« アンガマ | トップページ | 最後のお願い2010 »

2010/08/26

正反対の酒?

8261お客様からいただいた「鳥海山」です。
妻の快復祝いに「一緒に・・・」といただきました。
お酒好きな方ならご存知の通り、とてもさわやかな呑み心地は春の小川のようにサラサラいってしまいます。
アテは石垣の塩です。
わざわざお持ちいただいた事に感謝しながら、二人で楽しくいただきました。
ありがとうございました。

        
  
               
             
             
          

8262 一方こちらも、別のお客様からいただきました。
酒所、兵庫県の純米酒。
どのような酒か、味を表現できません。
でも酒をとても好きな人、酒求道者(いるのか?)が行き着く酒、とでも申しましょうか。
とにかく酒蔵から、「ハナからぎょうさん売れる酒は造らん」とヘンコな蔵人さんの声が伝わる酒ですわ(変?)。
激戦区兵庫ならでは。

個性ある美味しいお酒をいろいろ楽しむ人がいて、永い間、それぞれに応える造り手がいる、そんなうらやましい土地柄なのでしょうか。

どうもありがとうございました。

        

         by ゆうゆう

        

|

« アンガマ | トップページ | 最後のお願い2010 »

コメント

うぅ~~ん、、、奥播磨、、、興味津々bottle
皆それぞれの個性があって美味しいんですけどね!

投稿: 梅さん | 2010/08/26 23:01

    梅さん>>>
 
 内地で酷暑なんて言ってる時に、石垣で色のきれいな
日本酒を呑めるなんて、とても贅沢なことでした。
 

投稿: 藍ゆうゆう | 2010/08/27 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンガマ | トップページ | 最後のお願い2010 »