« 空と海と犬 | トップページ | 冬の海 »

2007/02/08

里帰り犬ぽんの場合

Img_3984 うれしそうに海から飛び出してきたのは里帰り中の「ぽん王子」
ぽんは近くのキャンプ場に生後6ヶ月ぐらいの時に捨てられていた。
とても賢い健気な子だったけれど、当時の私達は自分たちの住む場所もどうなるかわからない時で、とても犬2匹にすることはできなかった(当時はまだ長女みなみしかいなかった)。
キャンプ場の冬季閉鎖とともに、保健所が近くなるのを心配し、気をもむだけだった私。
でも、この犬は奇跡のような命のリレーを呼び起こした。
詳しくはこちら

そしてそれから4年。
ぽんは毎年のようにこの時期になると、優しい飼い主さんに連れられて、ここへ里帰り休暇にやってくる。
うちの犬達といっしょに、家の内外で走り回り、遊び回り、思い切り吠えて島の犬ライフを満喫していく。
最初の頃は海をこわがっていたが、だんだん遊びで入るようになり、ついに冬とは思えない今年の暑さに、喜んで海に入り、気持ちよさそうに泳いでいた。
幸せな犬を見ると、ただもう、こちらも幸せになる。

|

« 空と海と犬 | トップページ | 冬の海 »

コメント

今回でぽんの里帰りも4回目になりました。
「ぽんの若い時の写真を載せているホームページがあるよ」と教えてもらってメールをした縁で、はや4年目なのですね。早いもんです。今年もぽんともども本当にお世話になりました!

投稿: ぽんぽん母 | 2007/02/09 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空と海と犬 | トップページ | 冬の海 »