« サキシマフヨウ | トップページ | 来年のカレンダー »

2007/11/12

救急救命講習会

Photo 少し前のことですが、村で救急救命講習会が開かれました。
救急車がどんなに急いでも15-20分はかかる島の僻地です。
いざというときの知識を持っておくにこしたことはありません。
村にはAEDを備え付けてくれている民宿があるので、その使い方も覚えないといけません。
20名以上の参加者がありました。
皆さん、ご存じでしょうか?
これは意識がなくて息をしていない人(ほっておくと5分で取り返しがつかない)に対応するための救命法です。

Photo_3 1.まず呼びかけて意識があるかないか確認する。

2.息をしているかどうか、音を聞いたり、胸を見たりして確認する。

*意識がなくても、息をしていれば以下のことは行わない。


15
3.息をしていなければ、あごを持ち上げて、のどがまっすぐになるようにする。
(溺れた場合は水を吐かせるため横向きの方がいいそうです)





Photo_4

4.人工呼吸開始。息をまっすぐ強く吹き入れる。
この時、必ず胸を見て、上下するかどうか確認。
上下してなければ息が入っていない。
続けて3−4回やる。





Photo_5
5.心臓マッサージ。1秒間に2回ぐらいの速さで、胸の真ん中を強く真下に押す。10回ぐらい。

6.再び人工呼吸にもどる。
以後、このサイクルを救急車が来るまで繰り返す。



この一連の動作の前に、もちろん救急車を呼んでおきます。
そしてこれを行うのは一人では無理です。数名で交代しないと自分が倒れます。
AEDの使用法の写真はないのですが(なんでだ?)、
最近の機械なので機械がしゃべって使い方を教えてくれます。
それに従えば間違いがないそうです。
AEDのケースには想定されるあらゆる事態に対応する道具が入っています。
胸毛が濃い人は電気の通りが悪いので、胸毛を剃らないといけません。
そのためのカミソリも入ってます。
とにかくほっておけば死んでしまう人のための救命法なので
心臓マッサージであばらが折れても死ぬよりまし、というコンセプトです。

いざ、そういう人を目の前にしたときに、自分がどれだけ動けるかわかりません。
でも万一、家族がそうなったらと思うと、できることだけはしておきたいと思います。

|

« サキシマフヨウ | トップページ | 来年のカレンダー »

コメント

AED、最近よく見かけるようになりました。
しかし、使い方はというと全く知りません。(--;

機械がしゃべって使い方を教えてくれるのですね!
とはいえ、とっさの時には訓練しているのと、していないのでは大きな差が出るでしょうね。
機会があれば体験したいです。

投稿: でぴょん | 2007/11/12 22:57

あばらが折れる可能性がある・・そうなんですね。かみそりも知らなかった!とっさになって、自分がどれだけ動けるかな・・?

投稿: ふぇねっく | 2007/11/13 13:20

胸毛があったら良くないんですね。。インドの人、小さな虫が中で死んでるくらいジャングルになってるらしいので(友人談)、だいじょぶかなって思わず心配になってしまいました。。

心臓マッサージとかは、逆効果になったらどうしようとか思って、実際現場に直面してもやる自信がないです。。(涙)でもうちには心臓がよくない人がいるので、ちゃんとできるようにしといた方がいいんだよなと思います。。でも怖い。。

投稿: クリコ | 2007/11/13 13:43

>でぴょんさん
AEDは心室細動という症状で心臓が止まりそうな人のための電気ショックです。効果はあるらしいですが、やはりとまどいますよね。もし講習会があったら参加してみてください。

>ふぇねっくさん
何もしなければそのまま死んでしまう人にする行為なのです。島内では講習会があちこちで開催されてるようですよ。ぜひ参加を。

>クリコさん
AEDはシールのような電極を胸にはるので、毛深い人の場合は毛がジャマだそうです。「虫が中で死んでる」って、どんだけ毛深いの。。。インドの人。
心臓マッサージは、すでに息の止まってる人(=心臓の止まってる人)にすることなので、逆効果はない。
やらなければ死ぬ。やればひょっとして生きる、ということなので、怖がらずやるべし!だそうです。
でも怖いですよね・・・訓練と現実では精神的に全然違うでしょうし。

投稿: 藍mi-goro | 2007/11/13 14:00

救急救命すごく懐かしいです!
私、日本に居た時、ライフセーバーで
海の監視をしてたんですよ~(≧▽≦*)
写真のと同じダミー人形を使って、人工呼吸や
心臓マッサージの特訓してました!
今は機械が喋ってくれるんですね~。
ハイテクな時代になりましたね☆
でも、実際救助をした時は、焦ってしまうんですよね。。゙(ノ><)ノ ヒィ

投稿: SUCI | 2007/11/14 11:27

>SUCIさん
機械がしゃべるのはADEだけで、人工呼吸と心臓マッサージは自己判断ですよ。だから赤の他人にはちょっとできないかも・・・です。プロでもやはり焦るぐらいの大変なことなんですねぇ (ノ><)ノ ヒィ。

投稿: 藍mi-goro | 2007/11/14 15:23

まだADE講習会は受けていないけれで、機会があれば受けたいと思います。何回か体験を積まないと私には即、対応できるか不安ですね。技術屋から見れば、音声案内も壊れていることもありうると思います。いま植木職の講習会を受けていますが、理論と実践、この繰り返しが大事だと思います。

投稿: 仲沢 | 2007/11/15 07:29

>仲沢さん
講習も何度も受けないと、なかなか実践対応はできないと思います。その場でわかったような気になってるだけで。
カレンダー購入のご協力ありがとうございました。

投稿: 藍mi-goro | 2007/11/15 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サキシマフヨウ | トップページ | 来年のカレンダー »