« 運の悪いカニ | トップページ | おいしいランチー海人食堂 »

2007/02/27

沖縄の食ーソウギナー

八重山でソウギナー、沖縄本島あたりでンスナバーと呼ばれる大型の野菜。
(↓2Lペットボトルよりでかい。ゴミ袋ぐらいの袋に入れて売ってた)

Hudanso
一般的にはフダン草(不断草)と呼ばれ、日本各地はおろか世界各地にある葉野菜だそうです。
売店のおばさんに聞いた名前の由来が大変興味深いものでした。
まず「ンスナバー」というのは「味噌の葉」で味噌とよく合う、というような意味。
「ソウギナー」は「法事の菜」とでもいいましょうか。
こちらではお葬式の後も、四十九日まで七日毎に自宅で法事をします。
その際、お供えが必要ですが、
昔は今のように流通が発達してないので、
手近にいつでもある野菜でみつくろったそうです。
オオタニワタリ・アダン(海辺にいっぱい生えてる)の茎・そしてこのフダン草が定番でした。
それで「ソウギナー」と呼ばれるようになったとか。

茎も葉も、ほうれん草よりしっかりしているので、茹でる時間は長くなりますが、味噌汁にしても、味噌和えにしてもおいしいです。
セロリや内地のウド(今頃でしょうか?)のように、茎の薄皮を外すと口当たりも、味のしみこみも良くなります。
こちらでは、ツナをいろいろな料理に使いますが、一緒に煮てもおいしいです。
糖分を少し控えたい時は、玉ねぎをセンイに逆らって薄切りにして入れると甘みも出ますし、相性も良いです。
煮上がりに片栗で、あんかけにすると良いと思います。
下茹でせずに煮ても、それほど色落ちしないのがありがたい所です。(Y)

|

« 運の悪いカニ | トップページ | おいしいランチー海人食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運の悪いカニ | トップページ | おいしいランチー海人食堂 »