« 島暮らしの極意? | トップページ | 極楽日和 »

2008/04/15

赤い鳥

   

notesこの大空に翼ひろげ、飛んでゆきたいよ〜notes

先日は青い鳥でしたが、今日は"うるずん”の季節にやってくるアカショウビンです。

Photo うちのあたりでは今年は4月6日初めて声を聞きました。
早朝、明るくなった頃に森から「キュロロロロロロロ」(ドシラソファミレドnotesの音程で)と澄んだ声が聞こえてきます。
季節の変わり目を感じさせてくれる夏鳥です。
いつも緑陰にいて、声はすれども姿は見えず。
たまに赤い弾丸のように飛ぶ姿をみるぐらい。
それがなぜかおとといから、朝夕にうちの庭の犬フェンスにとまっています。
おとといの夕方は窓のすぐ外の物干しに止まっていて、あわてて写真を撮ろうとしたら「バッテリー切れです。電池を交換してください」danger ヌオォーー!
どのみち暗すぎて、無理だったでしょうけどね・・フンフン
昨日の夕方は↑けっこう長く止まっていました。

今朝はコンコンと小さな音と控えめな「キロロコルキロロ」のような声がするので
そっと見たら
Photo_2 きのうパパが刈った草の中に飛び込んだと思ったら
なんか口にくわえて出てきました。
なんだろう?
実のように見えますが、バッタとかトカゲを食べると聞いてますが・・・
これを杭にコンコンとぶつけていたんです。
割ろうとしているのか、生き物なら弱らせるために。
この直後、くわえたまま庭の反対側のフェンスに移動したり、家の周りをちょこちょこ飛び回ってました。
日が高くなるとどこかに行ってしまいます。
毎日朝夕に来てくれたらうれしいな。


Photo_4アカショウビンより前から、ピチュピチュ可愛い声で鳴いて、しょっちょう庭に来るのがシジュウカラ。
ダンディな黒と白のモダンな色がおしゃれです。
Photo_6
最近は慣れてきたのか、窓のすぐ外まできて、外して置いてある犬の首輪の解れ糸をひっぱたりしてます。
巣作りの材料をあつめているのでしょう。

|

« 島暮らしの極意? | トップページ | 極楽日和 »

コメント

ほっほォ~~!
私はこんなに近くでアカショウビンを見たことが無いのでカンドーです!
こんなにキレイなんですね!!!カワイイ~lovely
去年、バンナで・・・遠くの方にいるのを必死に見ていました。
私もいつか、実物を近くで見てみたいです。

投稿: まっちぃ | 2008/04/15 18:02

>まっちィさん
とっても鮮やかな色ですよね。あまり人間に近づくことはないので、今回はラッキーです。でも網戸ごしに撮り始めます。開けると逃げてしまいそうで。数枚撮ってから、そっと網戸をあけて隙間からカメラだけ出してまた数枚。たいてい気配を察して逃げてしまいますが。

投稿: 藍mi-goro | 2008/04/15 22:10

さすが南の島sun
fishだけじゃなく鳥もカラフルなのがいますねsign01

投稿: 梅さん | 2008/04/15 23:56

 鳥にしろ花にしろ観って、そこに集中しているので感動があるので、いいなぁと思う。それにしても南国は鳥に限らないけれど、カラフルだ。自然がいつまでも残って欲しいとも思う。
話は変わって、『姜尚中の青春読書ノート(朝日新書)』はお勧めです。「あとがき」の東京論だけでも読む価値ありと思います。

投稿: 仲沢 | 2008/04/16 08:57

おひさしぶりぶり~^^
アカショウビンっていうのですか!とっても綺麗な赤い鳥ですね。
くちばしがけっこう立派で、かなりのモノを食べそうな感じ!
さすが沖縄!図鑑に載っていそうなのが生で見られるなんて^^
朝夕来てくれると嬉しくなっちゃうよね~。

投稿: みっちゃん | 2008/04/16 14:57

mi-goroさんのおうちは自然の中にあるから、いろんな観察ができそうでいいですね!鳥や虫の声に囲まれた暮らし、いいなぁ~♪

投稿: ふぇねっく | 2008/04/16 15:23

>梅さん
魚も鳥も、赤青黄色あずきこーひーゆずさくらってぐらい、各色そろってますよ!


>仲沢さん
実は私達は姜先生の長年のファンでして、著書は何冊も持っています。TV出演も見られる限り見ています。しかし「青春読書ノート」は未読ですの、また捜して読みたいと思います。


>みっちゃんさん
おひさぶりぶりhappy01 お留守の間さびしゅうございましたわぁ〜
実はスズメもカラスも図鑑に載ってるんですけど(この家に来て野鳥図鑑を買って知った)、こういう"いかにも"な鳥が身近に見えるのはうれしいです。


>ふぇねっくさん
虫の声だけならいいですけど、虫本体に囲まれてますよ!
家の中に入ってくる虫だけで夏休みの宿題(昆虫採集標本)ができそうですよbearing

投稿: 藍mi-goro | 2008/04/16 16:12

アカショウビンのあの澄んだ声は今でも思い出せるくらい綺麗ですね。
竹富では夜、ふくろう?みみずく?の声も聞きました。
耳を澄ますと鳥の声、虫の声、そして星空、そんな島が大好きです。
また行きたいな~。

投稿: まひまひ | 2008/04/17 07:27

>まひまひさん
アカショウビンの声は一度聞くと忘れられませんよねぇ。
みみずくの「ホッホー」は最近うちのあたりではあまり聞こえません。島が変わりすぎないうちにまたおいで下さい。

投稿: 藍mi-goro | 2008/04/17 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島暮らしの極意? | トップページ | 極楽日和 »