« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の投稿

2007/06/30

おいしいおやつーパインシャーベ

石垣島ではパインがどんどん収穫されています。
今頃のパインが一番甘くて、みずみずしくておいしいです。
そんなパインをつかった極上スイーツ!パインシャーベ(¥200)です。
070529_14160001 シャーベといっても、シャーベットではありません。
どちらかというと、かき氷、スムージーに近い。
混じりけなしのパインジュースを凍らせて、それをシャカシャカしたものです。
甘さと、酸味が絶妙にまじり、暑さものどの渇きも潤してくれます。
場所は以前にもご紹介したことのある
パイナップルクラブ
県道87号線沿い
開南という村にあります。
島のど真ん中、ぐらいの位置。
午後2時過ぎしかやってません。

| | コメント (2)

2007/06/29

預かりニーニー(?)

子犬2匹を飛行機にのせる前夜、我が家に連れてきました。
それまでずっと母犬といっしょだったので、泣くんじゃないかと心配で。
うちの犬達の反応も心配で。
子供を産んだことのあるみなみは大丈夫だけど、初めてのケンはどうでるか?
ランボー者ナツは、もちろん要注意です。
Img_6971 いっしょにする前に、何時間も塀越しに近くにおいて、ニオイをかがせたりして心の準備を両者にしてもらい、それから庭にいれました。
意外にこまめに世話してくれたのがケンでした。
ストーカーのようについてまわり、キュンキュン泣くと、すぐに鼻先を近づけてなだめたりして。
普段は末っ子で甘えていますが、りっぱなニーニー(兄さん)ぶりを発揮。
Img_6972 うち1匹は、ちょっと目を離すとこのありさま。
ドコへどー行ってしまうかわからず、後をついてまわるケンが役に立ちました。
ナツはこの子だけチェックしていて、ときどきうなるので、私達はヒヤヒヤ。
もう1匹はまったく落ち着いたもので、ナツがいてもシッポをあげて平然としていました。
2匹とも母犬恋しで夜泣きすることなく、朝5時まで静かに寝ていました。(=朝5時から騒ぎ出した・・・)

おかげさまで、この2匹に対するお問い合わせもたくさんあったそうで、
募集は一旦終了だそうです。
お心にかけていただいて、ありがとうございました。

| | コメント (3)

2007/06/28

2匹の子犬(↓)を飛行機に乗せての帰り道。
心が重くて寡黙になっていた私達。
ふと窓の外を見たら
Photo_105 大きな虹が!
車を止めて外に出てよく見ると
Photo_106
大きな2本の虹がかかってました。
きっとあの2匹は幸せになれると思いました。

| | コメント (0)

2007/06/26

子犬の里親募集

Photo_103
このむちゃくちゃ可愛い2匹の子犬の里親さん募集をしています。
詳しくはこちらをごらんください。(お申し込みも←)
うちの近所で産まれた子です。
母犬はうちのナツと同じぐらいの黒犬で、(ナツと違って)すごく穏やかでお利口な犬です。
父犬はわかりませんが、今の大きさから考えると20kg以上になるかもしれません。
生後2ヶ月で、もう性格が全然違います。
どっちもとても人なつっこくて、いい子です。
Photo_104
たまたま石垣島に、つかのまの休暇でいらした預かりボランティアをしていらっしゃる方が
現状を見かねて、預かりを申し出てくださいました。
せっかく、しばし保護犬から離れて、島でのんび〜りのはずだったのに
申し訳ないことでした。
今、この子達は関東地方にいます。
幸せになってほしいです。


| | コメント (6)

2007/06/25

屋良文雄カルテット

Photo_101「サテン・ドール」から始まって、小休憩を挟み2時間のライブ。最後は「テイクファイブ」「イズント・シー・ラブリー」。
こう並べるとスタンダードですが、会場の空気を読みながら色々盛りだくさんの内容でした。
沖縄ジャズ界の巨人、屋良文雄さんは、どこまでも控えめなお人柄で、演奏は楽しく、聴衆を楽しませ、ひたすら楽しいライブでした。
休憩中に屋良さんのトークがありました。
1962年、大学時代から米軍基地内でジャズピアニストとして活躍。当時の沖縄の人口は現在の半分程の60万人。そこに25万の米兵が住み暮らしていたそうです。そして、さらに凄いのが、そこで沖縄ジャズマンが400-500名でしのぎを削っていたそうです。
以前ラジオで聞いたのですが、米兵キャンプのライブハウスといっても、クラス分けがあって、一般用から幹部クラス用まであり、ミュージシャンもギャラの高い幹部用クラブを目指し、屋良さんもトップで活躍していたそうです。
やがて72年、日本に復帰すると、屋良さんといえどもあっさり解雇され、家族4人で渡米・・・激動の半生を。

「ピアノしかできないから」とひょうひょうと前向きに語る所は最高でした。(Y)

| | コメント (4)

2007/06/24

踊る運動会

今日は村の学校の運動会でした。
過疎の村では学校の運動会=地域の運動会で、父母+親戚+ただの近所の人達がいっしょになって盛り上がります。
年に一度の大行事ですが、なぜか去年から真夏開催・・・
今日は朝方雨がぱらついたものの、晴天。。。きつい。。。
Photo_94 運動会らしい風景。
問題はここに写っているのが全校生徒である、という事実。
彼らは半分以上の競技に出ます。
でも彼らを休ませるために、私達もたくさんの競技に出ます。
もちろん普段から走り込んでいるわけでもなく、ほとんど年に一度の全力疾走をする大人達。
そんな大人達のために走らなくてもいい競技、遊びでできる種目(?)がたくさん用意されています。
Photo_95 おじいちゃん、おばあちゃんがスターになる「縄ない競争」。
わらで縄を作ります。上手な人は3分間で10m以上作ります。(参考記録20cm、私の場合)

そしてもはや競争などない踊り。


Photo_97
Photo_96踊る踊る。
ぶっつけ本番で踊る。
最後を締めくくるのは
「校歌ダンス」
校歌に振り付けがあって、手旗を持って踊ります。
写真がないのは私も踊っていたからです。
地域の人の多くがこの学校の卒業生。親子二代で通う学校です。
ほとんどの人が校歌ダンスを踊って、見ていたのは数名。
校歌ダンスの前に最後のリレー競争があるものの
Photo_98変な扮装をしているのは先生です。
どうです。この緊張感のなさ。ほんと楽しいわぁ。
生徒は紅白に別れていて、一応成績発表があるものの、最後に全員が勝敗に関係なく賞品をもらいます。
実は大人達も参加するたびに参加賞(ティッシュやタオルなど生活用品)をもらえるのです。

そして運動会と言えば、お弁当タイム!
Photo_99それぞれ持ち寄ったお弁当を並べて、みんなでつついて楽しみます。
料理自慢の人は数人分を用意して、みんなにふるまってくれます。
運動音痴の私としては、これが最大の楽しみかも。
走るのが遅く、子供時代は運動会が苦痛でした。
いい思い出なんかひとつもありませんでした。
でも、今になって、運動会という言葉が、こんなに楽しい響きを持つものになるなんて、人生は不思議です。

| | コメント (2)

2007/06/23

慰霊の日

沖縄では今日は「慰霊の日」です。
先の大戦でアメリカとの激しい地上戦に負けて沖縄の司令部が降伏した日です。
沖縄では学校も役所も図書館も休みです。
今年はたまたま土曜日ですが、平日でも休みになります。
慰霊の日の1週間ぐらい前から、TV・新聞でも盛んに沖縄戦特集が組まれます。
今年は教科書検定問題で、普段より早い時期から熱心に取り組まれた気がします。
Img_3903
ここからちょっと深刻な話です。
沖縄戦特集が始まると、移住者は肩身がせまくなります。
八重山には空襲はあったけれど、アメリカ軍は上陸しませんでした。
島にいたのは日本軍です。
島で戦争が理由で死んだ人は数千人ですが。
加害者は日本軍で、直接的・間接的に関与しました。
日本軍は略奪をし、虐殺をし、島民をマラリアがはびこる危険地帯に移動させました。
そのせいで大勢が衰弱してマラリアで亡くなりました。
興味のある方は「戦争マラリア」で検索してください。
八重山で児童が戦争の話を劇で演じると、悪役は日本軍です。
日本人の一人として、そういうことがあったのを覚えておきたいと思います。

沖縄の人達は骨身にしみて知っています。
「軍隊は住民を守らない」と。
それで軍隊を島に入れるのを、とにかく嫌います。
それでも与那国には明日軍艦が入港するそうです。

| | コメント (2)

2007/06/22

優しい目

ケンはみんなにすっかり甘やかされて、やりたい放題。
元気をもてあまして、みなみに体当たり、ナツにかみつき、ジャマジャマ王子。
みなみは随分気を悪くしているようで、いっしょに海にいくのを嫌がっていると思っていたのですが、ある日、ふと画像を見ていると
Photo_92
みなみはとても優しい目でケンを見ていました。
気に入らないこともあるけれど、ケンの存在を受け入れてくれているんだなぁ。
ケンを引き取る際に、一番最後まで心配したのはみなみの気持ちでした。

でも、あんまりイタズラが過ぎると、みなみもキレます。
Photo_93

| | コメント (4)

2007/06/21

第2回いなかの会

村の小学校の自然観察授業「いなかの会」が、前回に続きカンムリワシリサーチ
皆さんの全面的協力を得て行われました。
今回は学校内の自然です。
Photo_91 衝撃!!校舎の裏は既に大自然の入り口だった!
珍しい植物に珍しい昆虫が集い
次々と記録しているので、なかなか進めません。
子供達も最初はおっかなびっくりだったのが、
だんだんと木の名前や虫の名前もでてきて
のりのりに。
この数日で一気に増えた蝉の抜け殻を集めすぎて、身動きできなくなる女の子も。
沖縄は梅雨明けして、今日からクマゼミの大合唱も真夏の迫力になりました。

| | コメント (0)

2007/06/20

スーパーの精肉売場

石垣島には大きなスーパーがいくつもあって、
しかも深夜までやっているのでとても便利です。
スーパーでも沖縄独特の食材なども売ってますから、結構楽しいです。
Photo_89 お肉売場。
パック売りも多いですが、
ここでは豚肉関係はこんな感じ。
客が自分でビニール袋に好きなだけ入れて
計量してもらいます。

Photo_90 冷凍肉売場はこんな感じ。
珍しいものばかり。
拡大してご覧ください。
2段目にあるナンコツが
前にご紹介したグスミチです。

| | コメント (3)

2007/06/19

Splash!!

毎日蒸し暑い石垣島です。
沖縄の中でも一番温度が高いです。そして多分湿度も。
森に囲まれたうちでは90%ぐらいあるのも普通。
そんなときは、やっぱり海でしょう。
涼しげな水バシャバシャ画像をどうぞ。
Splash1
Splash3

Splash2

Splash4


| | コメント (0)

2007/06/18

恋しくて

映画「恋しくて」の石垣島最終上映に行って来ました。
といっても、GW中に3日間、そして17日と計4日間だけの上映でした。
映画館じゃなくて市民会館で。
070617_13440001 中ホールだったので、なんか上映会ぽい雰囲気がいいです。
おしゃれしたオバァ達、夫婦、小さい子供連れのお母さん、男性一人など、老若男女の客層でした。
この映画は石垣島出身のビギンの高校時代の話をもとにして、石垣島ロケで制作された、まさにご当地ムービーです。
主役も石垣島の高校生。
みんな知人・友人・親戚がスクリーンに出てくる可能性大なのです。
エキストラ募集もいっぱいあって、私達も最後のコンサート場面のエキストラ集合に行ったのですが、
石垣で見たこともないほどの長〜い行列が受付にできていて、
根性のない私達はあっさりあきらめて帰ってきたのでした。

そして今日びっくりしたのは、開場したときに
「前売り券の方はこちらで〜す」と呼ばれて「は〜い」と返事して行ったら、
070617_133500011 切符もぎりをしていたのは、監督の中江さんでした。
監督自ら切符もぎりをしてくださるなんて・・・
遠慮しながら撮ったのでピンボケですが。
上映前には監督の舞台挨拶。
上映後はグッズ販売促進のためにサイン会。
すごい熱意が伝わって感激しました。
パンフレットはもちろん手ぬぐい、Tシャツなどいっぱい買ってしまいました。
今回は石垣から波照間島、黒島、西表島など、毎日場所を変えての上映会ツアーです。
監督は映写技師もするらしいです。
彼の映画への愛がびしばし伝わります。
映画はもちろん、とってもよかったです。
いっぱい笑って、うるうる泣きました。
機会がありましたらどうぞご覧ください。全国で上映中(のはず)。

| | コメント (2)

2007/06/17

雷雨とADSL

梅雨も終わりかけで、ものすごい雷雨です。
飛行機も止まるぐらいです。
そしてすぐに停電します。点いたり消えたり、点いたり消えたり。
危ないので、パソコンの電源はコンセントから抜きます。
しかし不思議なのは、大降りになると、ADSLがつながらなくなることです。
だからネットへの接続もちっともできないし、
ブログの更新をしたくても、記事の途中で雷が近づき、終了せざるをえなかったり、
記事を書き終わってもADSLがつながらず保存ができなくてパァになったり。
そんなことをきのうは数回繰り返しました。
雨とADSLとどういう関係があるんだ!と怒っていたのですが、
昨夜、雷の出す電磁波がADSLに干渉してつながりにくくなる。
という説を聞きました。
そういうことならまあ納得しようじゃないか。

雷雨のおかげで涼しくなりました。これはありがたい。
そしてあと数日で梅雨が明け、ぎんぎらぎんの夏本番です。

| | コメント (3)

2007/06/16

沖縄の食 ー 黒豆

Photo_86 黒豆というと「丹波篠山」が有名ですが、これはこの辺で黒豆と呼んでいる豆。宮古の豆とも呼ばれているらしく、本当の名前はまだわかりません。
村の方から貴重な黒豆の種をいただいたので、3月頃土を返し、畝をつくって植えました。
「6月頃できるさ」と云われ、今が食べ頃。
サヤを外すと、そのままかみ砕ける柔らかい黒豆です。
小豆より少し小さいけど、味はいわゆる黒豆に近い。
ダシ昆布と塩を適当に入れて炊きます。
といだ米といっしょに豆を水に浸し、
頃合いでザルに移す時も黒豆は米と同様に扱います。
炊きあがりはモチモチして、黒紫米のような色と食感ですが、黒豆の味がしっかりします。
噛めば噛むほど八重山の優しい味わいが愉しめます。

Photo_88 付け合わせの「おかか島らっきょう」は、生の島らっきょうにしょう油だけ。好みでゴマ油。
もう一方の「エンサイのバター炒め」は島産のスパイス「オニオンソルト」(ガーデンパナ製)が一味おいしくしてくれます。
中華風にはエンサイは「空芯菜」と云います。写真の通りです。(Y)

| | コメント (2)

2007/06/14

おいしいランチー冷やし中華

ラジオ情報ですが、ブラジルで速くできることを「○ちゃん」と言うくらい、
○ちゃんのインスタント食品はポピュラーだそうです。
我が家でもインスタント麺はまず○ちゃんを買います。
Photo_84 スーパーで買った○ちゃんの冷やし中華がベース。
具は鶏肉の塩蒸し、もやし、海人からもらったモズク、農家直売のゴーヤとトマト、近所の鶏の卵焼き、島かまぼこ、庭のセロリです。
タレは石垣島ラー油で加減すれば
添付品で十分です。
我が家では名古屋風(?)にマヨネーズをかけます。(Y)

追記:二人で食べるだけなのに、こんなに豪華にしてくれるシェフに感謝です。(mi-goro)

| | コメント (2)

2007/06/13

船は港に

詳しくはこちらを読んでいただくとして
八重山に米軍基地はありませんが、船や飛行機が来る可能性は常にあります。
これまでにも地元の意向を無視して空港に着陸したことが何度かありました。
こんどは軍艦です。
最初は石垣港に寄港したいと申し出がありました。
まず石垣市立図書館に在沖米領事館(?)から本の寄贈がありました。
その寄贈式が終わった後、領事から市長に打診があったそうです。
(わかりやすすぎ〜・・・)
市長は寄港を拒否しました。

そしたら今度は与那国島はどうだ、と。
目的は友好親善だそうで、
*町長宅でパーティをやってくれ。
*艦上でやる食事会に参加する人のリストを出せ
*海岸でバーベキューして小中学生を招待する
*清掃草刈り奉仕作業をする
*ホームステイさせてくれ
etc. 厚かましいんだか、いい人なんだかわからない要請・打診があったそうです。
町長はイヤだと答えました。
Photo_83
でも与那国にある港はケン、じゃなくて
"県"の管理で、 県が許可すれば寄港できるそうです。
県は現在"自粛を要請”しています。
国との関係もあるから"拒否"はしづらいのでしょうねぇ。
6/24の予定ですが、どうなりますやら。

最近、教科書記述問題や米軍再編問題などで、
国から沖縄への押しつけが目立っています。
沖縄の人の意志や気持ちが尊重される日は来るのでしょうか。

| | コメント (2)

2007/06/12

沖縄の食ーユウガオの実

近所のオバアから「ユウガオ食べる?」と聞かれ、食べたことのないのでもらってみました。
Photo_80 でかいです。2Lのペットボトルよりこんなに大きい。
ユウガオなのでカンピョウの原料ですね。
食べ方をオバア達に聞いてみると、
「薄く切ってしょう油で炒めなさい。他には具をあまり入れない方がいいねぇ。」
「ツナ入れて油としょう油で煮なさい。アク取ってね」
どうもあまり期待できなさそう。
まずはアドバイス通り
1. 1cm厚に切って、水につけてあく抜き。
2. ダシ・しょう油・砂糖・味醂で煮る。
結果:食感は冬瓜、水っぽい。 = それほどおいしくない。
多分、こんど聞かれたらもらわないと思います。残念。

| | コメント (4)

2007/06/10

口直し(?)

日曜日だというのに、ハブなんか見てプンプン!という方に
お口直しに、とってもかわいいケンをご覧ください。

| | コメント (5)

ハブの見分け方

石垣島にはハブだけでなくいろんなヘビがいます。
ふつうに道路を移動している分にはまず遭遇しません。
でもヒザ近くまで茂っているような草むらに入る時は要注意。
石垣(石を積んだところ)の間も要注意。
ハブ以外は毒を持ってないので、わざわざ殺すことはありません。
そこでハブの見分け方は必須情報になります。
Photo_78 こんな顔してたらもう大変。
たいていはそれ以前のとぐろを巻いた状態で遭遇します。
この先ハブ画像注意
念のため多少ぼかしてありますが、見分けポイントがわかる程度にはっきり写ってます。



Photo_79

ホラー漫画みたいな、ヘビの目をしていたらハブです。
そうじゃないヘビはたいてい黒くて丸いつぶらな瞳をしています。

| | コメント (4)

2007/06/09

ネットの縁

インターネットができて、アクセスすれば色々情報もとれるし、買い物もできます。
ただ私達の住む地域ではまだブロードバンドはなく、アナログ回線です。
(来年4月から全島域で利用開始を目指しているそうです)
市街地ではブロードバンドが使えて、CATVもあります。
台風で数日使えなくなることもありますが。
Photo_77
ネットを通じてつながる縁は、あらたな出会いの形ですよね。
情報が伝わる経路が目に見えてわかったり。
ブログの文体が似てきたり。趣味の話をする人が見つかったり。
一直線ではなく、ネットの海をふわふわと越えて、
人と人の心がつながっていくのがすてきです。

例えば10年以上音信不通の友人が、たまたまネットでうちのHPをみつけてくれて、旧交を温めたり、
あるいは、うちのブログで辺銀食堂の餃子を紹介したんですが、
これを見てくださった方が、なんと実際にその後この餃子を作ってしまわれたり!
(どうしてできたのかはこちらをどうぞ。)
また、楽しく愛読させていただいていたブログ主とお会いすることになったり。
日本の南の島にいながら、地理にしばられることなく、世界中の人とつながる可能性があるインターネット。
上手く使わないといけません。
ダークサイドにはまらないように気をつけたいです・・・

| | コメント (3)

2007/06/08

オタマジャクシはカエルの子

雨が降って、でこぼこ道に水たまりができるとカエルが産卵します。
雨が続くとオタマジャクシが水たまりを泳いでいるのですが、カエルになる前に水たまりが干上がります。
詳しい人に聞いたところ、この卵は在来種のカエルだと言うことが判明したので
一度、水たまりの卵とオタマジャクシをすくって飼ってみることにしました。
Photo_76 日本一小さい「ヒメアマガエル」のおたまです。
透明でとても小さいです。5mmぐらい。
3月初めにすくってきて、自然発生するプランクトンを食べているのだろうと、特にエサもあげず、3日おきぐらいに水を換えるぐらいで・・・
1ヶ月たっても、2ヶ月たっても待てど暮らせど手も足も出ない。
これはおかしい。
詳しい人に相談したところ、栄養不足ではないか、と。
肉類(タンパク質)をとると成長が早いとか。イトミミズをよく食べたとか
ふむ、と考え犬のおやつの煮干しをあげてみたら
意外や意外。おたまじゃくしは煮干しが大好きでした!
歯があるように見えませんが、むしゃむしゃと食べる食べる。
おなかポンポンの体になって、足が出る、手がでる、しっぽがきれる。
カエルになったよ〜!
カエルになっても1cmもないんです。
小指の爪より小さいカエル。
カエルになったら自由に自立できるようにしてあるんですが、
なかなか出ていきません。

| | コメント (2)

2007/06/07

こんなシーンもたまには

Img_6666_1
びりははさんにいつも「びりびりはみなみの前ではしっぽ下げておとなしい」とか言われてますが、この時はなんのなんの。
びりびりはしっぽをちゃんとあげて、おもむろにみなみにご機嫌うかがい。
みなみの熟女な流し目が色っぽいわぁ〜
ケンには入っていけない大人の世界。

| | コメント (2)

2007/06/06

100記事記念!

2007年元旦から始めたこのブログですが、
これで100個目の記事です。パフパフ♪
せっかくなんで、おめでたそうな画像を載せたいと思います。
Photo_75 スーパーで¥698で売ってた長崎産のイセエビです。
お遊びでシェフが天ぷらにしてみました。
味は値段相応でしたが、とにかく豪華な気分。
島産もありますが、常時あるわけでもなく、とても高いです。
でもイセエビって、わりと普通にいつもスーパーにあるんですよ。
レンジでチンするだけの調理済みキューバ産テルミドールとか。
半身¥980ぐらい。安くないですか?

| | コメント (5)

2007/06/05

沖縄の食ーマグロ

石垣島では通年マグロがあがります。
普段は"シビマグロ”と呼ばれる小型で色の薄いマグロですが、
5月6月限定ぐらいで本マグロがでます。
値段が高いので、ほとんど本土市場へ出荷されますが、少し島内でも流通します。
Photo_74 本マグロ入り海鮮館の刺身定食(¥850)です。
2/28日のと比較してください。
色が全然違います。
味はどうか?
個人的にはシビマグロとたいして変わらないというか、
シビマグロがむしろ好きだ、という感じ。
トロも本土よりは安く売っているので、移住者の人達には好評のようです。
ちなみに上の定食に入っているのは、石垣では最も一般的なもので
手前の青い皮のがイラブチャー(ぶだい)。
沖縄らしい原色の魚です。とっ〜てもおいしい。
白いのがセーイカ。大きなイカで甘い。
石垣にいらしたら、ぜひ地魚の刺身をどうぞ。

| | コメント (0)

2007/06/03

おまえはビーバーか!

Img_6456
Img_6457
Img_6459

| | コメント (4)

2007/06/02

物置ができるまで

物置がほしかったんです。
これまでにも、象が乗っても大丈夫なスチール製の物置を置いていたんですが、
去年の台風13号で歪んでしまって扉がしまらなくなりました。
(それでもましな方。飛んでちゃったのもたくさんあったそうです。)
台風に耐える物置・・・いろいろ考えた結果、丈夫な分厚い鉄板製プレハブになりました。
さっそく製作している社長さんと話したら
「置く場所はそっちで整地してね。重機レンタルすればできるでしょ。小さいユンボでいいよ。」
「???」重機動かす免許もないし、無免許で動かしちゃう勇気もなし。
しかたなく、何でもできちゃう村の人達に相談。
快く翌日にはユンボ手配して、夕方から作業開始していただきました。
Img_6348涼しくなってからとはいえ、ほんとに暗くて見えなくなる8時近くまでの作業。
その後はお約束の飲んで、食べて、飲んで。
11時近くまで楽しい夜はふける。
翌日、早朝7時(!)から作業再開。
これが本当にすごいと思います。

Img_6351そして午後には物置搬入。

Img_6354 クレーンでつり下げて定位置に置く。



Img_6601

翌日午前中には生コン車が来て、床兼重しのコンクリートを流し込む。
物置の中だけでなく、外回りもコンクリートで固める。
少しでも重くして台風に飛ばされないように。

台風のことを考えると、予算も含めて何でも大きくなります。
これも南の島で暮らす苦労のひとつです。


| | コメント (3)

2007/06/01

うれしいおむかえ

ビーチへの散歩で、私が数分遅れていくことがあります。
そうすると、何がうれしいといって、私を見つけた犬達が喜んで駆け寄ってくれることです。
Photo_72
この日は、たまたま居合わせたびりびりまで
走ってきてくれました。
Photo_73
「うわーぃ」と喜ぶのもつかの間。
すぐに犬達はそれぞれの遊びに走り戻っていってしまい、
ぽつんと一人残される私。

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »