« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の投稿

2008/04/30

すてきなその後

rainで半袖では少し肌寒い(25度ぐらい)避暑地石垣島からお送りします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜yacht〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜fish〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Img_6971_2 去年の6月、里親さん募集をしていた石垣島生まれの2匹の子犬

今はそれぞれ新しい家族が見つかって、あみちゃん&ゆいちゃんとして幸せに過ごしています。

わんわんクラブカレンダーにご協力いただいて、あみちゃんが今日は「本日のわん」ブログに登場です。
あみちゃんの記事はこちら
その幸せぶりをぜひご覧下さい。

そして、その幸せにあやかって、ぞくぞく と続きたいのがいっぱいsign03 2 3_4
4_5 1_4

5

これはほんの一部。どんなこがいるのか気になる方はこちらdash


 


351 もちろんよもぎちゃんも、本当の家族との出会いを待ってます。

以前にも語ってしまいましたが、犬との出会いも人同士の出会いと一緒で、縁とタイミングと相性。

落ち着くべき所に落ち着くまでは、なかなか幸せがやってきません。

うちの子達もそうですが、バラバラにどこからやってきたかわからないけれど、今となっては、うちの子になるべくしてなったと思えます。
私達人間も含めて、「みんな今ここに一緒にいられてよっかたねshine」としみじみ思います。
全員でパズルのピースのように我が家という絵をうめているような。
そんな絆を結べるのが犬です。
雑種だろうと、成犬だろうと、絆はいつからでも築けます。
犬は値段を競う飾りじゃありません。
あきたら交換するようなものでもありません。

きのう、ケンと家の近くを歩いていたら、「犬変えたの?」と聞かれました。
一瞬???と思ってから「変えたんじゃありません。増えたんです。(キッパリ!)」
「黒いの2匹はいるの?」「もちろんいますよ(内心angry)。」
車じゃないんですから、モノじゃないんですから、変えませんよ!!
でも犬をモノのように変える人、捨てる人がたくさんいるからこの現状があるわけです。

沖縄県で1年に殺処分される犬猫の数は1万5千匹以上。
1日平均50匹殺されているそうです。
全国ワースト1punchbomb

犬種がわからなくたっていいじゃないですか。
成犬からでも大丈夫good。かわいいです。いくらでもなつきます。


| | コメント (8)

2008/04/29

チバリヨー

Photo_2 雲行きのかんばしくないGW。
実は毎年GWはあまり天気の良くない石垣島です。もうじき梅雨入りだし。
海に出ているダイビング船の多さを見て、「GWだな〜」と感じます。
米原で十数隻なら、マンタポイントの辺りはきっと数十隻の船がいるのでは。

暑くなると、ノドが渇きますsweat01。30分以上外に出る時は必ず飲み物を持つようにします。
でもうっかり忘れたり、予想外に外出が長くなった時は、ノドの渇きをがまんせず(がまんしたら倒れるshock)自動販売機で何か買います。
だから島にはそこら中に自販機があります。生存に必要だから(ちょっと大げさ)。
時々おもしろい飲み物が入ってます。
Photo_3 沖縄オリジナルというか、あまりTVCMでは見ないような。
これはポッカですが、皆さんの地域にはありますか?
500mlで¥110という、とりあえずガッーとたくさん飲みたい人用ガテン系?飲料。
(ちなみに石垣の自販機は¥110基本です)

「チバリヨー」とは沖縄の言葉で「がんばれ」。
甲子園とかでもおなじみですよね。
最初の一口は「ウヘェ」となるぐらい炭酸が強くて、のどは渇いているけど一気に飲めない。
味は薄いオロナミンCみたいな、黄色い味。
車中で二人で交代に飲んでいたら、あっというまにガスが抜けて、最後の方は炭酸の気配すらありませんでした。
抜けるの早すぎ!
やはり「ガスが抜ける前に飲んじまえ!」の絶対ガテン系飲料。

沖縄本島にFC琉球というサッカーチームがあって、まだ弱小なんですが、総監督にあのフィリップ・トルシエ氏を迎えたんです。
ビックリしました。
沖尚の甲子園決勝にもトルシエさんは応援に行ってました。
きっと野球のルールもわからないだろうに。
いい人だなぁ、と思いましたよ。
新聞に載った談話は「県民あげてこれだけ野球の応援をするのだから、サッカーの応援もみんなでしてくれるはずと心強くなった、ウンヌン」のような主旨でした。
で、そのFC琉球のTVCMでトルシエさんが「チバリヨー、琉球」て言ってます。
(アッ、それつながりだったのね、ポンflair

| | コメント (3)

2008/04/27

"ん”で始まる

Photo「ん」で始まる川の名前。
そこにかかるのは当然「ンタナーラ橋」。
手元にある沖縄本島で発行された「沖縄おもしろ方言事典」を見ると、27個もの”ん”で始まる言葉が載っています。
そこで問題です。
mobaq「んぱんぱする」とは?

               

答:「イヤイヤする=固く拒絶する」だそうです。

沖縄には島ごとにsign01固有の言葉がたくさんありますが、固有の発音もたくさんあります。
沖縄民謡や八重山民謡を習う時、最も難しいのがこの固有の発音だと聞いたことがあります。
ひらがなやカタカナでは表記できないような音があり、
その中には日本の古語由来の言葉や発音があるそうです。(平安時代の言葉とか)

この”ん”で始まる言葉も”う”にしてしまうと、なんか違うのでしょうねぇ。
「うぱうぱする」では嫌がってる感じがいまいち弱い〜、みたいな。多分。
これを英語の発音で考えてみると、"n"と"u"では明らかに全く別の音だというのがわかります。(なんで英語にしないとわからんのだ、私!)
もともと日本語には今よりたくさんの音があったようですが、標準語をつくる段階で収束されてしまったのでしょうか。
「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」は違う発音だったという話もちらっと聞いたことがあります。
名古屋弁の発音もカナで書くと、ちょっと違うな、という気もするような・・・

話がとっちらかってしまいました。
で、このンタナーラ川ですが、こんな感じ。
Photo_2 Photo_3

Photo_4 これからどんどん暑くなると海や川には人出が多くなります。
そうなると犬の散歩に困るので、新しい水のある散歩道が見つかって良かったです。

| | コメント (4)

2008/04/25

獣医さん事情

石垣島には意外にたくさん(7軒ぐらい)獣医さんがあります。
でも多くが家畜専門で、犬などの小動物はついでに診てくれる感じ(でした)。
午前中は牛だから、午後なら診るよとか。
Photo_2 みなみがうちに来た7年前には選択の余地などありませんでした。
みなみがアレルギーによる皮膚疾患ではないかと獣医さんに相談したら、「犬がアレルギーsign02ハン」と鼻で笑われ、相手にされませんでした。
(←当時のみなみ)
「オノレ〜angry!こうなったら私が治してやるrock」と燃えて、「レトリーバー」などの雑誌で調べまくり(当時はまだインターネットは普及していなかった)、高いサプリメントを取り寄せ、フードを次々と変え、2年以上かかって、ようやくみなみの皮膚状態は改善されたのでした。

でもこの3年ほどの間に、獣医さん状況も変わってきました。
犬猫を連れてくる飼い主さんが増えたらしく(移住者が増えたことも関係あるかも)
そちらにシフトしてくる獣医さんもいくつかでてきました。
こぎれいな内装になって、PEPPYが置いてあったり、わんわんクラブのチラシが貼ってあったり、待合室ができたり。
でもレントゲンのあるところは1-2カ所しかないし、ましてやCTなんて・・・
人間用だって島には数年前に導入されたばかりですからね。coldsweats01
難しい手術だと飛行機で沖縄本島か内地にまで行かないといけません。
(これは人間もそうかも)

でもついに小動物専用の獣医さんが東京からいらして、ささいな親バカ悩みにも親身に相談にのってくれます。
Photo_3 ナツの「エストロゲン欠乏による尿失禁」にもすぐ対処療法としてのホルモンを出してもらい、改善できました。
(以前の獣医さんだったら「犬は外で飼えばいいでしょ」で終わりだったはず。)
先々月ぐらいにみなみの健康診断代わりの血液検査(心臓・肝臓・腎臓機能チェック)をお願いしたら、「今新しい医院を建設中で5月にはできるので、急ぎじゃなければそれからのほうが、より精密な検査ができます。レントゲンも入るし。」と。
では、もちろんそれからにします、ということで見送りました。
先日ワクチンを打ちに、また3匹連れて出かけました。
「先生、新しい病院はどうなりました?」
「いやぁ、それがですねぇ、工事が遅れてまして・・・7月ぐらいになりそうです。」
島では2ヶ月遅れは想定内というか常識ですcatface

幸い、うちの子達はまだ深刻な病気も怪我もしたことがありません。
でも、たくさんのdogブログを読んでいると、様々な重大な病気と高度な治療法があることがわかります。どの飼い主さんも大変苦悩してらっしゃいます。
Photo_5 もしそうなった時に、自分はこの島でどうするか?と考えてしまいます。
イザその場になるとわかりませんが、今のところは島を出てまで治療を受けさせることはないと考えています。
ずっと抱いていけるならまだしも、そんな弱った子をひとりで飛行機の貨物室に乗せることはできません。
特にみなみは入院すらさせたくありません。
みなみの心を考えると、私達がずっと付き添っていられる方法しか取れないと思います。
それがみなみには一番大事なことだと思うので。

(↑ワクチンを静かに打ち終わって、ごほうびのクッキーをもらうところ。みなみとナツは3kgも体重がふえてましたshock イカンイカン!体重管理は健康の第一歩だ。)

人も動物も、病気や怪我はいつするかわからないので、なるべくたくさんの情報を集め、その中で自分が取れる最善の道を模索するのでしょうね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Imgp3743元気なよもぎちゃん、里親さん募集中。

そしてわんわんクラブには続々と捨てられた子犬が・・・crying
どうかこちらをご覧下さい。

よかったら紹介リンクをお願いします。
アクセスしてポチッとしてもらうだけでも何かの助けになりますscissors

 

| | コメント (10)

2008/04/24

石垣島の位置

Photo石垣港には大きなサザンゲートブリッジというのがあります。
この画像で言うと左が市街地、右には埋め立て地があります。
埋め立て地の半分は公園整備されていて、海に囲まれたとても気持ちの良い歩ける公園です。
(以前行った時は捨て犬・捨て猫だらけで、うちの犬達と行く気にはなれませんが。)

この大きな橋は歩けるようになってまして、青い橋の真ん中は休憩できるようになってます。
そこには大きな丸い地図がはめ込まれています。
Photo_2

海に浮かぶ八重山諸島。
なぜか円の真ん中ではなく端っこにあります。下半分は全部海。
これで方角とそっちにある最寄りの都市がわかります。
Photo_4
Photo_5
Photo_8
Photo_7
東京より香港の方が近いんだ〜〜〜ヘェー
うちから北西にまっすぐいくと上海なんだ〜〜〜ヘェー
十数年前、波照間の南の断崖に立った時、「この先フィリピンだ!」と感慨にふけったのが、おおよその見当は当たっていたみたい。
でもやはり「海は広いな、大きいな」ですよね。
サンフランシスコまでの距離を見ると、太平洋の東西の大きさを感じます。
シドニーまでの倍近くありますよ。ヘェーヘェーヘェー
(だからなんだ、て話ですけどね)

| | コメント (2)

2008/04/22

野の花

最近散歩をしていると、美しい色とりどりの花があちこちで目を楽しませてくれます。
Photo 9

3

                  

Photo_2 4 6

           

8_2 7 5_2

 

道ばた・ビーチ・森などに咲いている野生の花。
どうも動く犬ばかり撮っているせいか、花はうまく撮れません。
動かないものにピントを合わせるのがヘタみたいsweat02(救いようがないね)

Photo_3 1ヶ月ほど前から、大きなセンダンの木に小さな薄紫の花(上2段目左端)がいっぱいに咲き誇り、辺りには何とも言えない甘い香りがただよって、とてもすてきでした。(そろそろ終わり)
センダンの大木はあちこちにあるので、歩いているとフワッと甘い香りに包まれるのです。
「なんて美しいのかしら・・・」と乙女な気持ちにひたって写真を撮っていたら、花の間にぶらさがる見慣れぬものを発見しました。

Photo_5 甘い香りは人間のためではありません。
自然は都合の良いものだけを享受することはできない、という一例でしょうか。
勇気のある方はクリックしてeyeご覧下さい。
(それほど大げさなものでもないか?どうかな?)

| | コメント (12)

2008/04/21

島野菜ーネギ

Photo地産地消とはよく聞きますが、
新鮮で、
安心で、
美味しい
地元のものが並ぶ日曜市。
そして今の人気商品がこのネギ。
柔らかくておいしい。 


                                        

Photo_2 ネギがジョートーなら、一番美味しいのは、ネギ多めのうどんと思います。
見た目が淋しいので(どうでも良いくらいですが)天ぷらを添えて。
Photo_3
これも緑のネギ天はうまいです。             byゆうゆう

| | コメント (6)

2008/04/20

眼福・心福

ナツとケンの元気はつらつ組はパパといっしょに毎朝海に。小雨決行。
みなみと私は村内巡回。小雨中止。
みんなで海に行く時、元気組は早く行きたくてしょうがないので
朝はグズグズの私は「先に行ってて」。
みなみと私は後から、村内歩きつつ+海に行くコースを取ります。
みなみと海に向かっていくと、先に遊んでたケンが気付いて迎えに来ます。
Photo
大好きなみなみネーネーが来るのが待ちきれず、行ったり来たりウロウロ。
あんまり可愛いからアップにしちゃおheart04
Photo_2
ほんとにうれしそうな顔してるんですよ。こういうとき。


この立て札には、ここのビーチでの注意事項を書いてあります。
なぜかと言えば、ムチャクチャなヤツが多いからです。
ペットボトル・空き缶・空き袋を捨てていくだけではありません。
防潮林の木や枝を切って、火をおこす。そこでバーベキューをやる。
残った食材を捨てていく。燃え残りの黒ずんだ木はもちろんそのまま。
サンゴを踏む。熱帯魚を捕る。
そういう人に注意すると「法律に反してない」とか言い返してくるんですよ。
「個人の自由だ」とか。
全国で言われている公共心の問題でしょうか。
立て札たてても、やるヤツはやるんですけどね。pout

 

イカンイカン。そんなヤツらのことは忘れて、目の前の眼福に集中しよう。
「ケンちゃーん。おいで!!」
Photo_3
かわいいー!ニコニコと一目散に駈けてくる〜。
両手を広げて待ってます「おいで〜heart02
Photo_4
アレッ?eye なぜ目の前でフェイント?
横を駆け抜けていきましたよ・・・・coldsweats01
もぉ、ケンちゃんたらぁ、おちゃめさん♪。

Photo_5
「ボク、走り出したら、すぐにはとまれないんだヨー」

| | コメント (4)

2008/04/18

タコライス

Photoタコライスは沖縄オリジナルらしい。
タコ飯ではありません。
タコスに使う、チリソースで味付けした挽肉をご飯にかけて食べるものです。
家で簡単に作れるのはこのレトルト。
3袋入りというのが微妙に沖縄な感じ。
レトルトに入っているのは肉だけなので、ご飯、レタス、チーズは最低用意しないといけません。

Photo_2
私はあまり辛いのは苦手なので、レタスとチーズをたっぷりが好きです。
(レタスの下にタコスミートがのってますdelicious
辛いのが好きな方は、ホットソースが付いているので、好みでもっと辛くできます。

| | コメント (5)

2008/04/17

uliuliカフェ

きのうの極楽日和は本当につかのまでした。
夜から朝まで雷雨thunder。そして朝からずっとザーザー降りrainです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日家族全員でカフェデビューしました。
Photo オープンしたばかりのuliuli(ウリウリ)。
玉取崎展望台下の伊原間寄りにあります。

うちのお客様でもあるrizさんからのご紹介。
ワンコもOKと聞いて、おそるおそる3匹連れて行ってみました。
本当は1匹だけで別の日にうかがうつもりだったのですが、たまたまこの日ドライブに出たら、あまりに暑くて、みんなで涼しい所で休めれば・・・と。

Photo_2 看板犬カブ君のお出迎え。
バセットハウンドの本物を見たのは初めてです。
カブ君はわんわんクラブカレンダーにも登場(5/19)sign01ご協力感謝 ribbon
大きく見えますが、体重は21kgだそうで、それならナツと同じぐらい。
裏側のテラス席が犬連れの指定席。
ちゃんとリードをつなぐ丈夫なフックもあります。
そしてお店の裏は大きなガジュマルなどの樹木のしげる森。
ほんの数メートル先の枝にアカショウビンが止まってました。

Photo_3 移住者が増えて、島にはペンションとカフェが次々と出来ています。(私達もそのひとつ)
海の見えるのが売りが多い中で、このカフェはあえて森の緑を見せることに。(私達も同じ方針scissors
庭の木々を切り倒さずに残して、それを活かしています。
現在庭の木でアカショウビンが巣作り中。
アカショウビンを見ながら冷たいスイーツを楽しむ希有な体験ができるかも。


Photo_4メニューを見て品数の多さにビックリ。
特に冷たい飲み物系が充実。
なんだか都会のカフェみたいで本格的です。
←ベリーのサンデー(¥500)
ナツとケンがワサワサしてたので、写真を撮るのがちょっと遅かったですねcoldsweats01



Photo_5みなみは年の功で落ち着いてましたが、ナツとケンはカブ君が気になって、全然落ち着かないので、今回はあまりゆっくりできませんでした。
(ちゃんと犬用の器でお水をだしてもらえます。暑かったので助かりました)

今度はお供1匹にして、カブ君ともなじみ、ゆっくりまったりしたいです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Suisui21

泳ぎが大得意な”よもぎちゃん”の

里親さん募集中bell

詳しいことはこちらへ

| | コメント (8)

2008/04/16

極楽日和

あまりこういう無責任な記事は書かないようにしようと心がけてきたのですが
ほんとのことだからしかたない。
Photo はっきりしない日が続き、調子もいまいちだったのですが、今朝はなんかイイ感じ。
みなみと私の朝の散歩は村内巡回ですが、「今日は絶対海にいくんだ!」と私は決めてました。
いやがるみなみを車に乗せて、みんなでいつもの海へ。
海に降りる道の緑も初夏の明るさ。



 

      Photo_2
まあ、どうでしょう。。。ハァ〜〜〜
干潮時だけど今日はそれほどひかないので水もあるし、波はないし、空は晴れてるし
Photo_3
犬はうれしそうに水の中を走り回ってるし・・・もうなんと言ってよいのやら
安易に移住を進めるガイドブックに書いてある言葉を使いたくないけど
今、この瞬間、ここは楽園。。。(言っちゃったよ〜)

たまたま今日この時間にこの海に来られたのは犬達のおかげです。
犬の散歩がなければ、天気がいいからといって、ふらふらと海には来てないでしょう。
多分家で掃除洗濯草刈りやら仕事していると思います。

つい先日「どんなに景色がきれいで魅せられても〜ウンヌン」と自分で書いたばかりですが、
ぽん母さんにコメントで「それぞれの場所にそれぞれの問題や危機感があるとしても、目を上げればそれでも青い海があるってのはものすごく素敵だと思います」といただきました。
いやまったくその通りです。はい。
それは否定できない。

最大風速70m/sの猛烈な台風が何個も来ようとも
停電が連続5日間あっても
6cm大のゴキブリが出ても
1年中大きなハエ・蚊が飛んでても
民放TVが2局しかなくても
自分の能力を活かす仕事がなくても
あってもムチャクチャ給料が安くても
なんやらかんやら色々だけど、

Photo_4 まあいいや。これと引き替えられるものなどあるかしら・・・なんてこの瞬間は思ってしまいます。

この海にかわいい犬達がいるからこそ、より感じられる喜び。
犬が私達の島暮らしを完成させてくれたのは確か。


こんなこと言ってても、きっとそのうち、やれ台風だ、停電だとブータレてると思いますけどね。


*くどいようですが、こんな極楽日和は島でもそうそうありません。
冬は雨続きだし、もうじき梅雨だし、暑くなりすぎるし、台風来るし。
でもその中で、こんな日がひょこっとあります。
そしてたまたまその日が自分の休みにあたれば極楽です。

| | コメント (4)

2008/04/15

赤い鳥

   

notesこの大空に翼ひろげ、飛んでゆきたいよ〜notes

先日は青い鳥でしたが、今日は"うるずん”の季節にやってくるアカショウビンです。

Photo うちのあたりでは今年は4月6日初めて声を聞きました。
早朝、明るくなった頃に森から「キュロロロロロロロ」(ドシラソファミレドnotesの音程で)と澄んだ声が聞こえてきます。
季節の変わり目を感じさせてくれる夏鳥です。
いつも緑陰にいて、声はすれども姿は見えず。
たまに赤い弾丸のように飛ぶ姿をみるぐらい。
それがなぜかおとといから、朝夕にうちの庭の犬フェンスにとまっています。
おとといの夕方は窓のすぐ外の物干しに止まっていて、あわてて写真を撮ろうとしたら「バッテリー切れです。電池を交換してください」danger ヌオォーー!
どのみち暗すぎて、無理だったでしょうけどね・・フンフン
昨日の夕方は↑けっこう長く止まっていました。

今朝はコンコンと小さな音と控えめな「キロロコルキロロ」のような声がするので
そっと見たら
Photo_2 きのうパパが刈った草の中に飛び込んだと思ったら
なんか口にくわえて出てきました。
なんだろう?
実のように見えますが、バッタとかトカゲを食べると聞いてますが・・・
これを杭にコンコンとぶつけていたんです。
割ろうとしているのか、生き物なら弱らせるために。
この直後、くわえたまま庭の反対側のフェンスに移動したり、家の周りをちょこちょこ飛び回ってました。
日が高くなるとどこかに行ってしまいます。
毎日朝夕に来てくれたらうれしいな。


Photo_4アカショウビンより前から、ピチュピチュ可愛い声で鳴いて、しょっちょう庭に来るのがシジュウカラ。
ダンディな黒と白のモダンな色がおしゃれです。
Photo_6
最近は慣れてきたのか、窓のすぐ外まできて、外して置いてある犬の首輪の解れ糸をひっぱたりしてます。
巣作りの材料をあつめているのでしょう。

| | コメント (9)

2008/04/14

島暮らしの極意?

Photo 昨日は石垣島トライアスロンが行われました。
(←前日のスイム会場)
今朝の新聞は、トライアスロン一色で
「島内はトライアスロン大会で盛り上がった」そうです。
実はそれは石垣島市街地を中心としたコース沿い限定の話でして、うちのあたりはコースでもなし、だれか走るわけでもなし、トライアスロンのトの字も聞こえず、見えもしない、いつもと変わらない静かな日曜日でした。
島のイベントはなんにせよ、受け身では楽しめません。
積極的に「参加するぞ!」と意気込んでrun出かけなければならないのです。

これはイベントだけでなく石垣島の暮らし全般に言えることかも。
引っ越してきた後、新聞屋さんが売り込みに来るのを待っていたら永久に新聞は来ません。
こちらから販売店に電話してtelephone「新聞を配達してください」とお願いしないと。
なんせ新聞間の競争がありませんから。

近所の人と仲良くなるには、こちらから挨拶して日々のことなど教えてもらわないと。
なんせ内地から来る人は信用がないですから。
挨拶と言っても「おはようございます」「こんにちわ」と言うだけでもgood
そうすれば、びっくりするぐらい親切にしてもらえるはず。

Photo_2

→は石垣港付近です。大きくして見ていただくと、けっこうぎっしりと建物buildingが並んでいるのがわかると思います。
これが石垣市街地。
このあたりは過密地域。都市化がどんどん進んでいます。
うちのあたりは過疎地域。住民ほとんどの顔を知っているかも。
石垣島と言っても、地域差がものすごくあります。
どこに住むかで生活様式も変わります。

移住希望で、都会のように「何事も我関せず」で暮らしたければ市街地に住んだ方がいいような。
でも市街地でも、そういう移住者が迷惑だと問題になってはいるのですが・・・
積極的に地域に参加する、せめて受け入れる気持ちがなければ移住は成功しないかも、です。

何を持ってして、成功というかは人それぞれなので、一概には言えませんが。

どんなに景色がきれいで魅せられても、住めば人間関係からは逃げられません。
島の人間関係は都会より狭い分、ディープですよ〜〜〜happy01

| | コメント (6)

2008/04/13

かわいい笑顔

最近、ブログを見てくれている近在の人達に「活動的によく出かけてるね」と言われて
ビックリです。
私は犬ヒッキー(犬といるのが何よりの引きこもり)なので
犬の散歩以外、家から出ない日がほとんど。
街へ出かけるのは平均したら週に1度あるかないかぐらいです。
島ではあまり娯楽がないので、行事やイベントは参加率が高いです。
他の人のブログを見ていると、ほとんどのイベントに参加しているような方もあります。
うちのブログで紹介しているのは、石垣島で行われている事の氷山の一角にすぎません。

「暑いから冷房入れた」と週初めに言った舌の根も乾かぬうちに、風向きが変わって3-4日前からまた涼しくなりました。
そして今日は再び蒸し暑い路線に軌道変更しているような石垣島。

自然に左右されやすい私は体調も不安定になりがち。
おまけにヒッキーなので、与那国島へお婿に行くアナ君にようやく会えたのは
Photo 婿入り2時間前coldsweats01 ギリギリ。
実物のアナ君はケンより軽くて、とびきりかわいい笑顔の持ち主でした。
イヤ〜ンheart04て感じです。
こんな可愛い子を捨てるヤツがいるなんてpunch
(たとえ外見可愛くなくたって捨てるヤツにはbomb

アナ君は与那国島の別名ドナンから取ってドナ君となりました。
預かり母さんのつけた仮名にも配慮した、絶妙のネーミングではないですか。
ドナ君とふたりで与那国島での新生活を始める里親さんに幸多かれと心から祈ります。
犬の散歩で村内を毎日歩いていれば、村の人達とも顔なじみになれるし、犬友達ができますから大丈夫。すぐになれます。
里親さん、がんばれ!scissors

Photo_2 で、帰宅して、アナ君の可愛さにクラッと来ていた私は試しにケンも撮ってみました。

やっぱり、ケンも相当かわいいわ!
他の人にはどう見えようと、うちらの目には可愛い以外の何物でもないね。
〜これが親バカの生きる道〜note

やっぱり較べてはいけません。
(自戒の念をこめて)
飼い主にとっては、うちの子が一番で当たり前。
よその犬の方が可愛いとか賢いとか言ってはいけない。犬はちゃんと聞いてます。

Photo_3 そうやって「あんたが一番」と繰り返し言い続けてきた、みなみの穏やかな老境の笑顔。
これにまさるものはありません。
最近、みなみの笑顔がよく撮れます。
若い頃はあまりありませんでした。
捨てられた心の傷が癒え、今の生活を心から楽しんでいるのかもしれません。
そうだといいな・・・

| | コメント (7)

2008/04/12

ふきのとう

Photo Photo_2

関東地方の実家から送られてきた、と近所の方が”ふきのとう”を持ってきてくださいました。
また天ぷらに。
何ともいえない大人の味わい。
苦みと言っては足りず、とにかく味わいがあります。
右画像は島らっきょうとのコラボ。
口の中で、心地よい両者のセッション。
石垣島ビールと合わせて大満足でした。

注)コラボとセッションの使い方合っているのか?
                        (byゆうゆう)

| | コメント (2)

2008/04/10

明日はどっちだ

Egao38よもぎちゃんは先日トライアルに進みましたが、いろんな事情があって、またふりだしにenter

←この通り、うちのみなみとナツを足して2で割ったような美犬です。性格はケンのように可愛い。
申し分なしshineじゃありませんか。

今度こそ、真の家族に巡り会えるように、今一度皆さんのお力をお借りしたい!

前回リンクご協力下さった方は、ぜひもう一度お願いいたします。
今度こそはと思われる方lovelyは、ぜひブログ内でご紹介下さい。

Dsc_3552 詳しいことはfreedialこちら

預かりブログはfreedialこちら

よもぎちゃんのデータ

ラブの血が入ってると思われるMixの女の子。

年齢は2歳前後・・・と思われる
体重 19kg
毛質 短毛の硬め
毛色 黒色に胸元にちょこっと白い毛がアクセントとして入ってる
性格 ちょっぴりビビリん坊な所はあるが、すぐに人に慣れる。
とても賢い子で、ウチに来て『オスワリ』『お手』をすぐに覚えた。
お子さんのいるご家庭でも問題なし
車大好き
海遊び大好き

駆虫済み 2007/11/28
ワクチン接種(8種混合)2007/11/28済みDsc_36551
避妊手術 2007/12/07 済み
フィラリアは陰性(毎月薬を投与)
ノミ・ダニの薬(毎月ダーナムライン塗布)

 

うちの3匹も捨て犬でした。
石垣には今もたくさんの捨て犬が家族を捜しています。
石垣島の中でうろうろしている捨て犬保護に奮闘しているのはわんわんクラブさん。

うちはこれ以上飼えないと考えているので、目の前に捨て犬がうろうろしていても簡単に手が出せないし、ナツの攻撃が心配で預かりも躊躇してしまいます。
せめてこの場で紹介したり、ランキングポチッとしたり、自分でできる範囲で協力したいと考えています。

| | コメント (5)

2008/04/09

浜下り

Photo 旧暦3月3日は浜下り(はまおり)の日で、今年はきのう4月8日にあたりました。
大潮でめちゃくちゃ潮が引いた海に入って無病息災を祈る伝統行事。
ついでに潮干狩りなんかして楽しもうって日です。
もともとは女性の行事でしたが、今は老若男女が出かけます。
昼過ぎぐらいからで、海の上をやたら人がわらわら歩いていて壮観なんですが、今年は行ったのが遅すぎて、もうほとんど誰もいませんでしたdespair
犬の健康を祈って犬も連れていくので、人が少ない方が都合はいいのですが、この日の気分がでませんね。

石垣島に来てまもない頃は、物珍しくて貝など採ってましたが、著しく貝が減ってきたのがわかるので、この数年は採取はしないで、海歩きをして楽しむことにしています。
歩いているだけで楽しいです。あちこちの潮だまりにいろいろな生き物がいます。
Photo_2 これは珍しいsign01
2匹の小さなハリセンボンがいました。
Photo_3
つぶらな瞳で「なーに?」て感じでこちらを見上げていました。
こんなのが歩いて見られるんです!写真もふつうに地上から撮ってます。

そして内地のひな祭りの影響もあるのかもしれませんが、この日はお餅を食べます。
Photo_4 よもぎ餅が主ですが、お店には白やピンクのお餅もあったり、菱餅を意識しているのか薄く切ったお餅もあります。
我が家にはありがたいことに、毎年近所の人から、お手製のよもぎ餅をこの日にいただきます。
今年も朝一番に「ハイ、お餅だよ!作ったからさァ」と届けてくださいました。
ぎっしりとアンコが入って、ずっしりと重い、島サイズのおいしいよもぎ餅でした。happy02


暑いけど穏やかな浜下り日和のきのうとうってかわり、今日は朝から変な天気。
曇っていたかと思ったら、晴れて、ものすごい風が吹き始めました。
犬の散歩をしていたら、突風で思わず数歩動いてしまうような風。
湿度の高いベタベタの風で、外にいると消耗します。
でもこんな日は乾くだろうと、いっぱい洗濯物干しました。
お昼ご飯を食べて、庭にでようとしたら、 Oh, MY GOD!!
コンクリートベースの物干しごと、横倒しになっているsign02 
こんなの初めて。洗濯物はくちゃくちゃ。物干し竿1本折れてるし〜〜〜coldsweats02
どんな風ですか。(台風並みの強風)
いやはや。これだから島の暮らしは油断できません。


| | コメント (5)

2008/04/08

入学式

Photo 今日は村の学校の入学式。
去年は小学1年生が0だったので淋しかったのですが、今年は4人sign01も入学。
これはメデタイと普段より多くの地域の人達が出席しました。
ランドセルをしょっての入退場がかわいかったです。

これで村の小中学校の全生徒数は20人なりました。
久しぶりの大台。
これをたった9家族が支えています。
つまり小中学校在校生の中に兄妹が2ー4人いる家庭がほとんど。
そしてそれらの家庭にはまだ予備軍の小さい子達もひかえています。
学校が廃校の危機にあるためか、村の合い言葉は「生めよ増やせよ」なのかなcoldsweats01
産科すらいつ無くなるかわからないこの厳しいご時世に、子供を産んでくれる家庭が小さな村にこんなにあるなんて・・・すごいと思います。
うちのように子供のいない家は、どうやって村に貢献するか頭を悩ませるところ。

政府も女性を機械呼ばわりして子供を産んでくれと言う前に、子供を産む人が安心して産める体制を整えてもらいたいです。
産科不足は国の失政でしょう。
島で産科がなくなると、飛行機に乗って他の島にいかなくてはなりません。
どこも産科医不足のため、1ヶ月以上前から移ってないといけないとか。
仕事、他の子供の世話・学校、滞在費、どれをとっても普通は難しいでしょう。
お産1ヶ月前から引っ越せと言われているようなものですから。
どうして、そういう非現実的な制度をつくるのでしょうか。
よほど生活感のない人達が考えたのでしょう。
既に沖縄の離島のいくつかは産科不在になっています。
石垣島にはかろうじてまだ産科がありますが、しょっちゅう存亡の危機に瀕してます。

| | コメント (3)

2008/04/07

アツイ!

ほんの4日ぐらい前は、寒の戻りで寒くてセーター着てたのに
きのうから室内でも気温は28度、湿度は80%越え。
もう蒸し暑くて蒸し暑くて・・・・アツイwobbly〜〜〜
さっき、どうにも我慢できず、火を使う台所だけ、ついに冷房penguin入れました。
ホ〜〜〜とします。

近況をお知らせしました。

| | コメント (4)

2008/04/06

ふれあい

”ふれあい”・・・みなみにとっては最苦手項目だった。
ケンが仲間に入るまでは。

みなみは身体接触がきらいで、犬同士はもちろん、私達がなぜるのは喜ぶけど、抱え込んだり、体重をかけたりすると飛び上がって嫌がり、逃げてた。
「信頼がないんだ」と悲しいけど、そういう性格だからしかたない、とあきらめたり。
でもナツがきて、今の家に引っ越して、24時間室内でいっしょにいられるようになって、少しずつ変わった。
私達の接触には、相当寛容になり、みなみからひっついてくることもある。
ナツには変わらず厳しい・・・ナツがどこか接触すると「キャッ」とばかりに逃げる。

Photo でもケンが来て2ヶ月ぐらいした、ある日、みなみのベッドにいるケンを発見。もうビックリ。
「みなみ、いいの?それでいいの?」と何度も聞いた。
みなみはイヤならすぐに自分が出ていくから、そこにいるということはイヤじゃないわけで・・・
ケンがみなみの固い固い心の壁に小さな風穴をあけた。

以来、ケンは我が家の犬風景をどんどん変えていった。
Photo_2 2

              (↑ナツ&ケン)

ナツはそれまで犬同士で遊ぶ、ということを知らなかった。
初めて味わう犬同士のふれあいは、ナツの精神的情緒的成長を大幅にうながし、
この1年でナツはものすごく変わった。少なくとも家の中ではcoldsweats01
ケンとくつろいでいるナツを見ると、心から「ナツ、よかったねぇ〜」と思う。

Photo_3 ケンはみなみが大好きで、いちばん頼りにしているようだ。

←不安そうな顔でみなみにひっついているケン。それを嫌がらないみなみ。
よそのお家では当たり前かもしれないこんな情景が、我が家では、もう奇跡のような変化。

みなみだけ出かけて帰ってくると、ケンはもう大騒ぎでみなみを迎える。

Photo_4 「おかえり、おかえり、ボク心配したよ」
「帰ってきてよかったよかった」
そんな感じで、みなみの口元をペロペロなめ続けようとする。
みなみはうっとうしそうに顔だけ逃げているけど
最近はちょっと変わってきたのかな。



6
アレっ、みなみ、なんかうれしそうな顔してるジャン。happy01

時間はかかるけど、犬も(人のように)他者とのふれあいで変わるんですね。

犬だからって、新しい犬とすぐ仲良くなれるとは限りません。
人間と同様に性格や相性があるみたいです。

だから2匹目の犬を迎えたトライアルで、いきなり先住犬が怒ったからといって、その犬とはもうダメと決めつけないでください。
うちのみなみは、ナツにもケンにも最初の2週間は見るたびにうなって怒ってました。

お互い新しい犬となじむのに1ヶ月以上かかるかもしれません。
意識しなくても飼い主は新しい犬にはすごく手をかけています。
だからその間、飼い主が先住犬に対しては新しい犬の倍ぐらい気をつかって、先住犬の嫉妬をかわないように、意識的に先住犬に話しかけてやらないと。

本でそういう話を読んでいたので、ナツが来たときも、ケンが来たときも、みなみにはものすごく気を遣いました。
Photo_6 もともと手がかからない子なので、意識しないとほったらかしのようにみなみが思うかもしれないからです。
また、ものすごくプライドの高い子なので、みなみのプライドを私達二人がかりで守りました。
それでなんとか最初は嫌がっていたナツやケンを同居犬として認めてくれたのかなあ、と思っています。

もし余裕があれば2匹3匹で飼うのはお勧めです。
確かに体力・経済、どっから考えても大変ですが(旅行に行けないweep
犬と人間との愛情だけでなく、犬同士の愛情もプラスされて家内の幸せも倍増heart04
大きさの確定した成犬だと、力関係が変わることもあまりないので2匹目以降には迎えやすいかもしれません。

以前にも書きましたが、成犬からでも大丈夫good
もちろんしつけられるし、人間とも犬同士も愛情を育てられます。
ナツのように5才過ぎてから大幅に情緒が成長することだってあります。
子犬が育つのは当然でも、成犬が変化していくのを見るのは飼い主冥利につきます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<追記> いただいたコメントを読ませていただいて、「ちょっと誤解があるかも」と思って、親バカ説明を追加します(語りたくてしかたないんだな)。

みなみは変わったと言っても、”接触されても逃げなくなった”という程度です。最初の画像や最後の画像のように同じ場所にいられるようになった、と。

真ん中の画像でケンとむつみ合っているのはナツです。ナツは他の犬との接し方がわからなかった子ですが、ケンが来て半年ぐらいでケンとの遊び方がわかったようです。力加減をしてひっぱりあっこができた時は、その成長に涙しました。そしてケンとべたべたひっついて、お互いなめあったりしてくつろいでいます。よかったよかった。ウンウンweep

| | コメント (10)

2008/04/05

讃岐うどんと天ぷら

Photo Photo_3
島野菜が豊富なこの時期。
今日は島野菜が食べたくなって天ぷら。
新玉ねぎが出たので、インゲン・ニンジンと。
ビールに合うのが手前のニンジンの葉っぱ。
新鮮だと茎の部分より大地の力を感じて、塩で食べると、ビールが一層美味しくなります。

Photo_4 そしてメインが釜揚げうどん。
いつもお世話になっている方から讃岐うどんをいただきました。
遠くまで来てくれたうどんが淋しくないように、同じ四国の鳴門のワカメをちらして、土佐のおろししょうがと。
揚げたての島野菜をトッピングして極上の幸せでした。
       (byゆうゆう)

| | コメント (3)

2008/04/04

沖尚優勝!!

happy02 沖尚甲子園優勝しました sign03
99年に次ぐ2度目の優勝で、私が沖縄に来てから2度目です。

Photo 実は私は野球にはさっぱり興味がなく、名古屋にいた頃はそれほど真剣に応援したことはありませんでした。
でも99年、沖尚が甲子園に行ったとき、石垣でもすごい盛り上がりだったんですよ。
なんか本当にみんなの代表でがんばれ!みたいな。
それで優勝した時の熱狂ときたら・・・それに感動しました。
「初めて優勝旗が海を渡る」ということに対する感慨には、単なる野球の話ではなく、長い間の、日本と沖縄との複雑で屈折した関係が反映され、「一矢報いた」みたいな喜びが沖縄の人々から感じられました。

一昨年は、ついに石垣島から八重山商工が甲子園に春夏連続出場したのはまだ記憶にも新しく、その時の島人の熱狂はいまでも語りぐさだし、自分自身の熱狂もビビッドに思い出されます。

Photo_2 そして再び沖尚。
9年前投手だった公也君が監督になってました。
9年前の私は、この沖縄らしい濃い顔の美少年(当時)を応援してました(野球わかんないし)。
そして今回、甲子園前にTVに出てきた彼を見て「エェ?これがあの可愛かった公也君なの?すっかり大人なのねぇ」と無責任なオバサンミーハー発言を繰り返す。
でも甲子園に行って、どんどん顔もしまってきて、とってもすてきな公也君に戻りました。
野球の方も、どんどん勝ち進んで、試合中はどんどん走る車の数が減ってくるし、県全体の興奮も高まりました。
そしていよいよ決勝戦。
今朝4:45発で臨時便「JALホームランエクスプレス」airplaneが那覇から関西空港へ飛びました。
石垣では今朝の八重山毎日新聞に
「〜相手チーム聖望は、甲子園直前石垣島で合宿をして、練習試合で八重山商工に負けた〜」というような記事が出て、なんとなく楽観的気分。
そしてその気分通りの圧勝annoy

Photo_3 Photo_5

沖縄の人達が、より誇らしく思うのは、この球児達が全員正真正銘沖縄の子だということです。
「うちなんちゅパワー」「県産品チーム」などなど。

今日は沖縄中で、長〜い昼休みだったことでしょう。

| | コメント (8)

2008/04/03

ハーベスター再起動

島の冬期(1-3月)に村を走り回ってサトウキビを収穫するハーベスターが
今年は長雨のせいでまったく身動きがとれなかったのは1月にも書きました
Photo おかげで、例年なら製糖工場も終わる4月になっても、まだまだ収穫が終わりません。
3月になってからの晴天で、ようやくハーベスターも動けるようになって、少しずつ進んでいます。

ハーベスターの轟音が聞こえてくると、ワクワクする私。
大型機械自体のおもしろみもありますが、この機械が動いている所には、必ずと言っていいほど、カンムリワシが現れます。

Photo_2 ハーベスターが収穫していく後ろは、このように地面がむきだしになり、虫やヘビが簡単に見つけられるので、各種の鳥がまわりに集まります。
一番手はカラス。
群れで強気にニラミを聞かせています。
畑の近くに電線・電柱があれば高確率でそこにカンムリワシがいます。
電線がない時は、少し離れた木を捜します。

Photo_3
アマサギもグループで待機してますね。

Photo_5
そしてカンムリワシ!
ハーベスターに近い所に一羽、数十メートル離れた所にもう一羽いました。

私がカンムリワシの写真を撮っていたら、畑にいたオジサンが
「これ投げて、食べてるとこ撮るとイイよ!」と声をかけてくれました。
ファインダーから目を離してそっちを見るとeye、「キャッ!」
思わず叫んでしまった。
棒からハブがぶらさがってた・・・小さいのだったけど・・・死んでたけど・・・
オジサンは無造作にワシの方にむかってハブを投げてくれました。私のために。
ありがたいことです。
カンムリワシは英語でCrested Serpent Eagleというぐらいでヘビ好きです。
でもオジサンが近づいたので、ワシが逃げてしまいました。

Photo_6 ワシもハーベスターからあまり離れたくないのか、頭上を何度も何度も旋回していたので、おかげでカンムリワシが飛んでいる所を撮れました。
何度も見ていますが、なかなか写真が撮れなくて、ここまで撮れたのは初めてです。
上から見ると地味な鳥ですが、下から見るとなかなか印象的な姿でしょ。
オジサンは「ハーベスターだけだったら逃げんよー」と言ってました。
人間+犬もいっしょでしたから、逃げられてもしかたないです。
ヘビは今日見たら無くなってました。
カンムリワシが食べたのならよいのですが。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
明日の甲子園決勝に沖縄尚学が進みましたsign03

| | コメント (7)

2008/04/01

不思議なおもちゃ

本屋さんで買ってきました。開けてみると
Photo
プラモデルみたい
Photo_2
箱みたいになった・・・
Photo_4 完成。

貯金箱ではありません。もちろんポストでもない。
残念ながら初期型ロボットでもありません。
これは楽器です。

4 エイプリルフールじゃないですよ。paper
ほんとの話。
テルミンという楽器のおもちゃです。

本物のテルミンは女声のような豊かな音が出るのですが、私にはまだ蚊の飛ぶ音しか出せません。
さっき調べてみたら、このおもちゃでもプロはきれいな音で、ちゃんと曲が奏でられることがわかりました。
まだ信じてない方は、ぜひこちらでご確認を。

練習して音程が取れるようになったら、宇宙と交信してみたいです。

| | コメント (3)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »