« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の投稿

2008/11/28

無事2周年

今期一番の冷え込みで、とっても寒い石垣島です。
室温18度、湿度55%(低い!)で、ついに足下に電気ストーブ出しました。
風が強くて、体感温度が低い。
気分も来ている物も10度ぐらいの感じ。



うっかりしてましたが、ケンが我が家に来て丸2年が経ちました。shine
(我が家に来た経緯はこちら
2006年11月22日夕方、ケンを見つけてからもう2年か・・・think

23
↑うちに来て4日目のケン。
けっこう毛がモサモサしてました。
実際より大きく見えて、この写真で里親募集して全く反応ナシ。

この頃のケンは、とてもしっかりしてました。
なんせ捨てられた日に、連れ帰ろうとした私にハッキリ”NO!”と意思表示をして飼い主を待ってました。
4
みなみとナツを向こうに回して、一歩もひかず。
せいいっぱい背伸びして、耳立てて、負けないようにがんばった。
ついに暴れ犬ナツも一度も攻撃しなかった。
(すぐに興味を失った、というほうが正しいかもcoldsweats01
実はビビリだとは夢にも思わなかった。

正式にうちの長男とするまで丸4ヶ月迷いました。(その話

そして人間二人と犬二匹に、末っ子としてさんざん甘やかされた2年後
こんな甘えんぼちゃんになっちゃいました〜bleah

Photo_2

もう3才にもなろうというのに、オコチャマ気分いっぱいのケン。

Photo_3
隙あらば甘えようと、いつも待ってます。

でもこの2年でお利口になったところもたくさんあります。
そんなケンちゃん自慢はまた次の機会に!

 

| | コメント (8)

2008/11/27

面白看板ーブタ

Photo
車で走ってて思わずeyeがーーー!
軽いショック。

この看板は肉屋さんとかではなく資材置き場みたいなところにありました。
まさかこの看板のような形では出てこないと思う。
あまりに・・・ねぇ・・・
きっとバリの「バビグリン」みたいな感じじゃないか、と思ったり。
豚肉好きの沖縄ならではの看板でしょうか。

| | コメント (2)

2008/11/26

交流目的??

米軍ヘリが今週金曜日に石垣空港を使用する、と沖縄県に伝えてきたそうです。
「使ってもいいですか?」ではありません。
「使うからね。」です。

石垣空港は民間空港なので、軍用機の着陸は緊急時以外は認められません。
でも、なんだかんだ言って、米軍は使用したくてしかたない。
以前にも石垣市が反対してるのに、給油目的とかで着陸したことがあります。
去年は与那国の港がやられました。(その話

今回は石垣から14名の支援者に軍艦を見せたいから、その人達輸送用ヘリの離着陸だそうです。
そういう交流支援目的だそうで・・・(詳しい記事

空港管理者の沖縄県は「自粛を要請」してます。
石垣市は「中止を要請」してます。

沖縄は独立国日本の一部だと思ってましたが、やっぱり違うみたい。
アメリカが「使うったら使うもんね!」と無理矢理ごり押し出来る所。
100万人からの県民を代表する機関が「止めてもらえないかなぁ?」と頼み
5万人近い市民を代表する機関が「絶対止めて」と言っているのに
14名の人と交流する方が強いんだぁ・・・

アメリカ軍は軍艦を見たい人が10人集まったら、そこまで行って軍艦に招待するのか?

使用前例を積み重ねて、何がしたい?
本当は何が目的?

いつの世も、「平和が一番」cloverと思ってる人ばかりじゃないらしい・・・
そんな現実がよく見える沖縄の日常。












| | コメント (0)

2008/11/25

中華料理@石垣島

石垣島で夜の外食と言えば、第一は居酒屋ですが、次にお勧めしたいのが中華料理。
歴史的地理的背景から、石垣島の中華料理屋さんはほとんど台湾人のシェフ。
本格的sign01 日本語の通じない店員さんのいる店もあったり。
戦前戦中は、台湾は日本の領土だったので、八重山の人達にとって一番近い都会は那覇ではなく台北でした。
八重山の人も大勢台湾に行ってたし、台湾の人も大勢八重山にいました。
そして戦争が終わると同時に、台湾は日本ではなくなり、八重山にいた台湾の人は自由に帰れなくなり、多くの人が、そのまま日本に残ったそうです。
でも、戦後落ちついてからは、ついこの間まで台湾ー石垣間は直通shipがあったので、比較的頻繁に台湾の人は往来ができ、内装資材や材料も台湾で仕入れて中華料理店を開きました。
だから本格的台湾料理が安価で食べられて、とっても美味しいのです。happy01

難点は、居酒屋と同じく4名以上で行かないと、いろいろ食べられない点。
もともと中華料理は大盛り皿を回転テーブルで「ダダダダダ〜」と回して取り皿で食べるじゃないですか。
二人じゃ二皿頼んだら終わってしまう・・・sad

先日ランチタイムに中華料理に行ったんですよ。12時半頃。
入ったらいきなり「すみません。今日はもうご飯が終わっちゃったんです。」
「へっ?もう???」「急に団体さんが入って・・・麺なら出来ます。」
「じゃあ麺にしますから。」といって座敷にあがりました。
(こっちの中華料理店はほとんどお座敷で、人数に応じて部屋の広さが変えられるようになってる)

初めての店で、メニューを見ると、おいしそうな定食類が千円前後であるある。
だけど「あぁっ、定食はご飯が必要だ〜〜、残念。」
麺のところだけを見る。
Photo
やっぱ、ここはラーメン屋では食べられないものにして、ビーフンだ。
最近餃子は数を減らすことで値上げしたのね・・・いたしかたない。
待つことしばし。
Photo_2 ドカン!!
ナンダ、この量!!
これ、直径30cmぐらいの大皿。
味はあっさり塩味で、おいしくてどんどん食べられるんですけど・・・
いっしょに行った連れは台湾式焼きそばで、
これまた日本風ソース焼きそばと違い、オイスターソースとかいろんな旨みの入った表現しようのない美味しい味。
いっそ二つの大皿をテーブルでダダダーと回して、取り分けて食べたかったです。

アイスコーヒーかパッションフルーツジュースがついていて、ジュースを頼んだら泡盛のグラス(八重泉とか書いてある)に入ってでてきました。
島ではよくあることですけど。

時間かかりましたが完食しました。はい。
今度は早くいって、ぜひ定食を食べたいです。
でも台湾式焼きそばも食べたいかも・・・
何より、ランチでも3-4名で回して食べたいです。

| | コメント (5)

2008/11/23

留守番

久しぶりに”うちの子達”親バカ自慢をしちゃおうかなぁーーbleah

うちの子達は、みんな成犬になって捨てられた子達ばかりですが、
留守番がとっても上手。
留守番と言っても、週に2度あるかないかで、3-4時間ぐらいのものですが。
(なんせ夫婦二人とも犬を置いて外出するのがイヤでヒッキー気味)

留守番の時は普段より大きなおやつ(グリニーズとか)がもらえるので
犬達は「どうぞどうぞさっさと行っちゃってください」て感じ。
0
3匹とも夢中で食べてます。その間に出かけます。
こっちを見もしませんよ。

その後、何してるのかわかりませんが(留守中の様子が見たいですよねぇ〜)
おそらく3匹バラバラで、てんでに昼寝しているものと思われます。

みなみがうちに来て、最初の1年ぐらいは、留守番時に靴をかじったり、置いておいた首輪を破壊したことがありました。
それもほんの数回。
以来、みなみも他の2匹も、留守番中に何かイタズラをしたことは一度もありません。
天気の悪い日や冬には、室内に入れていくこともありますが
まったく問題ナシ。
ちょっと、自慢ですぅーsign01 すみません。happy02

帰宅して、車から降りると、たいていケンが「ワンキャオンキュンハオン!」とか大声で騒ぎ出します。
車じゃないと、私が近づくのをじっと見ていて
2
みなみが「はぁーやれやれ」とのびをして
この後ナツがのびをして(撮れなかった)
3
ケンも真似してのびをして、歓迎準備完了。
(そこら中、散らかっているのはご容赦。)

4_2

ケンは大騒ぎしながら、何度もピョンピョン飛びつきます。
おかげでニットやレースの服が着れやしない。
みなみとナツは、小さな声で「フンフン」言いながら、しっぽビュンビュン、お目目キラキラで喜びを表してくれます。


みんなでなだれ込むように室内に入って、「お帰り!お帰り!」とはしゃいでいる犬達に「ハイハイ、ただいま」とさわりながら、よけながら、荷物を置いたり着替えたり。
お留守番のごほうびの、小さなおやつをもらって犬達の留守番仕事終了。
ようやくそれぞれ好きな場所で、ゆったりくつろぎモードに戻ります。
私達も、ようやくすわって一服japanesetea
「やっぱりお家が一番だね」happy01good


〜〜〜〜dogcat〜〜〜〜dogcat〜〜〜〜dogcat〜〜〜〜dogcat

不要ペット回収車全面廃止

賛同していただける方の署名を集めています。

詳しくは こちらenter

応援記事は こっち あっち そっち

| | コメント (5)

2008/11/21

ソバへのこだわり

以前にも八重山ソバは、島の主食とか書きましたが、先日あらためてそれを思い知ることが。

村の学校で勤労感謝集会というのが開かれて、ボランティア協力者が招待されます。
私もよんでいただいたのですが、楽しみは給食です。
この学校の給食は石垣島一番の呼び声高く、とてもおいしい。
自分の小学校時代の給食は、まずくて冷たくてイヤな思い出しかありませんが
村の子供達はなんて幸せなんだろう。
調理室の隣にあるランチルームで、みんなでいただきます。
この日のメニューは「汁ソバ、大根サラダ、黒糖蒸しパン」
汁ソバとは八重山ソバのこと(焼きそばと区別してそう言ってる)。

小学生が私の分を持ってきてくれました。
Photo
「アレ?汁ソバの汁が入ってないよ」???
先生「後で入れますから」  ???ナゼ?
先生「いっしょに入れると伸びちゃうからじゃないですか。」
私「そこまでやりますか!ここの給食!!(゚0゚)」
先生「すごいですよねぇ。」
確かに先生・生徒40名ほどに行き渡るまでに10分近くかかりますが・・・

全員が自分のトレイをテーブルに置き終わってから、もう一度、ソバ丼だけを持って汁を入れに並びます。
そして熱々の汁をかけて全員が席に着いた所で「いただきまーす」。
あっさり薄味の汁に、ほどよい固さの麺。
よく味のついた豚肉とかまぼこ。
Photo_2
申し分ない、どこのソバ屋にも負けない、私好みの美味しい八重山ソバでした。
豚骨からダシをとって汁は作るそうです。
給食にして、このこだわり。いやもうお見事shine

小学1年から大人までいますから、小盛り大盛りなど自分で食べる量を調整できます。
おかわりも早い者勝ちで自由。
あまりにソバもサラダもおいしかったので、どっちもおかわりしちゃいました!
でもトッピングの肉とかまぼこはおかわり分はなかった〜〜〜残念。
(先生のソバにムチャクチャたくさん肉がのってたぞ)

デザート(!)の蒸しパンは中にあんこが入ってました。
子供達は自分の好き嫌いで交換したり、あげたりしても叱られません。
柿だけをたくさん食べる子やら、蒸しパンを3個ぐらい食べる子とか。
あまった蒸しパンは、私達招待客におみやげとしてもらえました。


石垣島内でも、街中の大きな学校は給食センターから来るので、冷めているそうです。
暖かい給食は個々に調理する小さな学校の特権。
こんなおいしい給食の思い出が持てるなんて、うらやましい。smile



〜〜〜〜dogcat〜〜〜〜dogcat〜〜〜〜dogcat〜〜〜〜dogcat

不要ペット回収車全面廃止

賛同していただける方の署名を集めています。

詳しくは こちらenter

応援記事は あっち こっち  そっち

| | コメント (5)

2008/11/20

HOTな飲み物

石垣島もおとといから、どんどん寒くなりました。
ついに20度を切ったりして、サムイ〜〜〜sign01
内地で氷点下・雪とかなのに、軟弱だ!と怒る方もあるでしょうが
なにせ先週土曜日にまだ30度あったので、みんな夏服のまま・・・
それで北風ビュービューになったので寒いです。
(寒がりの私はもちろんセーターなど常備していますが)

Photo_2
(北風に吹かれるススキは、島の初冬の景色)

石垣島では、あまり熱い飲み物を飲む習慣がないようです。
コーヒーや紅茶は年中アイスが普通。
お茶も1年中冷たいさんぴん茶(ジャスミン茶)。
暑い時期が長いので、当然と言えば当然ですが。

10年前は自販機も通年COLDだけでした。
ところが、私が島に来て数年後に、自販機にHOTが1段の半分ぐらい入るようになりました。
それから商店などでも、一部缶コーヒーなどを温めて売っている所もできました。

でもね、寒いと思うと、突然暑くなることもある石垣島。
とある冬の夜の帰り道、とってもノドが乾いたので、たまらず道ばたの自販機で冷たい飲み物を買おうと、車を止めました。
急いでガタンガタンと出てきたコーヒーをつかんだら「アツッbearing!」
よりによって全体の1/4しかないHOTのボタンを押してしまったらしい。
慣れないので、よく確かめなかった・・・(SHIT!)
一気飲みしたいぐらいだったのに、まったく冷めない缶コーヒー・・・

Hotcoffee そんな石垣島にもミスドがあります。
私は学生時代からミスドがごひいきで、コーヒーと言えばミスドでした。
石垣島には普通の喫茶店が少なくて、ミスドが出来るまでは、ちょっと一休みで行く場所があまりなく、ミスドが出来て、とてもうれしかった。
(なんせ喫茶店普及度日本一の名古屋出身ですから)

さて、ミスドに行くと当然ホットコーヒー(カフェオレ)を頼みますが、ずっと私達以外にホットを頼む人はいないのか?て感じ。
毎回レジで「これからいれますので5分ぐらいお待ちください」。
ミスドでコーヒーの作り置きがないんです。
それぐらい誰もホットを飲まない土地柄。

ところが、昨日、北風吹きすさび寒いよ〜と言いながらミスドに飛び込み、ホットカフェオレを頼んだら、もう出来てた!!
初めてだ!!
二人で注文して、一人分だけだったけど。
周りを見ると、ホットを飲んでる人が何人もいました。

それぐらい、昨日から石垣島も寒い!という話。

| | コメント (5)

2008/11/19

新米

福島で農業をしている友人に、10月の初め新米を頼んだら
「今年はまだ田んぼの中」との事。
とにかく一番で送って欲しいとお願いして、20日過ぎに我が家に到着しました。
Photo 香り・味、何とも言えず、お客様にも堪能していただきました。
美味しい米にはおかずが要らないぐらいですが、
与那国島のタコ明太を添えて。
口の中で美味しさが踊ります。
安心して安全な食べ物を食べることが難しい時代に何より有り難いです。

スーパーでは、プライベートブランドとか商品開発が進んでますが、毒入りの米が出回る昨今。
個人でも、今まで同様ではダメですね。
安心できる生産者から直接買うのが最善かと思います。

                      by ゆうゆう

| | コメント (6)

2008/11/17

子守り

絵が描けないので言葉で説明しますが、
私があおむけに寝ころんでいるところに、右にケン、左にナツが来てゴロリ。
三人で仲良くTVを見てましたとさ。
そしたら、みなみが庭の何かにワン!と吠えた。
すぐさま駆けつけたいケンは、パッと起きあがって私をジャンプ!
しかし瞬間的に、それでは着地点がナツの上になるのに気づいたケンは
とっさにジャンプを小さくして、私のお腹をふみつけてimpactナツを飛び越えようとしたのだsign01
「ギャー!!」叫ぶ私。(体重9kgで踏みつけられたらマジ痛いweep
ケンは脱兎のごとくみなみの方へ走っていった。
ところが庭に出る窓を開けるべき私は痛さとショックで
「フギャー!ケンが・・・ケンが・・踏んだ〜〜!ナツより私を踏んだ〜〜!」
とのたうちまわっているので、誰も窓を開けない。
出たくて出られない3匹は別の窓から出ようと、ドドッと走ってきて、
ケンが、また私を踏んでったbearing
「往復かよ!ケーン!!punch 人を踏むな!!!bomb

みなみは最初から絶対そういうことはしない。
どんなに急いでも、人や犬を踏まないように、さっと回り込んで抜けていく。
こういうのって、どうやって教えたらいいのか・・・

〜〜〜〜〜〜chick〜〜〜〜〜〜chick〜〜〜〜〜〜chick〜〜〜〜〜〜chick
今日の本題

石垣島に来て、まずびっくりしたのは、子供の数が多いこと。
兄弟姉妹5人6人当たり前。
当時(10年ちょっと前)は「ひとりっこ」がものすごく珍しかった。たぶん今でも。
一番上が高校生で末っ子(暫定)が赤ちゃん、でも当たり前。
長女といっしょに出産するお母さん・・・あるある。
孫と自分の赤ちゃんの面倒をいっしょに見れて便利、とか。

生活が苦しいから、共働きも多い。
したがって、小さい弟妹の子守りは兄姉がする。
生意気な大人ぽい男子中学生が、休みの日に幼児の手をひいて歩いているのを見て、もうビックリ。
一瞬「あんたの子?」てぐらいです。
(20才で子供二人も、これまた珍しくないですが・・・)
自分の弟妹でなくても、小さい子と遊ぶのが上手なお兄ちゃん達。
村の学校でも、小学校低学年の男子は、中学生に肩車してもらったりして遊びます。

小学生でも赤ちゃんの扱いは慣れたもの。
2
休日にPTAのイベントがあると、小中学生だけでなく、幼児・乳児の弟妹もお母さんといっしょに学校へ来ます。
そうすると、女子達は大喜びで、赤ちゃんを抱いてます。
自分の弟妹でなく、よその子でも同じ事。
「今度は私〜!」と言いながら順番に子守りしてます。
お母さんもずっと赤ちゃんを抱っこしてなくていいから助かりますよね。
Photo
↑小学生が、よその赤ちゃん抱いて井戸端会議happy01

もっと大きな2才ぐらいの子でも、1年生が抱っこしますよ!
私は赤ちゃんも幼児も、経験がないので恐くて手がだせません。
重そうだし。

慣れというのはすばらしい。
経験はすばらしい。
この子供達にとって、小さい子の子守りは当然で、自分ちの子だとちょっと乱暴ですが、よその子にはとっても優しいです。
みんなで大きな家族のように見えます。
こういう環境があれば、少子化とかならなかったかもしれない、と思ったり。
(原因となる問題の所在はまた別のところにあるのでしょうが・・・)



| | コメント (7)

2008/11/16

黒糖ができるまで

今日は朝から外が滝。rainrainrainrainrain
ドードーと音をたてて、雨が降ってます。

きのうは真夏日の炎天下sunsunsunでした。
そんなsunの下で、サトウキビ農家の多い村の学校で、黒糖づくり体験をしました。

Photo_4 原料のサトウキビ(6-70本)と、大鍋と、謎の機械を使います。
1_3



Photo_6


まずサトウキビをスチールたわしで洗って、適当な長さにカマで切る。
Photo_5
洗ったキビを謎の機械でしぼる。
2
前からキビを差し込むと、下に絞り汁がでて、後ろに皮がでていく。
単純だけど、飽きることなくおもしろい。
子供達も最初は機械を恐がってましたが、そのうち、我も我もとキビをつかんで順番待ちの列を作って、キビをさしこんでいました。
Photo_7
絞り汁を大鍋にいれて煮込む。
Photo_8
強火で煮込むのですが、薪なので、強火を保つのが難しい。
薪は次々と学校の庭から枯れ枝を拾ってくる。
Photo_9
最初は薄緑色だった液体が、煮込むうちに茶色く煮詰まってくる。
Photo_10
そこへ石灰を入れる。この量とタイミングが重要らしい。
Photo_11
しばらくすると、ふわっと泡だってくるので、吹きこぼさないようにひたすらかきまぜる。
Photo_12
色が「うぐいす色(メジロ色)」になればよし。
なんとなくくすんだ緑色になった。
更に強火で煮込む。
Photo_13
まるで生チョコのようになった。
何かディップしたくなる。
器にうつしたら、黒糖飴の出来上がり!
あれ、黒糖にはならなかったみたい。
ちょっと固すぎたようで。
Photo_14
正真正銘100%サトウキビの黒糖飴なので、その味はもう抜群。
子供達は飴細工のように伸ばした部分を取り合って夢中でなめてました。

一家にひとつお持ち帰りしたけど、固くて割ることもできなさそうcoldsweats01
さぁ、どうするおいしい黒糖飴。

| | コメント (4)

2008/11/15

いらないペットは・・・

前々から、保護活動をやっていらっしゃる方々のブログで知ってはいました。
行政が税金を使って、ペットをゴミのように捨てる飼い主のために回収車を回してること。
そこまで捨てるペットの数が多いことにも唖然。
そしてちり紙交換に出すように、犬や猫を出している人達の多さにもガクゼン。

そしてついに、それに「否」の声をあげようという運動が。
詳しくは soonこちら eyeをご覧ください。

   

Img_7524

| | コメント (10)

2008/11/13

ととはうす

Photo石垣島にはオリジナルTシャツ屋さんがたくさんあります。
Tシャツは島の基本服で、いつでもどこでもTシャツでOK。
私は石垣島に引っ越して、最初の年だけで10枚以上買ったかも。今は夫婦それぞれ引きだし2段分ぐらいTシャツを持ってます。

そんな中で「ととはうす」さんは海の生き物柄専門のTシャツ屋さんです。
(↑夕方撮ったので外観が暗い。機会があれば撮り直します)

100種類を越える魚やエビカニなどの生き物のイラストと、併せるイラストを自分の好みで選んで、自分だけのオリジナルTシャツを作ることができます。
毎年、魚の種類も併せるイラストも増えるので、バリエーションはどんどん広がります。
Tシャツ自体の質や色もいいので、ついつい新しいのが欲しくなってしまう・・・happy02
すだれにさがった小さなTシャツが目印のかわいいお店。

Photo_2
店内にあるTをその場で買うこともできるし、参考にして、自分の好きな色・サイズのTシャツを選んで、好きなイラスト&好きな魚を選んで注文できます。
だいたい半日ぐらいでOK。送ってもらうこともできます。
ダイバーの人達は、なるべくマイナーな魚を選んでウケ狙いをしたり。
最近ヤシガニ柄もできました!
今年はヤシガニにお世話になったからwinkその話)、ヤシガニTをつくろうかな。

このお店の看板犬のルイ三世女王陛下は、うちの犬達と同じ捨て犬出身。
今は(うちと違い)きれいに手入れされた美しい専用ドッグラン庭と、庭に降りる専用階段も持っているお嬢様犬です。
うちの黒犬達とキャラがかぶるのか、一度ナツがやっちゃったimpactことがあります(ゴメンね、ルイちゃん〜)。
以来、当然ながら、ルイちゃんはうちの犬達にはちょっと構えてしまいます。
ひとりで出かける練習でケンだけ連れてきたのですが
最初からうなられました。
1
まっすぐ立ったルイちゃんのシッポと、情けなくペタンコになったケンのシッポ!
ケンは恐くて緊張すると、耳が前向きに立ちます。
ビビって、ルイちゃんの顔を見られず、庭のすみでシッコしまくるケン・・・
(こんなきれいなよそのお庭で・・・coldsweats02
Photo_3
Photo_4
ニオイをかがせてもらって、「ふぅ〜合格かな」とケンが油断したその瞬間
「WANsign03」と思いっきり一声吠えられたケン。
「ひゃ〜〜〜」とビビリまくって、庭の隅に走っていってウンチshock
(こんなきれいなよその庭で、それはないよケンちゃん・・・crying

あわてて車にビニール袋を取りに行ったら、「置いていかれた!」とパニクって、ドッグランから脱出して追いかけてきました。
やれやれ。「すぐ戻るって言ったのに・・・」
そんなわけで、「どうも申し訳ありません。大変失礼しました。」と謝って帰るはめに。

車に戻って走り始めると、いじけることなくケロッとしてました。
Photo_5
ひとりでお出かけの課題は、今回は吐かずにクリア。
まあ、それはよかったかな。

| | コメント (2)

2008/11/11

いろんな虫が・・・

ほんの何日か前まで、季節はずれの真夏日が続いて暑かったのですが
きのうから一転して冬型の天気となり、きのうは最高気温23度。
平年より3度も低かったそうです。
どうりで寒い。とっても寒い。
風が強いので、体感温度が低いのです。
降り続いた雨が、午前中遅くに、ようやく雨が止んだので犬の散歩に出かけたら
きっちりした帽子(キャップ)が風で飛んじゃったぐらいです。

季節が夏から晩秋に、一気に飛んだような石垣島ですが
セミは勢いを弱めながらも、まだ鳴いてます。
一方、冬のホタルも増えてきました。
夜、犬が庭に出入りして窓を開けると、セミやホタルが室内に飛び込んできます。
Photo_2 ←これはホタルです。
2cm近くあるので、緑色の光も強いです。
家電製品のスイッチ灯とかにつられて入ってしまうのだろうと思います。
外へ戻してあげたいけど、出すのは困難。
傷つけず捕まえるのがほぼムリ。
(捕虫網でもあればできるかも)
室内を光りながら飛んでます。
真っ暗にしていると、ハッとするぐらい明るいです。

ホタルは静かだし、きれいだし、はかないし、室内に入っても、ホタルはかわいそうだけど、人間は困ることはありません。
しかし、セミが入ると、大騒ぎ。
まず第一にセミがうるさい!
ジ・ジ・ジ・ジ・ジ、バタバタバタバタバッバimpact
そしてセミが大好物らしい、うちの黒犬2匹がセミを追いかけて、バタバタバタと走り回る。
できれば食べちゃってほしい。
そうじゃないと、いつまでも部屋のどこかで忘れた頃に、ジ・ジ・ジ・ジ・バタバタバタを始めるから。

バッタが入った時も、けっこうな騒ぎ。
バッタは静かだけど、ピョンピョン飛んで戸や窓にぶつかったりするので、これも落ち着かない。
バッタを食べるのはナツだけなので、ナツと私で追い込みをする。
カーテンにとまっているのを、私がハエ叩きで払い落とす。
下で待っているナツが、バクッと一口で始末する。
ナイスコンビネーション!

○キ○リの時は、幸か不幸か誰も食べないから、誰も手伝ってくれない。
もくもくとひとりで戦う。
南の島には、一年中いますcrying

| | コメント (8)

2008/11/10

ぎんなん

お客様からいろいろおみやげをいただいた中に、両手にあまるほどのぎんなんがありました。
名古屋でお店をしていた頃、お客様から「職場の近くでたくさん採ったから。」とかぶれた顔で、ぎんなんの入った袋を手渡されたのを思い出しました。

ぎんなんと言えども、体質・体調、そして採る量に気をつけた方が良いようです。

Photo まず塩焼きにして日本酒で愉しみました。

info02ちょっとぎんなんの下ごしらえ。
実をつぶさないように殻をペンチ等で割ります。
殻から実を取りだし、湯の沸いた鍋に入れます。
長めの菜箸4-5本でかきまわしていると、薄皮が取れていきます。
(古くからの確かな方法です)

万が一、うまく行かない時は、実と湯の量、鍋の大きさのバランスを調整するだけです。
実がぶつかり合ったり、箸や鍋の内側に当たったりしながら、皮がのぞかれていくので。
併せて、下茹でもできるので、調理に便利です。

                          by ゆうゆう

| | コメント (6)

2008/11/09

ホワイトハウスの犬は?

立冬で真夏日という、沖縄でも記録的な残暑が続いていましたが、
昨夜から雨rainがザーザーと降り続いて、今日はすっかり涼しい。
長袖セーター着ています。夕方6時で室温25度。寒いわ〜〜

〜〜〜〜〜present〜〜〜〜〜present〜〜〜〜〜present〜〜〜〜〜present

犬やかんさんのブログで知ったんですけど(犬やかんさんによる詳しい解説有り)、オバマさんが選挙後、娘達に「これで子犬(puppy)が飼えるよ」と言ったので、どんな子犬を飼うかが大きな関心事になっていると。

そして、この件について、日本の新聞などでもとりあげられていますが、どうも記者の偏見先入観(?)が前にでて、正しい価値観でオバマさんの意見を伝えてないような気がします。

限りなく正しい翻訳(私がやったからbleah)をここでご紹介します。
金曜日の記者会見でオバマ氏が語った言葉だけを(報道されてる部分)。

「これはとても大きな問題なんです。二つの条件を満たさなければいけないので。
まずひとつはマリアにアレルギーがあるので、アレルギーを起こしにくい犬じゃないといけない。
次に、できれば動物レスキューシェルター(保護施設)の収容犬の里親になりたいんです。でも、明らかに、シェルターにいる犬はボクのような雑種だからね・・・
だからこの二つの条件をうまく満たすことができるかどうかは、オバマ家の差し迫った問題だと思います。」

記事では解説として、「短毛種はアレルギーを引き起こしにくいが、全くないわけではないし、短毛種は小型犬とは限らない。」ウンヌンと、あります。
オバマさんは小さい犬がいいとは言ってないと思いますが。。。sad

Photo

ダ・メ! 大体あんたは毛が飛び散りまくるから第一条件を満たしません。
それに、うちの大事な大事な子だから、大統領に頼まれたってあげません!!

あえて「雑種(mutt)」という言葉を自分に使ったオバマさんに対しても、記者の間では驚きがあったそうです。
オバマさん自身がアメリカで差別されてきた一番のポイントを、あっさり自分から何気なく触れる点に、オバマさんのこれまでの苦労と、成熟した人柄がかいま見えます。

まったくアレルギーを引き起こす可能性のない犬や猫はいないらしい。
一般的には、プードルとかシュナウザー系が抜け毛が少ないそうです。
雑種だと、何と何が混じってるかわからないから、アレルギーを起こしにくい(フケや抜け毛が少ない)犬種かどうかわからない、という点が、オバマさんがひっかかっているところと思われます。
雑種の子犬は、どう変わるかわかりませんもんね。(そこがおもしろいところなんですが)

そこで、オバマさん!paper ちょいといいことを教えてあげましょう。


雑種の成犬にするとよいですよflair

シェルターにいる成犬で、アレルギー誘因度が低ければ、決まり!pass
見事に二つの条件を満たすことができます。
娘さん達が「カワイイlovely」と感じる犬で見つかればよいですね。

成犬からでも、もちろん懐くし、しつけられます。

成犬からでも大丈夫good(私が太鼓判!)

わんわんクラブで、現在里親募集中の犬から短毛の子をピックアップしてみましょう。
100 454 101
いかがでしょうか?オバマさん。
アメリカにもたくさん捨て犬がいるようですから、ぜひそういう犬から選んでいただきたいです。

日本の皆さん、ホワイトハウスじゃなくても全然OK。
最後まで可愛がっていただける飼い主さんさえいれば、そこが天国。
よっ、大統領sign01ニクイネ、コノコノ。

短毛の犬達は手入れが楽でいいですよ。

ホワイトハウスに、こういう見るからに雑種の犬が住むようになったら、世の中の犬に対する価値観も変わるかもしれません。

| | コメント (3)

2008/11/07

カレンダー完成

ついにわんわんクラブカレンダーが完成いたしましたsign03
Photo
新年に向かって、たくさんのワンちゃんが走り込んでいます!
このイラストも含めて、6名のボランティアスタッフ&わんわんクラブさんと
ご登録いただいた365匹のワンちゃんの力が合わさって完成。
ご登録いただいた方には順次発送されています。

中はこんな感じ。
Photo_2 (ケンが切れた!)
大きくて見やすいです(ワンコの写真がwink
メモ欄もあり、実用的です。
1冊2000円で、ただいま好評販売中。
(収益はすべてわんわんクラブで保護した犬のために使われます)

「お歳暮代わりに配ろうかしら」
「お年玉に配ろうかな」
crown大量注文大歓迎crown お申し込みはこちらenter

私的に来年のカレンダーの目玉はここ↓
Photo_3

マミパピ団を卒業した「りゅうちゃん(元オレンジ)」と「マミー」が一日おきに登録されてます!!
成長したりゅうちゃんがマミーにそっくりでしょ!
(笑顔もベロの形まで)
もうなんかわかんないけど、うれしい・・・weep
もう1匹のニライちゃんは、ずっとブログが更新されなくて淋しいです。
元気でやってると思いますが、ニライカーサンよろしくです。

この2匹の真ん中に入ってる「ラッキー君」ですが、これまたすごい話。
ラッキーは、りゅうちゃんを東京まで連れて行ってくださった方のワンちゃん。
まったくの偶然で2匹の真ん中に入りました。
ラッキー自身も長い間野良犬で保健所に捕まったのを、今の飼い主さんに救出された犬です。(その話

このカレンダーでは毎年こんな偶然があります。
預かりボラのお家のワンコと、里親さんにもらわれていった犬が、それと知らずに隣同士だったり、上下に並んだり。
放浪時代を知っていて、その後どうなったかしら?と心配していた犬が、偶然自分ちの犬の隣に載っていたり。
見えない不思議な縁を感じさせるエピソードをいくつもうかがいます。
そんなドラマをいくつも秘めたカレンダー。
ドラマは「本日のわん」ブログで明かされること多し。

| | コメント (9)

2008/11/06

ちゃーがんじゅうさー食堂

30度以上の真夏日で、25度以上の熱帯夜で、湿度80%以上の今日の石垣島。sweat01
11月でこれは沖縄にしても異常だそうです。
数が減ってきたものの、まだ朝からセミがear鳴いてます。

〜〜〜〜noodle〜〜〜〜noodle〜〜〜〜noodle〜〜〜〜noodle〜〜〜〜〜

石垣島北部へ向かう途中、国道390号沿い(北向きで左側)、伊野田にある食堂。
Photo
家族総出の手作り木造で、ご覧の通りピカピカとは言えません。
中もとってもローカルな食堂。(=しゃれてるとか、キレイとは無縁)
でも、ここのオバサンはとってもいい人good
石垣島に来る前から名古屋の知人が「石垣の母」と慕っていました。
私達も島に引っ越してから、ずいぶんと相談に乗ってもらい、お世話になりました。
勝手のわからない島の事情をいろいろ教えてもらいました。
いろいろな経験もさせてもらいました。
懐の深い、やさしい、ビッグママな感じ。(特に体が大きい訳じゃないです)

みんなでドライブした時に久しぶりに寄りました。
ここはソバだけですが、これがスゴイ。
Photo_2
八重山そば(¥500)を頼んだらこうだもん!
すっごくオリジナル。(普通はかまぼこと薄切り肉がトッピング)
汁はあっさり系でさっぱり。
肉にしっかり甘辛味がついていて美味しい。
野菜はその時にあるものを入れるそうです。
こんなたくさん野菜(冬瓜と菜っぱ)がのってるなんてhappy01

パパは三枚肉そば(¥700)。
Photo_3
ちょっとしたポークステーキぐらいの肉の量。
麺も多くて、すっごくお腹いっぱいになりました。

犬達は涼しければ車内で待たせるのですが(その方が静かだし)
ちょっと暑かったので、店の前の日影につながせてもらいました。
Photo_4
最初は「まだ?まだ?」とのぞき込んで、ケンがヒーヒー言ってましたが
私達を待っている間に、オバサンからテビチの骨をたくさんもらって大喜び。
Photo_5
「あのぉ、もうちょっといただけますかぁ?」とオバサンに目で訴えるみなみwink

| | コメント (8)

2008/11/05

みんなでドライブ

祭の翌日からrainもようの石垣島。
Photo_5
お日様が射しているのにスコールとか、ふつうにザーザー降りとか、雷雨とか、いろいろな雨降りが一日に何度もあります。
でもおかげで涼しくなったので(30度以下になった)、半年ぶりに家族みんなでドライブに出かけました。

Photo_6
みなみもうれしそうhappy01

普段と違う所を歩かせてやろうと、山越えの農道に。
2_4
初めての場所に、ケンは大興奮。
「アッチー!コッチー!」と引っ張りまくりニオイをかいだり、欄干から下をのぞいたり、大はしゃぎ。
橋から下を見るとこんな↓
2_5
高さが10mはあるので、幾重にも重なったさまざまな樹木を見ることができます。
ここからの景色は↓
Photo_7

次に向かったのは明石野菜売場。
パパだけが売場に入って、犬と私はとなりの展望台へ。
Photo_8
階段だけでなく、スロープもあるので犬も登りやすい。
2階ぐらいの高さですが、風が吹き抜けて、ものすごく気持ちいいhappy02
ここからは太平洋と東シナ海を左右に見ることができます。


2_6

そろそろお茶の時間。uliuli cafeへ寄りましょう。

1_2

カブ君が登場した途端に、繋留ロープをぶっちぎって突進したナツ・・・
「阿鼻叫喚の騒ぎか!」と肝を冷やしましたが、若い♂犬のカブ君相手に背中の毛を逆立てながらもアグレッシブにニオイをかぎまくってました。coldsweats02
3匹の攻撃的なまでの挨拶に、ちょっと腰が引け気味だったものの、立派に耐えて看板犬としての勇姿を見せてくれたカブ君でした。
2_7
「カブ君すき!」 byナツ
Photo_9 紅いもスイーツ
カフェの緑のお庭も歩き回って、堪能した犬達。
楽しく帰路につきました。

| | コメント (4)

2008/11/03

角力(沖縄相撲)

相変わらず最高気温30度以上が続く石垣島。
二日続けて石垣島まつりに出かけました。coldsweats01
とってもいいお天気で、日射しがきつくて暑いけど、思わず出かけたくなるような日。
日傘を持って、靴底をよく確認して出かけました。

昨日のお目当ては角力。
石垣では「かくりき」と呼ぶ沖縄相撲です。
大辞林で調べてみたら「角力かくりょく」で「力くらべ、相撲」とありました。

日本の大相撲とはちょっとルールが違います。
いわゆる「よつにくんだ」状態をとって、そこから開始。
1
押し出しとかはなくて、相手の背中を地面につけたら勝ち。
(アジアの相撲により近いらしい)
だから相手をひっくり返す大技がでるので迫力があり、おもしろいのです。

新聞には「角力大会午後1時〜3時」とあったので、大人に間に合えばいいから2時頃めざして出かけました。
ところが2時過ぎでまだ小学生!
小学生の優勝は体の大きな5年生で、賞品は自転車でした(その他菓子とかたくさん)。
次に中学生・・・これが大勢いたんだ。
日傘をしていても、首筋がジリジリして、とても炎天下で見ていることができません。

私は他のブースで知人とおしゃべりしたり、あっちこっちふらふら。
Photo
国際交流ブースではフラダンスが披露されました。
日影にいれば、ハワイの快い微風が吹いてくるようでした。

Photo_3 あまりの暑さに耐えきれず、ついに買ったよかき氷。
かき氷は一種の必需品なので50円とか100円。
この日は当然大人気。
これは100円で、シロップとミルクがかかっています(少なかったけど)。
おかげで体が冷えて助かりました。

そんなこんなしているうちに、日が傾いて、ブースでできる影も広がり、角力も大人の部になり、俄然おもしろくなってきました。

柔道経験者が多いらしく(似てますから)、柔道着を着た人もいました。
服装は自由みたいでTシャツにハーフパンツの人も。
2
3
気がつくと、大勢の人が角力観戦をしてました。

成人団体戦が終わった所で、私達は引き上げることに。
だって、もう5時過ぎでしたsad
このあと個人戦もあったのですが、最後までいたら6時になっちゃいます。
どこから1時〜3時という予定がでたことやら・・・
(中学生が何十人も出場したのが想定外だったらしい)

昼間ステージを近くで見ると、ものすごく立派であらためてびっくり。
Photo_4
こちらではイベントに音楽と踊りは欠かせないので、毎回ステージを組み立てるより、この方がきっと経済的だし、雨にも強いし、よいアイディアだと思います。
公民館などの人の集まる施設には必ず舞台が作ってありますから。

| | コメント (8)

2008/11/02

石垣島まつり

11月最初の週末は毎年「石垣島まつり」。
これは伝統的なものではなくて、行政によるイベントです。
でも、いろいろ盛り沢山なので毎年行きます。

午後になって、うちのあたりは雨。
すぐに止まないので、「まつりはダメかなぁ・・・」と心配に。
今年は夜のコンサートが目当てなので、出る前に、まつり本部に電話しました。

「雨が降ったらコンサートはどうなりますか?」
「ちょっとお待ち下さい。」(ゲロゲロ、決めてないのかよ?!)
「小雨ならやります。あまりひどいと止めますが。」
「ひょっとしてそっちは雨降ってないですか?」
「降ってませんよ。」(じゃあ納得)

今にもまた雨が降りそうなうちを出て、トンネルを抜けたら、そこは西日がギラギラ輝くsun晴天でした。(ドヒャー!)

早めに犬達の散歩とごはんをすませて、5時前ぐらいに出発。
出店で買い物もしたいから暗くなる前に着きたいので、ギリギリ。
Photo
午後5時半の会場。奥に屋根付きの立派なステージがあります。
芝生広場のまわりを50店以上の出店がぐるりと囲んでいます。
その中には、姉妹都市岡崎市の店も。
Photo_2
ワッハッハ!赤味噌だらけhappy01
とうふに田楽味噌をつけた試食もありました。
うちは赤味噌はお取り寄せしているし、専属シェフはもちろん味噌カツのたれも田楽味噌もおいしく作ってくれるのですが、せっかく岡崎から持ってきて、Ms.岡崎まで来て販売しているので、私が買わないかん!と買いましたよ。

「この田楽味噌おいしいねぇ。私は名古屋から来とるもんでうれしいわぁ!」
「なあにぃ、名古屋かねぇ。」「そうなんだわぁ。味噌は名古屋から取り寄せとるんだけど、これおいしいでひとつもらうわね。」
なんて、しばし名古屋弁会話を楽しみつつ。

だが、この時、実はたいへんなことが私の足下で勃発。
混んだ駐車場になんとか車を入れて、会場に向かって歩き出して数メートル。
急に靴が壊れたshock
かかとから靴底がはがれて、パカンパカン。
会場で草履かビーサンを売っているのに一縷の望みをたくしていたのですが、靴底はどんどんはがれて、いよいよくっついているのはつま先だけweep
下が芝生なので、いっそ靴をぬいで裸足で(靴下はいてたけど)歩き始めました。
島のいい所は、だからといって、誰もあまり気にしないこと。wink
でもそのままでは足が冷えるので、買い物をした出店でガムテープをもらって応急手当。
Photo_3悲惨!!
もうじき暗くなるから見えないし、どっちにしても誰も気にしないからいいや。scissors

買い物をひととおりして、もう一度中心に戻ってくると
Photo_4
さっきよりだいぶ人が増えてます。
石垣のこういうイベントの特徴は暗くなるほど人が増えることです。
芝生の上に、家族や仲間と丸くなってすわり、周りの出店で買ってきた飲み物や食べ物でそれぞれ宴会(酒盛り)開始。
出店のほとんどは「○○中バレー部」「八商工野球部」「△△小吹奏楽部」とか部活の活動資金を得るための父母によるもので、子供達も盛んに呼び込みをしたり手伝います。
だからそこで買い物をすることは即カンパになるので、みんなけっこう派手に使います。
同じようなメニュー(やきそば、やきとり、ウインナー、牛そばなど)が多いので、応援したいクラブの店で買ったり。

私達がこの日の夕食に選んだのは、500円の牛そば。

Photo_5
食べても食べてもなくならないぐらい量が多かった。

そうこうしていると夜のコンサートが始まりました。
石垣出身で活躍している、RYOEI、彩風、日出克、の3組がゲスト。
ステージから離れた後ろの方にいたら、周りはほとんど宴会モード。
会場が住宅街の中にあるためか音量も控えめでいまいち。

地面に座っていると冷えてくるので、私はウィンドブレーカーまで着込みました。
でも会場の90%は半袖でしたね。

突然客席に見慣れない人出現。

1
ま、まさか・・・デビルマン?  石垣に?
近づいてみると、やっぱりそうだ。

2
完全なコスプレ(ですよね?)。
愛想のいいデビルマンで会場中を回って、記念写真や握手に応じていました。

3
まさか、選挙活動じゃないよね、デビルマン。

真っ暗になって、デビルマンがでた頃には会場は満員。

Photo_6
そしていよいよ本日の私達のお目当て日出克の登場です。
よく聞こえるように場所も前に移動しました。

日出克(ひでかつ)は竹富島出身で、民謡や島唄とはちょっと違う音楽を追究しています。
あえてジャンル分けをすると”ワールドミュージック”かな・・・?
とにかくかっこいい音楽で、すごく良い音をだします。

Photo_7

日出克作「ミルクムナリ」という曲に琉球国まつり太鼓が創作エイサーを振り付けたのが、エイサーブームの火付け役と言っても過言ではありません。

島ではここ10年ぐらいの間に、小中学校でほとんどの子供がミルクムナリのエイサーを習ってますし、大人もこれを見たり聞いたりしたことない人はいないだろう、てぐらい有名な曲。

バンド演奏に途中から、その琉球国まつり太鼓がステージに加わって、演舞とともに演奏されたミルクムナリ。
すごい迫力と完成度で感動happy02
まわりの宴会モードの人達もおしゃべりやめて、全員舞台にくぎづけになってましたよ。
会場中が引き込まれてました。

犬達を残していきたくないなぁ・・・と迷いながら出かけましたが、よかった。
たとえ靴が壊れてもよかった。
無事ガムテープ靴で、家までたどり着きました。

| | コメント (5)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »