« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の投稿

2007/02/28

おいしいランチー海人食堂

島でランチと言えば、食堂です。
安くて、ボリュームがあって、おいしい(たいてい)。
最近私達が気に入っているのが「海人食堂海鮮館」
普通の食堂はおなじみ八重山そばとかチャンプルー類がメインですが、
ここは名前の通り、島の昼時には珍しい魚介類メインの食堂です。

070227_11440002_1

平日の昼間は日替わり定食(¥650)があり
この日は「刺身定食」。
新鮮なまぐろとかじきの刺身+もずく+マカロニサラダ+豆腐の味噌汁+ご飯+アイスコーヒー。
島の刺身はとにかく新鮮でおいしいのです。
このかじきは食べたことがないぐらいアブラがのってました。

他にはイカスミ汁や魚汁、サカナフライ定食などが人気のようです。

| | コメント (3)

2007/02/27

沖縄の食ーソウギナー

八重山でソウギナー、沖縄本島あたりでンスナバーと呼ばれる大型の野菜。
(↓2Lペットボトルよりでかい。ゴミ袋ぐらいの袋に入れて売ってた)

Hudanso
一般的にはフダン草(不断草)と呼ばれ、日本各地はおろか世界各地にある葉野菜だそうです。
売店のおばさんに聞いた名前の由来が大変興味深いものでした。
まず「ンスナバー」というのは「味噌の葉」で味噌とよく合う、というような意味。
「ソウギナー」は「法事の菜」とでもいいましょうか。
こちらではお葬式の後も、四十九日まで七日毎に自宅で法事をします。
その際、お供えが必要ですが、
昔は今のように流通が発達してないので、
手近にいつでもある野菜でみつくろったそうです。
オオタニワタリ・アダン(海辺にいっぱい生えてる)の茎・そしてこのフダン草が定番でした。
それで「ソウギナー」と呼ばれるようになったとか。

茎も葉も、ほうれん草よりしっかりしているので、茹でる時間は長くなりますが、味噌汁にしても、味噌和えにしてもおいしいです。
セロリや内地のウド(今頃でしょうか?)のように、茎の薄皮を外すと口当たりも、味のしみこみも良くなります。
こちらでは、ツナをいろいろな料理に使いますが、一緒に煮てもおいしいです。
糖分を少し控えたい時は、玉ねぎをセンイに逆らって薄切りにして入れると甘みも出ますし、相性も良いです。
煮上がりに片栗で、あんかけにすると良いと思います。
下茹でせずに煮ても、それほど色落ちしないのがありがたい所です。(Y)

| | コメント (0)

2007/02/26

運の悪いカニ

ビーチで遊ぶ犬達のお楽しみのひとつがカニ堀り。

Photo_4
においでさがすようだが、けっこう深いところにいる。
カニの大きさはいろいろ。
今日みなみが掘り当てたのは、大きなカニ。
にぎりこぶしぐらい。
この大きさだとみなみもちょっとびびる。
少し離れて手でころがしたりする。
みなみが掘り始めると、たいていナツやケンがすっ飛んできて横取りする。
でも、この時はナツは棒取りに夢中で気づかなかった。

よろよろと表に出てきたカニとご対面したケン。
K_1
こんな大きなカニは初めて見たよう。
カニは足を1本失いながらも、必死で立ち、はさみをふりあげて威嚇。
ケンはまんまと威嚇されて周りをグルグル。
近づきたいけど恐い、の葛藤で
カニに向かって「ワンワン!」吠えだした。

やがてみなみもケンも興味を失い、カニもきっと助かったと思ったその矢先、
ナツがどこからかダッシュしてきて、バクッ!と体を一噛み。
そしてまた棒に向かって走り去っていった。
呆然とする私とカニ(即死だったか?)。

| | コメント (0)

2007/02/25

ナツの飛び込み

イヌバナ(犬話)が続きます。

ナツは人(犬)生のすべてを海での棒取りにかけていると言っても過言ではない。

Tobikomi2_2

棒を投げると、とにかく全速力で走り、海に「これでもか!」という勢いで飛び込む。
その速さと集中力は半端でない。
ふだんぼんやりしているのはここで力を使い果たすためか、と思う。
前に海で、同じように棒取りをしているラブラドールのような若犬を見た。
飼い主が棒を投げると、トコトコと歩いていって、水中にそそと入り、そっと棒をくわえると、またコットリコットリと帰ってきた。
愕然とした。
棒取りはあんなふうでもできるんじゃないか・・・

Tobikomi_1

雨でも冬でもナツは飛びこみつづける。
きのうも今日も、そして多分明日も・・・

| | コメント (3)

2007/02/23

奇跡の一枚(?)

3smile

今日撮れたての1枚。
端から見ると、「犬が3匹いるんでしょ。何を今さら」て感じかもしれない。
でも飼い主としては、二度とこんなのは撮れないかも、な一枚。

まず、3匹がいっしょに写ることが希有。
みなみは大抵「やってらんないわ」と離れて独自の楽しみを見つけている。
ナツは棒のことしか考えてない(この時もそうなんだが)。
ケンは・・・自分の好きなところを好きなように走ってる。

そんな3匹がたまたま1カ所にいて、なぜかみんなうれしそうな顔をしている!!!
下手な鉄砲数打ちゃの例で、今日は連写で撮りまくったうちの貴重な1枚。
親バカですみません。
飼い主だけがとってもうれしい今日なのでした。


| | コメント (6)

2007/02/22

学校の駅伝

今日は村の学校の1年1度の駅伝大会。
小中合わせて20名しかいないので、3チームによるトリム駅伝という形式らしい。
いつものことながら、父兄だけではなく、地域住民も道にでて応援します。
あいにくの雨模様で、スタート時はあがっていた雨が途中からまた本降りに。
雨具のない応援隊は、その場で調達した傘を。

Kasao_1その辺に生えているクワズイモの葉です。
大きめのをみつくろって、鎌でスパッと。
コロポックルみたいかも。

村の長老93才のおばあちゃんはイス持参で応援。
居合わせた人がおばあちゃんには傘をさしかけています。
雨がひどくなっても、誰も帰らず、最後まで走る子供達の応援をしました。

お年寄りを大切に、子供を大切に。
今日もすてきな村の風景。
Ouen

 

| | コメント (4)

2007/02/21

留守番

Rusu_2

この5年間、日帰り旅行すら二人でいったことはありません。
犬が待ってると思うと楽しめないので行くのを止めました。
でも日常生活の中では、犬だけで留守番させることが週に2-3回あります。
出かけると行っても島内なので、せいぜい3時間ぐらいですが。
「犬は犬だけになると何してるのだろう??」と思います。
最近は観察カメラをつけて、出先でチェックすることもできるらしく、真剣に買おうかと考えてしまったこともあります。(もちろん買いませんが)

みなみが来た当初は、縁側のサンダルやスニーカーを破壊されましたが、それも数度で終わったような。
あとな庭に大きな穴を掘られるぐらいですか。
今は3匹とも室内に入れていっても、特に問題行動はありません。
どうやら人間がいないと、ふて寝に徹しているようです。
おもちゃもガウガウも人間が見ていないと遊び甲斐がないのでしょうか。
まだオコチャマのケンも、人間がいるのに相手をしてやらないと、ゴミ箱から紙くずをひっぱりだしてイタズラをしますが、留守番中はしないです。
ほんとに、何考えているのか聞いてみたいです。


| | コメント (2)

2007/02/19

グランドゴルフ同好会

Fgc_1
去年村にグランドゴルフ同好会ができました。
参加メンバーは40代から90代の老若男女。
ほとんどが60才以上です。
月に1-2回村の学校の校庭に集まります。
グランドゴルフ(グラウンドゴルフ)はパターゴルフとゲートボールを足したようなものです。
若さとか体力はあまり関係ないので、練習している人が上手です。
だから上手なのはシニアの人ばかり。
私達若手(?)は参加することに意義がある、です。
緑と花に囲まれた芝生の校庭で、単純にボールを追いかけて、うまいプレーには拍手と歓声。下手なプレーはみんなで笑っておしまい。
毎回の上位成績者は学校便りに発表されます。

こんなたわいないことが楽しい村の生活。

 

| | コメント (4)

2007/02/18

沖縄の食ーおでん

Oden

あたたかい日々で、気候はずれ(?)ですが「おでん」です。
沖縄のおでんの特徴は”テビチ”が入るところです。
コンビニのおでんにもテビチは入ってます。

おでんは下準備が大切です。

大根・テビチはいっしょに米のとぎ汁でゆでる。
その後、大根はお湯でゆでこぼし、テビチは圧力鍋へ。
こんにゃくはやわらかくしてから熱湯でアク抜きします。
さらにテビチは水に。
熱が取れたら冷蔵庫に入れ、一晩おいてからラードを取ると更にサッパリします。

わが家では名古屋風に味噌をかけて食べます。(Y)

*テビチ=いわゆる豚足。比較的上の方の太いところ。ゼラチン質が多いので肌にいい。

| | コメント (3)

2007/02/17

旧暦で

沖縄では伝統行事が旧暦で行われます。
石垣では伝統的な祭・行事が旧暦なので、毎年いつになるかカレンダーを見ないとわかりません。
たとえばお盆は8月初めから9月初めぐらいの間を年ごとに移動します。
(今年は8月25-27日がお盆)
当然、旧暦の載ってないカレンダーは用をなさないのです。
今日は旧暦の大晦日、明日が旧正月です。
石垣では旧正月でやるところは少ないですが、沖縄県内では旧正月のほうが盛んなところもあり、
正月が2回ある、と言う感じです。
スーパーでは正月用売り出しが新暦と旧暦と2回あります。
正月番組も2回放送されます。(正月番組とは沖縄の唄と踊りの番組)
「民謡紅白歌合戦」とか。
沖縄在の各局が似たような番組を制作します。
新暦の正月では確か昼間放送されたのですが、
旧暦用には、今日の深夜(!)放送です。
番組編成の問題もあると思うのですが、案外視聴率も高かったりして・・・

| | コメント (0)

2007/02/15

ナツのキャッチボール

海では棒取り専門のナツだが、うちではキャッチボールをする。
Natuball_1
(こういう用途に適した画像ソフトがまだないため、汚くて失礼)

自分の前にボールを置き、
庭の斜面を利用してボール(海で拾ったウキ)が転がり落ちるのを待つ。
(自分で押して落とすほどの知恵はない)
人間はそれを下で待つ(やれやれ)。
ボールが転がりはじめるとナツは浮き足立ち、
人間は落ちてきたボールを取り、なるべく遠くへ投げ返す。
ナツはそれを追ってボールをキャッチする。
取ったらまた斜面に戻り、
自分の前にボールを置き、落ちるのを待つ。

この繰り返し。
何度も続くこともあれば、
まったくボールが転がらず、人間が部屋に入ることも多い。
その場合も、ナツはひたすら待つ。
時々「場所を変える」という工夫を思いつくこともあるようだ。
自分の前のボールを押せば転がるのに気づくのはいつだろう・・・

| | コメント (5)

2007/02/14

島の生命力

うちの近くにあるガジュマルの巨木。
Touboku_1

樹齢とかわかりませんが、とにかく大きい。
ピンクの線で囲った部分、1本(?)の樹です。
去年の台風13号で、倒れてしまいました。
せっかくの巨木もこれで終わりか・・・と思ったら
倒れたままで生きてます。
新緑です。
ガジュマルは根を縦横無尽に走らせてますから、少々倒れたぐらいじゃ死なないんですね。
まだまだたくさんの根が土中にあるのでしょう。

ここまで大きくなる自然の力。
こんな樹まで倒す台風の力。
倒れたって平気な樹の力。

石垣島の生命力は相当強そうです。

| | コメント (2)

2007/02/13

ハーベスター

Img_4122

これが噂(?)のサンダーバード4号です。
前の左右に大きなドリルがついていて、土を掘りながら、サトウキビを刈っていきます。
初めてこれが「ドォーッ!!」みたいな轟音をたてて道路を走ってくるのを見たときはびっくりしました。
「なんなんだ!この島はレイバーが走ってるのか!?ウォーすごいぞ!!」みたいに興奮しました。
毎年この時期、近くのキビ畑からハーベスターが稼働する轟音が響いてくると、なぜかワクワクする私です。

| | コメント (2)

2007/02/12

トンデモもの探し

石垣島には大手のスーパーがいくつもあり、食品・日用品ともに日常生活に不自由することはありません。
いわゆるデパートはないので、高級品やおしゃれーな服はあまりありません。
(なくてもいいんですけど)
スーパーの衣料部や、意外に数多い洋服屋さんの服で間に合います。
そんな中に、沖縄ではチェーン店の大きな衣料品店があるのですが、
そこではときどきトンデモものが売ってます。
例えばこれ、ドン!

070203_10140001

ジョニー・デップのビニールボール、¥295
ファンとしてはさっそく買いに行ったものの、
やはり子供向けディズニーアニメキャラの間にある唯一の実写キャラ。
色がきれいじゃなくて、ジョニー・デップの顔が黄色のまだらになってました。
がっかり。
迷った末、記念写真を撮って買わずに帰ってきてしまいました。
えぇ、私はケチなんです。(つっこまれる前にいっときます)

他にも70年代ロックバンドのTシャツが¥900ぐらいで売ってたり(外人サイズでデカイ)
この店のチラシは要チェック!(笑えるチラシかも)

| | コメント (4)

2007/02/11

サトウキビの花

Photo_2

画像の左隅にあるのがすすきで、それより大きな銀色のはサトウキビの穂です。
「キビの花」と言ったりもします。
この穂が出るとサトウキビは収穫時。高さは2m以上になっています。
例年は12月ぐらいに出ますが、今年は遅れて今頃出そろっています。
今は収穫最盛期。家族総出で手刈り(ものすごい重労働)をしたり、
私はサンダーバード4号と呼んでいる「ハーベスター」という巨大機械で刈ります。
刈ったキビを満載したトラックが島中を走り回るので、この時期、運転時はご注意。
3月末には終わります。

| | コメント (4)

2007/02/09

冬の海

Winter

どんよりした空に、荒れた海。
実はこれが石垣島では標準仕様の冬の海です。
うちの近くの海は島の北側にあり、冬は季節風が吹き付けるので、波高く、風速10mぐらいの強風が吹き付けます。
体感温度はとても寒く、寒がりの私はベンチコートを着てお散歩するぐらいです。
この風が止み、太陽が出ると、↓の海のように、青く輝くのです。
冬に沖縄観光に来る方はご用心。
海は灰色か、青いかどちらかです。

| | コメント (4)

2007/02/08

里帰り犬ぽんの場合

Img_3984 うれしそうに海から飛び出してきたのは里帰り中の「ぽん王子」
ぽんは近くのキャンプ場に生後6ヶ月ぐらいの時に捨てられていた。
とても賢い健気な子だったけれど、当時の私達は自分たちの住む場所もどうなるかわからない時で、とても犬2匹にすることはできなかった(当時はまだ長女みなみしかいなかった)。
キャンプ場の冬季閉鎖とともに、保健所が近くなるのを心配し、気をもむだけだった私。
でも、この犬は奇跡のような命のリレーを呼び起こした。
詳しくはこちら

そしてそれから4年。
ぽんは毎年のようにこの時期になると、優しい飼い主さんに連れられて、ここへ里帰り休暇にやってくる。
うちの犬達といっしょに、家の内外で走り回り、遊び回り、思い切り吠えて島の犬ライフを満喫していく。
最初の頃は海をこわがっていたが、だんだん遊びで入るようになり、ついに冬とは思えない今年の暑さに、喜んで海に入り、気持ちよさそうに泳いでいた。
幸せな犬を見ると、ただもう、こちらも幸せになる。

| | コメント (1)

2007/02/06

空と海と犬

Ssd_1

きのうのコメントでいただきましたが、
空と海と犬、この3つが揃うのが、我が家の基本イメージかもしれません。
いつまでも変わらずあってほしいと願うものの、
石垣島は今、急速に変わろうとしています。

小市民としてはできるうちにやっておこう、かな・・・

| | コメント (2)

2007/02/05

空と海

Seasky

今朝の空と海です。
毎日のように来ているのに、それでも息をのむほど美しい時があります。
あまりに美しく輝いているので、カメラをとりに一度もどりました。
でも、刻々と変わっていくんです。
光も水も・・・・
何度も大きく深呼吸をしました。

うちのブログタイトルは、こんな空と海のイメージからつけました。

| | コメント (4)

2007/02/02

沖縄の食ー島野菜の天ぷらダネ

YasaiYasaitenpura

今日はオオタニワタリ、長命草、島らっきょう(左画像、左から)。

島らっきょうは、薄皮をむいて、きれいに洗って水気をとる。
長命草は洗って、水切り。(大葉と同様)
オオタニワタリは芯がやわらかくなる程度に下ごしらえして、揚げるだけ。
島人に食べてもらうときは、天ぷらよりフリットなので、水も使わないで厚衣でつくる。
その場合、オオタニワタリは下ゆでもしない。
今日は薄い天衣で、揚げたてを食べます。(Y)

*島らっきょう〜ビタミンC、カルシウムが豊富で血液サラサラ効果がある。

| | コメント (4)

2007/02/01

移住ブーム

自分たちは10年前に石垣島に引っ越してきました。
そしてこの2−3年、移住ブームだそうで、次々と家が建ち、あれよあれよという間に、街中は渋滞するようになり、おしゃれなお店も増えました。
内地ではTVや雑誌で「楽園」だの「常夏」だのとあおっているようですが、
ひとつ言っておくと、決して石垣島は常夏ではありません。
1年中湿度が高いです。楽園になるかどうかは、個人次第です。
これは石垣島に限らず、どこに住んでいても、そこで幸せになれるかどうかは個人差があると思います。
聞いた話だと、試しに住んでみることもなく、いきなり家を建てて、こちらの気候にまるであわなかったり、いきなり台風で壊れたり、TVの電波が入らなかったりするそうです。

内地から来ると、当然と言えば当然ですが、海の見えるところに家を建てたいです。
しかし地元の人はそういう場所に家を建てません。なぜか?
風が強い(当然台風時に大変)、すぐに家が傷む、なんでもすぐさびるetc.
1軒も家がないところに新しく家を建てると、当然舗装道路・水道・電気・電話などが敷かれてないことが多いです。
しかも石垣には農地に関連して、厳しい条例がいくつもあります。
普通の人が農地を買うことはできないし、家を建てられません。
しかし、そういう事情を知らずに、不動産屋の甘言にだまされるように、土地購入をして困っている人も多いらしいです。

ついに今日地元新聞に市長の緊急アピールが出ました。
http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=1&article_id=7094
(もしうまく入れなかったら、「八重山毎日新聞」のオンラインページを検索してください)

これってすごく真剣で深刻な問題なので、移住を考えている人は絶対に読んでください。
条例などについての、わからないことは不動産屋ではなく市役所に問い合わせてください。
何千万のお金を使って、失敗したくないですよね。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »