します。
何度も繰り返し読ませていただいてます。
ナツのために、初めてコメント入れてくださった方々、ありがとうございます。
たくさんの人にナツが愛されていたんだなぁ〜と感じられてうれしいです。
ナツに会うのを楽しみにしてくださっていた皆さん、ナツを守れなくてごめんなさい。。。

投稿: 藍一同 | 2010/10/06 15:48

記録的に暑かった夏休み、疲れた体をおして散歩に出かけたナツが思い出されます。砂浜でカニ取りに興じていたナツ、食べたのはケンとミナミでしたが。それよりもたくさんの思い出を残したナツが旅立たれたのは寂しいの言葉しかありません。家族のみなさまにとって悲しみはいかばかりかと推察いたします。ナツの魂が成就し皆様にとって心の平安おとずれますように、こころからお祈り申し上げます。

投稿: 齋藤家 | 2010/10/09 21:07

>斎藤家さん
コメントありがとうございます。
え〜と、言いにくいんですが、みなみとナツを間違えていらっしゃるかと・・・
まあ、飼い主じゃないと見分けはあまりつかないですけど。。。coldsweats02
カニ取りしてたのは長女みなみで、バクッと食べてたのが次女ナツです。あんなに元気だったんですけどねえ。
はい。楽しい思い出をたくさん残してくれたので、よけいに寂しいです。

投稿: 藍mi-goro | 2010/10/09 21:22

お返事読んでもしばらくは??ブログを読み返し娘に確認しようやく事態を呑みこめました。またそれも驚きをもって。大変失礼いたしました。これからますますがんばるナツと思っていたのに残念でなりません(父)。
ナツがいなくなってさみしいです。天国でもいっぱい泳いでください。ご冥福をお祈りします(るるか)。

投稿: 斉藤家 | 2010/10/10 08:42

久しぶりにブログを拝見して言葉を無くしました。
一度もなっちゃんに逢わないうちにお別れなんて。
思えば初めて石垣で藍さんにお世話になった時、
私は愛犬の遺骨を美しい八重山の海に流しに来たのでした(違法かな?)。
自分より小さな者を失うって、ただただ悲しいものなんだ。
だから子どもは親より先に逝ってはいけないんだな、と気付きました。
なっちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: 大森のくま | 2010/10/10 23:31

>斉藤家さん
若い方が先に逝ってしまったので、余計に驚きですよね。
私達も全く予想しないことだったので、ショックが大きかったです。
るるちゃんとご主人様からもお言葉ありがとうございます。
 


    
>大森のくまさん
そうでしたか。。。遺骨を海に。。。
ではナツはそのワンちゃんの分も、石垣の海で泳いで遊んでいたことでしょう。
今は天国でいっしょに遊べているでしょうか。
私はうちの子達をそれぞれ最期まで看取るのが人生の義務と思い、がんばります。

投稿: 藍mi-goro | 2010/10/11 20:41

なにも、知らないで、ごめんなさい・・・

忙しさにかまけて、

ずっと、ブログにお邪魔してなかったんだと・・・

今更、悔やんでも、時間は過ぎてしまってますね・・

ほんと、ごめんなさい・・・

虹の橋を渡って、

うちの、源三とも、会ってるよね。

投稿: りこ | 2010/11/12 20:59

>りこさん
いえいえ、そんな気になさらないでください。
きっと源三君とも会ってることでしょうね。
ガチャガチャして、しかられてるかもcoldsweats01

投稿: 藍mi-goro | 2010/11/13 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アスパラ二種 | トップページ | もう1週間か・・・ »