« おいしいランチーItalico | トップページ | 南島の大決戦 »

2007/07/06

あっちの世界

石垣島では、こっちの世界とあっちの世界が意外に近いらしい。
あっちというのは、いわゆるあの世のこと。
石垣に来て2年ぐらいの時、町中で人を待って、道ばたに立っていたら
見知らぬオバァに話しかけられました。
「あんた今日は車で来た?」「ハイ」
「帰り、気をつけて運転しなさいよ。早く帰った方がいいね。
今日はあの世とつながってる日だからね。いい霊だけじゃなく悪い霊もいるから。」
震え上がった私は用事をすませて早々に帰りました。
おかげで無事でした。

お盆以外にもあっちの世界とつながる日が幾度かあります。
以来、そういう日はなるべく無駄な外出しないようにしています。

*去年の甲子園でO選手が不調だったとき、
「なんでかねぇ?」「甲子園開幕前から霊がついてたらしいよ」
「えぇ、なんで先にとっとかないのよ〜!」

*「あそこの家は不幸が続くねぇ。」「なんでよ?」
「神様の通り道に家を建てたからね・・・」
みたいな普通の会話。

さらに身近なおもしろい話がこちらで紹介されてます。ぜひ読んでください。

お盆や祭りなどの伝統行事が、今でも真剣な行事として残っているのは
こんな島の事情のおかげかもしれません。
Photo_109
光と影は切り離せないものなんですね。

|

« おいしいランチーItalico | トップページ | 南島の大決戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいしいランチーItalico | トップページ | 南島の大決戦 »