« エビとシャコ貝と私 | トップページ | 冬の予感 »

2007/11/02

アッチュンのその後(追加有り)

せっかく興味(?)を持っていただいたので、アッチュンの写真を撮ろうと玄関に行ってみたら、玄関においてあるのはアッチュンじゃありませんでした(ナンノコッチャ!)。
クリスマスかお正月の飾りを片づけた後、出さずにしまったままだったようです。
捜したけど、すぐに見つかりませんでした(涙)(←ナンノコッチャagain!)。

Photo 今玄関にいるシャコ貝大中小です。
アッチュンはこの一番大きいのより大きかったのですが、実は器量が悪かったのです。
こんな色白じゃなくて。
こんなロマンチックなフリルもついてなくて。
どちらかといえば武骨なやつでした・・・

うちで飼って2-3ヶ月した頃、まだ犬がいなかったので、夫婦で東京へ数週間いくことになりました。
さて、シャコ貝の世話はどうしようかと悩みました。
当時はまだペットシッターという職業は島にはなく、仮にあったとしてもシャコ貝の世話をしてもらえたかどうか疑問です。
まだまだ海には貝捕り人が出ていたし、馴染んだアッチュンを野生に戻すのも躊躇しました。
そこでシャコ貝の飼育研究を行っていた川平の水産試験場に預けることにしました。
そこなら飼育条件は最高。お日様をサンサンと浴びる広いプールには常に新鮮な海水が流れていました。
他のシャコ貝の間に、そっとアッチュンを置いてしばしの別れ。

旅行から帰ってすぐ迎えに行ったのですが、仲間と一緒にゆるゆると日光浴をしているのを見ると、うちの狭い水槽にいるより幸せそうで・・・連れ帰る勇気がありませんでした。
アッチュンの幸せのために、寂しくってもガマンガマン。
時々見に行きました。
数ヶ月してから、水産試験場の知人が「あの貝死んだから標本にしました」と漂白したアッチュンを、上の写真の器量よしのシャコ貝の殻といっしょにくれました。
「なんで死んだんですか?」「さぁ〜寿命じゃないですか」
心の中で「食っただろ!」と叫びました。
でもアッチュンは、シャコ貝にしてはあまりおいしくない部類の貝だそうで、ほんとに寿命だったのかもしれません。

〜〜〜〜〜追加〜〜〜〜〜〜〜

Photo見つけましたよ、アッチュン。

上の華奢で可憐でフリフリなシャコ貝と較べると、ゴツゴツしてるでしょう。色も混じってるし。
おまけに食べても美味しくないと言われるし。

でも私には思い出のアッチュンなのでした。

|

« エビとシャコ貝と私 | トップページ | 冬の予感 »

コメント

アチュンを水産試験場に預ける!ビックラです!
しかも、仲間との日光浴を見て連れてかえるのを我慢し、時々見に寄っていたほどのアチュン。
そんなにも大事にしていたのに~、玄関には無く、探しても見つからないってーーーーー。
ごめんやけど、笑ってしまいました。
なんだかとってもシュールな感じで、私のもっとも好きなタイプの映画ができそうです!(え!映画!)
ハリウッドじゃなくって、フランス映画っぽいよね!
(ごめん、完璧に私の中で映画が出来上がってきています)

投稿: みっちゃん | 2007/11/02 21:16

シャコ貝を飼ってたなんて、ロマンチックですね。
しかも、こちらで飼おうとしても、環境を整えるのが難しいと思います。
やっぱり南国は違いますね~。

投稿: でぴょん | 2007/11/02 22:01

>みっちゃんさん
だんだん私という人間がわかっていただけてきたのではないでしょうか。
映画化ですかぁ?すっごい。
フランスというよりイランとかポーランドとかの映画な感じじゃないですか?あんまり知りませんけど。

>でぴょんさん
やはり海水の入れ替えをしないといけないから、海の近くじゃないと飼えませんよね。ロマンチックかどうかは疑問ですが(笑)。

投稿: 藍mi-goro | 2007/11/03 10:27

「アチュン」はmi-goroさんが喰ったのかと途中まで思っていましたが、
そうでなくて良かった!

シャコ貝のペットシッターには笑えました。

確かにシャゴーは、あまり旨くないですね、
一度 情が移ると、その仲間も可哀想で口に入れる気に
なれなくなりますね。

カメを飼ったことがあるので、「スッポン」は食べられません。

投稿: 都わすれ | 2007/11/03 12:05

>都わすれさん
「ペットシッター」のくだりは都わすれさんのために入れました。喜んでいただけてよかったです。
私は食べられますよ、シャコ貝。この前もスープ飲んだし。ただ刺身はあまり好きじゃないです。

投稿: 藍mi-goro | 2007/11/03 16:32

こんにちは。
またまたお邪魔しております。
先日シャコ貝の刺身を初めて食べました!
思ったより美味しかった~。
アッチュンは何歳くらいだったんでしょうね?
結構大きそうに見えます。
どんな様子で死んだって分かるんだろう?
謎だらけです。

投稿: まっちィ | 2007/11/03 19:58

>まっちィさん
アッチュンは15cmx10cmぐらい。寿命は数年ぐらいだそうです。
多分死ぬと、お日様が射しても開かなくなるんだと思います。考えてみたら、聞いたことなかったです。

投稿: 藍mi-goro | 2007/11/04 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エビとシャコ貝と私 | トップページ | 冬の予感 »