« ミーニシの季節 | トップページ | 海歩き »

2008/10/22

ピラニア軍団

魚の頭をぼんと放り込むと、たちまち骨だけにしてしまうヤツらがいます。
(一瞬じゃなくて、一晩はかかりますけど)
それは私が水たまりから拾ってきた、全長数ミリのオタマジャクシ。
Photo汚い図ですが

石垣島在来種のサキシマヌマガエルとヒメアマガエルの子供です。

うちのあたりには池も沼もありません。
そのせいか、雨が2日ほど続いて水たまりができるとそこに産卵します。
しかし、カエルになるには数週間どころか数ヶ月かかります。
水たまりはせいぜい1週間ぐらいしかもちません。
水たまりと一緒にオタマジャクシも干からびます。
毎年3月ぐらいから、それが何度か繰り返されるので、干からびそうになるとオタマジャクシを少しすくってきます。

そこでも運とタイミングで、私がすくうヒシャクにはいるか、逃げて水たまりと共に干からびるかの運命の分かれ道があります。
おそらく何百匹といますから、ほんの一部しか助けられません。
もともと自然界の確率でも、卵のほんの一部しかカエルにはなれないもんだと思います。

石垣島にもたくさんの外来種が入っており、なぜか外来種の方が強力で、体も小さい在来種はどんどん住処を失い、エサを取られ、数が減っています。
石垣島では外来種で、最も数が多く、すさまじく強力なオオヒキガエルなどを減らそうと努力しています。
西表島に入ると大変なことになるからです。
石垣島では既に大繁殖しており、うちの周りも夜になるとこいつに囲まれます。(ちょっと大げさ)
背中から毒を出すので、犬も気をつけないといけません。
現在は、こんな取り組みも行われています。

私は個人的に在来種を1匹でも増やそうとオタマジャクシを飼ってます。
(と言っても、干上がらない水たまりを提供している程度ですけど)
ひ弱なグループだと、すぐ大量死することもあります。
でも、今回のは丈夫で、1匹も死なず、旺盛な食欲でびっくりします。
オタマジャクシは肉食。ドッグフードでもOK。
犬にあげるためにゆでた魚の頭や骨の身を取りきれない部分をあげます。
すごい勢いで食べて、すぐに大きくなります。
ただカエルになっても1cmぐらいの小さな小さなカエルなので、そこから生き延びるのが大変そう。
私はカエルになったら、庭にはなしています。
自力でサバイバルできないと、どっちみちその種の明日はないからです。


notes追記
去年、最初にこのオタマジャクシを拾ってきた時、肉食と知らなくて、特にエサもやらずほっておいたのです。(その話はこちら)
その後は魚かドッグフード一粒を1-2日おきにやってます。食べると当然フンをたくさんするので、水の入れ替えも3日おきぐらいでします。
基本的には水たまり環境よりはましな程度をキープしてるだけです。



|

« ミーニシの季節 | トップページ | 海歩き »

コメント

∑(゚∇゚|||)え~~~~~~!!!!
ビックリ!魚の頭食べるんだ~!!!

っていうか、おたまじゃくしが何を食べるのか知らなかったかも・・・(><)(笑)


石垣に居たときに夜、車で走ると、デカイカエルが道路に居て、マジでビビッタな~・・・(><)
(じつはカエルが苦手な私・・・bearing

投稿: み~すけ | 2008/10/22 15:50

アイドルがオナラをしてるのを目撃してしまったような気分です…。
おたまじゃくしと言えば子どもの頃のお友達~♪みたいな。ミジンコでも可愛く食べてるのかと思ってたのに…(涙)。

日本も普通の都会だと、おたまじゃくしはおろか、カエルさえ見かけなくなっちゃいましたよね。生存競争を勝ち残るべく、生まれてくるたくさんのおたまじゃくしは本当に貴重な存在ですよね。インドのノラさんを見てても思うけど、やっぱり本来の自然の世界は、生まれても何分の1しか大人にはなれないくらい、厳しいものなのかな。人間だってそうだったんですもんね。楽をしても生き残れるようになってしまってる今の世界はある意味危険なのかも。

頑張れ石垣カエル~!!

投稿: クリコ | 2008/10/22 16:52

うぉおぉおぉ~!
最初見たときちょっとビックリしましたが
よく見るとカワイイですね。
水の取替えは大変だと思います。
小さいのがウジャウジャしてるのでうっかりすると…汗

藍さんの庭で鳴いていたのは
外来種ですか?

投稿: nacco | 2008/10/22 22:57

>み〜すけさん
あの道路にウジャウジャいるのが憎きオオヒキガエルです。あれだけ大きいと自分の車で轢きたくないから、みんな蛇行運転になりますよね。でもひき殺すのが一番簡単な撲滅法だったりするので困るんです。なんとか卵の段階で見つけて駆除できるようにしたいと思っています。


>クリコさん
私もミジンコ食べると思ってました。考えてみればミジンコも動物性なのでやはり肉食。キュウリや葉っぱを入れても食べませんから。
魚とか蛙とか多分大人になるのは何万分の1の確率かと。何度でも卵を産みますからね。
うちにいるオタマジャクシもカエルになりかけ、カエルになった直後に死ぬのが多いです。やはりエラ呼吸から肺呼吸になるのがうまく変換できないのか?などと思っています。


>naccoさん
夜、窓の外にデンと座っているのはオオヒキガエルですが、姿見えず鳴いているのは在来種です。在来種はかわいい声で鳴きます。
小さいので、水替える時が一番リスク高しです。よくわかりますね。落とすと拾おうとしてつぶれたりする可能性が・・・shock
去年からやっているので、最近はほとんど失敗はなくなりましたよ(笑)。

投稿: 藍mi-goro | 2008/10/23 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミーニシの季節 | トップページ | 海歩き »