« 野菜の干菓子 | トップページ | 誰もいない海 »

2008/10/06

かりんままさんと

ただいま、来島中のかりんままさんご夫妻といろいろ楽しいところへ行きました。
まずはWWFの白保サンゴ村で開催される「白保日曜市」へ。
Photo
このブログでも何度かご紹介していますが、この日は開催3周年記念イベントがあり、お楽しみ抽選会と貝汁がふるまわれました。
品物を買うと抽選券がもらえて、それを箱に入れて抽選を待ちます。
私達は行って30分もしないうちに始まったのですが、2時間ぐらい待っていた人もいたとか。
賞品は、もちろんそこで売っている商品で、生産者が紹介され、その人がくじをひいていきました。
かりんままさんには、白保名物「アーサー」(岩ノリのような海藻)があたりました。
私は「黒ごま」があたりました。国産ゴマって貴重ですよね。
抽選に外れた人もWWFグッズがもらえました。

貝汁はこんな貝が入ってます。
Photo_2
小さな巻き貝で、身を食べると言うよりダシをとります。
蛤のうしお汁のような上品な味で、すごくおいしかったです。

   つづく・・・・

|

« 野菜の干菓子 | トップページ | 誰もいない海 »

コメント

なつかしい~~~~~(^^)

白保日曜市・・・
毎回行ってました(笑)

なにかしら子供が喜びそうな事をやってくれるので
うちの娘が「白保いきた~い!」と・・・(笑)
いつも、バスでまったりと行ってました♪

しかし、最後の貝汁・・・美味しそうです(><)

投稿: み~すけ | 2008/10/07 14:40

>み〜すけさん
毎回ですか!すごいですね。この日も、この後カタツムリの殻相撲みたいな遊びをやったみたいですよ。知人が殻をたくさん持って来てました。何でも遊び道具になるんだなぁ、と感心します。

投稿: 藍mi-goro | 2008/10/07 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野菜の干菓子 | トップページ | 誰もいない海 »