« 入院ライフ-1 | トップページ | 入院ライフ−3 »

2010/04/13

入院ライフ−2

犬たちと離れて入院する私を心配して
友人たちが、各種様々な犬本を貸してくれました。
何十冊というぐらいたくさん。。。読みまくりました。happy01

ありがとうございました。

それから、こんなかわいいお見舞いもいただきました。
3 ええ、ケンの人形です。heart04
注文してくださったのは:びりははさん
制作してくださったのは:♪ちゃあさん(こちらにミニケン画像たくさん)

ありがとうございました。

とってもかわいくて、寝たままでも見られるように、頭上のライトからぶらさげてしまいました。
普段ケンをなでるように、頭や耳をなでていると、最初のうちはそれだけで泣けてきました。

海が見えても、ご飯がおいしくても、どうしようもなく寂しいです。

もうひとつ、入院ライフを左右する大事な要素が日々お世話になる方々。

ここの看護師さんは内地から来ている若い人が多くて
皆さん、明るくて、親切で、とてもにぎやかでした。

満員で20名ほどの患者のうち、私が最年少。
80代の方が一番多いようでした。
私も含めて介助の必要な患者が多いのですが、早朝から深夜まで文字通り24時間、皆さん、気持ちよく様々な介助をしてくださいました。
本当に敬服です。
点滴打つたびに「イタイイタイ!」と騒ぐ、イヤな患者もいるというのに・・・(私のことだcoldsweats02

それに、なんと!このブログを読んで下さっている、ケンちゃんファンの看護婦さんまでいらしたんですよ!!!happy02
キャー!すっごい偶然。すっごいうれしい。


入院するとお風呂にはどれぐらい入れるだろう?
1週間に1度ぐらい?
と思ったのですが、ここではほぼ1日おきに入れました。
お風呂と言っても、沖縄風にシャワーだけですけど。
(大きな浴槽にはなぜか稼働中の洗濯機が鎮座)
だから看護師さんに希望を伝えて、介助の必要ない人は、朝9時から5時まで、空いてれば自由に使えます。
私のように介助が必要な場合も、看護師さんに「今日入りたい」と伝えておくと、時間のできたときに呼びにきてもらえます。
早いですよ。
さっさと15分ぐらいで頭から足の先まで洗ってもらって、髪にドライヤーまでかけてもらえます。

そこまではとってもすてきだったんですが、
私個人的には少々問題勃発。
シャワーだから、体は温まらないですが、脱衣室は冷房ビュービュー。
実は、病棟全体が冷房ビュービュー。
私の滞在中、夏日が続いた時もあったけど
冬並みの寒さになった時もありました。
それでもエアコンは常に冷房稼働。
設定温度は26度だとしても、冷房設定の風の冷たさは同じ。
これはこたえました。

なぜ寝間着一枚のオジーオバーは平気なんだろう・・・?
フリース着て、震えているのは私だけ。
看護師さん達は半袖で働いているし・・・

もともと寒がり冷え性の私ですが、病気になってから本当に体を温めることができず、ずっと湯たんぽが必要。
病院にももちろん持ち込みましたが、そんなの私だけ。

最初は「これが団体生活なんだ〜weep」と冷風と稼働音に耐えていたのですが
気になると、慣れるどころか、どんどんつらくなってしまい
夜中も稼働音が耳について眠れなくなってしまいました。

幸い、各部屋ごとにリモコンがあったので、あまり寒い時は設定温度をあげたり、「送風」にしたりして調節させてもらいました。
入院2週間ぐらいで、ついに風邪をひき
ようやく私のいる部屋のエアコンを、止めてもらうことができました。
私はホッとしましたが、よその見舞客から「この部屋暑いなあ!」とか聞こえると、ちょっと申し訳なくて。。。

私、ずっと前からやたら暑がるオバサンがあこがれです。

                    つづく・・・か

|

« 入院ライフ-1 | トップページ | 入院ライフ−3 »

コメント

かわいい!!ケンたん人形!これは癒されますね〜
さすが、びりははさん。わかってらっしゃる!

投稿: ぽん母 | 2010/04/13 13:42

パソコンが、すずdogの攻撃により壊れていて
コメントが遅くなりました・・・(><)


石垣での入院生活・・・
じつは、母も石垣で入院しまして・・・
(県立病院ではない方の大きい病院に入院しました・・・(苦笑))

十二指腸潰瘍だったのですが・・・
海が見える個室に入院して、おいしそうな病院食食べて
「久し振りにゆっくり出来た(笑)」
と言っていたのを思い出しました(笑)


埼玉の方の病院と比べると、まさに天と地の違いです!!
(入院費も埼玉から比べると、安いですよね(^^))

とにかく、一日も早く元気にガンガンお散歩できるようになるのを祈ってますheart02

投稿: み~すけ | 2010/04/13 15:04

楽しくも(?)寂しい入院ライフもいつか(もう既に?)は楽しい笑い話になるのだね~。
家にいて家族がいてくれるだけで、今のmi-goroさんは
もう充分なのだと伝わってきます。
あとは。。ゆっくりでも犬たちと散歩に行けれるようになるよう
祈ってまっす。
う~ん。それにしてもケン人形はかわゆいなぁ。
びり人形もお揃いで作ろうかな^^

投稿: びりはは | 2010/04/13 16:51

はーい
汗かき魔神です!

暑がりなんて、ホント、何一ついいこと無いですよ!
夏なんて裸同然の恰好していても暑くて、もう脱ぐ物もないし、やたら汗かくから髪の毛なんていつも「お風呂上り?」みたいになっちゃうし、周囲が「良い気候ね」とか言っているのに1人だけ半袖で、それでも暑くてクーラー入れてくれないかな~とか思ったり、冬の電車ではコートやジャケットを脱がないと、ふかし立ての肉まんみたいになっちゃうし!

何といっても「冷えるわぁ」という言葉に女子力を感じるじゃないですか!
私にはそれが無いっス!

投稿: みん | 2010/04/14 11:07

おお~、良い病院(医院?)のようですね~。
病室の作りといい、若いスタッフが多い、新しい病院なのでしょうか?

私が入院した時も身体のコントロールが上手くできませんでした。
mi-goroさんとは逆で暑がりcoldsweats02(病気をしてから夏がダメになりました)
病院の建物も古いし、夜クーラーなんて入れてくれないし、窓を開けて寝ると熱風が吹いてくるし(夏に入院したの)。安静入院したのに環境悪すぎ。。。
案の定、安静入院では治るはずもなく、病院を変えて、遠く離れた県外の病院で手術をしました。その県外の病院は、全国から同じような病気を患った方が来る病院だったので、病状を十分理解している環境を提供されていました。スタッフの方とのコミュニケーシュンは殆どありませんでした(専門病院だから?二週間くらいの入院だから?話しかけてくることは仕事上の必要なことだけ)が、リラックスできた入院生活でした。

これがね、私の職場のような長期入院可能な病院(療養型・寝たきり)ともなると色々あるのでございます。入院されている方よりも、その家族との関わりが難しゅうございます。時には「モンスターですか?」と思ってしまうような家族も、ハイ。。。

おっと~、mi-goroさんをテンションダウンさせてしまう話になってしまいました。ゴメンナサ~イbearing

投稿: かんなママ | 2010/04/14 11:42

>ぽん母さん
さすがツボをついてますね。たまらんかったです。
         
         


>み〜すけさん
なんとスズちゃんがPCをsign02 あんな小さいのに。
うちの旦那もお母様と同じ病院(多分)に3日ほど入院して、とても良かった、と言ってました。やはり看護婦さん達がとても優しかったそうで。happy01
             
              


>びりははさん
本当にありがとうございました。とっても良くできてますよね。
まだ笑い話にはできませんが、というか、これからダークサイドの話も始まりますから。
              
               

>みんさん
暑がりさんもいいことないですか??寒いより暑い方がましな気がしてしまいます。
女子力って???
すでにもう、何言っても、ババ力しか出ませんよ。weep
                
                


         

>かんなママさん
暑がりさんも団体生活はやはり大変ですか。ましてや夏だと。う〜む、なかなか難しいですね。
できて3−4年ぐらいの新しい病院(医院)でした。
でも、専門的治療に特化した環境も患者に取っては、ある意味理想的ですよね。
続きで書こうと思っているのですが、テンションダウンする話もあったんですよ・・・
             
          

投稿: 藍-mi-goro | 2010/04/14 16:14

大変なご病気だったんですねcoldsweats02
「ヘルニア」も「ただの腰痛」も辛いと思いますが、
菌が悪さをしていたなんて怖いですbomb
原因が判って良かった。
お大事になさってくださいね。

投稿: 大森のくま | 2010/04/15 10:43

>大森のくまさん
お見舞いコメありがとうございます。
実際にはヘルニアもあったのですが、大元が菌だったので、わかって本当によかったです。
ゆっくりリハビリしていきます。

投稿: 藍-mi-goro | 2010/04/17 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院ライフ-1 | トップページ | 入院ライフ−3 »