« 栗きんとん | トップページ | 沖縄の食 ー チマグ »

2008/10/30

小さな学校の苦悩

村の学校は小中合わせても生徒数が20名前後で、複式学級は当たり前。
そういう状態がもう10年以上続いています。
石垣島内でも、市街地の学校を除けば、北西部の学校はほとんどがそんな状態です。
だいたい10世帯以下ぐらいの家族がPTAに。
(一世帯で児童生徒を3-4名だしているところも)

でもそのかわりに、学校は地域住民も協力して維持しています。
どの学校も美しい芝生のグラウンドや手入れされた花壇で美しく彩られています。
0001
学校は単に子供達のための施設ではなく、村の中心施設でもあります。
学校の運動会=村の運動会。
スポーツや敬老会などの会場にもなります。

そんな周辺部の小さな学校をひとつにまとめてしまおう!という計画が教育委員会によって進められています。
学校の統廃合。
予算問題なのは明らかなのに、子供達の教育効果を上げるのがたてまえ。
もちろんクラスメートを一度も持ったことのない子供はかわいそうです。
子供の社会化を考えても、ある程度の人数はいたほうがいいに決まっています。
しかし、統廃合して一校にまとめても、国の基準ではそれでも複式学級だとか。

この問題は単に教育問題に収まらず、地域の問題です。
また通学児童生徒を持つ親にとっては別の問題もあります。
小学生を9kmも離れた学校に行かせようという計画なので、
親が送り迎えになるのは目に見えてます。
しかし「友達がほしい」という子供達の声を聞く親は統合やむなし、に傾いていることも確か。

うちの周辺では3つの学校がこの計画対象となっていて、何度か教育委員会による説明会が開かれました。
うちの村の説明会では父母以外も参加して、地域の反対の声が大きくあがりました。
村の人達が自分達で建てて、維持してきた学校です。
愛着の程度が違います。
ある村では説明会出席がほとんど父母だけで、きわだった反対意見がなかったからと、来年4月から統合するという議案が教育委員会から提出されました。
びっくりしたのは父母以外の村の人達。
ここも今は高齢の村人が自分達で建てた学校です。
やはりなくなると言われたら黙っていられません。
結局反対の意見書が出たりして4月合併はなくなりました。
(くわしくはこちら

どちらの言い分もある程度わかりますから難しい問題だと思います。
でも地域の人としての立場で学校に関わっている私としては、学校がなくなったら淋しいとしか言いようがありません。
1年1度の運動会も(たとえ炎天下でも)、とても楽しみです。
ボランティアでたまに何か教えたりするのも楽しいです。
でも、友達の少ない子供達は可哀想です。
村の子供が増えるのが一番いいのですが、それはそれでまた新しい問題を生み出すので・・・
やれやれ、とかくこの世は一筋縄ではいきませんね。

       

|

« 栗きんとん | トップページ | 沖縄の食 ー チマグ »

コメント

こんばんは~。

とっても難しい問題ですよね。
私が住んでいる地域も、数年前に7校の小学校が統廃合し、さらには市町村合併の波にのまれ(変な言い方だけど)、村から町になりました。激動の数年間でした。
↑の文章と全く同じような感じで、反対もありました。

現在は地域の方達が頑張って、地域興し(運動会・敬老会・ウォーキング大会など)を行っています。
が、地域に学校があった時よりも盛り上がりに欠けますね。
かといって、統廃合が失敗だったという訳ではなく、、、これから益々児童数は減少していくのですから、、、。

先のことを充分に検討してから結果を出して欲しいですね。
ちなみに、こちらではスクールバスを利用しています。

投稿: かんなママ | 2008/10/30 18:38

ほんと難しい問題ですよね。
こちらでは安全のためにスクールバスを
走らせてくれという運動が起きています。
ですが、その予算をどこから持ってくるのか
保護者に負担させる場合、ちゃんと払ってくれるのか(給食費などの問題もありますしね)
色々複雑なようです。
いろんな事情が絡むとなかなか上手くいかないですね。

投稿: nacco | 2008/10/30 20:31

豊かさとは何かを考えさせられます。

もうからないところは切り捨て、すぐに結果が出るところにお金を注入する。

偽装問題、食の安全、そして株の暴落。

根本は利益至上主義から来ているという事に、世間が気づき始めたような気はしてますが。
良い方向に転換することを期待しています。

投稿: でぴょん | 2008/10/30 22:41

>かんなママさん
少子化で統廃合は全国的に行われているんですよね。時代の流れの中で必然となることはしかたないにせよ、おっしゃるとおり、先のことをよく考えてやってほしいものです。村で一番大きな建物を廃墟にするようなことはやめてほしい。跡地利用が重要な問題だと思います。
スクールバスはもちろん走らせると言ってるんですけどね、一往復しかしないとなると、もし遅れたら、部活で遅くなったら、結局親・・・という心配があるようです。


>naccoさん
予算と負担の問題、跡地利用の問題などなど、問題山積みですから、なかなか話も進まないようです。
スクールバスは当然出てくると思いますが、その使い方も課題ですよねぇ。


>でぴょんさん
確かに、利益至上主義の政策・世情から始まった問題ですよね。福祉教育予算の切り捨てが事の始まり。子供を産み育てる余裕を与えないような社会が作り出した少子化。少子化による医師不足・教育環境不足という悪循環。
根本的な所で本当の構造改革を行わないと、この悪循環は断ち切れないと思います。

投稿: 藍mi-goro | 2008/10/31 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗きんとん | トップページ | 沖縄の食 ー チマグ »