« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の投稿

2007/07/31

続・HP最終巻

Photoびっくりしたことに、これで検索して来る方があるようなので、ちゃんと載せておきます。
この表紙は私が読んだイギリス版のadult版です。
adult版は表紙の絵が地味なだけで普通版と内容は変わりません(のはず)。
中に挿絵はなく、びっしりと細かな字で600ページ。
最終話ということで、とにかく前へ前へと読み進め、
自分でもびっくりの速さ。
一応ストーリーを追っただけですが。
欧米の新聞の書評もそのレベルと大して変わらなかったので、
これからもう一度じっくりと読んで、あーだこーだと話が尽きないことでしょう。

この本がこれだけの世界的ブームを巻き起こしたのは、おもしろさもさることながら、インターネットの存在も欠かせなかったと思います。
特に謎の多い話だったので、「あーだこーだ」と世界同時に情報を交換できるのですから、読者としては盛り上がります。
世界版井戸端会議みたいな。
この数年、ハリー・ポッターのおかげで、ワクワクするすばらしい読書体験のできたことが、本当にうれしかったです。
本の結末については「言ってはいけない」ことになっているので、読んでのお楽しみ。

| | コメント (4)

2007/07/30

中庸の美徳(?)

ここ沖縄では直接的な問題が立て続けにあったので、前回より投票率が上がりました。
最近の急激な
Photo
に忍び寄る危機を感じていた人も
Photo_2 を望んでいるとも限らず
綱渡りのような平和の道を歩んでいける国になればいいなぁ、と思います。
「平和は生き物だから、上手に育てなければならない」という言葉を聞き、
そのとおりなんだろうなぁ、と思っています。

| | コメント (2)

2007/07/28

海に・・・

Photo
ついに撮りました。
海に直接おちる夕陽。
真っ赤でした。


コメントでいただいた1/3にこだわって、トリミングしてみました。
見較べていかがでしょうか。

Photo Photo_2

| | コメント (8)

2007/07/26

沖縄の食 ー ポーク

沖縄の家庭食で欠かせないのが缶詰のポークです。
「スパム」という名で知られているようですが、
これは何種類もあるポークの中のひとつです。
Spam スーパーのポーク売場にはこんなにたくさんのポークが。
最近は低塩・無着色なども出てきました。
それぞれの家庭で御用達のポークがあるはず。
デンマーク産豚肉を一番たくさん輸入しているのが沖縄だそうで、以前デンマークの女王様が来日した際、わざわざ沖縄にも来られました。
ポークの使い方ですが、もうなんでもOK。
スライスして焼いて、目玉焼きに添えればおかずの定番「ポーク卵」。
短冊切りして、チャンプルーに入れるもよし。
Img_7649私の一番のお気に入りはおにぎりのポーク卵。
薄(厚)焼き卵とスライスしたポークをご飯ではさんだものです。
たいてい四角で、でかい!
最近はマヨネーズで味付けしたものもあります。
コンビニでもスーパーでも、おにぎりを売っているところには必ずあります。多分一番人気だと思います。

| | コメント (6)

2007/07/24

豊年祭

石垣島を含む八重山地方では、旧暦6月15日(今年は7/28)前後に豊年祭が行われます。
これは収穫を感謝する(もう稲刈りも終わってます)大切な伝統行事のお祭りです。
村単位で行われるため、村ごとに少しずつ内容も違いますが、
石垣の中心部で行われる豊年祭は大体似ています。
御獄(おんorうたきと読む)という神聖な場所の前の道路で行われます。
神事に続いて、奉納舞踊。
婦人会・青年会・子供会などの単位で、次々と踊ります。盆踊りのような感じ。

Photo_138 旗頭とよばれる、てっぺんに飾りやのぼりの付いた長い竹の棒が何本も並べられます。
夕暮れが近づくと、いよいよ祭は佳境に入ります。
旗頭を男性達が、一人で腰で支えながら動かします。
もちろん倒れると大変ですから、何本ものロープで他の人もバランスを取ります。
持ち手がつぎつぎとかわり、周りは「サーサ、サーサ」と声をかけながら踊り囃します。

そして暗くなった頃(8時ぐらい)に、たいまつをかかげて「ツナヌミン」が始まります。

Photo_139 ながーい年月の間に練りに練られた演出効果に目を見張ります。
大勢の担ぎ手が支える畳2畳ほどの板の上に、武者の扮装をした人が乗ります。
それが東西からそれぞれゆっくりとやってきます。
そして真ん中で揃うと、担ぎ手が腕をめいっぱい伸ばします。
そしてこの板の上で殺陣が繰り広げられます。
片方は長刀、片方は鎌を持ち、板の上で跳んだり、はねたり、それはもう大迫力。
そして演技の最後のポーズが決まった瞬間、ものすごい速さで東西にまた別れていきます。
全速力で走っている板の上で武者達はポーズをとったまま。
まるで芝居絵のようです。
TVや映画のなかった時代、どんなにこれはめくるめく娯楽であったことか。

Photo_141 そして、その後に大綱引き。
直径1m、長さ100mぐらいの綱を使った綱引きです。
綱の上にたいてい人が何人か乗ってますね。
これまたものすごい迫力。
びっくりするぐらい真剣勝負です。

たっぷり楽しめるお祭りですが、
あまり早くいくと暑さで疲れてしまうので、要注意。
飲み物・うちわなど必需品です。


| | コメント (2)

2007/07/23

いよいよ最終巻!

今、Harry Potter最終巻を読んでます。
どうしても先が気になってブログ更新に集中できません。
せっかく見に来てくださったのにすみません。
多分明日には更新します。いいネタがたまってますので。(ほんとかよ?)

| | コメント (2)

2007/07/21

禍い転じて福となす

石垣から旅立った姉妹犬はそれぞれ「あみちゃん」と「ユイちゃん」として
新しいお家での生活をスタートさせました。
私が初めてこの子達を見たのは、まだこんな時でした。
070516_18530001_1 5月16日です。生後3週間ぐらいでしょうか。
この時、既に他の兄妹達はもらわれていってました。
こんなに小さいのに、その子達は大丈夫だったのでしょうか。

この2匹は残り物扱いだったのですが、結果的にはとっても幸せな道に進むことができました。

070516_18400001_2 070516_18470001_1 この時は目印がなくて、正直どっちがどっちかわかりません。
まだ身体の大きさもそれほど違わなかったです。
個性もそれほど出ていませんでした。



それが今では

P1040978_2 Img15e0ec64zikczj_1 左がユイちゃん
右があみちゃん
すっかりお嬢様じゃありませんか。


犬も人間も、何がどう転んで幸いとなるか、ほんとわかりませんね。
この子達の新しい家族の方に感謝です。

わんわんクラブでは活動資金の一部にあてるために、カレンダー制作をしています。
現在、来年のカレンダーに登場してくれるワンコ365匹を募集しています。
まだ100匹以上足りません。
ワンコを飼っていらっしゃる方、どうか来年も石垣島の捨て犬や恵まれない犬を救うために、ご協力をお願いします。ホントに、ホントに、お願いします。
くわしくはこちら↓をご覧ください。

わんわんclubオリジナルカレンダーに参加しませんか?
by. わんわんclub事業部
 

| | コメント (2)

2007/07/19

サーフィン

先日の台風4号は、石垣島は(珍しく)強風域に入っただけで
むしろ恵みの雨が降ったという感じでした。
(それでも停電1時間しました。)

その2日後ぐらいに海に行くと、まだ残っている台風の余波で
サーフィンしちゃおうと、10人ばかり沖にいらっしゃいました。
Photo_134 この人達がまさに波に乗ろうとしている場所の下はごつごつのサンゴ礁です。
見てる方が恐いです。
傷だらけになるんじゃないでしょうか。
でも、サーフィンってやみつきになるらしいですね。

Photo_135
Photo_136
Photo_137

| | コメント (2)

2007/07/18

アカショウビン

うるずんの季節(4月初めぐらい)の到来を告げるアカショウビン。
渡り鳥で、4月初めに来て、8月にはどこかへ行ってしまいます。
Photo_133 「ドシラソファミレド」の音階で、鈴をころがすようなきれいな声で夜明け時から鳴き始めます。
こんなふうに、開けたところ(?)にでてくることはあまりなく、大抵は森の中の木の枝などに止まっています。
大きさは雀より大きく、カラスより小さい。
(図鑑によると全長27.5cm)
虫やトカゲを捕って、木の枝にたたきつけて弱らせて食べます。
私のつけたニックネームは"赤い弾丸”。
飛び方が直線的で、ビッとすごいスピードで飛びます。
目に映るのは赤い残像。
その飛び方が災いして、時々車にはねられます。
ちょうどフロントグラスの高さで道を、ビッと横切ります。
もうそろそろ渡りを始めるかな、と思うのですが、
最近もまだまだ鳴いています。
夏休みで石垣島に来る方は、運転中の赤い弾丸にご注意を。

| | コメント (2)

2007/07/17

ぜんざい

沖縄でぜんざいと言えば、問答無用でかき氷のことです。
注文するときはお気をつけください。
Photo_132 器のそこに冷たいぜんざいを入れた上に、
「これでもか!!」というぐらいにかき氷がのってます。
味は、内地の金時味のかき氷を思っていただければ。
甘みがきつくなくて、あっさり味。
白玉餅がいくつか入っています。
←こんなカラフルなのはめずらしいです。それに巨大じゃないので私でも食べられます。
これは公設市場2階にある特産品販売センター(ちなみにおみやげを買うなら、ここが一番確かで便利)のカフェ(?)で食べられます。
おいしいです。

暑い石垣でかき氷は必需品。
普通のイチゴ・メロン・レモンなどは百円で紙コップに入れて売ってます。
立ち食いソバならぬ立ち食いかき氷。
お店で食べるかき氷は、値段は¥300-500ぐらいになりますが、とにかく巨大!
冷房のききまくった冷たーい店内で、ユンタク(おしゃべり)しながら巨大ぜんざいを食べている人を見ると、
「おいしいんだろうなぁ。食べたいなぁ」と思っても、半分も食べないうちに体が凍えて麻痺しそうなので、いまだできません。

いかに”ぜんざい”が沖縄ではメジャーな食べ物かというと、
お持ち帰りOKのところも多い。(かき氷をですよ!)
那覇の方では出前があると聞いたこともある。(どうやって持ってくるの?)
「ちゅらさん」のエリイは、ぜんざい屋さん(あるんです!)でバイトしている時、スカウトされたらしい。

ちなみに夏だけじゃなくて、1年中あります。

| | コメント (5)

2007/07/16

よそゆき♪

いつも野生児のように走り回っているところばかりお見せしているので、
今日は「うちの子だってよそゆきの顔できます」てところを。
Photo_130 Photo_131 おしゃれしてカフェにいっちゃいました!

ていうのはウソで、
獣医さんでーす。
石垣島にドッグカフェはありません。
うちの子達は獣医さんにいっても、注射とかで大騒ぎはしません。
「お利口ですねぇ」なんてよくほめられます。(おっほっほっほ。。)
ただ、みなみとナツは診察台に乗せられるのは嫌がるので、
いつも床の上で注射や処置をしてもらいます。(ダメじゃん)
私は自分が注射嫌いなので、犬達に注射を打つときも
「こわくないよ。大丈夫よ」とつきっきりで、先生にあきれられています。
犬達は獣医さんにいくと、ひっきりなしに私からおやつをもらえるので、うれしいみたいです。

うちの子達は、自分たちだけならこんなにおとなしいですが、
万一、他のワンちゃんや猫ちゃんがいたら、もう大変です。
だから獣医さんに行くときは、先客が終わって出ていくまで外で待ちます。
島の獣医さんは都会のように混んでないので助かります。
それだけ大事にされてる犬猫が少ない証でもあるので、ちょっと複雑です。

ちなみにうちの子達が来ているのは、人間の子供用Tシャツです。

| | コメント (2)

2007/07/15

マンゴー!!

石垣島でマンゴーと言えば、ほぼ7月限定です。
7月と言えばマンゴーです。フッフッフッフ・・・
Photo_127 我が家の今年の初マンゴー。
マンゴーはパインの10倍高く、売ってる量はパインの100分の1ぐらいなので、あまりほいほいとは買えません。
ほとんど見ないうちに、なくなってしまう年もあります。
豊作年に台風で出荷できない年に、島内で大量にマンゴーが出回った年がありました。
誰か来ると、手みやげがマンゴー!みたいな。
農家には申し訳ないけれど、めくるめくマンゴーな夏でした。
マンゴーはとても繊細な作物で、完熟前に台風などで実が落ちてしまうと、それでパァになるそうです。
Photo_128 ほとんどがハウス内で大切に育てられています。
実がうまく熟せば1コ千円(平均として)。
うまくいかなければ0円。どころかマイナスです。
農家にとっては、ギャンブルのような作物ではないでしょうか。
Photo_129 よく実らせるためには、実を早い段階で間引かないといけないそうです。
「つい欲がでて、なかなか減らせんのだ」とここのおじさんは言ってました。
たくさん実が付いたけど、今年はきれいな赤に色づかないので、売り物にならないそうです。
農業ってきびしいなぁ、とつくづく思います。

| | コメント (3)

2007/07/13

幸せをつかんだ子犬

このブログで6/26&6/29にご紹介した子犬ですが、
預かりボランティアをされている満月さんのおかげで、
大きい方の子が、里親さんの元での暮らしを始めました。
あみちゃん(愛が満ちるよう、との願いがこめられているそうです)、と
すてきな名前をいただきました。
0001 ガジュマルの根でできた自然の室で眠っていたあみちゃん。(あみちゃんを探せ!)
ここで寝てれば、一日中涼しいし、誰にもジャマされないことを知っていた賢い子。
0001_1
「植物に囲まれてないとおちつかないんでちゅ」
とばかりに、すぐに葉陰にもぐりこんで、茎をカジカジ。

0001_2ランボー者ナツにもひるむことなく、堂々とシッポをあげていた、あみちゃん。
今は2匹の猫ちゃんと暮らしています。
やはり、まるで平然としているようです。

そんなあみちゃんも、今は里親さんのお庭で
Img015898a0zikezj

・・・やっぱり、カジカジ。

島を出ていったときより、またまた大きくなっていますね。どんな成犬になるのか楽しみです。

そんなあみちゃんの近況は、里親さんのブログでご覧ください。

姉妹犬の幸せの行方も近日中にお知らせできそうです。

なお、この子達を石垣島から送り出せたのは、石垣島の「わんわんクラブ」さんと満月さんのご尽力によるものです。
私達は近所の住民として、そのお二人の間のおつかいをしただけです。

わんわんクラブでは活動資金の一部にあてるために、カレンダー制作をしています。
現在、来年のカレンダーに登場してくれるワンコ365匹を募集しています。
まだ100匹以上足りません。
ワンコを飼っていらっしゃる方、どうか来年も石垣島の捨て犬や恵まれない犬を救うために、ご協力をお願いします。
くわしくはこちら↓をご覧ください。

わんわんclubオリジナルカレンダーに参加しませんか?
by. わんわんclub事業部
 


| | コメント (2)

2007/07/12

ケンの成長

うちに来た頃は、水が恐くて、波がザブンと来ると逃げていたケンですが、
毎日ナツと遊んでいたおかげで
1
2_4
Img_7352 いい気になってると
Photo_125




Photo_126
7 8






うわぁ、ケンちゃんすごいね!
いつの間に、そんなに度胸がついたの。
上手に泳げるようになったし。
びっくりしたなー
ケンちゃん、ブラボー!

Photo_124

| | コメント (2)

2007/07/11

黒じゅーしー

石垣の特産品食品の中でも、すごくおいしく、大ヒットだと思っているのが金城かまぼこの「じゅーしーかまぼこ」です。
飛行機に乗るときは、必ず空港で1コ買っていきます。
先日の産業まつりで新作を見つけました。
その名も「黒じゅーしー」!!(仮名かと思ったら正式名称らしい)
Photo_122 Photo_123
ピンボケですみません。






野球ボールぐらいの真っ黒な物体。
外はイカスミ入りのかまぼこ。
中は色鮮やかなドライカレー。
食べ物とは思えないような外見とはうらはらに、これがもう絶妙!
おいしい!!
残念なのは日持ちしないこと。
冷凍できるものの、解凍を上手にしないと、まわりのかまぼこが固くなってしまいます。

でも皆さんに朗報!
通販で買えます。金城かまぼこに直行してくださいね。

| | コメント (4)

2007/07/10

生き物の住処

Photo_119大きなイソギンチャクの真ん中にピョコッと顔を出しているカクレクマノミ。
アニメ映画「ニモ」のモデルです。
それがこの魚種の災難の始まりでした。
この魚はこのイソギンチャクと共生するので、
このイソギンチャクを見つければ、このクマノミを見つけることができました。
近くの海にはたくさん、あっちにもこっちにもいました。
でも、今はほとんどいません。
イソギンチャクがあっても、カクレクマノミだけいません。
人間が次々と獲るからです。
海でさらわれて、水槽に入れられたニモが、必死で海に逃げ出す映画を見て
「ニモを水槽で飼いた〜い」と思う人が後を絶たないようで。

中にはイソギンチャクごと獲る人もいます。
イソギンチャクが付いているサンゴごと、ガンガン割って獲っていく人も。
もちろんこれは沖縄県の条例違反です。
もうじき国立公園に指定されるので、もっと違反になります。

先日、オカヤドカリの写真と記事をアップしました。
その後、オカヤドカリをペットとして飼育するのがはやっていると知りました。
プラスチックケースにおもちゃのように入れて売っているとか。
最近オカヤドカリの数も極端に減っている理由がわかりました。
残念ですが、アップした記事はすぐに削除しました。
クマノミのいる海やヤドカリのいる丘に行けないから、
好きでたまらないから、手元で飼育していつも見たい、
と言う気持ちもわかります。
でも野生のものを根こそぎ獲らないでほしいなぁ、と私は思います。
住む場所と、ある程度の数を残さなければ、
もう、まるで、いなくなってしまいますから。

| | コメント (2)

2007/07/09

産業まつり

石垣島では年に一度「産業まつり」という物産展が開催されます。
去年は台風で開けず、今年ようやく炎天下で開催。
うちは毎年このまつりで購入する物品も多いので、初日午前中から出かけました。
Photo_117 できたばかりの屋内練習場が会場でした。
これはプロ野球キャンプ誘致のために作られ、ロッテのキャンプが行われることになりました。
以前、秋に野外で開催されていたのと比べると、 出店数が少ない。
これは出店料が高く、離島勢が参加しなかったため。
私達の目当ては離島の品物なので、がっかり。
Photo_118でも農業漁業の婦人連のブースで、各種ジャムやハーブ茶などを仕入れ。
様々な商品開発がどんどん進んでいるのを目の当たりにしました。

今回、一番目についたのは、移住者自身の出店が多いことでした。また移住者向け商品の出店も目立ちました。
街中では、報道通り、ものすごい勢いで移住者が増えているんだなぁ、と改めて感じました。
良くも悪くも移住者は大きな消費者層になりつつあるようです。
物価があがるんですよねぇ・・・


| | コメント (0)

2007/07/08

人の棒はよく見える

0

Photo_114

Photo_115

| | コメント (0)

2007/07/06

南島の大決戦

ジャン!ジャンジャンジャンジャン!♪ジャジャジャン、ジャジャジャン・・・
南の島では恐ろしい二大怪獣の戦いが繰り広げられております。
Photo_110
ミナミンゴ VS ケンキングの戦いです。
ぎょわぁ〜、今にも火を吐きそうです!

2_2

グワァ〜!この中継もここまでです。2匹がこちらにせまってきました!
皆さん、さよーならー。。。。

だれもいなくなった島で
2匹の戦いは、はてしなく続くのであった。

 

| | コメント (8)

あっちの世界

石垣島では、こっちの世界とあっちの世界が意外に近いらしい。
あっちというのは、いわゆるあの世のこと。
石垣に来て2年ぐらいの時、町中で人を待って、道ばたに立っていたら
見知らぬオバァに話しかけられました。
「あんた今日は車で来た?」「ハイ」
「帰り、気をつけて運転しなさいよ。早く帰った方がいいね。
今日はあの世とつながってる日だからね。いい霊だけじゃなく悪い霊もいるから。」
震え上がった私は用事をすませて早々に帰りました。
おかげで無事でした。

お盆以外にもあっちの世界とつながる日が幾度かあります。
以来、そういう日はなるべく無駄な外出しないようにしています。

*去年の甲子園でO選手が不調だったとき、
「なんでかねぇ?」「甲子園開幕前から霊がついてたらしいよ」
「えぇ、なんで先にとっとかないのよ〜!」

*「あそこの家は不幸が続くねぇ。」「なんでよ?」
「神様の通り道に家を建てたからね・・・」
みたいな普通の会話。

さらに身近なおもしろい話がこちらで紹介されてます。ぜひ読んでください。

お盆や祭りなどの伝統行事が、今でも真剣な行事として残っているのは
こんな島の事情のおかげかもしれません。
Photo_109
光と影は切り離せないものなんですね。

| | コメント (0)

2007/07/04

おいしいランチーItalico

たまにはイタリアンなんていいじゃない、と言うときは
最近は崎枝のイタリコに行きます。
ランチは¥850〜から日替わりパスタセットが各種あります。
070618_11230001 これはシメジとたらことしその和風スパ。
これにパンorリゾット、サラダ、飲み物がつきます。
基本のトマトソースやミートソースもおいしくて、何を注文しても、いまのところ外れなし。
コーヒーも本格的でおいしいです。
もちろん単品もデザートまで各種あります。

070618_11540001 赤を生かした小さなお店ですが、
外はこんな美しい眺め。
外のテラスで食事もすてきです。


パスタ&喫茶イタリコ    
TEL 0980-88-2562
〒907-0452 沖縄県石垣市字崎枝530−132

| | コメント (2)

2007/07/03

隊長ケン

Photo_108ニオイ嗅ぎ隊の隊長ケンは、
海への散歩中、他の犬のニオイを発見しては水鉄砲で退治するのが仕事です。
ほとんどの場合ナツが発見し、先を争うようにケンが突撃して、隊長のかわいい水鉄砲で数限りなく退治。
たまにテレビで飼い主の左側を、何があっても整然と歩く犬を見ると、少し反省したり、複雑な気持ちになるけど、すぐに「わんぱくでもイイ」と思う繰り返しです。(Y)

   

わんわんclubオリジナルカレンダーに参加しませんか?

   

| | コメント (0)

2007/07/01

日本一早い新米

石垣島では稲刈りがほぼ終わっています。
今月末には豊年祭という、1年でも最も大きなお祭りがあります。
簡単に云うと、収穫祭です。
稲刈り後にもみ(?正しいか?)を干しています。
Photo_107 歩道ですけど・・・だれも文句云いません。
これだけ暑いと、まず人が歩いてないし。
(うちのあたり限定)
私達も「終わったんだ〜」と炎暑の中での労働に感心するばかりで、よけて通りました。
日本一早い新米として流通すると思いますので、よろしく。

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »