« クリスマスらしく? | トップページ | クリスマス »

2007/12/23

半袖の餅つき大会

12月22日、冬至、村で初めての餅つき大会をしました。
石垣では、お正月にお雑煮を食べる習慣もないし、お餅自体も内地のものとはちょっと違います。
だから今回は内地から引っ越してきた人が中心となって準備を進めました。
晴天時々スコールとでも言いたいような、不安定で蒸し暑い天気。
集まった人ほぼ全員半袖!(寒がりの私でも半袖)
分担してといだお米を持ち寄って、蒸して、餅つき開始。
Photo Photo_3
全部で20kgの米を次々とついては丸め、ついては丸め。
みんなで分担して、作業を進めます。
最初は外で始めましたが、スコールで中へ移動したり。大忙し。
Photo_4 Photo_5

あんこ味、きなこ味に加えて、豆餅も。
これはせっかくなら豆餅をという人が、自費で黒豆を提供してできました。
そして焼きおにぎりにするからベーコンとタマネギを入れてくれと持ってきた人も。
ベーコンを切っていたら、オバアの一人がこれは”ジューシィ”にしようと提案。
冬至にはジューシィ(沖縄風炊き込みご飯)を食べる習慣があるからです。
急遽、ニンジンのみじん切りを作ってきてくれて、その焼きおにぎり用もち米に足しました。
Photo_6

←こんな感じ。これは少しついただけで、おにぎりにしました。塩味つけて、けっこうおいしい。
作りながら、餅を1個2個。
作業の合間に1個2個。
餅つき終了の頃には、みんなお腹いっぱいに。

しかし、この日はこれが第一部。
夜には第二部の忘年会があったのです!!

それに備えて、餅つきとは別に、鶏汁の調理も朝から進められていました。
1 先日↓の道を歩いている鶏です。はい。
どうです、この濃い色の肉。
正真正銘石垣産新鮮地鶏。
いきなり「骨外して」と言われて、うひゃー。
私は包丁は上手ではないので、自分の包丁を取りにいきました。
戻ってきたら、おじさんがもうズバンズバンと骨ごとぶつ切りにしていました。
大きく切った大根とタマネギもいっしょに大鍋に。
2 ガスコンロを餅蒸しに使うので、今日は薪。
村の人は慣れているので、苦もなくやっていきます。

餅つきを見ながら、オジイ(と言っても70才)が「内地の人はみんな餅つきをやったことがあるかと思ってたよ。ワシらは米すらなかったからなぁ・・・内地とここではものすごい差があるからねぇ」と。
大昔の話ではありません。戦後の話です。
道路も電気も水道もないこの場所に来て、一からジャングルを人力で切り開いて、この村を作り上げた人達。
先日NHKで放送された明石のオバアにも負けないご苦労がたくさんあることでしょう。
今は平和で、豊かになって、オバアちゃん達は「昔と較べると今は天国だ」と言ってます。
私達は天国になってから、仲間入りさせてもらっているので、ちょっと申し訳ない気分。
3 だから、この日は私達はがんばりましたよ。
私はこの鶏汁の油と灰汁をせっせと取りました(ものすごい楽な仕事だろ!それ!!←自分でつっこんどきます
餅つきが終わった頃はもうヘトヘトで、立ってられないぐらい疲れてました。
第二部に備えて、一度帰宅。
犬の散歩をして、着替えて出直し。


忘年会は例のごとく、オードブル&鶏汁&刺身+お餅とベーコン入りジューシィ風おにぎり。
そして例のごとく”歌って踊る忘年会”でした。
ほんとにいい人ばかりで楽しい一日でした。疲れたけど。

この村が、何がすばらしいと言って、後かたづけです。
Photo_7女性陣は大体夜9時には「後はよろしく」で帰ってしまいます。
深夜まで飲む人は飲んでます。
翌朝、朝早くから男性陣が一斉に片づけます。
昨夜の散らかりようがウソのようにきれいになってます。
今朝は床まで全部水を流してきれいにしました。
軽トラック一杯分の空き缶・空き瓶・ゴミ。
残った材料なども家族の多い人中心に分け合います。

ちなみに今日のうちは、朝ご飯=餅、昼ご飯=餅、晩ご飯=たぶん餅です。


|

« クリスマスらしく? | トップページ | クリスマス »

コメント

あの放牧(?)鶏ですか??
旨そ~~だ!!
セキュリティってコメント送信する時にランダムな文字入力しないと
送信出来ない様になりましたよね。。。

投稿: 梅さん | 2007/12/23 22:13

めちゃおいしそう~ジュル(よだれ)
餅の変化球がこんなにもあるのだと、そしてどれもおいしそうだよ!
ジューシィって炊き込みも魅惑的・・・。あの放牧鶏さん、高級鶏の色です!あたしが買うのは薄いんだーと。
みんな楽しそうで~コショーっと仲間入りしたいです^^
灰汁とるぐらいならアタシもお手伝いできますよ~へへへ。
男の人のお片づけ。りっぱです!うちに着て貰いたいです!
できれば定期的に・・・。

投稿: みっちゃん | 2007/12/24 08:33

>梅さん
今回は赤味噌味で鶏汁おいしかったです。
ちょっとヘンな書き込みがあったので、スパム防止取り入れました。面倒ですみません。様子みてまた外しますね。

>みっちゃんさん
鶏は新鮮だけど、運動量が多いので(爆)肉がしまって固かったです。お餅は他にも大根おろしの辛み餅というのもありました。
正月前にお餅三昧。年内に餅太り。これでいいのか?

投稿: 藍mi-goro | 2007/12/24 15:16

昔々、正月とかの晴れの日に、我が家の鶏を潰して食べたことを思う。放し飼いの地鶏は美味いだろうな。もち1つの話題をとっても沖縄戦後の厳しさを思う。話は変わって、教科書検定の問題の雲息が怪しくなってきた。残念だが、内地の新聞では、たんたんと取り上げるだけ。作家(曽野綾子)が本「集団自決の真実」出していることを知って、思考・論理を理解する為に読み始めているが、悲しいことである。

投稿: 仲沢 | 2007/12/24 21:05

>仲沢さん
私もおじさんの言葉を聞いて、胸をつかれました。頭で分かっているつもりの知識としての苦労と、現実の苦労との落差を知らされました。同様のことが内地の新聞にも言えると思います。
大江健三郎が訴えられた集団自決裁判後に沖縄タイムスに自分の著作の真意を、曾野女史のこの本もひきながら、説明・反証・反論を連載しています。
私は本自体は読んだことがありません。

投稿: 藍mi-goro | 2007/12/25 10:05

いやん。美味しそう。
きなこもちも鶏汁もあぁぁ~よだれが。

すごい団結力の賜物。
“住む”ってこういうことなんだろうな~。
なんてちょっとうらやましかったです。
大変なことも楽しいことも一緒にで。

投稿: さくらママ | 2007/12/25 14:31

>さくらママさん
そうですねぇ・・・島に来て11年。住んでる手応えを感じ始めたところでしょうか。小さな村ですが、イザという時の団結力はすごいなと思います。

投稿: 藍mi-goro | 2007/12/25 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスらしく? | トップページ | クリスマス »