« 足長ケン | トップページ | いなかの会 »

2007/05/10

かりゆしウェア

Kariyusi
これはアロハではりません。
沖縄が数年前から”かりゆしウェア”として採用している県民服(?)です。
ほぼ1年中、銀行・役所はもちろん、それ以外の会社でも、仕事着(Yシャツ+ネクタイのかわり)として定着しています。
仕事で沖縄に来て、相手がかりゆしウェアだと、ふざけていると思ってはいけません。
仕事用正装なのですから。
値段も¥5,000以上しますから、こっちで普段着に出す金額ではありません。
これを着ているだけで、沖縄に対するリスペクトを簡単に表せます。
しかし、沖縄のものを柄にして、沖縄でつくったものでないと、かりゆしウエアにはならず、
ただのアロハあるいはリゾートウェアになり、リスペクト感はでません。
本物には「かりゆしウェア」という大きなタグがついてます。

毎年新柄が出ます。
デザインもスタンドカラー・ボタンダウン・七分袖などだんだん増えてます。
そして内地でクールビズが提唱され、かりゆしウェア大幅売り上げアップか、と思ったらそうでもありませんでした。
色柄が派手すぎたのです。
原色に大きなゴーヤの柄が全体についていては、内地の銀行ではやっぱり無理でしょうねぇ。
それで去年ぐらいから、内地でも着られる商品開発を、ということで
↑のようにすっかり地味地味になってしまいました。
こちらで見ると、ちょっと年寄りぽいぐらい地味です。
これなら内地でも大丈夫でしょうか。

今年のクールビズはかりゆしウェアでどうぞ!

|

« 足長ケン | トップページ | いなかの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足長ケン | トップページ | いなかの会 »