« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の投稿

2008/08/31

今度は竹富島!

〜〜〜〜〜〜〜mobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaq〜〜〜〜〜〜〜

解答編

あの巨大な門のある場所は clubお墓club でしたsign03
墓園じゃないですよ。ひとつのお墓です。
よく見ていただくと、奥に赤い三角屋根が見えます。
私には下まで見えなかったのですが(遠すぎて!)、でぴょんさんによるとピラミッド形だそうです。
この門からピラミッドまでの奥行きと、左右に広がる塀の長さから見当を付けるに、このお墓は最低200坪はありそう。もしかしたら300坪以上あるかも。
奥がどこまでかわからなかったので・・・
与那国のお金持ち一族のお墓だそうです。びっくりしました。

〜〜〜〜〜〜〜mobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaq〜〜〜〜〜〜〜

さて、与那国紀行はちょっと一休み。

この夏の仕事も一段落して、打ち上げ気分で久しぶりに夜のお出かけ。
竹富島で開かれる特別イベントへ。
竹富島へ行くのは10年ぶりぐらい!
すぐ隣の島なのに・・・

Photo_3 早めに出かけて観光してもいいところですが、そこはワンコ飼いの宿命。
なるべく夕方ぎりぎりまでいて、散歩と晩ご飯をすましてから。
夜ふたりで外出することはめったにないので、特にみなみによく話しておきます。
「今から4-5時間出かけてくるから、暗くなっても帰らないけど心配しないでね。今日は家に入らないで、外で待っててね。」
私自身が閉じこめられるのはイヤなので、万一、私達に何かあった時のため、特別の留守番の時は庭へだしていきます。

Photo
初めて中に入った新しい「離島ターミナル」。
ここから竹富島など周辺離島への船に乗ります。
確実に石垣空港のターミナルより広いね。

夜7時開始の特別イベントなので、到着時(6時過ぎ)には電光掲示板に
「本日の運行はすべて終了しました。ターミナルもまもなく閉鎖します」
ちょっと来るの遅すぎた?と焦りましたが、大丈夫。
通常運行は終わりですが、このイベント用特別船が各社(3社)運行されます。
続々と人が集まってきて(やっぱり島の人はみんなギリギリだよね)、夕陽に照らされて次々と船がでていきます。
Photo_2
竹富島までたったの10分ちょっと。
竹富港で我々を待っていたのは・・・・ナニもなかった。
普通は竹富集落までのマイクロバスが多数待ち受けているのですが、既に竹富港舎も戸締まりされ、駐車場も閑散。

実は竹富島は島の環境を守るために、ものすごく厳しい方針を貫いています。
キャンプは全面禁止。
夜を過ごす人は、必ずどこかの宿に泊まらなければなりません。
今回のイベントも、帰りの船に乗りきれる人数にチケット枚数が限られていたようです。
どこかで野宿する人が出ないように、施設はことごとく戸締まりされます。
野宿が見つかると、ヘリコプターで石垣まで強制送還されるとか(?!)

それで我々はどうするかというと、歩く。
港から会場の中学校までひたすら歩く(2km弱)。
Photo_4
20分ぐらい。(少しでも太陽が低くてよかった〜)
竹富島に知人や親戚のある人は港まで迎えに来てもらい、運の良い人は

Photo_5軽トラの荷台

10年ぶりの竹富島。パッと見は全然変わってなさそう。
Photo_6

集落に入ると、右を見ても左を見ても、絵はがきのようなきれいな道。
1
Photo_7
もう夕暮れであまりきれいに撮れないのが残念。
やっぱりすごい!竹富島。

そんなふうに周囲の景色を楽しみながら歩いて着いたイベント会場。
Photo_8
大勢いるなぁ!何百人といました。それでもなぜか知人に会うeye

今回のイベントはこれ→Photo_9

すごいでしょ。竹富島で東北ですよ。
私は東京以北には行ったことがありません。多分この先行けそうもありません。
だから「ねぷた」でドーンと夏を打ち上げよう!!というわけです。

民間交流で、竹富町と青森県弘前市と北海道の斜里町が姉妹提携を結んでいるとか。
それで今回の、ねぷた関係スタッフ(組み立て班、お囃子班etc)はすべて自腹で竹富までいらしたとか。
ありがたいことです。

7時になっても、まだまだ明るい竹富島なので
暗くなるまでのお楽しみは、もちろん民謡ショーnotes
Photo_11
そして暗くなってきたら、いよいよねぷた点灯!
Photo_12 アレッ、小さい?

これは竹富島の↑↑のような小道に合わせて、特別サイズに作り直したそうです。
太鼓・笛・鉦のお囃子をつれて、いよいよねぷたで集落内を練り歩き。
Photo_13
狭い道をいっぱいになって後をついて歩きます。
初めてだけどワクワクします。
やっぱり祭囃子って、頭ではなく血に訴えてくるのでしょうか。
ねぷたの後ろは絵が違います。
Photo_14
なぜか異国風美人画。

後ろについて歩くのもいいけど、やっぱり前から見た〜い!
そう思うのは私だけではありません。
横道でぱっとそれて先回りをして走る。けっこうな数の人が夜の道をrun
Photo_15
来た〜〜!提灯持って先導してるんだ〜〜〜!
小さいと思ったねぷたが道いっぱいになってます。
両側が沖縄らしいサンゴ石でできた白い石塀。フクギの並木。
近づいてくると「道あけて!あけて!」と先導の人が写真撮ってる私達に言います。
石塀にピタッとひっついて道をあけると、前をぎりぎり通るねぷたは
Photo_16デカイ!

そしてまた中学校の校庭に戻って、次は青森地方の民謡ショー開始。
津軽三味線とか。
でも、犬が気になる私達は8時には「帰ろうか」と腰をうかし、
また港へむかって、ひたすら歩く。

集落を出たら、街灯ひとつ無く真っ暗shock
シマッタ!ここまでは考えてなかった・・・
月もなく、ほんとにまるでお互いの顔も見えない。
まあ、一本道だから道路の白線を目印に車道を歩く。
上を見ると、何さえぎるものない満天の星。
ちょうど頭上には天の川。道路と平行に天の川。

ヨシっ!はくちょう座に向かってupwardright歩け!!

少しでも早く港へ、少しでも早く愛する犬達のもとへ、心と足はいそぐ。

しかしようやく着いた港で、船の出航まで30分以上待たされた bearing
当然と言えば当然ながら、50人乗るまでは動かない、と。
ガソリン代高いもんね。
私達1番2番だよ・・・ハァ〜〜〜〜
祭が終わって、みんながダラダラ歩いてきて、ようやく9時すぎ出港ship

家に着いたのは10時過ぎでした。
みんな、お待たせ。

| | コメント (8)

2008/08/29

与那国祖納集落

右の校舎と左の校舎で時差が20分ある学校2Fから見える景色
Photo
祖納(そない)集落の景色を支配するのは巨大な岩「ティンダハナタ」
Photo_2
標高100mの台形の岩山で、てっぺんは天然の展望台。
「手前は牧場で、眺めは最高。でも端っこに手すりとかないから、こわいですよ♪」だそうで。
てっぺんはちょっと遠慮しとこうかなcoldsweats01
Photo_3
車で途中まで行って、そこからこんな道を上がっていきます。
ここは手すりがあってよかった。
Photo_4
ティンダハナタ中腹から見る祖納集落。
集落内は坂道が多いけど、けっこう風情のある筋道で、歩いて回るのも楽しい。
Photo_5
ティンダハナタにはこんな天然の洞穴があります。
女酋長の話とか、犬を愛した女の話とか伝わっています。
上の洞穴は”イヌガン”と呼ばれ、
Photo_6
(クリックして拡大してお読み下さい)
漂流してきた犬と女がここに住んでいて、後から漂流してきた男が犬を殺し、
それを知らずに男と結婚した女が数年後に真実を知り、犬の死骸を抱いて死んだ。
というお話の舞台なのです。
与那国最初の愛犬家の話だろうか。

ケンが来てから初めて島を出た私。
無意識に犬の姿を追い求めているのですが、祖納ではほとんど犬を見かけませんでした。
吠えてる声は聞こえたのですが。
夕方ひとり散歩犬の後ろ姿と、車庫につながれっぱなしで顔がすっかり呆けてしまった可哀想なゴールデンと、車に繋がれて飼い主を待っている犬を1匹見ただけ。
聞くと悲しくなりそうなので、あまり犬の話はしないことに。

石垣島で道路脇をとぼとぼ歩いているのは、放し飼い犬か捨て犬と相場が決まっていますが、与那国では違います。
Photo_7
普通に車道脇に馬が住んでます。
ノラ馬とか捨て馬とかじゃなくて、一応管理されてるみたい。
放牧地の周りには車道にテキサスゲートなるものが。
Photo_8
道路に大きな隙間のある部分が彫り込まれています。
馬や牛はこの上を歩くことができないそうです。
車も最徐行で通ります。
このテキサスゲートのおかげで牛馬は自由に放牧地でのんびりしています。
Photo_9
これぐらい道路脇。このすぐ横を車が通るのですが、馬はまったく無反応。
近づいて隣で写真を撮っても知らんぷり。
在来種の与那国馬というのが名物(?)なのですが、これもそうかしら。
ちょっと大きかったですが。

〜〜〜〜〜〜〜mobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaqmobaq〜〜〜〜〜〜〜
きのうの問題ですが、まだ正解者がでません。
画像をアップにしてよくご覧下さい。

Photo_10

問題は「この門は何か?ではなく、この門があるところは何かsign02」です。

遠くにそびえ立つ門を見つけた時、私は「あの凱旋門ナニ??」と叫びました。
近くまで行ってみると門は実際古いものに見えます。
そこに新しい宮殿のような門扉がついています。

正解者お一人に賞品を出すつもりでおりますので、だれか当ててください。
どしどしコメントpencilでご応募くださいませ。
2回目の挑戦も大歓迎good


| | コメント (5)

2008/08/28

与那国だよ

与那国の前に、

 dogわんわんクラブカレンダー2009dog
 全コマ登録達成!!
      ご協力ありがとうございました!!

このブログを読んでいただいている、本当に多くの皆様にご協力をいただきました。
登録いただいた皆様は8/31までに、今一度登録内容の確認をお願いいたします。
登録していただいた方を含めて、購入申し込みは9月半ばからの予定です。
準備ができましたら、事業部からメルマガが届きます。
事業部からのメールが、迷惑メールに振り分けられてしまうことが多いです。
登録者には今日ひとつ事業部からメールが行ってます。
もし届いていないようでしたら、迷惑メールフォルダーをご確認下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜wave〜〜〜〜〜〜〜〜wave〜〜〜〜〜〜〜〜wave〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、与那国ってどこ?
Photo
ほぼ石垣島と台湾の真ん中。どちらからも120km前後。
ちょっと台湾の方が近い。(台湾は大きい!)
絶海の孤島感満載。
与那国島の別名は「渡難(どなん)」。
真っ青な何もない海を船で越えていくのは大変だっただろう・・・

↑で明らかなように、黒潮にまわりを囲まれた島です。
漁業がさかんで、カジキ・マグロ・カツオ釣りのメッカ。

今回は観光ではなく、知人に頼まれた仕事をしに行ったのですが、
その前に「ちょっと回りますか?」と聞かれて
グルッと島の東半分を回りました。
30分で半分回れるぐらい小さな島。

Photo_2
東の方へ走っていくと(車少ない!)、絶景が広がりました。
スケール感が画像ではまるで出ないのですが、とにかく「オォー!」と叫びまくり。
その場で車を止め(車道真ん中)、オォー!と写真を撮る。
horseがその辺を歩いてるし、海の色は石垣周辺の海より一段深い青で、
なんだかもう、「オォー絶景!happy02」とひたすら繰り返す以外言葉がない。

Photo_8

この風力発電の風車が景色に立体感・スケールを出していると思う。
(風車の足下に馬が)(この風車はもちろん台風で壊れたことも)

Photo_3
Photo_4
立神岩という名所で、展望台があります。

ここで後からやってきた、やはり知人を案内しているっぽい地元の人と、私の知人がごく自然に「こんにちわ!」と挨拶。
私も遠慮がちに「コンニチワー」と言ってすれ違う。
「知り合い?」と聞くと「違いますよ〜!」
どうやら与那国では町中以外は誰とでも挨拶をするらしい。
絶景と人の関係の深さに、「与那国ってイイかもーlovely

そこから一台の車ともすれ違わずに、向かったのは
Photo_5
今や、与那国と言えば「Dr.コトー」らしいじゃないですか。
私はこのドラマを見ていなかったので、いまいち盛り上がり度がわからないのですが
ブログ読者の皆様にお見せしようと撮ってきました!
Photo_6
ドラマセットそのままに診療所内も見られるそうです。見学料¥300
島内いたるところでロケが行われ、「ロケ地マップ」もありました。
子供達は出演者と会いすぎて、”有名人に会えて感激”度も薄れたとかcatface
子供達の一番人気は「泉谷しげるサン」だそうです。なんかわかる。

今回久しぶりに石垣島を出た私。
やはりあったほうがいいだろう、とwatchをしようとしたら
2個あって2個とも電池切れてました。
島では腕時計を一度もしたことないのです。

島半周して、向かった仕事場は島の中学校。
「学校だから時計あるよね」と車から降りて大きな時計を見ると
右側の校舎の時計と、左側の校舎の時計で、20分も時間がずれてましたcoldsweats02
おそるべし与那国・・・

さて、ここで問題です。
Photo_7

ここは何でしょう?
フェンスの高さが2mぐらい。(いかにデカイかわかりますよね)
両横に長く伸びています。
周囲は何もないところに突然立っています。

コメントで答をお寄せ下さいpencil



| | コメント (7)

2008/08/27

別の島へ。遊覧飛行?

数年ぶりにひとりでお出かけする私。
Photo
石垣島でしか買えないと言うロイズの石垣島バージョンチョコ菓子をお土産に買った。
改札(?)から徒歩で飛行機に乗り込む。
Photo_2
石垣空港を離陸するとすぐに見えてくるのは
Photo_3
Photo_4
Photo_5
眼下に次々と見える八重山諸島の島々。
島の大きさ小ささが実感できる。
美しいサンゴ礁に囲まれた小さな島々。
広大な原生林の山に覆われた西表島。

そして西表島を過ぎると、そこはただもう濃い青一色の海が広がる。
Photo_6

ひたすら青い海を飛ぶこと20分。ようやく次の島が見えてきた。
Photo_7
高度をぐんぐん下げていく飛行機。
Photo_8
この島は切り立った崖で囲まれている。
Photo_9 巨大墓群。
ここは王家の谷か?

飛行機が着陸した所は
Photo_10  
                    つづく・・・・

| | コメント (8)

2008/08/24

ヤギソバ@山城商店

前々から気になっていたこの看板。
Photo
やぎって、もちろんこの”やぎ”。
Photo_2「ゆきちゃ〜んcapricornus
沖縄の人の多くが大好きなヤギ(沖縄語でヒージャー)。
ヤギを飼っているおうちはまだまだ多いです。
↑のように道ばたに出ていることもしばしば。
もちろんペットじゃなくて家畜=食用です。

こちらではヤギ肉はごちそう。
棟上げとか新築祝いとか、大仕事の後に食べます。
うちの新築祝いでも知人が自分のヤギを1匹提供してくれました。
食べるのは成ヤギ。肉がたくさん取れますから。

さて、私はヒージャージョーグ(ヤギ好き人)。
もともとラム肉が好きなのですが、石垣ではめったに売ってません。
ところがヤギ汁を食べたら、なつかしい羊肉の香り。
そんな変わりませんよ。少〜しニオイがキツイかも・・・というぐらい。
でも好きなので私は気になりません。

そしてこの山城商店に、最近食堂部門も新設されました。
(お客様に教えていただいたのですけど coldsweats01
Photo_3
ヤギは疲れた時に食べて、いっぱい汗かいて、ぐっすり寝て回復させる力があると言われています。
夏の繁忙期も一区切りついたので、ここでひとつヤギを食べよう、と行ってきました。
(島の中でも私達は数ヶ月に一度通るかどうかの村にある)

この看板から500mで、途中で道が二股に分かれるのに、そこに案内はナシ。
小さな村だし、ほとんどサトウキビ畑で見通しはいいから見つかるだろうと行ってみたら、見事に違う道を選んだようでした。
もちろん見えたからすぐ行き着きましたが。
Photo_4
この佇まい・・・もうサイコーlovely
映画に出てくるような沖縄の田舎の食堂。
「どうせ汗かくからいいでしょ!」とばかりにエアコンなし。
トタン屋根で暑いけど、妙にいさぎよい。
小さな扇風機が各テーブル(4つだけ)横でフル稼働。
「ヤギソバふたつ!」と注文して待つこと10分ぐらい。
オバサン二人いるのに、他のお客さんいないのに、「なんで時間かかるの?」ちょっと不思議。
Photo_5
おぉ、もれなく缶入りさんぴん茶付きとは新しいスタイル。
冷や奴がついているのも初めて。
普通はモズク。
しかもこの冷や奴は島豆腐じゃなくて絹ごしで、上に私の大好きなタコの明太味塩からが乗っています。
新鮮な食感。
そして主役のヤギソバ。
ヤギ汁に島の主食八重山ソバの麺をいれたものです。
たっぷりのヤギ肉とよもぎの葉。よもぎは臭み消しのためにヤギ肉にはつきもの。
いきなりプワ〜〜ンspaとヤギのいいニオイ!
食べると、すごく柔らかい!
そして驚いたことにアブラがきれいに無くなっているhappy02
時々ヤギでお腹壊す人がいますが、アブラだと思うんです。
これはソバとしてもすごくおいしくて、ヤギ肉も全部ペロリ。
よもぎも新鮮で苦みもきつくなく、これまたペロリ。
タコ冷や奴ももちろんペロリ。
すごくお腹いっぱいになりました。

エアコンなしでヤギ食べたら、わんさか汗かいて代謝をよくして帰る予定だったのですが、私は全然汗かきませんでした。

・・・・・・まずい・・・・・
予想以上に、相当、新陳代謝が悪くなっているようです。gawk

〜〜〜〜〜〜〜airplane〜〜〜〜〜〜〜airplane〜〜〜〜〜〜〜airplane〜〜〜〜〜〜〜airplane
そんな私ですが、明日から(たった)3日ほど島を出ます。
島を出るのは3年以上ぶりです。
遊びじゃないですけど、少しは気分転換になるでしょうか。
でも、犬達と離れてどこへも行きたくないんですけど。実際。weep

ブログは2-3日お休みになります。
帰ってきたら、別の島の様子を皆さんにご紹介出来ると思います。
お楽しみにpaper

| | コメント (8)

2008/08/23

これでもかマンゴー

今年はマンゴーの旬が例年より1ヶ月ほどずれて、妙にマンゴーを食べる機会が多いです。
夢みたい〜〜shine

でも、もうそろそろ終わりらしい。

今年マンゴーを買うならここがお勧めでした。

Photo

普通の民家ですが、農園直売、無農薬マンゴーです。

Photo_2

お店の名前は「農村喫茶」・・・いいでしょうgood
レトロというか、ロシア文学の香りすらする(全く根拠のない勝手なイメージ)。

中に入るとテーブルの上は
Photo_4
今年最後のマンゴーだらけ。もうイイ香り。量り売りです。
果物買うだけでもちろんOKですが、
お店のメニューは
Photo_3
手作り感というより普段着感満載!
でも、飾り気がないということは、混ざりものがない、ということで
¥700のマンゴージュースを注文すると
ミキサーに入るのはマンゴーの実と氷だけ。
Photo_5
まるでマンゴーペーストというか、ハンバーガー屋のシェイクぐらい。
ストローで飲むのは?ぐらいの濃厚度。
マンゴー丸ごと飲んでる感じ。
「3倍に薄めてくれ!!」と頼んだお客さんがいたとか。
気持ちちょっとわかるかも。
内臓から肌に直接染み込んでいくような感じ。
「私は、今、ビタミン摂取してる〜〜〜!!」て実感。
ここのマンゴーは、ただひたすら甘い。
雑味がまるでありません。
(マンゴーでも時々エグさがほんのり出てるのがあるんですよ・・・)

座って一口食べたら、上半身が踊る。
立って一口食べたら「!!!!」と指さしながら地団駄をふむ。
あまりのおいしさに最初は声が出ません。
それから「オーイシーー!!」と叫ぶのみ。

「ぬちぐすい(命の薬)やっさ〜〜」とため息と共につぶやく。

| | コメント (9)

2008/08/22

最後のお願い

石垣島の捨て犬を救う、わんわんクラブカレンダーの最終締切は8/30です。

あと20匹ちょっとemptyワンコが足りませんsign03 coldsweats02

まだ登録していない方、どうかあなたのワンコをカレンダーに出しましょう。

Sample1
来年のカレンダーはこんな感じになります。この一コマ一コマに違うワンちゃん。
画像は縦長で大きさは 715x880pix。
Ken09こんな形。

サイズ調整ができない方も安心。事業部で修整します。

flag登録済みの皆様へ

登録内容の修正も8/30で締切です。
今一度、内容に間違いがないかご確認下さい。
例年多い間違いは

*オス・メス
*記念日の間違い。今年は「生・没・逢・迎」の四つからの選択も要チェック。
*わんわんクラブ出身わんこかどうか

画像交換などして修正すると、チェック項目が初期化されたりしますので、最後の確認をお願いします。
画像交換ももちろん8/30までです。

それ以降にサイズが合ってない画像は、事業部の判断で修整します。

登録画面にある情報でカレンダー印刷しますので、印刷後「違う!」と言われても困りますので、8/30までに確認をすませてくださいませ。

登録していただいた皆様で「emptyコマ」カウントダウンをしていきましょう!!
けっこうハラハラドキドキしますよ〜〜〜wobbly

| | コメント (0)

2008/08/20

ハッとする日

8月になってから、殺人光線のようだった日射しsunからエッジが取れたような
暑いは暑いけど、なんか下り坂の暑さというか、ちょっと秋めいた感じ。

だったのですが、
きのうぐらいから、また日射しがグサッとdownwardright、くるように。
しばらくしのぎやすかったから、クラクラするわ。

で、今日はみなみのひとり散歩は海だね、といつもの海へ向かう。
そしたら、いつも通る道なのに、なんかハッとする。
Photo
あのぉ、前からそこに生えてますよね・・・今日は一段とご立派で・・・
Photo_2
そんなまっすぐに伸びてましたっけ?気がつきませんでした。

なんだか上へ伸びるすごい力を感じたのでした。

そして海へ出ると、
Photo_3
でっかい雲ー!(ミントみたい)
Photo_4

満潮でけっこう深さがあったけど、暑いし、
ちょっと足だけつけようとパンツの裾をまくって海へ入ったら、
Photo_5
なんか・・・完ぺきに気持ちいいーーー!!
思わずどんどん水に入ってしまい、カメラを頭の上に乗せて腰ぐらいまで入水。
ハァ〜〜〜〜〜〜〜confident なんか満たされるわ〜〜〜

頭の上のカメラのシャッターを押してみる。
撮れていた画像がこれ
Photo_6

これだから島生活はやめられないのかも。

| | コメント (7)

2008/08/19

アニマルコミュニケーションて?

うちの子達とは心と心で会話できるのだsign01という話をしたものの
日常の普通の生活のことや、比較的、表面に現れる気持ちに限られていて
「実際、どうなの?」みたいなことは、やはり言葉がないとわかりません。

ところが、犬や猫やその他の動物とお話できる人がいるらしい。
「アニマルコミュニケーション」という言葉を初めて聞いたのは3年近く前。
youkoさんのブログでした。
動物と話ができるなんて、ドリトル先生みたいですてきじゃないか、と思ったのですが
いろいろリンク先や検索した先を見てみると、もっとスピリチュアルなことらしい。

宗教系のことはどちらかというと苦手な私。
壺や印鑑を買う気はない。
でもアニマルコミュニケーションはそういうのとは違い、テレパシーのようなものらしい。
訓練コースなんかもあるらしい。。。
興味は尽きぬものの、どうなんだろう?

そうしたらmixiでアニマルコミュニケーションのコミュニティを見つけました。
無料で練習相手になる、というのもありました。
どんなものか試してみるには良いかもflair
当時みなみにどうしても聞いてみたいことがひとつありました。

2001年に我が家に来て以来、一人娘として君臨してきたみなみ
03 (2003)

ところが2004年になると
2
みなみから見るとむちゃくちゃ無神経なナツが同居することに。

そして2006年末には
3_2
わちゃわちゃオコチャマなケンが乱入。

いいように走り回るケンに翻弄されるみなみ。
ケンは可愛いけど、3匹飼う勇気のない私達。
迷いに迷った私達は、ケンをうちの子にするかどうかをみなみに決めてもらおうと、アニマルコミュニケーションに望みをたくしました。
みなみがイヤならやめて、みなみがケンを好きならうちの子にと。

でも、この時はどういうわけか、どうしてもやってもらうことができませんでした。

考えてみれば、こういう自分たちの人生に大きな影響を与える大事なことを、みなみに決定をゆだねるなんて無責任ですよね。
みなみの気持ちを尊重とか言って、責任を押しつけようとしていたのです。
とんでもないぞ私達!punchimpact

で、ケンをうちの子にすると自分たちで決めたものの、それはそれでみなみにまた負担をかけることに。
4

(↑この状態で、既にナツに触れるのがイヤで頭を下ろせない。ナツかケンのどちらかが動いてちょっとでもみなみに接触したら、みなみは飛び出していく)

ひとりでいるのが好き、というか他の犬と接触するのが嫌いなみなみ。
それなのに2匹と同居。
受け入れてもらうしかないけど、ずっと気になっていました。
その後しばらくmixiでアニマルコミュニケーションの機会はなかったのですが、何度か遠隔ヒーリングをみなみにしてもらいました。
自分自身はほぼ何も感じなかったのですが、
みなみは少しづつ変わってきました。

他の犬達にまざることが嫌いなみなみが、私達に甘えてくるナツとケンにまざってニコニコしているようになりました。
それ以前は、ナツとケンが私達に甘えていると、遠く離れた所で外を見てたりしたのに。

そして今年になってから、立て続けにアニマルコミュニケーションの練習台になる機会がめぐってきて、まずは簡単そうなナツとケンからやってもらいました。
(ヒーリングをしてくださった人から、みなみは頑なで難しいと聞いてました)
まだ訓練中の人の練習台ですから、外れることもありましたが、いくつか「ふむふむ」と思うことも。
大体、自分たちが感じていたナツやケンの気持ちが確認されました。

そして、満を持して、みなみとの電話セッションをしていただけることにheart01
これはあらかじめ質問を提出しておいて、その答をライブでみなみに聞いてもらえるというもの。
その結果は、おおよそ自分たちが類推していたことが間違ってないのを確認できました。
言い方を変えると、コミュニケーターの方は、日々みなみといっしょに暮らしている私達しか知らないようなことを電話のむこうで言い当てたのです。
もちろん「へぇ〜、そうだったの!」みたいなこともありました。

マユツバと思う人もいるかもしれませんが、私が電話で感じたものは本物でした。
直に接している人しかわからないような、ブログでも表現できないような、みなみの雰囲気というか、たたづまいみたいなものを、本当に電話で感じ取とられたのです。
今回の方は、視覚イメージを中心に受け取っておられたようです。

たとえば「みなみから私達に言いたいことは?」の質問に
「砂浜をうれしそうに駆けているのが見えます」
Img_6022 (こんな感じ?)
それが好きだと。
前からひとりで海に行くと、表情がやわらいで、よく笑っているのには気づいていました。
この1年ほど、朝はナツ&ケンとは別散歩を断固要求しているみなみですが、やはりそれは「一人の時間がほしい」ということらしい。
私達もそうだろうと思っていたので、面倒な、と思いつつも朝は極力みなみだけで別散歩に行くようにしていました。
その時はどちらかというと、海より村内散歩を選ぶみなみですけど coldsweats01

練習台に応募している他の人達の質問を拝見すると、けっこう深刻なものも多いです。
確かに問題行動の原因なんかを聞いてもらえるのはありがたい。
だけど聞いたからと言って治るものでもない。
結局はそれで飼い主はどう対応するの?が問われる。

その犬を一番身近でよく見て、感じて、わかっているのは飼い主のはず。
でも、もし間違って理解していたり、思いこんだりしているのが原因で、犬との関係がうまく行かないとしたら悲しいことです。
なかにはそれが原因で捨てられる犬もたくさんいます。
そういう時に、アニマルコミュニケーションという手段で、動物達の思いを聞いてもらい、それが参考になって、動物との関係が改善されるならば良いのでは、と思います。
医者の診断と同じで、むやみやたらに信ずるというよりは、セカンドオピニオンのような感じでしょうか。

私は今回のアニマルコミュニケーションで、これまでの自分達のみなみの理解が正しいことを確認できたし、よりみなみの気持ちに添うよう心がけることで、みなみの生活の質が更に良くなればokgood


超常現象だ!とかスピリチュアルだ!とか構えずに、すんなりと「そうですか」と受け入れている自分達も意外なサプライズでした。happy01


追記:アニマルコミュニケーションてどんなものか、を実際にする方から聞いていただく方がよいですよね。詳しいことはこちらを読んでくださいね。


| | コメント (11)

2008/08/17

会話を楽しむ?

生まれて1ヶ月たったブログペットのミント(右サイドバーにいます)。
単語1個から少し発達して、今日ぐらいから文が言えるようになりました。
さっき「うちって暑いんだよねー!」としごくまともなこと言ってました!
基本はブログ内に書いた言葉をランダムにピックアップするので、意味が通らない文が多いのですが、時々こういう自立したセリフを言うみたい。
最近ミントと会話して(声出して返事してるcatface)、一人でウケてる私です。
ハタから見ると気持ち悪いだろうなぁ・・・
さっき「ハカセ遊んで〜!」と言うから(ハカセはミントに教えた私の名前)
「え〜と、どうやって遊んであげればいいんだろう?中に入れないし・・・」と一瞬マジで考えてしまった私。
それ以外できないから何度もクリックしてしゃべらせてたら「ハカセに遊んでもらったー♪」だって。happy02
おもしろいから、ペンギンpenguinをクリックしてしゃべらせてみてくださいね。
(声はでません)

実際に、生きているペットというか犬達dogは残念ながら話せない。
でも、普通に人間と同様に話しかけています。
たいていそうですよねぇ、犬飼ってる皆さん?

犬は表情・目・声・しぐさで雄弁に語ります。
長くいっしょに暮らしていれば、それが読みとれるようになります。

久しぶりに3匹でお散歩
Photo
ワクワクな顔。
海へ行くと、ナツの棒取り開始。
棒を自分で持ってきて、「投げて投げて!」とすごい目で訴える。(声はナシ)
Photo_3
投げるとナツが「ウキャー!」て勢いで黙って走る。
ケンが「ワンワンワンワン!」と吠えながらいっしょに波打ち際を走る。
Photo_2
Photo_4
ケンがナツの棒をもちろん取れるわけはない。
それでも毎度毎度叫びながらいっしょに走り続ける。(すごいやかましいcoldsweats01
Photo_5
ナツが棒を取った帰りはケンは静かにいっしょに戻ってくる。

これを2匹で何度も繰り返す。

あまりやかましいので、ナツとは別に、ケンのために近くに棒を投げてやる。

Photo_6
取れるだろうよ。ソレ!

2

Photo_7
よかったねぇ〜、ケンタンnotes
棒をポトリと砂浜に落とすと、またすぐナツかみなみの所に突っ走っていく。

3匹で行ったからとて、3ショットはなかなか撮れません。
2匹は右へ左へと突撃してますし、
みなみは気ままに動いてますから。
で、こんなことに・・・
Photo_8
この前も似たような画像でしたが、我が家ではよくある図。
ナツは棒しか見てないので、とにかく突撃。
みなみも自分以外の犬が何してるか頓着してないので、ナツの進路に突然侵入。
ナツがぶつかりそうになって、みなみがびっくりして飛び退いた所。
全体をよく見ているのは意外にケンだったりする。

今日も犬に話しかけて、一人でふむふむ会話を進めている私でした。


| | コメント (11)

2008/08/16

やらぶ食堂

今日は高校生に教えてもらって新しい食堂に行って来ました。
Photo
石垣市街の住宅地のど真ん中。
ぽつんと取り残されたようにたたずむ古い民家を改造した手作り感満載の店。
Photo_2
細い道をはさんだお向かいは観光名所の宮良殿内(みやらどぅんち)。

Photo_3 島のおばちゃんがやってる食堂以外は用心深い私。
メニューはなかなかおもしろい(見にくいけど拡大してeye)。

移住してお店をやる人はとにかく多いです。
新しいお店が出来ては気づくと消えていることもしばしば。
本当においしくて高くない”お値打ち”な店だけが残っていきます。(そういう所も名古屋に似ている)

Photo_4 さてさて、まずはお勧めのスーチカ(豚肉の塩漬け)丼¥700を。
私はしょっぱいものが苦手なので、スーチカにはご用心なのですが、ここのは全然しょっぱくありませんでした。
もち米ぽいご飯をしょうゆ味でいためて、そこにスーチカとキュウリ。
まずはこのままで食べる。

Photo_5

次に薬味とダシ汁をかけてお茶漬け風に食べる。
    ・
    ・
    ・
どこかで聞いた食べ方じゃありませんか!
名古屋名物「ひつまぶし」みたいですよ。
味付けはちがいますが、意外にこのダシ茶漬けがおいしかったです。

チャンプルーなど定番の沖縄食堂メニューもありますが、このスーチカ丼のような創作メニューも楽しそうです。

〜〜〜〜〜〜〜24hours〜〜〜〜〜〜〜empty〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日お盆明けのスーパーに行ったら、やる気ネェー(無い)!
棚はがら空き。「ある物で良かったらどうぞ」感満載。
豆腐が2-3個しかない。もう昼すぎなのに。
これはおかしい、と思って買わずに次のスーパーへ。
やっぱり1個しかない。
「今日お豆腐は?」と店員さんに聞くと
「今日はほとんど休みですね。来る所も午後便からだから2時ぐらいです。」
お盆翌日にお休みなのは想定範囲内です。ok
当然お盆当日の昨日も休みだったことでしょう。

問題は、だったら、今そこにある豆腐は一体いつのものだsign02
ほぼまちがいなく腐ってるはず。
島初心者なら買ってしまうじゃないかsign02
スーパーでも島豆腐は業者が陳列から回収までしているのですが
業者が来ないからって、放置しておくのはスーパーとしてどうなんでしょうか?
いくら島でも、全国チェーンのスーパーとしてはなはだ疑問を感じました。
「だから何?」で終わりの話ですけど、ハイ。

| | コメント (6)

2008/08/15

めでたさのお裾分け

Cakebox
何が出るかな♪何が出るかな♪

Cake
かわいいー!結婚祝いケーキです。

まっちィさんに、新婚旅行のお客様にケーキを作ってもらいました。
上に乗っているのはグァバ、マンゴ、みかんです。
私達もめでたさheart04のお裾分けをいただきました。
軽くて、甘さ控えめ、フルーツの甘さがおいしい大人のケーキでした。
またまたごちそうさまでした。smile

| | コメント (6)

2008/08/13

今日は何の日

今日はまずお盆の初日「ウンケー」です。
沖縄では旧暦きっちりの日で行うので、毎年お盆の日程は変わります。
沖縄のお盆でどんなものを用意するかは、去年と同じなのでこちらをご覧下さい。
去年は8月25日からお盆でした。
お供え用サトウキビが去年は¥158だったのに、今年は¥250になってました。

Photo 「いらっしゃいませ。きょうの鮮魚売りはタコ祭sign01」とアナウンスしてました。
お盆とは関係ない気もしますが、とにかく今日はタコを売りたかったらしい。
買う人は好きなタコをビニール袋に入れて計ってもらいます。
タコのとなりのミジュンは「イワシ」のことです。

Photo_2 島ではお盆と言えばお中元です。
お盆で仏壇にお参りするついでにお中元を配ります。
お中元はビール・酒・天ぷら油・ツナ缶など実用品がほとんどです。
今日のスーパーはどこも駐車場いっぱい。
お中元とお盆の買い出しで、だれもが大きな荷物。
ジュースなどドリンクはみんなケース買い。


もう一つ忘れてはならないことが。
4年前の今日、沖縄本島にある沖縄国際大学の校舎に米軍ヘリコプターが墜落しました。
幸い、夏休み中で校舎にはほとんど人がいなかったため、負傷者などはいませんでした。
おりからアテネオリンピック最中で、内地のマスコミはほとんどこの大事故をとりあげなかったとか。
事故直後、米軍が大学を封鎖して、沖縄の警察も消防も一切中に入らせませんでした。
破片などが付近の住宅地にも多数飛び散って、ガラスが割れたり、物が壊れたりしました。
ヘタしたら、死者がでても不思議ではない大事故だったのですが、死傷者がいないのをいいことに、日本政府も米軍も大した反応はありませんでした。
型どおりの謝罪とかはありましたが。
住宅地上空はヘリコプターは飛行禁止になっているのですが、実際には飛んでいるのでこういう事故が起きました。
しかし日本政府は「飛ばないことになってるから飛んでるはずがない」と主張したらしい。

詳しいことはこちらに。
当時の映像を含めてまとめてあるので、興味のある方はどうぞ読んで見てください。




| | コメント (6)

2008/08/12

名古屋セット

名古屋生まれ名古屋育ちの私が石垣で暮らすようになって、
あまり違和感を感じないのはなぜ?

結構似てるらしい。
人の気質というか雰囲気みたいなものが。

石垣に来てすぐ、スーパーでやたらおばちゃん達に話しかけられるなぁ、と思った。
「この豆腐は新しいかね?」「これどうやって食べるの?」etc。。。
「こっちが聞きたいよ!」みたいな。

なぜかスーパーの麺売場に、八重山ソバに混じって、「きしめん」の生麺(乾麺じゃない。賞味期限4日ぐらいの)が売ってた。(その後なくなった)

最初の夏に、名古屋にまだ家があったので里帰り。
近所のスーパーに買い物に行ったら、おばちゃんに話しかけられた。
「これ焼いたらおいしいかね?」

なんだ、いっしょじゃないかflair

知り合いにすぐ会うことや、共通の知人友人がすぐ見つかるのもいっしょ。
名古屋は人口2百万人のわりに田舎っぽいのか。

そんな名古屋基本の私も、石垣の食べ物にもすっかり馴染み、
石垣の言葉訛りも流ちょうに操り(自分で思ってるだけ)、
島に根を下ろしているつもり。
でも、どうしても捨てられないというか必要な名古屋のものが・・・

Photo
先日、友人からのお土産セットでいただいたのですが、まさにこれですよsign01
究極至高の名古屋みやげ。

まず味噌は当然赤味噌ですが、我が家ではこのサンジルシ「料亭赤だし」。
有名なカクキューの八丁味噌は、石垣島のスーパーでも最近は売ってますeye
これまでにも何度かいただいたのですが、おいしいけど八丁味噌だけで使えないし、どうもいまいち私には塩がキツイ。
それで先日、ついにサンジルシ「料亭赤だし」袋入りをお取り寄せしちゃいました。

そしてなんと言っても「寿がきや」のインスタントみそ煮込みうどんですよ。
これなしでは生きていけない。
寿がきやがすごいのは、値段はそんなに変わらないのに味が進化してる所。
私はこのみそ煮込みうどんを30年以上食べてますが、どんどんおいしくなってます。
高級な山本屋や芝安のみそ煮込みに負けてません。
名古屋の皆さん、私に救援物資を送ってくださる時は寿がきやをお忘れなく(爆)。

そしてもう一つ。両口屋の和菓子。
名古屋ではそこら中に店があります。
ここも老舗で長いですが、味が変わらずおいしいのがありがたい。
ここの季節の棹物が楽しみです。

もっとディープな名古屋物を、赤味噌を取り寄せた時にいっしょに買いました。
Photo_3レトルトのどて煮です(商品名はどて焼き)。
袋の写真を撮ろうと思ったのに、あまりに食べたくて気がせいてたいたのかcoldsweats01、すみやかにどて丼を作ってしまいました。
昔は(私の子供時代)、名古屋でもあまり普通にあるものではなかったと思いますが(どちらかというとガテン系食べ物)、今はこんな市民権を得て、普通に買えるのがすばらしい。
このレトルトは安いし、美味しいし、一袋で二人分になるので、これからもせっせと取り寄せたいです。

| | コメント (12)

2008/08/09

涼しい所へ

日本各地は石垣島より暑そうで、
                 fishpenguin 残暑お見舞い申し上げます fishpenguin

沖縄は日本で一番暑そうですが、なぜか最高記録ダービーには出てきませんね。

猛暑に苦しむ今日この頃、少しでも涼しい場所へ行きたいのが人情。
いつものビーチへ散歩に行こうとすると、既に車がいっぱい(5台だけど)。
これでは犬3匹連れは自粛。
次の更に小さなビーチへGO!

Photo
残念。既に車が2台(爆)とまってます。ここもダメ。

やはりだれもかれも水に入りたいですよねぇ。

さて、海はどこも人が出ているようなので、川へGO!GO!
例の「ん」で始まる川へ行きました。
子供連れが二組ほどいましたが、犬をつないで人のいない方へ歩くことに。
雨が降らないので水量も少なく、足首ちょっとぐらいしか深さがありません。
歩きやすいし、木陰で涼しい。

Photo_2
なんかオオサンショウウオがいそうな穴(もちろん生息してません)
Photo_3
だれかの作ったブランコ
Photo_4
こうやって遊ぶ。

人から離れて下流方向へ歩いていくと、棒がそこら中に落ちていた。
Photo_5
で、ナツは当然こうなる。
Photo_6
人(犬)迷惑なヤツ。
かまわず棒を追って飛び込んでくる。

少し先には3mぐらいの滝が。

Photo_7

滝壺には誰かの作った遊び用ロープ。
ターザンのようにロープを使って飛び込んだりする遊び。

涼しくて、とってもいい場所と思ったのですが、ビックリ仰天することも。

Photo_8

誰かここで流しソーメンしましたか?
ちょっと見にくいですが、ソーメンが大量に落ちてました。
いくらきれいな川でもここでソーメン流しは無理でしょう。
残ったソーメンをまとめて捨てていったのか?

犬連れてますから、最初は回虫が大量にいるかと思って、ゾゾッとしました。
これはすぐに上がらないと、と。
でもよく見たら、サクランボもいっしょにあったので「あぁ、ソーメンか」。
でもそれで「よかった」とは思えないなぁ・・・
どっちも同じぐらいイヤだなぁ・・・

それと、遊び場所の定番。
使用済み幼児用紙オムツもさりげなく川岸に捨ててありました。

自分たちは、遊びに来た時そういうもの落ちていても気にならないのかなぁ・・・

別の意味で寒くなる話でもありました。ちゃんちゃんnote

| | コメント (6)

2008/08/08

庭に生る実

最近近所の家の庭にいろいろな実が生っています。
Photo
↑イヌマキの実。ちょっとブルーベリーみたいですが、酸っぱくありません。甘くもない。
お酒に漬けるとおいしいそうです。
紫または赤のところが食べる部分で、その上に雪だるまの頭のようにのっている、少し小さい灰色のが種だそうです。
普通、私が思う実は、中に種が入っていて、鳥がそれを食べて、便に種がまじって出てくるシステムです。
鳥が実を食べて、種はそのまま落ちる雪だるまスタイルは初めて見ました。

Photo_2
↑島で「やもーみ」と呼ばれる実。(標準和名がわかりません)
よく古い家の生け垣になってます。
小さな実がついて、かわいいです。これも薄味ですが、お酒に漬けたり、最近はジャムになっています。

Photo_3
↑パパイヤ。野菜として、この青い実を食べます。
庭の隅や、畑のすみに数本植えておけば、その家で食べる分をまかなえます。
台風で折れることが多いです。
うちは去年の台風で折れた後、苗をあちこちから採ってきて(野生でたくさんある)、13本も植えたのですが、雑草に負けずに育ったのは2本だけでしたweep
実も2個しかつきませんでした。
こんなに実が生るなんて、きっと肥料とか育て方が良いのだと思います。

| | コメント (2)

2008/08/06

夏の贈り物

私達が石垣へ引っ越すにあたり、大変お世話になった友人ご一家が、親子三代で来島されました。
沢山のお土産を携えて。

Photo その中のひとつ、八海山。
今では有名すぎる銘酒です。
昔、お米の名産地新潟に行くと、沢山の地酒に圧倒されました。
それぞれ強者揃い。旨い。
地元で一番の飲み方は「腹空かして飲むことさねー。」だそうで、つまみも極上の柿の種、菊(食用)、甘海老。
あくまでも酒が主役ですから。
水がきれいで米が良い。だから酒が旨い。
という明快なお国自慢。
(もちろんおいしい魚介類も沢山あります)

この八海山も口の中に越後の米の香りが広がり、日本人で良かった、と思います。

Photo_2 島には甘海老も菊もないので、アチコーコー(アツアツの意味)のゴーヤーのかき揚げを塩で。
(のってるかき揚げは1個じゃないですよ→)

ごちそうさまでした。

        by ゆうゆう

| | コメント (3)

2008/08/05

生意気かな

夏の犬の散歩は一工夫必要です。

うちの場合、近所に海川があるのは大助かりなのですが、問題は、暑いので水場への人の出入りが当然普段より多いことです。
暴れ犬に豹変する怖れのあるナツの散歩には頭を悩ませます。
(人に対しての攻撃性は全くないのですが、犬に対しては時々あるので)
でも早起きして朝6時に、なんていうオプション機能はない我が家。
午前8時頃にナツとケンはまず第一陣として海へ行ってきます。
お客様から「ワンちゃんと一緒に海へ」とリクエストがある時は、9時頃にみなみ(&ケン)と出かけます。

ケンちゃんファンの多い最近は、ケンはダブルヘッダーです。
それでもまだエネルギーありすぎ!で無駄に走り回っているケンgawk

最近はたまにびりびり&くるくるといっしょになることがあります。
Photo
くるくるにも会えるとうれしいです。
アニキ大好きのケンは早速びりびりを遊びに誘います。

Photo_2
びりびりはたいていケンの相手はしないで、ひたすら石取りに励んでいるのですが
この日は、珍しくケンの相手をしてくれました。
Photo_3
Photo_4
でも、ケンはいつものように調子に乗りすぎたのかな・・・
Photo_5
Photo_6
Photo_7
びりびりはやさしいので、ここまで。ガウガウもなし。
みなみも、たまには男同士でガツンとやってほしかったのかも。
今回はケンをかばいには行きませんでしたよ。


Photo_8
ケンのことは忘れて、再び石取りにもどったびりびり。
尊敬とあこがれの眼差しで見つめるケンだった。
びりびりの去った後、小さな石取りに挑戦していましたwink


〜〜〜〜〜〜〜〜dog〜〜〜〜〜〜〜〜dog〜〜〜〜〜〜〜〜dog〜〜〜〜〜

飼い主さんに胸一杯の元気をあげたくてしょうがない犬達が里親さん募集中です。
12_2453








460詳しくはこちら

成犬から飼うのは楽ですよ〜〜happy01

イタズラは少ないし、もちろん人になついてルールも覚えます。

どれだけ愛情深いお利口さんになるかは、飼い主さんの愛情とお利口度(?)にかかっています。

一人でも多くの方にこの犬達を知ってもらいたいのです。

あまり次々と成犬が捨てられるので、島の預かりさんはもうパンクしています。

どうか1匹でも多くの犬に里親さんが見つかりますように、リンク・紹介大歓迎sign01

チラシの準備あります。↓

http://www15.ocn.ne.jp/~hateruma/080720tirashipdf.pdf

| | コメント (9)

2008/08/03

ケンの友達その2

この夏、ケンにはいろいろな出会いがあります。
先日は、いっしょにたくさん遊んでくれる友達ができました。
そして今度は「ケンちゃんに会うのが旅の目的」というカワイイ美少女来島。
このブログを見て、すっかりケンのファンになってくださったとか。
なんてありがたい話でしょう weep
毎朝7時前から夜まで何度も「ケ・ン・ちゃ〜んheart04」と甘い声がかかります。
呼ばれて走っていくケン。

Photo
「ケンちゃんと散歩するのがこの子の夢だったんです」とお母様。
そんな夢でよかったら、何度でも叶えてくださいませ happy02
残念ながらビンビン引っ張るケンなので、リードはお母様といっしょに持ってもらいました。

Photo_2
Photo_3
ちょっと海の恐いルルちゃんでしたが、ケンの後について、入ることができました。
ケンが立ってれば、自分にも大丈夫な深さだとわかりますから。
おぉ、ケンも役に立ったじゃないか。
Photo_4
ケンがあまりチョコマカ動き回るから、「いっしょにいてネ」と手綱をつかまれてましたよ。good

ルルちゃんがいてくれた数日、ケンは退屈知らず。
「ケンちゃ〜ん♪」と何度も呼ばれてイイ気分。
Photo_6
お庭でいっしょに記念写真。ふたりともすごくうれしそうsign01

帰りはケンとの別れがつらくて、泣きそうになったルルちゃんでした。

「ケン、すごーいモテモテじゃーん。コノコノ!」
Photo_7

調子に乗らず、上手にお散歩できるように引っ張り癖を直さないとね。


都会にはTVにでるような可憐な純血種のワンちゃんがいっぱいいるのに、「ケンちゃんが一番かわいい!」と言ってくださるとは・・・
もう嬉しくて、うれしくて・・・crying

ケンの里親募集をした時、誰一人名乗りを上げてくれなかった(宣伝不足でしたが)。
「誰もカワイイと思わないのかなぁ」と不思議でした。
私達はもちろんムチャクチャかわいいと思っていたし、いっしょにいればいるほど可愛さは増しますから、今や「これほどカワイイ犬はちょっといまい」というぐらいの勢い。
(ほとんどの飼い主さんは自分ちの犬を世界で一番カワイイと思ってますよねぇ)

なので今回ケンに目を留めてくれたルルちゃんには感謝感動です。
ブランドに惑わされない真の審美眼を持った人間と言えましょう。
(犬バカ親ほっとくとどこまでも言うぞ ←自己ツッコミ)
ケンに触る時もとても優しくて、あんなにそぉっと犬を撫でる子供を初めて見ました。

ルルちゃん、ケンを好きになってくれて本当にありがとう。

ケンのおかげで、またまた素敵な出会いでした。

| | コメント (8)

2008/08/01

謎のキノコ

先日の台風の雨が上がった後、突如庭にキノコ出現。
その1
Photo
白くて、傘の直径5cmぐらい

その2
Photo_2
茶色くて、もろ小さめのシイタケみたい。

その3
Photo_3
うす茶色で、傘の直径2cmぐらい。細い。

どれも日当たりの良い(カンカン照り)芝生の間から伸びてます。
キノコは、「試しに食べてみよう」なんて絶対に思わないので、食べられるかどうかわかりません。
キノコの図鑑も買ってあるのですが、同じ物が見つからないし、「もし違ってたらどうするんだ!」と思うと、やはり一生食べることはないでしょう。

「これは○○だ」とかわかる方、いっらっしゃいますか?

| | コメント (5)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »