« 奇跡の一枚(?) | トップページ | 運の悪いカニ »

2007/02/25

ナツの飛び込み

イヌバナ(犬話)が続きます。

ナツは人(犬)生のすべてを海での棒取りにかけていると言っても過言ではない。

Tobikomi2_2

棒を投げると、とにかく全速力で走り、海に「これでもか!」という勢いで飛び込む。
その速さと集中力は半端でない。
ふだんぼんやりしているのはここで力を使い果たすためか、と思う。
前に海で、同じように棒取りをしているラブラドールのような若犬を見た。
飼い主が棒を投げると、トコトコと歩いていって、水中にそそと入り、そっと棒をくわえると、またコットリコットリと帰ってきた。
愕然とした。
棒取りはあんなふうでもできるんじゃないか・・・

Tobikomi_1

雨でも冬でもナツは飛びこみつづける。
きのうも今日も、そして多分明日も・・・

|

« 奇跡の一枚(?) | トップページ | 運の悪いカニ »

コメント

テンションたかっ!
縦になってる〜〜〜。実はこのまま水上を滑ってるんじゃ?!
ばひゅーんって。
見えない敵に戦いを挑んでるみたいでかっこいいよ、ナツちゃ〜ん!
面白すぎる〜〜。

投稿: 親ビン | 2007/02/25 22:01

ナツちゃん、すごい!
あんなに波があっても飛び込むのね。
小雪は波は苦手みたい。
こうやって海で遊べる日が多いので、ナイスバディなんだな。

投稿: 都わすれ | 2007/02/26 16:07

海に行く時はテンション高すぎです。
どんなに波がどんぶらこしていようが、ベタナギだろうが、とにかくバッシャーン!サーファーのように波に運ばれてる時もあります。

投稿: 藍(mi-goro) | 2007/02/26 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇跡の一枚(?) | トップページ | 運の悪いカニ »