« きしめん | トップページ | カンムリワシ週間 »

2008/02/06

犬の心

Photo みなみと暮らすようになって、一番驚いたのは、どんなに繊細で複雑な感情を犬が持っているか、ということです。
みなみは子連れで放浪していたのを、うちで引き取ったのですが、その話を人にされるのを、みなみはすごく嫌がりました。
話し出すと、すっと離れて部屋の隅に行き、外を向いて伏せてました。
話す内容も理解できるし、それで自分がイヤな気持ちになることもわかるのです。
だから、みなみがいる所では話さないようにしました。
4年後ぐらいに、ようやくみなみはこの心の傷を克服し、その話をまるで人ごとのように聞き流せるようになりました。

私がブログの中で一番たくさん見ているのは、実は「dogブログ」です。
最近、そんな犬の心の機微や人の心を伝える話が多いので、ちょっとここでご紹介します。

*11月にお会いしたバリ島の田尾さん
「ミロ君の話」  「中井貴一さんのいい話」  愛し合ってるか〜い

*石垣島で犬達の状況に心を痛める都わすれさん
石垣島のわんこ」「愛し合ってるよ〜ん」 「みんな平等

*動物との暮らしについて示唆に富む記事がいっぱい。
「帰ってきた!?犬猫屋敷の管理人日記」 

*石垣生まれのマーブルを里親さんに嫁がせてくださった、みるくままさんの 
 「ぼくのこと。。。」「17才で捨てられたベンの話

 

そして私もあらためて伝えたいこと。

犬は寂しがり屋です。
どんな飼い主であろうとも、犬は飼い主が大好きで、そばにいたい、触れてほしい、と思っています。
その気持ちに犬種は関係ありません。
寂しくて、「だれかそばに来てよ」と鳴いてしまうこともあります。
そうすると「無駄ぼえしてうるさい」と保健所に連れて行かれることも。

犬には嫉妬心もあります。
自分より後から来た犬に、家族が夢中になって自分をないがしろにすれば怒ります。
そうすると「子犬をいじめるから」と外にほっぽりだされたり、保健所に連れて行かれることも。
人間がうまく導けば、1ヶ月後には立派なお兄ちゃんお姉ちゃんになって新米を指導してくれるようになるのに。

犬の心の発達に遊びと触れあいは欠かせません。
Photo_2 犬を外につないで放置しておいたら、精神的成長もできず、ストレスの固まりとなります。
室内でいっしょに暮らせば、言葉もどんどん覚えるし、人も犬の表情や声で何を言いたいのか、どんな気持ちなのかわかるようになり、相互作用で人も犬も成長していきます。
いきなり溺愛の場合もありますが、最初は「ピンと来ない」ことも。
それでも「一緒に暮らす」と決めたからには努力と忍耐。
いつのまにか愛情も育っていきます。
うちの2匹目ナツがそうでした。最初はため息と後悔の連続。
でも今は「苦労した子ほど可愛い」の例にもれず、一日に何度頬ずりすることか。

Photo_4 うちで2匹目3匹目を迎えるに当たり、一番気をつけたのは”順番を尊重しつつ平等にする”ことです。
もちろんご飯の量、必要な世話、そして犬自身が望むものは犬によってちがいます。
それぞれの犬が、それなりに満足して眠りにつけるようにしたいです。
だからどんなに忙しくても、1日1度は必ずそれぞれの犬と1対1で向かい合います。
抱っこしたり、添い寝したりしながら1匹だけに触れ話しかけます。
満足げに「ほ〜」と、まるで温泉に入ったときのようなため息(笑)を犬がつくと、こちらまで満たされます。

うちの子達の境遇を話すと、
「ここにもらわれてよかったね。幸せになれてよかったね」と言われる方が多いのですが、「幸せにしてもらったのは人間の方です」というのが私達の本音。

犬の愛情に血統や年令は関係ありません。
雑種でも、成犬からでも、十二分に愛情を育てられます。
あとは人間次第。


(雑種でも成犬からでもどんなにかわいいかはgoodこちらでイヤというほどwink

|

« きしめん | トップページ | カンムリワシ週間 »

コメント

本当にその通りだと思います。1人1人性格も違うし好きなものも違う・・本犬の意思を尊重しつつでもいけないことはいけないと教えなければいけない。。。犬育ては難しいですね。(以前飼っていたワンコは可愛がりすぎてわがまま放題だったので少し反省です)でもこちらのブログを拝見してわかったのは成犬になってからでもしつけは可能と言う事・・・いずれわんこを迎える日が来た時の選択の幅が広がりました^^。

みなみちゃんが・・・自分の境遇をしっかり理解していた事に驚きです。でも今は聞き流せる位になったようで本当に良かったです。

そしてもう一つ私が思うのは犬種を聞かれて雑種と言うとちょっと下に見る人が少なく無い事です。。。我が家のワンコは自分でいうのもなんですがキレイな子だったのでよく「めずらしいワンちゃんですね。なんていう種類ですか?」ときかれました。「雑種です!!」と答えると中にはふ~ん。とかな~んだって顔をする人がいました。。。雑種でも可愛いんだけどな~~。

投稿: ぶりぶり | 2008/02/06 15:08

今日ちょうど昔のレトリーバーを読んでいて、みなみちゃんが出てた時のもまた見てたんですよ。

うちはポチオ犬もポタンも、赤ちゃんの頃から見て飼って来たけど、成犬から飼った子でも、どんな種類でも、本当に可愛いんだろうなって、mi-goroさんの3ワンへの愛情を見ると実感します。

やっぱり大事なのは心が通じるかですよね。
犬は本当にさびしんぼう。人間は意地を張って独りで生きるやいなんて言えても、ワンコは心の底から素直に、一緒に居たいよボクのこと見ててよって思ってますもんね。

投稿: クリコ | 2008/02/06 21:37

リンクありがとうございます。ほんとうにおっしゃるとおり、うんうんと頷きながら拝見いたしました。成犬でも、子犬でも、純血種でも雑種でも、どんなワンコでもちゃんと愛情をかけてやれば、どのコもみんな飼い主さんの宝物に成長するのですよ。もっとたくさんの人に、それを知って欲しいなぁ~

>どんなに忙しくても、1日1度は必ずそれぞれの犬と1対1で向かい合います。
これ↑大事ですよねぇ~多頭飼いでもこれをちゃんとやらないと、犬もグレる(笑)忙しいときは、それをついつい忘れがち。いかん、いかん(^_^;)

投稿: 犬やかん | 2008/02/06 23:47

>ぶりぶりさん
「いずれわんこを迎える日が来た時の選択の幅が広がりました」
こう言っていただけると本当にうれしいです。
最近はまず犬種を聞かれることが増えました。「雑種です」と答えると「なんだ〜」と言う人結構いますね。「石垣犬です」と答えると「そういう犬種があるんですか?特徴は?」と聞かれるので「1匹ずつ全部違うのが特徴です」と答えたりして(笑)。

>クリコさん
そうそう。心が通じ合えば人間でも犬でも猫でも愛情が生まれます。
犬って本当にストレートに気持ちをぶつけてくるところがたまりませんよねぇ。。。だからそれに応えたいと思います。

>犬やかんさん
こちらの愛情にこたえて、すばらしい宝物になってくれますよねぇ。もう倍返しなんてもんじゃないです(笑)。まさにpriceless。
新しい犬が来たり、忙しい時など、主張の少ない子はうっかり手薄になり、普段しない粗相などするようになって、1対1の必要性に気付いた次第です。お恥ずかしい。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 藍mi-goro | 2008/02/07 11:48

あら、私のブログまで紹介くださって、
ありがとうございました。

何かあると、すぐ犬のせいにしてしまう飼い主っていますよね。
本当は飼い主本人の知識の無さや愛情が足りない場合だったりするのに。
そこをもう1歩踏み込んでみると、自分と犬や猫との素晴らしい関係も生まれるのに・・・
勿体ない話です。

うちもよく「この子たちは毎日散歩をさせてもらって幸せねえー」と言われますが、
「いえいえ、散歩をさせてもらっている私の方が幸せなんです」と
これからは言うことにします。
だって、この子たちがいるから幸せなんですもん。

投稿: 都わすれ | 2008/02/07 13:21

本当に犬は愛情を注げば注ぐほど、それ以上のものを人間に返してくれますよね。
話しかければ話しかけるほど人間の言葉も理解してくれますし。
本当に人間次第。

投稿: ふぇねっく | 2008/02/07 17:29

>都わすれさん
犬がいなかったら、雨の中絶対歩きませんよね。私の場合、犬達のおかげで体重増加upwardrightがこれぐらいで止まっているのかも。
人間の力不足が犬に反映されているのにね。
うちもナツの乱暴が外で止められないのは私の力不足weep

>ふぇねっくさん
まことおっしゃるとおり。
多くの人に気付いてほしいですよね。

投稿: 藍mi-goro | 2008/02/07 20:29

mi-goroさん、本当にその通りだと私も思います。
実は私、ちょっとの間だけバリ島に波乗りをしに滞在したつもりだったのに、
今にいたります…。
そして、年に1度、日本に帰るのですが、チャッピーはいつも、
こんな私を大歓迎してくれます。
このチャッピーは小さい時から本当に繊細な子でして…
私がバリへ行く準備をすると、物凄く心配そうな顔をするんです。
そんなチャッピーを見ると本当に胸が一杯になってしまいます。
これで良かったのか?とも思います。
日本にいる家族がチャッピーを溺愛している事が私の救いです。
チャッピーや、今はお星様になってしまったワンコ、そしてフェブリーには、
沢山の愛情をもらってます! 本当に、大切な私の家族です!

投稿: SUCI | 2008/02/08 00:18

>SUCIさん
離れても慕ってくれるチャッピーがたまらなく可愛いですね。犬のそういうところが胸にキューンと来ます。
裏切りがない分、ある意味人間以上の家族かもです。

投稿: 藍mi-goro | 2008/02/08 12:33

この「犬の心」、いいなと思う。反省して、明日から少しは犬の気持ちになって、散歩しょうと思う。

投稿: 仲沢 | 2008/02/12 00:49

お友達のところから やってきました

今日は勇気を持ってコメントv です

それは決して 人間特有のものではなく
命あるものが普通に持っているもの

伝えれば きっと返ってくるもの

そんなことを考えながら

また 伺いますね
取り急ぎご挨拶まで

さや

投稿: | 2008/02/12 09:40

>仲沢さん
ありがとうございます。ワンちゃんの様子を見ながらお散歩するとこっちも楽しいですよ。

>莢さん
ようこそ。どうぞお気軽にコメント書いてくださいませ。
「命あるものが普通に持っているもの」ということに、もっと多くの人が気付いてくれたらいいと思います。

投稿: 藍mi-goro | 2008/02/12 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きしめん | トップページ | カンムリワシ週間 »